清水谷
清水谷は小谷山の中央に開ける谷で、浅井氏の居館や寺院があったといわれ、谷の奥に御屋敷、道の両側には徳勝寺・観音寺・遠藤屋敷・山城屋敷、谷の入り口には東側に天徳寺、西側に知善院という地名が残っている。お市の方やその子女、浅井の家臣等がここに住んでいたと云われています。 現在では、この山道もハイキングコ-スとして整備されています。