市立長浜病院ロゴ 日本医療機能評価機構認定病院 臨床研修指定病院、日本医療機能評価機構認定病院、救急告示病院、地域がん診療連携拠点病院、人間ドック・健診施設機能評価認定病院 市立長浜病院 市立長浜病院
サイト案内
サイト案内
病院紹介

市立長浜病院TOP> 病院紹介 > 各部門のページ > 中央検査科のページ

  細菌検査                        TOPページへ
市立長浜病院
市立長浜病院
各部門のご案内
 
看護局
薬剤部
中央検査科
放射線科
栄養科
リハビリテーション科
健診センター
図書室
臨床工学技術科
地域医療連携室
訪問看護ステーション
生化学・免疫検査 血液検査 一般検査
輸血検査 細菌検査 病理・細胞検査 生理検査
 
細菌検査室
 
 ヒトは通常、細菌・ウイルスなどの様々な微生物と共存して暮らしていますが、体内に強 毒菌が侵入した時や、抵抗力がなくなった場合には均衡が崩れて感染症を引き起こします。
 当院の細菌検査室では、そういった患者さんから出た検体(喀痰、尿、便、血液、膿、髄液、胸水、腹水、組織などあらゆるもの)を培養し、感染症の原因と思われる菌の菌種を同定し、その菌に効く薬剤は何かを調べております。
 また、近年話題となっております薬剤耐性菌による院内感染を防止するため、医師・薬剤師・看護師などと連携を図りながら感染制御活動なども行っております。
 
塗抹検査
 提出された検体を直接スライドグラスに塗布し、特殊な染色(グラム染色、チール・ネルゼン染色など)を施し、顕微鏡(1000倍)で観察します。染色性や菌の形態から起炎菌の推定を行います。
市立長浜病院-鏡検 市立長浜病院-黄色ブドウ球菌 市立長浜病院-結核菌
鏡検 黄色ブドウ球菌 結核菌
 
培養検査
 提出された検体を、細菌が発育するのに必要な栄養素を含んだ寒天培地に接種し、ふらん器等で24時間培養します。1〜2日培養を行うと培地上にコロニー(菌の塊)となって発育してきます。敗血症が疑われる時は、血液培養が行われます。抗酸菌の培養は、通常の微生物検査に比べ、菌の発育に長期間(3〜8週間)要するのが特徴です。
市立長浜病院-培養操作 市立長浜病院-血液培養装置 市立長浜病院-ふらん器内の培地
培養操作 血液培養装置 ふらん器内の培地
 
同定・薬剤感受性検査
 検体から培養された菌を用い、その菌の菌名が何なのか、どの薬剤に対して感受性があるのか(効くのか)を調べます。
市立長浜病院-培地に発育した菌 市立長浜病院-薬剤感受性プレート 市立長浜病院-細菌自動分析装置
培地に発育した菌 薬剤感受性プレート 細菌自動分析装置
 
迅速検査
 検体の提出から1時間以内に結果の分かる迅速検査を実施しております。
検査綱目: インフルエンザウイルス、アデノウイルス、RSウイルス、A群β溶連菌抗  原、尿中肺炎球菌抗原、尿中レジオネラ抗原、CDトキシン、プロカルシトニン、ノロウイルス、マイコプラズマ抗原
 
院内感染防止の活動
 細菌検査室では、他部署に向け感染情報の発信をしております。当院で検出された細菌の種類や頻度などを統計処理し、データ解析を行い、そのデータをもとに医師、薬剤師、看護師と連携して、日々感染制御活動を行っております。
 
 以上が細菌検査室の主な業務ですが、感染症の早期治療に少しでも貢献できるように努力いたします。また微生物検査の結果は、材料の採り方や保管の仕方によって、大きく左右されます。患者さまのご協力をお願いいたします。
 
▲このページの先頭へ
 
市立長浜病院
市立長浜病院