市立長浜病院ロゴ 日本医療機能評価機構認定病院 臨床研修指定病院、日本医療評価機構認定病院、救急告示病院、地域がん診療連携拠点病院、人間ドック・健診施設機能評価認定病院 市立長浜病院 市立長浜病院
サイト案内
サイト案内
病院紹介
市立長浜病院TOP> 病院紹介 > ごあいさつ
 
市立長浜病院理念
事業管理者 野田 秀樹
 “地域住民の健康を守るため、「人中心の医療」を発展させ、地域完結型の医療を進めます。”
 当院は、長年にわたり院是としてきた綱領を変え、新しい病院理念を定め、改めて“医療とはなにか”を問い直すことにしました。
 開設以来、患者・地域住民のための医療を推し進めてきましたが、常に最高の知識や技術を提供し、満足の行く医療を遂行するためには、さらに“人中心の医療”を発展させねばならないと考えました。患者さんや家族の方への思いやりの心をもち、患者・地域社会に信頼される病院であるとともに、職員がお互いに尊敬と和の心をもって仕事のできる信頼しあえる病院でありたいと思っています。 
市立長浜病院 院長 野田秀樹
 全職種の職員が、プロフェッショナルとしての自覚と自己研鑽を積むことは言うに及ばず、医療人としての人格形成に全力をあげて取り組んでいきます。また、地域がん診療連携拠点病院の指定をはじめ、医療機能評価機構の認定更新、さらに市と京都大学大学院医学研究科との0次予防健康づくり推進事業による健康づくり推進への積極的な参加、近隣病院に先駆けて心臓血管外科を設置するなどチャレンジ゙精神を失うことのない元気な病院であり、多士済済、いろいろな能力を持った人が集まり楽しく働ける病院を創っていきたいと考えています。

今後とも皆様方のご指導ご協力をよろしくお願いいたします。

                                 
地域完結型医療
院長 神田 雄史 
 地方の病院は少ない医療資源で地域住民の医療を支えなければなりません。地域住民の支援と医療従事者の熱意が必要です。身近な病院で医療が受けられることは、地域活性化の原動力となります。医療従事者の働く環境を充実させるとともに、地域住民の理解が得られるように啓蒙活動を推進します。生まれた時から亡くなるまで、住み慣れた地域を離れることなく安心して医療が受けられるように、「地域完結型医療」を目指します。皆様のご協力をお願いいたします。 
市立長浜病院
市立長浜病院