市立長浜病院ロゴ 日本医療機能評価機構認定病院 臨床研修指定病院、日本医療機能評価機構認定病院、救急告示病院、地域がん診療連携拠点病院、人間ドック・健診施設機能評価認定病院 市立長浜病院 市立長浜病院
サイト案内
サイト案内
病院紹介

市立長浜病院TOP> 病院紹介> 各部門のページ> 薬剤部のページ> がん薬物療法
               

  がん薬物療法
●外来化学療法センター●
 薬剤師が3名常駐し、そのうち、1名は施行前の検査値確認や患者さんへの服薬指導、副作用モニタリング、2名は抗がん剤の混合調製を行っています。外来化学療法センター内の薬剤師は、患者さんの症状、検査結果から、抗がん剤の投与量の変更や副作用に対する支持療法を医師へ提案します。入院・外来の抗がん剤調製は、外来化学療法センター内のミキシングルームで行っており、処方監査から薬品準備、調製、払い出しまで複数の薬剤師が確認し、お薬を患者さんにお届けできるよう細心の注意を払って業務を行っています。患者さんのがん化学療法の薬歴を管理し、内服薬との相互作用を確認、保険薬局との連携を図ることを目的として、投与した注射抗がん剤の薬品名と投与量を記載したお薬手帳シールを患者さんにお渡しする取り組みをはじめました。
 外来化学療法センターの看護師と患者さんやお薬の情報を共有して、より安心して治療を受けていただけるよう日々取り組んでいます。

●レジメン管理●
 当院では注射用抗がん剤はすべてレジメンシステムでのオーダーとなっています。レジメンの登録は、医師から申請のあったものについて、がん薬物療法認定薬剤師がガイドラインや文献等と照らし合わせ評価し、レジメン審査委員会へ報告・審議後に登録を行っています。薬の特徴に合わせて、吐き気止めやアレルギー症状を予防する薬などを入れています。登録されたレジメンは医師から提案など必要に応じて内容の見直しを行っています。


市立長浜病院
市立長浜病院