市立長浜病院ロゴ 日本医療機能評価機構認定病院 臨床研修指定病院、日本医療機能評価機構認定病院、救急告示病院、地域がん診療連携拠点病院、人間ドック・健診施設機能評価認定病院 市立長浜病院 市立長浜病院
サイト案内
サイト案内
病院紹介

市立長浜病院TOP> 病院紹介 > 各部門のページ > 中央検査科のページ

 病理・細胞検査                       TOPページへ
市立長浜病院
市立長浜病院

各部門のご案内
 
看護局
薬剤部
中央検査科
放射線科
栄養科
リハビリテーション科
健診センター
図書室
臨床工学技術科
地域医療連携室
訪問看護ステーション
生化学・免疫検査 血液検査 一般検査
輸血検査 細菌検査 病理・細胞検査 生理検査
 
病理検査室
 
市立長浜病院-中央検査技術科
 
スタッフ紹介
 認定病理検査技師(1名)
 細胞検査士・国際細胞検査士(4名)
 
病理検査とは
病気の診断を行うために患者さんから採取した臓器・組織・細胞などを肉眼や顕微鏡で詳しく調べること
 
  病理検査には以下の方法があります。 
1 細胞診検査
2 病理組織検査
3 術中迅速検査
4 病理解剖
 
1 細胞診検査
 身体より得られた細胞を調べる検査です。材料には体腔液(胸水、腹水など)や尿、喀痰などがあり、スライドガラスに薄く塗りつけて染色(細胞に色をつけます)します。 染色標本を顕微鏡で観察し、悪性(ガン)細胞の有無などを検査します。比較的患者さんの負担が少ないことが特徴です。
 細胞検査士がスクリーニング(顕微鏡による観察)を行い、異常な細胞やチェックすべき細胞があった標本は病理医(細胞診指導医)と検討し、その細胞所見や推定病変を報告しています。
 
市立長浜病院-婦人科擦過標本 市立長浜病院-HPV感染細胞
婦人科擦過標本 HPV感染細胞
 
2 病理組織検査
 内視鏡や手術により取り出された臓器・組織を調べる検査です。肉眼や顕微鏡で観察し、病気の種類や原因などについて病理医が診断を行います。
 
生検
 内視鏡や気管支鏡を行った際に病変の一部を摘み取ったり、皮膚などにできたできものの一部をメスで切り取ったりして標本にします。病気の種類を確定診断する検査で、その後の治療方針を決める重要な検査です。
手術で摘出された臓器・組織の診断
 病気の種類についてさらに詳しい検査を行います。病変の大きさや広がり、完全に取りきれているかなどを観察します。がんの場合は悪性度や転移の有無などを調べます。この検査で病気や予後が確定し、術後の治療方針が決まります。
 
 顕微鏡標本の作製は臨床検査技師が行っています。組織を厚さ3ミクロン(1mmの3/1000)程度に薄く切ってスライドガラスに貼り付け、染色(細胞に色をつけます)し標本を作製します。通常のHE(ヘマトキシリン・エオジン)染色のほかに、特殊染色や免疫染色も行っています。
  
市立長浜病院-大腸HE標本
         大腸HE標本
 
3 術中迅速検査
 手術中に採取された病変組織から10〜20分で病理診断・細胞診断を行います。
 手術前に病理診断がつかなかった病変について悪性(がん)か否か、病変がとりきれているかどうかの確認や手術で切除する範囲を決めたりするのに役立ちます。
 
4 病理解剖
 ご遺族の承諾のもとに、病死された患者さんを解剖させていただくことです。
 病気がどのようなものであったか、治療効果や死因の究明をし、今後の治療と診断に役立たせていただいております。解剖は病理医と臨床医によって行われます。
 
▲このページの先頭へ
                                          
市立長浜病院
市立長浜病院