市立長浜病院ロゴ 日本医療機能評価機構認定病院 臨床研修指定病院、日本医療機能評価認定病院、救急告示病院、地域がん診療連携拠点病院、人間ドック・健診施設機能評価認定病院 市立長浜病院 市立長浜病院
サイト案内
サイト案内
新着情報のページ

市立長浜病院TOP > 病院紹介 > 各部門のページ > 放射線科のページ

放射線科
市立長浜病院
市立長浜病院
各部門のご案内
 
看護局
薬剤部
中央検査科
放射線科
栄養科
リハビリテーション科
健診センター
図書室
臨床工学技術科
地域医療連携室
訪問看護ステーション
一般撮影 X線TV透視 CT検査 MR検査
RI検査 骨密度測定 血管造影検査 ESWL
マンモグラフィ 放射線治療 ●診療支援棟 放射線機器のご紹介
お知らせ<開業・診療所の先生方へ・紹介で来られる患者様へ>
診療支援棟 放射線機器のご紹介
 診療支援棟に新しく設置されました放射線機器は、1階救急初療室のすぐ隣に一般撮影室、CT室、同じフロアにMRI室を設けることにより救急患者さんの検査が集約されることとなりました。
 一般撮影装置はSHIMADZU RAD speed
 DRシステムはFUJIFILM CALNEO Smartを導入いたしました。
 CT装置は、可変ピッチ対応のバリアブルピッチヘリカルスキャン、金属アーチファクト低減再構成処理(SEMAR)、逐次近似法(AIDR3D)、心電図同期フラッシュヘリカル等の機能が搭載されており、チルトヘリカルスキャンが可能なTOSHIBA Aquilion PRIME80列を導入いたしました。
 MRI装置については、DIR・ASL・SWI・MV・DIXONなどの新しいシーケンス が搭載され、ホールボディーの撮像も可能になり、従来の装置よりSNRが向上し、ワイドボア、ワイドFOVのPHILIPS Ingenia 1.5Tを導入し、部屋の照明も明るく、患者さんに優しい検査室となっております。

SHIMADZU  RAD speed TOSHIBA Aquilion PRIME80列 PHILIPS Ingenia 1.5T


 診療支援棟3階には、58インチ大型モニターを搭載したPHILIPS AlluraClarity FD10/10、20/15のバイプレーン血管撮影装置を2台導入し、それぞれ心カテ、頭部の専用機として検査及び血管内治療を行っております。
 心カテ用の装置には、インターベンションに有用なステントブースト機能や、一度の造影で多方向から撮影できるXperスイング等の機能が搭載され、頭部用にはXperCT・3DRAの機能や、2Dパフュージョン、3D・骨付きロードマップ等充実したワークステーションとなっています。
 また、血管撮影室についてもOPE室、ICUと隣接しており血管障害に対する早急な治療が可能となりました。

PHILIPS AlluraClarity FD10/10 PHILIPS AlluraClarity FD20/15


 今後もチーム医療に貢献できるよう、新しい治療・技術の研鑽を日々積み重ね、病院理念に基づき湖北地域の基幹病院として安全・安心で精度の高い放射線技術科を目指します。
  ▲このページの先頭へ
  
市立長浜病院
Copyrightc1998 Nagahama City Hospital All RightsReserved