天 台 宗 典 編 纂 所 概 要  

---------------------- 天台宗典編纂所 ----------------------

 ● 天台宗典編纂所は、昭和55年4月(1980年)に職員1人で活動を開始しました。
     (現在、非常勤の編纂委員・編纂研究員・電子佛典員すべてで100名ほど)

 ● 天台宗典編纂所は、天台宗務庁(滋賀県大津市坂本4-6-2)に所在してます。
                   《所在地図》は下記。

(平成14年(2002)7月、隣にあった天台宗務庁舎の増築部分に移転。ご訪問の方は天台宗務庁においで下さい。)
  休所日:土曜日・日曜日・国民の祝祭日(通常の開所日は、月曜日〜金曜日です)。       年末年始:12月28日〜1月5日       天台宗休日 :2月15日涅槃会・4月8日降誕会・6月4日宗祖入寂日・              8月18日宗祖生誕日・8月13日〜17日盂蘭盆会・              11月24日天台大師入寂日       臨時休所日:資料調査出張などで随時にあります、電話でご確認下さい。
   開所時間:(通常は月曜日〜金曜日)午前9時〜午後5時15分……状況に応じます。



比叡山の東側山麓で、琵琶湖が見下ろせる場所です。 電話077-578-5190 fax 077-579-6639
JR湖西線「比叡山坂本」下車徒歩15〜20分。タクシーあり。 京阪電車石坂線「坂本」下車徒歩 5分。 またはJR湖西線「山科」下車し京阪電車乗り換え       →「浜大津」乗り換え→京阪電車石坂線「坂本」下車。徒歩 5分。
お車の方は、京都方面からは湖西バイパスのご利用が便利です。滋賀里出口。坂本出口。


     

    現在 所 長 木ノ下寂俊(宗務総長)   2013.11.12より        副所長 清原 惠光(元叡山学院院長)2001.04.01.より        副所長 多田 孝正(元大正大学教授)2010.04.01.より        副所長 多田 孝文(元大正大学教授)2014.01.22.より        主 幹 中島 有淳(教学部長)2013.11.12.より     編纂委員  18名     編纂研究員 45名     編纂協力員 29名     電子佛典員 11名      常勤職員  5名  ● 天台宗典編纂所は、天台学に必要な文献などを編纂し刊行しています。     (宗教法人「天台宗」と「天台宗教学振興事業団」が運営母体。           財団法人「天台宗教学財団」は平成19年12月1日に解散し「事業団」に移行しました。)  ● 過去の出版物:           『續天台宗全書』 第1期全15巻(春秋社刊) 『<正續>天台宗全書目録・解題』 1冊(春秋社刊) 『傳教大師全集』索引 1冊(世界聖典刊行協会刊)           『天台電子佛典CD1』刊行済。不要につき販売中止。 『天台電子佛典CD2』CD−ROM1枚[CD1を内包](直販) 『天台電子佛典CD3』(初期日本天台) 『天台電子佛典CD4』(『天台三大部私記』ほか)    その他 いろいろ  ● 編纂中出版物:           『天台学大辞典』           『續天台宗全書』第2期全10巻 『天台電子佛典CD5』(以後の日本天台文献)  ● スタッフ職員は、5名です。(2016.04.01.現在)            編輯長 藤平 寛田            編輯員 一色 皓湛            編輯員 小川 晃洋            編輯員 弓場 苗生子            嘱 託 那波 良晃            (編輯長 野本覚成は2010.01.08で定年退職しました。)              (編輯員 成田教道は2015.01.31で定年退職しました。)(編輯長 荒槇純隆は2016.03.31で依願退職しました。)  ● 文献複写マイクロカメラ 4台 収集資料は、結構沢山あります(ほとんどが未活字文献)。 ただし天台宗仏典の写本マイクロ撮影です。約1万冊。 (収集書目の目録および文献写真は、特別な場合を除き原則的に公開しておりません。)   ・マイクロフイルム プリンタービューアー  1台



もどる

天台宗典編纂所©
namu007@mx.bw.dream.jp