こんがら童子
せいたか童子
3体の仏像はいずれも国の重要文化財となっています。
b@-yc@y

御本尊

明王院の宝物

                             
 
     明王院宝塔
     明王院宝塔


 正面向かって左から
 不動明王立像 千手観音立像 毘沙門天像 (平安時代後期の作とされる)
   
 
 














           




右の写真は、向かって左側の矜羯羅童子(こんがらどうじ)は、不動明王の従者八大童子の第7番目、また、右の制多迦童子(せいたかどうじ) は、不動明王の従者八大 童子の第8番目でいわゆる眷属(けんぞく)です。


※独特の三尊構成(不動明王と毘沙門天を脇侍とする三尊形式)は横川中堂にならっています。