黄檗宗・慧日山永明寺HP


 

 『慧日山引地建立留書』 


当山の建立経緯は、全てこの古文書に記録されています。

古文書の解読は至難で、小衲の知識ではほとんど解読不能ですが、部分的に判読できる個所のみを掲載していきます。

〔注〕管理者の都合上、古文書記録一行単位に改行し掲載しています。

寛保元辛酉年八月十五日
  慧日山曳引地建立留書

     
江州坂田郡柏原驛    慧日山永明禅寺 

酒監谷開地創建
  従寛文四甲辰年至寛保三癸亥年八十年

黄檗山末寺憑
  従寛文六丙午年寛保三癸亥年迄七十八年

  従酒監谷菖蒲原江引越
  
  従延宝五丁巳年至寛保三年癸亥年六十七年
    御代官市岡裡右衛門殿御支配

  従菖蒲原寺ヶ鼻江引地
    延享二乙巳年
     和州郡山御代

  寺ヶ鼻屋敷明細絵図   但壱間六尺三寸  絵図省略

延享元甲子歳

延享元(1744)年甲子の歳


  
一 釈尊座像 康甫作 長壱尺弐寸五分 九重座

   右者和州郡山放光寺之御本尊也同国穴闇村長林寺ニ有之同州越智村高雲寺覺林和尚之御世話ニ而請シ申候右御本尊宇治長松院惠之約束ニ而二月之末御惠之由申来候三月二十三日人足二人迎二遣申候

   
〔和訓〕   一 釈尊座像 康甫作 長(た)け一尺二寸五分 九重座

  右は和州郡山放光寺の御本尊也。 同国穴闇村長林寺に之れ有り、同州越智村高雲寺覚林和尚の御世話に請し申候。 右御本尊、宇治長松院恵みの約束にて而して二月之末御恵之由、申し来り候。 三月二十三日人足二人迎二遣し申候。
 

〔大意〕   1 釈尊座像 康甫作  像本体の高さ 38p  九重座(蓮弁の台が9重になっている。)

  右の仏像は、大和郡山(現・奈良県北葛城郡王寺町本町)にあった放光寺の御本尊である。 同じ奈良穴闇村(現・奈良県北葛城郡河合町穴闇)長林寺にあったものを、同州越智村、高雲寺の覚林和尚の御世話によるものである。
  右の御本尊は、宇治(本山塔頭の)長松院が恩恵を与えてくださったもので、2月末にくださるとのお約束が伝えられたところである。
  3月23日に人足二人を引き取りのために派遣したところである。

〔注〕 放光寺、長林寺とも現存。 高雲寺は不明。
    覚林和尚 不明。



       
一 金十両二分百匁   御本尊入用檀中寄付

 
〔和訓〕  一 金十両二分百匁   御本尊入り用 檀中寄付

 
 
〔大意〕  1 金10両2分100匁   御本尊をもらい受けるための所要経費   檀中が寄付

〔注〕 江戸時代の通貨単位は、両、分、朱、文。 1両=4分、1分=4朱、1朱=250文 であり、4000文で1両。
    1文は、25〜30円ぐらいと換算されているので、1両は10万〜12万くらいという。 したがって1両を11万円で換算した場合、1文は27円50銭である。 10両2分100匁は、46,100文であるから1,267,750円ということになる。


  
   
   
寶暦二壬申年  

宝暦元年未年永明寺庫裏継足普請之儀
郡山御奉行所江御願伊成候得トモ何分ニ茂相叶不申
依之同年之秋泉州聖福寺江御法縁有之御招
申入御内談仕候而御願筋之義無據御頼申ニ付
郡山表江去年已来度々御越再建難捨置品
段々仰上御聞留之上宝暦二申年五月永明寺
由緒書差出様候仰付左之通聖福寺
御書上成候写 
坂田郡柏原駅永明寺継足普請之儀去年中
度々奉願候処引寺御許容下され候後間茂無
御座其上大仰之普請ニ思召候ニ付容易ニ難被
仰付趣仰渡願書御返シ礼成御尤之義奉候
然處右永明寺之儀由緒御座候而開山鉄牛和尚
派下之僧侶京都浄住寺等心を合再建之志願
御座候訳去年来段々御物語申上候処入組候義故御
覚茂難成可有御座と左に書付入御覧候