市立長浜病院ロゴ 日本医療機能評価機構認定病院 臨床研修指定病院、日本医療機能評価機構認定病院、救急告示病院、地域がん診療連携拠点病院、人間ドック・健診施設機能評価認定病院 市立長浜病院 市立長浜病院
サイト案内
サイト案内
病院紹介

市立長浜病院TOP> 病院紹介 > 各部門のページ > 中央検査科のページ

   血液検査                     TOPページへ
市立長浜病院
市立長浜病院

各部門のご案内
 
看護局
薬剤部
中央検査科
放射線科
栄養科
リハビリテーション科
健診センター
図書室
臨床工学技術科
地域医療連携室
訪問看護ステーション
生化学・免疫検査 血液検査 一般検査
輸血検査 細菌検査 病理・細胞検査 生理検査
 
血液検査室
 
 私たちの体を流れる血液は、細胞成分である血球と、液体成分である血漿から成ります。
 血液検査では、血球数や、血液細胞の形態を調べたり、血漿を用いて凝固・線溶検査を行っています。貧血・白血病など血液疾患の診断や治療効果、経過観察に必要な検査です。又、血液疾患だけでなく、感染症・悪性腫瘍・膠原病など多種多様な全身疾患のスクリーニング検査としても重要な検査です。
 測定項目
血球計数(白血球・赤血球・ヘマトクリット値・ヘモグロビン量・MCV・MCH・MCHC・血小板)、
網赤血球数、血液像検査(好中球・好酸球・好塩基球・リンパ球・単球)、骨髄検査、
凝固・線溶検査(PT・APTT・フィブリノーケン・ヘパプラスチン・ATV・FDP・Dダイマー)、
血小板凝集能検査、赤血球沈降速度、サクソンテスト
 
【血球計数検査】
 自動血球計数装置にて、血球計数を算定しています。
 血球の量的異常や、貧血の程度などを調べます。
 
【血液像(白血球分画)検査】
 血球は、白血球・赤血球・血小板の3種類に分類され、さらに白血球は、好中球・好酸球・好塩基球・単球・リンパ球に分類されます。
 白血球分画も上記の自動血球計数装置で測定をしていますが、必要と判断されたものについては、塗抹標本を作成し、血液細胞の形態を顕微鏡で観察します。
 白血球は、ほぼ一定の割合でバランスをとっていますが、体に異常があるとそれらのバランスが崩れることがあります。細菌やウイルス感染などでは、好中球・単球・リンパ球が増減し、アレルギーなどでは、好酸球・好塩基球が増加します。又、血液疾患や薬剤、放射線の影響などでも増減します。
 
【骨髄像検査】
 血球成分の多くは、骨髄で造られています。
 穿刺により、得られた骨髄液の細胞形態を顕微鏡で観察します。
 血液細胞の成熟度、異常細胞の有無などを調べます。貧血や白血病などの血液疾患の診断や治療効果、癌の骨髄転移の有無などを調べる際に検査を行います。
 
【凝固・線溶系検査】
 止血・凝固に関わる成分や、凝固により形成されたフィブリンを溶解する線溶に関わる成分を測定しています。出血傾向や血栓傾向があるかがわかります。
 経口抗凝固療法のモニタリングにも、この検査が利用されています。又、凝固因子の大部分が肝臓由来の為、肝機能の指標としても測定されています。
 ▲このページの先頭へ
 
市立長浜病院
市立長浜病院