各部門一覧へ→
市立長浜病院 看護局 市立長浜病院 看護局

新卒者の教育について

 当院では、新人看護職員研修委員会が中心となり、新人育成をサポートしています。
 各病棟には、新人教育担当者と実施指導者とエルダー(先輩)の3者が一丸となり、リーダーシップを図り、病棟全体で新人育成に関わり、共に育ちあう体制を整えています。
 この新人教育体制は、新人のリアリティショック(現実が理想とかけ離れていることに衝撃を受けること)を最小限にとどめ、専門職業人として成長できることをねらいとしています。そして、新人が1年間の目標に向けて達成できるように、社会人としても成長できるように教育的に、精神的に関わり支援していきます。


新人研修年間計画


主な内容
3月新採用者就業前研修(病院全体、看護局)
4月感染管理(スタンダード・プリコーション(標準予防策)、針刺し事故防止など)
医療事故防止(患者誤認防止、転落転倒防止など)
トータルオーダリングシステム(病院システム)、看護記録
接遇
災害時の対応
フィジカルアセスメント(目的に対して適切に対処するための「手段」)
輸液管理
夜勤研修
5月緊急時の対応
6月看護管理(看護必要度)
看護課程(情報収集、アセスメント、看護診断)
7月医療事故防止(誤薬防止)
9月救急蘇生
看護管理(物品管理)
1年間の半年評価
10月 医療事故防止(事故報告)
メンバーシップ
11月薬剤管理(院内薬剤システム、麻薬やカリウム剤などの特殊な薬品の取り扱い)
看護倫理(遭遇した看護場面を振り返って)
12月 専門、認定看護師の院内活動と専門分野のケア(感染管理、WOC(創傷・オストミー・失禁)、糖尿病、がん)
1月輸血
看護観の発表(1年間の達成度)

市立長浜病院 看護局 ▲このページの先頭へ 市立長浜病院 看護局
市立長浜病院