御茶屋
ここから先、いくつかの曲輪がちょうど尾根の上に配置される形となり、小谷城の場合、それが縦一列につながっています。このような形を「連郭式の縄張り」と呼んでいます。 御茶屋はその最先端で、その名前の風雅さとは裏腹に、これは軍事的施設であったと思われます。土塁が堅固に築かれ、しかもそれがL字状に曲がって作られており、「横矢掛り」といって敵の側面攻撃を意図した作りであったことがわかります。 大きな石があるが、特に名前はついていません。