中丸・刀洗池
本丸北側に通称「大堀切」と呼ばれる幅の広い空堀があり、中丸とへだてています。深さ約10メ-トル、幅約15メ-トル、長さ約40メ-トルにおよぶ大きな空掘です。これは小谷城が本丸までしか作られていなかったころ、北の尾根筋を切断するために築かれたものと思われます。中丸は三段からなっており、東西幅が約30メ-トル、南北幅が約60メ-トルで、北東の隅にある池は、刀洗池(鏡池)と名付けられています。これも、城内の井戸の一つであったと考えられます。中丸は、落城の時浅井七郎、大野木茂俊が守っていたと言われ、ここで秀吉に約束書きを渡したと言われています。

▼刀洗池