資格の難易度/資格の難易度ランキング

 TOP > 資格の難易度           
                            
              
          新年に向けて資格試験にチャレンジしたい方は必見のサイトです。
 
       新年は新しいことにチャレンジするには絶好のタイミングです。
                2015年があなたにとって飛躍の年になるように、来年は「資格試験」に挑戦してみませんか? 



ユーキャンが「2015年のトレンド予測と資格取得に関する意識調査」の結果を発表しました。
その中で発表された「2015年こそ武器になりそうな資格」では、
1位は【ファイナンシャルプランナー】  2位が【TOEIC】   3位が【ケアマネジャー】という結果でした。その他、「これから武器になりそうな資格」や「専門家が選ぶ注目の資格」など、詳しい内容をこちらのページにまとめましたので、関心のある方はご覧ください。

また、もしあなたが学生さんだとしたら、「資格や検定取得者が入学の目安として考慮される」ことをご存知だと思いますが、どのような資格や検定が対象になっているかをご存知ですか。
国立大学・大学院では「語学系民間資格・検定」が多く、公立大学・大学院では「国家資格(税理士、社会保険労務士など)」、私立大学・大学院では「教育系民間資格・検定」が考慮されることが多い、というのが実状なのです。


「資格の難易度」のページにようこそ!  

さまざまな分野に「資格」はあります。難易度も内容によって、それぞれ違いがあります。現在日本には、国家資格が1,200種類、民間資格まで含めると3,000種類以上の資格があると言われています。ジャンルだけでも30以上あり、難易度も試験の内容や、それぞれの条件によって違いがあります。
このような状況の中で、初めて資格試験にチャレンジしようと思われる方などにとって一番知りたいことは、どの資格を選んだらいいのか、ということと、その次はチャレンジする資格試験の「難易度」がどの程度なのか、ということではないでしょうか。
自分がチャレンジしようと考えている資格の難易度をある程度知って、勉強しなければならないのは当然のことです。簡単なものならば2、3日勉強するだけでいい試験もあるでしょうが、難関資格試験の場合などは長年かけて何度もチャレンジして、それでも合格できない人はたくさんおられるのです。
ただその一方で、分野の違う試験の難易度を比較する事は現実的ではないかも知れませんが、難易度のレベルを必要学習量や学習時間の目安にすることは十分可能だと思います。

また、資格試験の内容や難しさは、どんな仕事に結びつくかによっても変わってくることになります。必ず資格が必要な仕事なら、国家資格(業務独占資格)が必要になります。そうでない場合は、その資格が必須なのではなく、その資格試験を置くことで、知識や技能の程度を測りやすくする事が目的になっているわけです。大切なことは、まず自分の進みたい方向性をしっかり見極めて、チャレンジする資格を決めることです。
不景気の折、いくら実力があっても資格が無いと土俵に上れない場合が多いことは間違いありません。金にならないなど言わず、トライして欲しいと思います。真剣に取り組むことで必ず見つかるものがあるはずです。
このサイトでは、資格試験にチャレンジを検討中の方や、資格のことを詳しく知りたい方のために、その目安として「資格試験の難易度」や「資格の将来性」、「資格の難易度ランキング」のことなど、各種の資格試験情報を掲載しています。


このサイトでは「資格の難易度」を5ランクに分けて独自のポイント方式でランク付けしています。
本来、「資格の難易度」をランク付けすることは大変むつかしく、特に分野が異なる資格の比較などは基準も異なるため正しく比較できないのですが、私どもは長年、資格試験学習教室として収集した多くのデータを詳細に比較・分析し、独自のポイント方式で資格の難易度をランク付けしました。

「難易度」比較の基準は、問題の質と平均的なレベル、科目数や試験範囲の広さ、出題形式、解答方法、問題文の量、受験者学歴、過去の受験倍率や合格率、計算方法の相違、受験までに要する年数、受験回数の制限などを考慮し、これらの難易度の比較基準をそれぞれ数値化して、資格ごとに合計値を求めて難易度レベルをランク付けしたものです。但し、受験資格要件取得の難易度(栄養士の資格を取得するために受験する専門学校合格の難易度など)は考慮していません。単に「資格試験」そのものの難易度のレベルを表したものになっています。※難易度の基準の数値化は、長年当社が資格試験対策講座を開講し、獲得した実績をもとにしています。

「資格の難易度」はまず、資格試験の難易度を、”超難関”の「S」から、”難関”の「A」、”普通”の「B」、”やや易しい”の「C」、”易しい”の「D」まで、S、A、B、C、Dの5ランクにランク分けし、「資格の難易度・資格の難易度ランキング」を各ランク別に一覧にしています。 また、資格を「医療・福祉」「法律・労務」「税務・会計・経営」「土木・建築・不動産」「語学」「公務員・行政」「IT・情報」「技術・工業・環境」「サービス・その他」の9分野にジャンル分けし、「ジャンル別難易度・難易度ランキング」も掲載しています。同一ジャンル・同一難易度ランクでは、上位にある資格ほど一般的に難易度が高いという評価です。また、難易度ランク表に掲載されている各資格名をクリックすると、その飛び先でさらに詳しい「資格試験の詳細・受験対策」などを紹介しています。
これから資格試験にチャレンジされる方々の参考になるように、これからもさらに精度の高いデータの掲載を目指していきます。また、まだリストアップされていない主な資格については順次、詳細に比較・分析し、継続して順次掲載していきます。 資格試験選びの参考としてご利用いただければ幸いです。 
                                                                       
 調べたい資格が決まっている場合は、こちらからでも検索できます。
当サイト内の資格検索 powered by Google
 

下表の難易度・資格の文字をクリックすると「資格の難易度」、「難易度ランキング」の詳細ページに飛びます

資格の難易度・資格の難易度ランキング    ジャンル別難易度・難易度ランキング 
難易度「S」の資格難易度ランキング
難易度:超難関
   「法律・労務系」資格の難易度
「IT・情報系」資格の難易度
難易度「A」の資格難易度ランキング
難易度:難関 
   「公務員・行政系」資格の難易度
 「語学系」資格の難易度
難易度「B」の資格難易度ランキング 
難易度:普通
  「不動産・建築・土木系」資格の難易度 
「医療・福祉・介護系」資格の難易度 
 難易度「C」の資格難易度ランキング
難易度:やや易しい
   「税務・証券・会計系」資格の難易度
「環境・技術・工業系」資格の難易度 
難易度「D」の資格難易度ランキング
難易度:易しい 
   「サービス・その他」資格の難易度
 

今日の資格試験関連ニュース 

 その他の掲載データ
 
 平成26・27年 資格試験カレンダー
(月別の資格試験日・申込み期間・合格発表日等)
 最新の資格試験関係公式発表
(試験結果・試験日程発表・新資格情報等)
資格試験学習対策

 主要資格試験の統計数値
(試験結果・ランキング・日程・公務員試験関係ほか)



 Copyright(c)2009 資格の難易度 newtongym All Rights Reserved.
  運営組織概要