市立長浜病院ロゴ 日本医療機能評価機構認定病院 臨床研修指定病院、日本医療機能評価機構認定病院、救急告示病院、地域がん診療連携拠点病院、人間ドック・健診施設機能評価認定病院 市立長浜病院 市立長浜病院
サイト案内
サイト案内
病院紹介

市立長浜病院TOP> 病院紹介> 各部門のページ> 薬剤部のページ> 中央業務
               

  中央業務
●調剤業務●
 当直時間帯を除いて、休日を含めほぼすべて院外処方箋を発行しています。自動散薬分包器、自動錠剤分包器が備わっており、胃瘻・鼻注や服用困難の患者さんへは、粉砕等適切な剤型へ変更して調剤しています。
 また、手術や検査を予定している患者さんのお薬を外来受診時に調べ、休薬が必要な薬剤についての情報提供をしています。
●注射業務●
 注射薬は特殊性、緊急性の高いものが多く、迅速に薬品供給に対応できる体制をとっています。また、注射薬自動払出機を配備しており、入院患者への注射払い出しは1施行ごとのセットを実施しています。
 そのほかに、外来で使用される薬剤の準備、手術室や放射線科、透析センターで使用される特殊薬剤の払い出しや発注管理、抗がん剤の準備を行っています。日々使用される薬剤の流れを把握し、いつでも必要な薬剤を安全に使用できるよう努めています。
●製剤業務●
 病院では、販売されている薬剤以外に使用されている薬品が存在します。例えば、内視鏡の検査の際、粘膜に色をつけるためのヨード液、産婦人科外来でへその緒の処置に使用される硝酸銀液が挙げられます。このような薬剤は『院内製剤』と呼ばれ、試薬を用いて薬剤師が調製しています。
●TPN●
 当院では平日の14時更新分の全病棟のTPNの無菌調製を薬剤部にて行っています。
 〜混注の流れ〜
 @TPNの処方確認。(薬剤師のダブルチェック)
 ANSTチーム薬剤師が検査値から処方内容が適切であるかの確認
 BTPNの混注(薬剤師のダブルチェック)
 
●医薬品情報管理室●
 常時1名の薬剤師が待機し、医師や看護師からの問い合わせ、病棟薬剤業務の後方支援、院内への医薬品情報の発信、企業の医薬品情報担当者との面談、院内採用薬品の見直しや新規採用、中止の検討を行っています。
 DI室には医薬品添付文書や各種ガイドライン、図書等を備え、いつでも院内職員が閲覧できる環境を整えています。院内LAN上からも医薬品添付文書、緊急安全性情報、Drug Information、採用医薬品集を確認できるよう医薬品情報管理を行っています。
 また、製造販売承認された薬剤について、院内へのアナウンスの前に事前ヒアリングを行っています。院内で適正な医薬品情報提供活動を行えるよう努めています。


市立長浜病院
市立長浜病院