各部門一覧へ→
市立長浜病院 看護局 市立長浜病院 看護局
当院の認定看護師

やさしさ、きづき、おもいやりを込めて
心に届く看護を提供します
 当院には、がん看護専門看護師と11領域の認定看護師の計17名がそれぞれの領域で活動しています。
 看護師一人ひとりのスキルアップを目指して、院内の様々な部門と連携し、実践活動・情報提供を行っています。さらに、より質の高い看護が提供できるように、様々な領域の専門看護師、認定看護師の育成に力を入れています。
  市立長浜病院 看護局 専門看護師、認定看護師の紹介
がん看護専門看護師 山岸 美紀
救急看護認定看護師 尚永 直哉
皮膚・排泄ケア認定看護師 笠原 みすず
西尾 多恵
緩和ケア認定看護師 宮崎 恵子
がん化学療法看護認定看護師 河野 真弓
がん性疼痛看護認定看護師 河野 智一
桂 衣里子
感染管理認定看護師 中村 寛子
藤木 智美
糖尿病看護認定看護師 西堀 靖子
東 昌代
脳卒中リハビリテーション看護認定看護師 杉山 慎太郎
がん放射線療法看護認定看護師 入江 桃好
杉山 順哉
慢性呼吸器疾患看護認定看護師 山口 清香
慢性心不全看護認定看護師 杉村 隆幸
  
専門看護師、認定看護師とは?
日本看護協会が認定する資格です。
 
専門看護師…複雑で解決困難な看護問題を持つ個人、家族および集団に対して質の高い看護ケアを効率よく提供するための、特定の専門看護分野の知識および技術を深め、保健医療福祉の発展に貢献し、併せて看護学の向上をはかります。
 
認定看護師…特定の看護分野において、熟練した看護技術と知識を用いて、質の高い看護実践ができ、看護現場における看護ケアの広がりと質の向上をはかります。
 
専門看護師
●  がん看護専門看護師  山岸 美紀  ●
 私の仕事は、がんの患者さんやそのご家族とがんに関する問題について、まずは一緒に悩み、考え、そして少しでもその人らしい生活をしていただけるようサポートしていくことです。
 また、院内のがん看護の質の向上を目指し、がん看護に携わる医療スタッフに対して相談や教育、研究のサポートを行ったり、院内の患者さんと医療者が安心して化学療法などの治療にのぞめるようなシステム作りも行っています。
認定看護師
●  救急看護認定看護師  尚永 直哉  ●
 救急外来を受診される患者さんやご家族に対し専門知識・技術をもちいて、身体的・精神的援助を行っています。また、患者さんの急変に対し迅速かつ適切に対応できるよう院内スタッフへの指導も行っています。
 RST(呼吸ケアサポートチーム)の一員として、院内の人工呼吸器を使用されている患者さんや気管切開をされている患者さんの呼吸管理も行っています。
 当院では二次救急医療施設として、入院が必要と考えられる患者さんの救急診療を行っております。市民の皆様に安心して受診していただける様、適切かつ確実な看護援助とやさしさ・きづき・おもいやりの精神をもって看護を行いたいと思います。
●  皮膚・排泄ケア認定看護師  笠原 みすず・西尾 多恵  ●
 スキンケアを基盤に、創傷・ストーマ(人工肛門、人工膀胱)、失禁の領域のケアに携っています。
 院内の褥瘡対策委員会の一員として、褥瘡(床ずれ)の予防や早期回復をめざした援助をしています。ストーマにおいてはオストメイト(ストーマ保有者)に安心した日常生活を送っていただけるよう、ケアや相談を行っています。また、尿や便失禁で困っておられる方に、失禁用具の紹介や失禁によって生じる皮膚のトラブルの予防やケアを行っています。
 いずれも、入院から退院後の生活まで継続したケアが提供できるように病棟・外来・訪問看護ステーションなどと連携しています。
●  緩和ケア認定看護師  宮﨑 恵子  ●
 患者さんおよびご家族を中心とした中で一緒につくりあげるケアを目指しています。
 また、緩和ケアチームの一員として、施設スタッフや地域医療に向けた緩和ケアの実践に関する指導と相談を行い、緩和ケアの普及と看護の質の向上を目指し活動しています。
 「その人らしく過ごしていただける、最高のおもてなし」が私の活動目標です。
●  がん化学療法看護認定看護師  河野 真弓  ●
 がん化学療法は、近年新薬の開発にて治療が複雑化し、様々な副作用が出現することもあります。その中で、私は患者さんが納得して治療を選択できるように支援していきたいと思っています。
 また、副作用対策を行うことで治療による苦痛を少なくし、患者さんが安心して治療をうけていただけることを目指し活動しています。
●  がん性疼痛看護認定看護師  河野 智一・桂 衣里子  ●
 がんによる痛みは、がんと診断された時から多くの人が経験していると言われています。早期から痛みを軽減し、自分らしく過ごすことができるように苦痛の緩和を行う必要があります。
 がんと診断されたとき、身体だけでなく、精神的、社会的な痛みを経験します。また、生きることへの価値を見失うこともあり、あらゆる痛みをできる限り軽減することを目標とし、緩和ケアチームの一員として活動しています。
●  感染管理認定看護師  中村 寛子・藤木 智美  ●
 感染管理認定看護師には、患者さんやご家族、病院で働く職員や病院に関わるすべての人々を感染から守る役割があります。安全な療養環境と職場環境を提供するために、科学的根拠に基づいて感染防止を行っています。
 感染はたった一人でも認識が低いと広がります。病院に関わるすべての人々に感染防止に意識の向上が図れるように組織横断的な活動を行っています。
 具体的な活動として、マニュアルの作成・修正を行い、職員が正しく感染対策が理解できるように教育も行っています。その他に医師・看護師・薬剤師・細菌検査技師で構成されている感染対策チームによるラウンドを行い、院内の感染症患者の把握や感染防止策に取り組んでいます。また、院内のみに関わらず、地域の施設とも連携しながら、院外活動も積極的に行っています。
 すべての患者さんが気持ちよく安心して治療が受けることができ、すべての職員が安心して働くことができるように、感染管理活動を展開してきたいを思っています。
●  糖尿病看護認定看護師  西堀 靖子・東 昌代  ●
 糖尿病という慢性疾患を持つ患者さんが、食事・運動・薬物療法を日々の生活の中で自己管理していけるように、患者さんと一緒に考え、指導や相談を行っています。合併症である腎症の進行を防ぐ為の指導を医師・管理栄養士と共同で実施しています。また「自分の足で最後まで歩こう」を目標に患者さんの足の観察を行い、足病変の危険性と足の大切さを説明し、フットケアをしています。
●  脳卒中リハビリテーション看護認定看護師  杉山 慎太郎  ●
 脳卒中を伴った患者さん・そのご家族に対して、障害を持ったとしてもその人らしい人生が過ごせるように、リハビリテーションを通して生活を再構築し、在宅復帰ができるように支援を行っています。また、そのために施設スタッフや地域医療に向けた脳卒中ケアの実践に関する相談と指導を行い、脳卒中リハビリテーション看護の普及と質の向上を目指して活動しています。
 脳卒中は時間との勝負です。脳卒中の症状が出現してから、できるだけ早く病院に来ることが、障害を最小限にするために重要となります。また、脳卒中は症状を自覚することができないこともあり、家族が気づいて病院に運ばれてくる方も少なくありません。そのため、地域の住民の皆様とともに脳卒中予防について考え、症状の早期発見と対処ができるように努めて行きたいと思います。
●  がん放射線療法看護認定看護師  入江 桃好・杉山順哉  ●
 私の役割は、がん患者さんが放射線治療を円滑に受けていただけるよう、治療計画の段階から副作用を予測した予防的なケアを行うことです。そして、副作用の悪化を防ぎ治療効果が高まるようなサポートを心がけています。
 放射線治療は、患者さんが主体となってケアを継続することが大切です。「自分らしく生きるため」に治療完遂に向けたサポートをしていきたいと思っています。
●  慢性呼吸器疾患看護認定看護師  山口 清香  ●
 慢性呼吸器疾患は最近多くなってきているCOPDをはじめとする気管支喘息、間質性肺炎などをさします。運動したときの息切れや、咳を生じるようになってきます。
  慢性呼吸器疾患の罹患予防となる禁煙の支援を行っていきます。また、慢性呼吸器疾患に罹患しても、その人らしい、豊かな生活が送れるようにお手伝いしていきたいと思っています。
●  慢性心不全看護認定看護師  杉村 隆幸  ●
 慢性心不全は心臓だけに問題があるのではなく、患者さんの日常生活においても発症へとつながる問題を抱える病気です。患者さんやご家族には病気だけでなく、それぞれの日常生活についても共に振り返り、慢性心不全が予防できるよう関わらせていただきます。
 また、医師をはじめ、患者さんに関わるそれぞれの職種の強みを活かしたチーム医療を目指し、患者さんやご家族が慢性心不全と歩まれる日常生活を支えられるよう関わらせていただきます。
市立長浜病院 看護局 ▲このページの先頭へ 市立長浜病院 看護局
Copyright(C)Nagahama City Hospital All RightsReserved