市立長浜病院ロゴ 日本医療機能評価機構認定病院 臨床研修指定病院、日本医療機能評価機構認定病院、救急告示病院、地域がん診療連携拠点病院、人間ドック・健診施設機能評価認定病院 市立長浜病院 市立長浜病院
サイト案内
サイト案内
新着情報のページ

市立長浜病院TOP > 病院紹介 > 各部門のページ > 栄養科のページ

栄養科
市立長浜病院
市立長浜病院
各部門のご案内
 
看護局
薬剤科
中央検査科
放射線科
栄養科
リハビリテーション科
健診センター
図書室
臨床工学技術科
地域医療連携室
訪問看護ステーション
栄養相談の御案内 糖尿病の食事療法について-1 糖尿病の食事療法について-2
糖尿病の食事療法について-3 糖尿病の食事療法について-4 糖尿病の食事療法について-5
糖尿病の食事療法について-6 糖尿病の食事療法について-7 糖尿病の食事療法について-8
市立長浜病院 糖尿病の食品交換表について
●まちがえやすい表分類について●
 交換表を自在に使いこなすことができるようになれば、食事療法においてのカロリー計算が楽になり、バランスの良い食品構成ができるので便利です。
 食品同士の交換ができるようになると、食事内容の幅が広がります。その際に、最低覚えておいてほしい食品分類があります。
 
◎表1に属するもの〜 栗・とうもろこし・れんこん・じゃがいも・さつまいも・小豆・かぼちゃ
  そら豆・グリンピース・うぐいす豆・金時豆
◎第3に属するもの〜 チーズ・油揚げ・枝豆
◎表5に属するもの〜 ベーコン・豚ばら肉・ごま・ピーナッツ・くるみ・アボカド
◎表6に属するもの〜 きぬさや・さやいんげん・さやえんどう
 
 以上が、間違いやすい食品ですのでこの際覚えておきましょう。
 
◎エネルギーを無視できる調味料〜 しょうゆ・塩・コンソメの素・だしの素
しょうが・わさび・からし・唐辛子・こしょう
 
 上記の調味料や香辛料は、使用料が少なければ、エネルギーを計算に入れなくてもかまいません。ただし、しょうゆ、塩、コンソメの素やだしの素は塩分の制限上、いくらでも使えるわけではありませんので、適切な使用にとどめてください。
 
●単位配分表●
 1日の食事量が決まったら、3食におよそ均等に栄養バランス良く配分して食べることになります。栄養素別の6つの表に従って偏らないように配分します。
 単位ごとに、栄養のバランスを考慮した各表への配分例がありますので、そのとおりに適正量の食品を選択してください。
(例)指示エネルギー量を割り算して指示単位を出してみましょう!
1200キロカロリー ÷ 80 = 15単位
1500キロカロリー ÷ 80 ≒ 18単位(切り捨てた場合)
1600キロカロリー ÷ 80 = 20単位
 
☆食品交換表の見方
表1・3 表2・4・5・6・調味料
朝食の単位数 1日合計の単位数
昼食の単位数
夕食の単位数
   
第6版 食品交換表 DM単位配分表(例)

単位数 表1 表2 表3 表4 表5 表6 調味料
9
1.5
1.5
1.5
0
 
 
1
1
1
0
 
 
0
 
 
1
 
 
0.5
 
 
10
1.5
1.5
1.5
0
 
 
1
1
1
0
1
1
0.5
11
1.5
1.5
1.5
1
 
 
1
1
1
0
1
1
0.5
12
1.5
2
2
1
 
 
1
1
1
0
1
1
0.5
13
1.6
1.6
1.6
1
 
 
1
1
1
1.5
1
1
0.5
14
2
2
2
1
 
 
1
1
1
1.5
1
1
0.5
15
2
2.5
2.5
1
 
 
1
1
1
1.5
1
1
0.5
16
2
2.5
2.5
1
 
 
1
1.5
1.5
1.5
1
1
0.5
17
2
3
3
1
 
 
1
1.5
1.5
1.5
1
1
0.5
18
3
3
3
1
 
 
1
1.5
1.5
1.5
1
1
0.5
19
3
3.5
3.5
1
 
 
1
1.5
1.5
1.5
1
1
0.5
20
3
4
4
1
 
 
1
1.5
1.5
1.5
1
1
0.5
21
4
4
4
1
 
 
1
1.5
1.5
1.5
1
1
0.5
22
4.3
4.3
4.3
1
 
 
1
1.5
1.5
1.5
1
1
0.5
23
4
4
4
1
 
 
1
2
2
1.5
2
1
0.5
24
4.3
4.3
4.3
1
 
 
1
2
2
1.5
2
1
0.5
25
4.6
4.6
4.6
1
 
 
1
2
2
1.5
2
1
0.5
  ▲このページの先頭へ
市立長浜病院
市立長浜病院