市立長浜病院ロゴ 日本医療機能評価機構認定病院 臨床研修指定病院、日本医療機能評価機構認定病院、救急告示病院、地域がん診療連携拠点病院、人間ドック・検診施設機能評価認定病院 市立長浜病院 市立長浜病院
サイト案内
サイト案内
新着情報のページ
市立長浜病院TOP 外来案内 診療科案内 脳神経外科
  脳神経外科-脳血管内治療      TOPへ   
市立長浜病院 ライン
スタッフのご紹介 医師担当表 主な病気 実績・学会発表
 脳血管内治療(手術)とは?
 血管の中からカテーテルという細いチューブを使って、頭頸部の細くなってしまった血管を広げたり、出血を防ぐために血管を閉塞させたりするといった、頭を切らずに行える治療です。
 脳血管内治療の歴史
 1970年代から脳の血管の中にカテーテルという細いチューブを誘導して脳血管の治療を行う試みがなされてきました。脳血管は非常に細く走行も複雑なため、カテーテル治療は困難とされてきましたが、より使いやすいカテーテル類の開発、技術の進歩もあり1990年代後半から治療数は増加傾向にあります。
 脳血管治療の方法
 一般的には、足の付け根の動脈(大腿動脈)から直径2mmほどのカテーテル(ガイディングカテーテル)を通し、血管の形や走行を確認しながら目的の部位までマイクロカテーテルと呼ばれる非常に細い管を誘導して治療を行います。
市立長浜病院 脳神経外科
 脳血管内治療のメリット
 通常の手術とは違って頭や首を切開したり、骨を外したりすることなく治療が行えるため、患者さんにとっては肉体的ストレスの少ない治療でもあります。
 欧米では脳動脈瘤の治療の6〜8割は脳血管内治療により治療されています。
 しかしながら、日本では専門医がまだ500人ほどであり、すべての脳神経外科施設に専門医がいる状況ではないため、欧米ほどの比率にはなっていません。
 脳動脈瘤に対する脳血管内治療

未破裂脳動脈瘤
 動脈瘤の中に髪の毛よりも細くて柔らかいプラチナ製のコイルを留置して瘤の中を固めてしまい、くも膜下出血を予防します。
 術後は翌日から歩行や食事が可能で、入院期間は約1週間ほどです。
破裂脳動脈瘤 (くも膜下出血)
 くも膜下出血を起こす原因のほとんどが脳動脈瘤の破裂によるものです。
 脳動脈瘤が破裂すると血栓がかさぶたのように破裂した部分について一時的に破裂されていることが多いのですが、このかさぶたの止血力は弱く、容易に再破裂(再出血)を起こします。
市立長浜病院 脳神経外科
 2002年に英国を中心とした研究で破裂脳動脈瘤に対して開頭術(クリッピング)、血管内治療(コイル塞栓術)のいずれかを受けた患者さんの術後の状態を比較したところ、血管内治療を受けた患者の方が生命予後、生活の質ともに良好であったという結果が報告されました。以後、世界では破裂脳動脈瘤に対する初期治療としては血管内治療も選択されるようになっています。わが国でもコイル塞栓術が増える傾向にありますが、日本ではクリッピング術の成績が良いこともあり、個々の症例において開頭術、血管内治療のどちらがより適した方法であるかを検討して治療を行っています。
  
 頸動脈狭窄症およびその治療
 高血圧、糖尿病、高脂血症などの生活習慣病、喫煙などにより全身に動脈硬化ならびに動脈の狭窄(狭くなること)が起こりやすくなります。頭頚部血管で、もっとも動脈硬化ならびに狭窄が起こりやすいのは頚動脈であり、この部位での狭窄にできた血栓やプラークが原因で、手足の麻痺や言語しょうがいといった脳梗塞の症状をきたすことがあります。このような頚動脈狭窄症の治療には、バルーン(風船)付きのカテーテルで狭窄部を拡げ、その拡がった形状を維持するためにステントと呼ばれる金属の筒を留置します。
 2007年からは保険で認められた治療となり、急速に普及してきております。当院では頸動脈血栓除去内膜剥離術(手術)と頸動脈ステント留置術(血管内治療)の両方が、常勤の医師によっていつでも可能な態勢を整えています。
市立長浜病院 脳神経外科
 急性期脳梗塞に対するカテーテルを用いた再開通治療
(局所線溶療法、血管形成術、血栓回収療法)
 脳の太い血管が詰まってしまったが、脳がまだ完全に脳梗塞に陥っていないと判断された時は、カテーテルから血栓溶解薬を注入したり、バルーン(風船)付きのカテーテルで血栓を破砕したりする治療が1980年代後半から行われてきました。2010年から、急性期脳梗塞に対して 血栓回収カテーテルが保険認可され、2011年には血栓吸引カテーテルも承認されました。
 脳の太い血管が詰まって脳梗塞症状を呈している場合には一定の時間内に再開通しなければ、良い経過にはならないため、早期の治療が必要です。
市立長浜病院 脳神経外科
 脳動静脈奇形
 脳の中で異常な動脈と静脈が毛細血管を介さず直接つながっており、出血やけいれんを起こして発症する病気です。脳動静脈奇形は、毎年2~3%前後の確率で出血をおこすと考えられています。脳動静脈奇形の治療方法としては、開頭による脳動静脈奇形摘出術、脳血管内治療(塞栓術)、定位放射線治療があります。血管内治療は開頭手術や定位放射線治療の前に用いられることが多く、コイルを留置したり液体塞栓物質(接着剤)を流して血液流入量を減らしたり、あるいは奇形そのものの体積を小さくしたりして、開頭手術や定位放射線治療をより安全かつ効果的に行えるようにする目的で導入されます。
 硬膜動静脈瘻
 脳を保護する硬膜で異常な動脈と静脈が毛細血管を介さず直接つながり、脳出血や痴呆症状、けいれんをおこす病気です。病変の場所によっては、目が充血したり、突出したり、「ザーザー」という心臓の拍動に同期した耳鳴りで発見されることもあります。脳血管内治療で病変部にコイルあるいは他の塞栓物質(プラスチック粒子や接着剤など)を留置・注入することにより、異常な流れを減弱させ、症状の改善や脳症状の予防を図ります
 脳腫瘍
 大きな出血をしやすい脳腫瘍の場合、脳血管内治療で栄養血管を閉塞させることにより、 開頭術中の出血を減らす工夫をしています。
市立長浜病院
Copyrightc1998 Nagahama City Hospital All RightsReserved