●採用面接で失敗しないためのヒント〜●

「人を雇っても長続きしない。雇っても雇ってもすぐ辞めていく。」とか「面接のときは、なかなかいい人材に見えたのに、実際に雇ってみたら全く役に立たない。」といった事業主様の悩みをよく聞きます。1枚の履歴書と30分程度の面接で、その人の能力や適性、人柄、やる気などを見極めるのは、確かになかかなか難しいものです。どうしたら応募者の本心を上手に探れるのか…。今回は、"採用面接で失敗しないためのヒント"をいくつかご紹介しましょう。


●まずは応募者をリラックスさせること●

 応募者が緊張のため固くなっていると、受け答えも形式的なうわべだけのものになりがちです。これでは、応募者の本心・本音は見えてきません。応募者の口と心を開かすには、いきなり本題に入ったりせず、まずは、自己紹介や季節の話題などを導入部としながら、答えやすい質問から始めます。適度な笑顔も忘れずに…。

<例>
「はじめまして。人事部長の○○と申します。本日はお忙しいところお越しいただきありがとうございます。 会社の場所はすぐわかりましたか?」
「今日はひどい雪ですね。道路が渋滞してましたでしょう?どのくらいかかりました?」


●相手の話を引き出すには適度な"相づち"が必要●

 応募者の人物像を見抜くには、なるべく多く、そして深く応募者にしゃべらせなくてはいけません。そのためには上手な「相づち」が不可欠です「なるほど」「そうなんですか」「それでどうなったんですか」「へぇー」などと、相手の話に興味があることを示したり、「そうですね」「確かに」「全く」「同感です」などと相手に共感・同意を示したりすることで、応募者の話をうまく引き出すことができます。

● "志望動機"の上手な聞き方●
 
 「志望動機」は採用面接の際、最も多く質問される項目の1つです。当然応募者も、この質問を受けることを想定して、あらかじめ優等生的な答えを用意しています。中には、マニュアル本の模範解答を丸暗記してきたのかと思われる人もいて、なかなか応募者の本心が見えてきません。そんなときのテクニックを1つご紹介しましょう。
 それは、1つの質問に1つの答えで終わらせず、3段階くらいで切り込んでいくというものです。1回目の「志望動機は?」という質問にスラスラと答えた人でも、それが付け焼刃やマニュアル本の受け売りである場合には、2回3回と突っ込んだ質問を重ねるうち、ボロがでてきます。答えを用意していない質問に対しうろたえ、つい本音をポロリともらしてしまうこともあります。反対に、切り口を変えながら何度か質問を繰り返しても、矛盾のないしっかりした答えができる人は、ハッタリや嘘のない、真実に裏打ちされた言葉を語っていると思われます。

<例>
面接者
「志望動機をお聞かせください」

応募者「○○に興味があり、××の資格を取りました。御社でならその資格を活かしていけると思い、応募いたしました。」

面接者「○○に興味を持ったのはどういうきっかけからですか?」

応募者「△△社で□□の仕事を担当しておりましたが、その際○○の知識が不可決だと感じ、勉強するうちもっと詳しく知りたいと思うようになりました。」

面接者「○○のことなら、☆☆社や▽▽社も積極的に取り組んでいますが、なぜ私共の会社を志望されるのですか?」


● "ハロー効果"にご注意●
 
 「ハロー効果」とは、ある人に何かひとつ優れた点があれば、それがハロー(後光)となって、他の点についても優れていると思い込んでしまうような心理現象のことを言います。例えば、「Aさんは有名大学を卒業しているから、仕事もよくできるはずだ」とか「Bさんは学生時代、スポーツで活躍した人だから、礼儀正しく根性もあるだろう」といった具合です。逆に、何かひとつ欠点が目に付くと、他のことまですべて悪いように見えることもあります。こういった思い込みは、人材を見誤る大きな原因の1つです。


●面接チェックシートを利用しよう●
 
  おおまかな質問の内容は、あらかじめ「面接チェックシート」にプリントしておき、そこに応募者の受け答えや評価を書き込めるようにしておくと便利です。西多事務所では、いくつかの職種について面接チェックシートを用意しております。また、「責任感の有無を見抜く質問」「協調性の有無を見抜く質問」など目的別の質問事例もあります。顧問契約いただいている事業所様には、必要に応じて資料をご提供いたしますのでご相談ください。