どうする? 高額な医療費がかかったとき 
〜 家計のピンチを救う「高額療養費」をご存知ですか? 〜



健康管理に気を配っていても、病気やケガは突然やってくることが多いものです。大きな病気やケガをすると、高額な医療費がかかり、家計を圧迫します。そんなピンチを救う健康保険のありがたい制度をご存知ですか?


* それは「高額療養費」です
 健康保険では、本人や扶養家族の医療費の自己負担額(ただし保険診療分)が一定額を超えたとき、超えた分が払い戻されます。これが「高額療養費」です

● 受けられるのはこんなとき

同じ病院の同じ科で、1ヶ月(毎月1日から月末まで)の医療費自己負担額が下表の額を超えたとき。ただし、1件が21,000円以上のものは、違う病院でも合算することができます。入院と通院も別々に計算しますが、それぞれが21,000円以上の場合は、合算できます。また、本人と家族がそれぞれ21,000円以上かかったときも合算できます。
なお、同一世帯で直近1年間に4回以上該当した場合は、4回目からは下表の[ ]内の額に軽減され、この額を超えたとき、超えた分が払い戻されます。


所得区分

           

一   般

72,300円+(医療費−241,000円)×1%  [40,200円]

上位所得者

(標準報酬月額56万円以上)

139,800円+(医療費−466,000円)×1% [77,700円]

低所得者

(市町村民税非課税世帯等)

35,400円               [24,600円]

※ この表は70歳未満に適用されるものです。70歳以上の場合は紙面の都合上省略します。
※ 表中の「医療費」とは、3割とか1割といった自己負担分のことではなく、医療費総額(10割分)のことです。


●手続きの方法は

 「高額療養費支給申請書」を社会保険事務所(または健康保険組合)に提出します。
ただし、前述のとおり、支給要件はややこしく、自己負担限度額の計算もなかなか自分でするのは難しいものです。また、高額の医療費がかかった場合でも、月をまたいで入院したときや、途中で転院してしまった場合などは、該当しなくなることもあります。最終的には、社会保険事務所(または健康保険組合)で、レセプト(診療報酬明細書)という書類を見て支給決定されますが、病院の領収書を見せていただければ、該当するかどうか、いくらくらい支給されそうか、おおよその判断はつきますので、
「もしかすると該当するかも」という方は、西多事務所にご相談ください。


● もらい忘れにご用心

 他の健康保険の給付金にも言えることですが、高額療養費は本人が申請して初めて支給されるものです。このような制度があることを知らなかったり、手続きが面倒で放っておいたりすると、いつまでたってももらうことはできません。
 例えば、草津社会保険事務所では、以前は申請もれの人に対してお知らせをしてくれていましたが、現在はされていません。代わりに今月より、被保険者に対して、本人や扶養家族にどれだけの医療費がかかったかが記載された「医療費についてのお知らせ」というものを送付するそうです。そういったものを参考に、もらい忘れのないよう自分で気をつけていかないといけないのです。さあ、皆さんも一度思い出してください。最近、高額な医療費がかかった月はありませんでしたか? 時効は2年です。もし、2年以内にそのようなことがあった場合は、急いでご相談ください。
 また、西多事務所でも、賃金台帳やタイムカードを拝見して、欠勤している方に気づいたときや、担当者様との会話の中で、従業員様の病気のことを聞いたりしたときは、高額療養費のことをご紹介するよう努めていますが、扶養家族のご病気やケガについてはなかなか気づくことはできません。貴事業所でも、従業員様に申請もれのないよう、朝礼や回覧等を利用して、このような制度があることを周知していただけると助かります。


● 高額療養費をもらうまでのつなぎ資金として・・・高額医療費貸付制度

 高額療養費の支給は、診療月から4ヶ月ほどかかります。それまでのつなぎ資金として、
ぜひ利用したいのが、「高額医療費貸付制度」です。これは、高額療養費の支給を受ける見込みのある人が、高額療養費が支給されるまでの間、支給見込み額の80%を無利子で借りられるというものです。政府管掌健康保険の場合、滋賀県でしたら、「財団法人 滋賀県社会保険協会」という団体が取り扱っています。申請したら1週間程度で振り込まれますし、借りた額は、高額療養費の支給の際に差し引かれる形になりますので、返済の手間もかかりません。高額療養費とともに、ぜひ知っておきたい制度です。これについても詳しくは西多事務所までお問い合わせください。
〜以上、賃金に関する注意点について説明させていただきました。
さらに詳しいことを知りたい場合は西多事務所へお問い合わせ下さい〜