市立長浜病院ロゴ 日本医療機能評価機構認定病院 臨床研修指定病院、日本医療機能評価機構認定病院、救急告示病院、地域がん診療連携拠点病院、人間ドック・健診施設機能評価認定病院 市立長浜病院 市立長浜病院
サイト案内
サイト案内
病院紹介

市立長浜病院TOP> 病院紹介 > 各部門のページ > 中央検査科のページ

 中央検査科
市立長浜病院
市立長浜病院
各部門のご案内
 
看護局
薬剤部
中央検査科
放射線科
栄養科
リハビリテーション科
健診センター
図書室
臨床工学技術科
地域医療連携室
訪問看護ステーション
生化学・免疫検査 血液検査 一般検査
輸血検査 細菌検査 病理・細胞検査 生理検査
主な血液・尿検査結果の簡単な見方
スタッフ構成
 臨床検査技師24名(うち、認定輸血検査技師1名、超音波検査士1名、認定心電検査技師1名、緊急臨床検査士1名、二級臨床検査士(血液1名、病理1名)、認定病理検査技師1名、細胞検査士・国際細胞検査士4名、特定化学物質作業主任者1名、有機溶剤作業主任者1名)、事務員2名、総勢26名により構成されています。 (2016年8月現在)
 
臨床検査とは
 臨床検査は病気の原因を調べたり、治療の効果をみるために行われ、大きく検体検査生理機能検査の2種類に分類されます。
 
市立長浜病院 検体検査
 身体から血液・尿・組織などを採取して、その中の成分や細胞形態を調べる検査で、当院の検査科では6つの部門に分かれています。
1)生化学・免疫検査
 最新の自動分析器を用いて、血液に含まれる肝機能成分や腎機能成分、腫瘍マーカーの測定、肝炎などのウイルス検査などを行っています。
2)血液検査
 赤血球・白血球などの血球数の測定、凝固機能検査、血球形態検査などを行っています。
3)一般検査
 尿の成分分析や細胞分類、便の潜血検査や虫卵検査を行っています。
4)輸血検査
 輸血時の交差適合試験、不規則抗体の検出、血液製剤の発注/保管管理を行っています。
5)細菌検査
 一般細菌・結核菌・真菌の培養や同定、抗生物質感受性試験を行っています。
6)病理・細胞診検査
 病理検査では、生検材料や手術材料から組織標本を作製し、病理医が鏡検・診断を行っています。 細胞検査では、喀痰・尿・体腔液・産婦人科の擦過材料などから標本を作製し細胞検査士が鏡検し、その結果を病理医が確認して報告しています。
 
市立長浜病院 生理機能検査
 患者さんに直接電極などを取り付け、生体情報を取り出す検査です。心電図、呼吸機能、脳波、心臓・腹部超音波、聴力・平衡機能検査などを行っています。
 
おもな血液・尿検査結果の簡単な見方
 『おもな血液・尿検査結果の簡単な見方』のパンフレットを作製し、内科処置室、中央検査技術科待合廊下に掲示しています。また、希望者の方にはお渡ししています。
市立長浜病院 パンフレットはこちらからご覧いただけます(PDFファイル:230KB)
血液や尿中の物質は、年齢・食物の摂取・運動・病気や身体の状態などいろいろな条件で変動します。当院では、症状の程度、治療の経過などを見る目的で血液や尿検査を行っています。基準値は大部分の人がこの範囲に入ることを意味します。しかし、必ずしも基準値だから良い、範囲外だから悪いというのではありません。測定の結果を自己流に判断せず、主治医の指導のもとでご活用下さい。
 ▲このページの先頭へ
 
市立長浜病院
市立長浜病院