退職金を計算する場合、圧倒的に多いのが・・・・・・・・










とにかく、心当たりのある事業所さんは早急に改善策の手を打ちましょう。改善しなければ会社の未来は語れないかもしれません。
 


みなさんの会社では大丈夫でしょうか?


 

 いままでは定年での退職者がほとんどいなかったかもしれません。しかし「団塊の世代」が50歳代に入り、定年が60歳のままとすれば、あと10年以内に大量の定年退職者が発生するかもしれません。
 また、従業員の高齢化と並行して、不況下における転職意識の低下により、勤続年数がさらに長期化することが予想されます。

 この結果、今まであまり例のなかった「定年退職」が急増し、企業にとって多額の満額退職金の支払が待ち受けているかもしれません。

 しかし現状は退職金制度や支払準備について未整備の企業が多く、このまま放置すれば退職金倒産という事態も生じかねない危険な状況です。

  

「退職時の基本給」×「勤続年数に比例して増加する係数」

・・・・・・・で退職金を計算する方式です

 これは成長経済及び終身雇用を前提とした高度経済成長時代の産物で、今の時代には似合わない方法ではないでしょうか?
 やはり、退職金に在籍中の活躍に応じた功労報奨の意味を持たせるのであれば、ただ長い間勤めれば高い退職金を受給出来る、この退職時の基本給連動方式は避けるべきです。

また、中退金や適格退職年金を掛けていてもその管理がずさんであったり、生保会社にお任せであったりして、あまり気にしていないかもしくはご知らないことが多いのではないでしょうか?。         

         もし上記のような点に思いあたる節があれば、要注意です。


やはり重要なことは、

  @早い時期に自社の退職金モデルを作成し、定年までの退職金シミュレーションをする。

   Aポイント制に代表される基本給分離型の制度を導入する。

                             ・・・・・・・などの対応が望まれます。

  
nishida2@apricot.ocn.ne.jp
電話0748−62−6531