市立長浜病院ロゴ 日本医療機能評価機構認定病院 臨床研修指定病院、日本医療機能評価機構認定病院、救急告示病院 市立長浜病院 市立長浜病院
サイト案内
サイト案内
外来案内
市立長浜病院TOP 外来案内> 診療科案内>  整形外科
    疾患と手術                     整形外科  TOPへ 
市立長浜病院
スタッフのご紹介医師担当表専門外来市立長浜病院 整形外科 疾患と手術当院での研修を希望するDr.へリウマチセンター
人工関節センター手術実績
腰痛 下肢のしびれ、痛み
胸腰椎疾患の手術
上肢の痛み、しびれ
頸椎疾患の手術
肩が痛い
肩がはずれる
膝が痛い
関節鏡手術
股関節が痛い
股関節骨温存手術について
関節リュウマチ
骨粗鬆症
腰痛、下肢のしびれ、痛み
 
 変形性腰椎症(変性側弯、すべり症)、腰部脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニア、腰椎分離症などが考えられます。
 腰痛だけの場合は保存療法が第一選択となりますが、レントゲンで腰椎の不安定性やズレが著しい場合や、圧迫骨折が完治しないままの場合などは手術をお勧めることがあります。細菌感染による疼痛や悪性腫瘍の転移による疼痛の場合もありますので注意が必要です。
 腰椎椎間板ヘルニアの殆どの方は保存療法で軽快します。安静にしていただいた上で、疼痛に対して鎮痛剤を処方します。必要なら神経ブロックを行い疼痛をコントロールします。激しい疼痛が持続したり、足の筋力が低下したり、排尿しょうがいがある場合は手術が必要です。
 腰部脊柱管狭窄症の方は、下肢のしびれや痛みが出現するために長い間立ってられない、休み休みしか歩けない(間欠性破行)などの症状がでてきます。腰を伸ばすと症状がきついため腰を曲げて歩くようになります。こうした症状が強い場合は手術をお勧めます。長期間症状が続いてからの手術は改善度が劣ります。
 
胸腰椎疾患の手術
 
 黄色靱帯骨化症、腰部脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニア、変性側弯症、腰椎すべり症などに対して以下のような手術を行っています。
棘突起縦割式開窓術 背中から骨を縦割りにして、中の脊柱管だけを広げ、縦割りした骨は元に戻します。これによって筋肉への侵襲を最小限にします。
片側侵入両側除圧術片側の背中から骨を削って、両側の椎柱管を広げます。
顕微鏡下/内視鏡下ヘルニア摘出術小さな皮膚切開で低侵襲にヘルニアを摘出します。
PLIF/TRIF不安定性やずれのある脊椎に椎弓根スクリューやゲージを用いて固定します。
  
上肢の痛み、しびれ
 
 上肢が痛い、しびれる、細かな手の動きができないなどの症状は頚椎、末梢神経の病変が考えられます。
 頸椎症、頸椎椎間板ヘルニア、頚椎後縦靭帯骨化症などは、頸椎の変形にともなってざまざまな症状がでますが、首の痛み、肩こり、上肢のしびれなど(神経根症)は保存療法が第一選択となります。しかし痛みが強い場合、腕や手に力が入らない場合、歩くのにふらつく場合などの症状(脊髄症)がある場合は手術が必要となります。
 頸椎の脊柱管(神経のとおり道)が狭く余裕のない方は、転倒や交通事故などの外傷を機に急に症状が進行することがありますので注意が必要です。
 肘部管症候群、手根管症候群などは、注射や装具療法で症状軽快する場合がありますが、手のしびれにより日常生活に支障をきたしたり、筋力低下を認める場合は手術が必要になります。
 
頸椎疾患の手術
 
 頸椎症、頸椎椎間板ヘルニア、後縦靱帯骨化症などに対して以下のような手術を行っています。
前方固定術:首の前から骨や椎間板を削って脊柱管を広げます。
椎弓形成術:首の後ろから椎弓といわれる骨を観音開きにして脊柱管を広げます。
椎管孔拡大術:より低侵襲に神経根のとおり道のみを選択的に広げます。
後方固定術:不安定な頚椎の固定に椎弓根スクリューなどを用いて固定します。
 
肩が痛い
 
 肩関節周囲炎いわゆる五十肩、関節拘縮、腱板断裂、インピンジメント症候群などが考えられます。
 肩関節周囲炎(五十肩)は、リハビリ、注射、生活習慣の改善などの保存療法で改善することがほとんどです。しかし、痛いからと関節を動かさないでいると拘縮といって肩が動かなくなります。拘縮するとさらに疼痛が増し、悪循環に陥ります。
 腱板断裂は、肩を挙げる腱が一部切れて、肩がうまく挙がらずに痛みがでます。肩をうまく挙げられるようにリハビリによる保存療法が第一選択です。3か月のリハビリにも症状が軽快しない場合や外傷を機に起こった場合は、関節鏡下に断裂した腱板を縫合する手術療法をお勧めします。
▲このページの先頭へ
肩がはずれる
 
 反復性脱臼・亜脱臼はスポーツなどで肩がすぐはずれたり、はずれそうになる方です。関節の不安定性が続くと、軟骨や骨が削れたりして変形してきます。筋力訓練などのリハビリでコントロールできない場合は手術療法が必要です。
 
膝が痛い
 
 半月板損傷、変形性膝関節症などが考えられます。
 変形性膝関節症は膝の軟骨がすり減る疾患で、歩行や階段の昇り降り、立ち上がりに膝の痛みを感じます。レントゲンですり減りの程度がわかります。鎮痛剤や関節内へのヒアルロン酸注射、太ももの筋肉を鍛えるリハビリ、サポーターや足底板をつける装具療法などの保存療法を行います。鎮痛剤がなくては生活できない方、痛みが強く日常生活に支障をきたしている方は手術をお勧めします。手術は軟骨損傷の程度によって関節鏡手術、矯正骨切り術、人工関節置換術があります。
 半月板損傷は膝の関節のなかにある三日月状のクッションが断裂する疾患です。スポーツ、事故、日常生活で膝を捻ったり、旅行などでよく歩いたあとに膝の疼痛、ひっかかり感、脱力感などの症状がでます。膝に水がたまって腫れることもあります。症状が続く場合は関節鏡下に断裂した半月板を縫合したり部分的に切除する手術療法をお勧めします。
 前十字靱帯損傷はスポーツや交通事故などで膝の靱帯が断裂する疾患です。関節の不安定性が続くと、半月板が断裂したり軟骨や骨が削れたりして変形してくるため手術療法が必要となります。断列した靱帯は元にはもどらないために太ももの裏の腱や膝の前の腱を利用して関節鏡下に再建する手術を行います。
 
関節鏡手術
 
 関節鏡手術とは、7mm程の小さな穴を数箇所作成し、そこから内視鏡(カメラ)を挿入して関節の内部を見ながら、いろいろな処置をする手術です。その利点は、皮膚を大きく切開する従来の手術に比べて、傷が小さく目立たない、術後の痛みが軽い、機能回復が早い、入院期間が短期間ですむことなどがあげられます。
 肩・肘・膝・股・足の関節に内視鏡を用いて手術を行うことが可能です。
主な疾患と手術
膝関節 前十字靱帯損傷、半月板損傷、膝蓋骨脱臼、離断性骨軟骨炎、変形性膝関節症などに対して、前十字靱帯再腱術、半月板縫合・切除術、骨軟骨移植術、滑膜切除術などを行います。
肩関節 腱板断裂、反復性脱臼、関節拘縮などに対して、腱板縫合術、バンカート修復術、授動術などを行います。
肘関節 関節ねずみ、離断性骨軟骨炎、変形性肘関節症などに対して、遊離体摘出、滑膜切除術などを行います。
股関節 関節唇損傷、変形性股関節症などに対して、関節唇縫合術、関節形成術、滑膜切除術などを行います。
足関節 靭帯損傷、軟骨損傷などに対して、靱帯縫合術、骨軟骨移植術、滑膜切除術などを行います。
ご相談があれば膝・肩・スポーツ外来(毎週月・水曜日)を受診してください。  
股関節が痛い
 
 関節唇損傷、変形性股関節症などが考えられます。
 変形性股関節症は軟骨がすり減る疾患で、歩行や立ち上がりに痛みを感じます。レントゲンですり減りの程度がわかりますが、レントゲンで変形が強くても自覚症状が乏しいことがあります。鎮痛剤やリハビリなどの保存療法を行いますが、鎮痛剤がなくては生活できない方、痛みが強く日常生活に支障をきたしている方、レントゲンで変形が著しい方は手術をお勧めします。手術は軟骨損傷の程度によって関節鏡手術、骨切手術、人工関節置換術があります。
 関節唇損傷はスポーツや日常生活の中で股関節を捻ったあとに、疼痛、ひっかかり感、脱力感などの症状がでます。症状が続く場合は関節鏡下に断裂した関節唇を縫合したり部分的に切除する手術療法をお勧めします。
▲このページの先頭へ
股関節骨温存手術について
 
 臼蓋形成不全やそれに伴う軽度の変形のために、長時間歩行で脚がだる痛くなるなどの症状を訴える患者さんに対しては、リハビリなどの保存療法で改善しない場合に、臼蓋形成術および寛骨臼回転骨切術という2種類の手術療法で対応しております。いずれの手術を行うかは、年齢、股関節の変形の程度、社会的状況を考慮して決めさせていただいております。いずれの手術でも術後1週間程度で車椅子移乗が可能となり、1ヶ月から2ヶ月程度で退院が可能となります。
市立長浜病院 整形外科 市立長浜病院 整形外科
・24歳、臼蓋形成術後2年 ・43歳、寛骨臼回転骨切術後2年
 大腿骨頭壊死に対する骨温存手術として、大腿骨骨切術、減圧骨移植術を、年齢や骨壊死範囲、社会的状況を考慮して行っております。いずれの手術でも、術後6週間後から部分荷重を開始し、退院は2ヶ月程度で可能となります。
市立長浜病院 整形外科 市立長浜病院 整形外科
・48歳、大腿骨頭前方回転骨切術後半年 ・術後3年
関節リュウマチ
 
 関節の滑膜に炎症が生じる疾患です。朝のこわばりや多関節痛で自覚することがあります。進行すると手関節、手指の関節、膝関節、股関節、肘関節、肩関節が徐々に破壊されます。重度の関節破壊にいたると疼痛を軽減するために手術が必要です。重度の関節破壊になるまえに適切な薬物治療、生活指導などが必要になります。薬物治療には副作用の強いものもあり注意が必要です。当科では内科の協力のもと薬物治療を行っています。
 
骨粗しょう症
 
 骨量の減少をきたす全身性疾患で進行すると骨折しやすくなります。股関節、手関節、脊椎は特に骨折しやすく転倒にも注意する必要があります。高齢の方などに対して症状がなくても骨量を測る検査を行い、その結果をもとに必要な治療を行います。食事療法、運動療法の指導やビタミン製剤、ホルモン製剤、カルシウム製剤、ビスホスフォネート製剤などの薬物治療が主となります。閉経後の女性は疾患の予備軍であり、早期加療が大切な疾患ですので、気になる方は担当医に検査希望とお気軽に申し出てください。
▲このページの先頭へ
市立長浜病院
市立長浜病院