市立長浜病院ロゴ 日本医療機能評価機構認定病院 臨床研修指定病院、日本医療機能評価機構認定病院、救急告示病院、地域がん診療連携拠点病院、人間ドック・健診施設機能評価認定病院 市立長浜病院 市立長浜病院
サイト案内
サイト案内
新着情報のページ

市立長浜病院TOP > 病院紹介 > 各部門のページ > 放射線科のページ  放射線治療 > 放射線治療について

 放射線治療について
はじめに 放射線治療の原理 放射線治療に関わる人 放射線治療の流れ

市立長浜病院 放射線治療について
市立長浜病院 脳定位放射線治療
市立長浜病院 体幹部定位放射線治療
市立長浜病院 画像誘導放射線治療
市立長浜病院 前立腺放射線治療
市立長浜病院 強度変調放射線治療
はじめに
 近年、日本では人口の高齢化や食生活の欧米化により、がん患者数は増加しています。それに伴い放射線治療を受けられる患者さんも増加の一途をたどっています。
 放射線治療技術の進歩や装置の高精度化により、頭頚部がんをはじめ、肺がん、食道がん、前立腺がんなどへの根治的放射線治療の適応が急速に増えてきました。手術との組み合わせや化学療法との併用などにより、放射線治療の効果はさらに高くなってきています。
 さらに、放射線治療は身体に負担が少ないため、手術適応のない高齢者にも対応が可能です。(Varian社製Clinac iX)。また、当院の治療スタッフは、最高の放射線治療を提供できる体制を整えています。
市立長浜病院 放射線科 がん罹患数の推移
全国がん罹患数(国立がん研究センターがん対策情報センター集計)
放射線治療の原理
 医療現場で放射線は、身体内部の状態を画像化(X線写真、CT等)して病気を診断するためによく使われています。しかし、放射線治療に使われる放射線は診断用の放射線よりも高いエネルギーであり、身体の表面や奥にある病気を治すことができます。
 放射線を照射することによって、細胞の中にあるDNAを損傷させます。病気の細胞は正常細胞よりも放射線によるダメージを受けやすく、また、正常細胞の方が修復力が高いという性質があります。そのことを利用して、何度も繰り返すことにより、正常細胞をあまり傷つけずに病気の細胞を死滅させることができます。
市立長浜病院 放射線科 放射線治療の原理
放射線治療に関わる人
<放射線腫瘍医>
 放射線腫瘍医は、主治医と連携をとりながら、患者さんの診療所見やいろいろなデータを元に、患者さんに最も適した放射線治療の方針を決定します。治療中および診療終了後も定期的に診察をして、必要に応じて処置を行います。
<診療放射線技師>(放射線治療専門放射線技師・放射線治療品質管理士)
 診療放射線技師は、放射線腫瘍医の作成した治療計画の検証を行い、安全かつ正確に照射を行います。また、治療装置の品質維持のため、制度管理や点検・保守も日々行っています。
<放射線治療担当看護師>
 放射線治療担当看護師は、治療前や治療中、治療後の診察の際に患者さんの手助けや、患者さんやご家族のケアを行います。お気軽にご相談ください。
<医学物理士>
 物理工学に基づき、放射線の医療が適切に実施されるように放射線治療の品質を管理しています。主に、医師と連携して患者さんの治療計画を作成しています。
放射線治療の流れ
(1) 診察(約30分)
 医師による診察をうけていただき、治療方針を決定します。追加でMRIやPET検査を受けていただく場合もあります。
(2) 治療計画用CT撮影(約30分)
 治療計画用CT撮影(Light Speed RT16GE社製)にて治療計画CTを撮影します。体位の再現性、保持性を良くするための固定具を作成する場合もあります。
市立長浜病院 放射線科 治療計画用CT撮影
(3) 治療計画作成(1日〜数日)
 治療計画用CT画像を用いて、3次元治療計画装置(EclipseVarian社製)にて患者さんに最適な治療計画を作成します。
市立長浜病院 放射線科 治療計画作成
(4) 治療(約15分/1回)
 毎回の治療直前にX線撮影を行い、治療計画通りの位置に照射位置がきているかを確認します。位置が正しければ、コンピュータ制御された治療システム(Clinac iXVarian社製)により、正確な照射を実施します。
市立長浜病院 放射線科 治療
 
市立長浜病院
Copyrightc1998 Nagahama City Hospital All RightsReserved