www.ElvisWorld-Japan.com
Don't touch
(On Pink BG Color) Written in Japanese
(Compiled by Haruo Hirose)

www.ElvisWorld-Japan.com



(Feb. 8, 2005) (Feb. 5, 2005) (Feb. 4, 2005)

Jerry Weintraub Interview

大スターたちを従えて 世界を飛びまわる ジェリー・ワイントローブ
Jerry Weintraub Interview
Q : Thank you for allowing us to interview you. Tell us how you first began working with Elvis and Colonel Parker. How'd it come about?

A : Well, I dont want to sound too spiritual about all this, but I'll tell you the story and its the true story. It has never been told publicly. I was in business at RCA records with some people that are no longer with. A fellow named Harry Jenkins, who worked with Elvis down in Nashville and some other people that worked with him, Steve Sholes and these are names that are not going to be familiar to you, but are familiar and are very important names in the recording industry and I had been doing shows around the country and I had some artists that I was representing.

I was living in New York on 54th Street between 5th and 6th Avenue. And I went to sleep one night and I got up in the middle of the night, three o'clock in the morning. I got up and I said to my wife, "I just had this crazy dream." She said, "What?" I said, "I saw a sign in front of Madison Square Garden that said 'Jerry Weintraub presents Elvis.'" And she said, "That's crazy. That's nuts. You know, you don't know Elvis. You don't know Colonel Parker. You know, how do you expect to do this?" I said, "I'm telling you. God sent me a sign that I was gonna do this." I do believe in God, very strongly believe in God. I'm a very spiritual person. And I talked to him all the time.

Anyway, I started to call Tom Parker who was Elvis's manager every morning at 8:30 in the morning. He was always up at 6:00 oclock in the morning. I used to call him every morning, "Good morning, Colonel, this is Jerry Weintraub. I want to take Elvis on tour". And every morning he said to me, "What are you, you're crazy. Why do you keep calling here? You're wasting your money".

"First of all", he said, "Elvis is not working thats to begin with. Second of all, if he were working I have a lot of promoters that I owe dates too. A lot of producers I owe dates to. And it's not gonna be you. It's never gonna be you". This went on for one year. Finally, one morning he said to me, "You still want to take my boy on tour". I said, "Yes". He said, "Okay, you be in Vegas tomorrow at 11:00 o'clock with a million dollars and we'll talk a deal". The fact of the matter was that a million dollars in those days to me belonged to the Rockefellers and the Fords and those kind of people. I never thought that, you know, where would I go to get a million dollars. A millions dollars was like reaching for the sky, but I said, "Okay I'll get it and I'll be there".

I hung up and I said to my wife, "You see. I told you I was gonna get Elvis Presley". And she said, "Well, you got one little obstacle here. You know, you owe the bank $65,000 as it is. Where you gonna get a million dollars?" And I said, "I'll get. I'm gonna get it". And I went to all the people that I knew in show business and out of show business and they used to smack me on the back and they would say, "Listen kid, you're gonna really do great. You're gonna make it and so on". And I said "Loan me some money. I want to -- I have this deal with Elvis Presley. I need a million dollars". You know, people thought I was either on drugs or smoking something. They thought I was nuts because I was a kid, and low and behold I stayed on the phone all night.

And I went to Vegas to continue my calls so I can meet the Colonel at 11. At 8:30 the next morning, I finally made a connection through a lawyer in New York who knew a guy in Seattle, Washington, who was a big Elvis fan and owned radio stations and he said to me, "I think this guy might do it". I said, "You don't understand. I got two hours. It's not might do it. It's I got two hours. I don't have time for papers. I don't have time for anything legal. I need a million bucks now. Cash. Cash money. I have to meet Tom Parker at the International Hotel in Las Vegas". I said, "I have to be over there. That's where he's gonna be. He's gonna be at the roulette table where he spent many hours of his life and I have to find him and give him the million dollars".

So he said to me, "Let me get a hold of the guy". So he got the guy on the phone and I spoke to the guy and I said, "Can you please send me the million dollars right away?" He said, "Well, what am I gonna get for it?" And I said, "I'll give you half of the money that I make in the concert business forever". And he said to me, "Half of everything you make?" I said, "Yeah". Now, little did I know that I was gonna become the number one guy in the concert business. I had everybody, you know. I didn't know that at the time, you know, but I made a deal with him. He sent me the million dollars, but it was late getting there and it was at the Royal Bank of Las Vegas. I remember it had a purple coloring with a gold crown on it. A bank, you know. It was perfect.

And I went down to that bank to pick the million dollars up. And I walked in and asked for the million dollars, they thought I was nuts. You know, I said, "I'm Jerry Weintraub. I have a million dollars coming". You know, I was a kid. I had side-burns. I was wearing a pair of jeans and cowboy boots. I looked as much like I had a million dollars coming as the man on the moon. And finally, a fellow came up from the bank, young man, and he said he was the president of the bank. And he said, "What can I do for you?" I thought at that point, I thought they figured I was gonna rob the place, you know. I said, "I have a million dollar cashiers check coming made out to Elvis Presley and I need to get it. I'm waiting for it". And he said to me, "Okay. Well, sit over there". About an hour later, I now called the Colonel and pushed my meeting to 2:00 o'clock. I said, "I just need, it's on the way. The money is on the way. I just need a little longer". And he said, "Okay, I'll give you til two".

So the money came in and this fellow came out from the back, the president. And he said, "Can you come into my office". I went into his office and he said to me, "There's a check here for you for a million dollars made out to Elvis Presley". I can't believe this. I said, "That's what I'm waiting for. Can I have it?" So he said, "Yes, yes". He said, "What are you gonna do with this?" I said, "I'm gonna take Elvis Presley on tour". And he said to me, "Can he use an accountant? I'd like to leave here and go with you". And I said, "Well, look. We'll discuss that some other time". I got to take this money and get to the Colonel. The guy was so excited at the bank that he gave me a cashiers check, which is cash. I didn't sign anything. I never signed anything. He was so excited. I was so excited that I forgot that I didn't sign anything because I knew at that moment in time that I was only a young boy, you know, I was in my twenties that I knew that my life had changed, that my life was never gonna be the same, because I now was gonna be in business with the biggest star that had ever been. And I knew that my life was gonna be different that it had been up to that. I had a good life, you know. I had a lot of wonderful artists and I was working with a lot of people, but there was only one Elvis Presley like there was only one Frank Sinatra and there was only one Bob Dylan and luckily I worked with all those people.

ジェリー・ワイントローブ・インタビュー
Q : インタビューを受けて下さって ありがとうございます。 エルヴィス&大佐と 仕事を始めたきっかけから 話して頂けますか。

A : 霊的に捉えられたくないのですが、 事実だから話します。 今まで話したことはありません。 私はRCAで働いてました。 亡くなられた ナッシュビルの ハリー・ジェンキンスや スティーヴ・ショールスと 仕事をしていたのです。 一般には知られた名前ではありませんが、 音楽産業に 非常に貢献した人達です。 そして、 国中でショーをしたり、 アーティストも数人抱えてました。

ニューヨークに住んでた頃の ある夜中3時頃に 目が覚め、 妻を起こして言いました。 「変な夢を見たよ。 マジソン・スクエア・ガーデンの看板に 『ジェリー・ワイントローブ提供、 エルヴィス・コンサート』 って書かれているんだ。」 妻は 「おかしな人ね。 エルヴィスも知らない、 大佐も知らないのに、 あり得ないことでしょう?」 私は 「神が送られたサインだよ。 私は将来に これをやるってね。」 私は神を信じてます。 信心深い人間で、 いつも神と話してます。

とり敢えず、 エルヴィスのマネージャーのトム・パーカーに 毎朝8時半に電話を掛けました。 彼はいつも6時には起きてたので、 毎朝、電話をしたんだ。 「おはようございます。大佐。 ジェリー・ワイントローブです。 エルヴィスのツアーをやらせて下さい」ってね。 彼の返事は決まってて 「君は狂ってるよ。 電話をし続けても、 お金の無駄だ。」

「第1に、 エルヴィスにはツアーの予定がない。 2番目に、 例えするとしても、 多くのプロモーターや プロデューサーと約束してるから、 君までは回らないよ。 決してありえないね」って、 1年間はこんな調子だったんだ。 ところがある日突然、 「まだ、ツアーをやりたいかい?」 って訊くから、 「はい!」って答えると、 「それじゃ、 明日の11時迄に 100万ドル持って、 ベガスに来られたら、 仕事の話をしよう」と。 実際のところ、 あの頃の100万ドルっていったら、 ロックフェラーやフォードの 大金持ちしか関係のない 大金だと思っていて、 私には考えられない大金だったんだ。 しかし 「お金を用意して、そこに行く」 と答えたのさ。

受話器を置いて 妻に言ったよ。 「やった! 言っただろう。 ついにエルヴィス・プレスリーを獲得したぞ。」 そしたら彼女は言うんだ。 「でも、その前に、 ちょっとした問題があるわよ。 忘れてるの、 銀行に6万5千ドルの借金があるのよ。 いったい何処に100万ドルが転がってるの?」 私は「何とかしてみせる」って、 この業界の人や、 そうでない人にまで 声をかけたんだ。 でも誰も本気にしなかった。 「坊や、そりゃすごいや。 きっと成功するだろう・・」 とか何とか言って。 「お金を貸してもらいたいんです。 エルヴィス・プレスリーを プロモートする話があるんです。 100万ドル要るんです」 と言っても、 私がドラッグか何か やってるに違いないと 彼らは思っただろう。 まだ子供だったし。 でも、めげずに 一晩中電話を掛けまくったよ。

そして 電話を掛け続けながらベガスに向った。 11時が大佐に会う時間だった。 翌朝の8時半に ニューヨークの弁護士と繋がったんだ。 彼はシアトルのある人物を知っていて、 その人はエルヴィス・ファンで ラジオ局も持っていたのだけど、 「彼なら何とかなるんじゃないかな」 と言うものだから、 「分ってないな。 2時間しかないんだ。 何とかなるだろうじゃなくて、 2時間しかないってことなんだよ。 契約書を作る時間もないんだ。 今、100万ドル要るんだ。 現金。 マネーだ。 パーカーと会わなければならない。 インターナショナル・ホテルで、 そこで彼は 好きなルーレットをやってるから、 見つけて、 100万ドルを渡さねばならないんだ」 って言ったんだ。

そして 「奴のことは私に任せてくれ」って。 その人物と連絡がとれて、 電話で話して、 私が「100万ドル、 直ちに用意できるか?」と言ったら、 「それで、 私の取り分はどれだけだ?」 と訊くから、 「コンサートで稼せぐ金の半分を渡すよ。 永遠に」 と言った。 すると「半分だな?」と 念を押すから、 「そうだ」っと約束した。 その時は コンサート・ビジネスで トップになろうなんて 考えもしなかった。 何も知らなかった。 とにかく彼と話がついて、 彼は100万ドルを送金してくれた。 しかし、 それがなかなか届かないんだ。 忘れもしない、 ロイヤル・バンク・オブ・ラスベガスだった。 紫地に金の王冠のマーク。 まさに完璧だったなあ。

それで、銀行に 100万ドルを取りに行ったよ。 窓口に行って、 私の100万ドルを下さいって。 変人だと思われただろう。 「ジェリー・ワイントローブと申しますが、 私に100万ドルが送られてくるのです」 って言ったよ。 私はまだ若くて、 モミアゲを伸ばして、 ジーンズにカウボーイ・ブーツ姿だったんだよ。 まるで、夢見る少年さ。 そして 若い銀行員が私の方にきた。 彼は銀行の支店長だったんだ。 「どうかしましたか?」って。 きっと銀行強盗にでも 見えたんじゃないのかな。 私は「エルヴィス・プレスリー宛ての 100万ドルの現金小切手が 送られてくるのを 待ってるのです」 と言うと、 「では、そちらでお待ち下さい」って。 1時間経っても届かないので、 パーカーに電話で 待ち合わせ時間を 2時に遅らせてもらった。 「只今、送金中だから、 もう暫らく待ってくれ」 と頼むと、 「2時まで待つよ」って。

そして、 お金が届くと、 支店長が奥から出て、 「私の部屋に来てください」 って言うから、 部屋に入ると、 「これが エルヴィス・プレスリー宛てに切られた 100万ドルの小切手です」と。 信じられなかった。 「それを待ってたんだ。 戴けますか?」と言うと、 「ええ、もちろん」と。 彼は「何にお遣いになるのですか?」と訊くので、 「エルヴィス・プレスリーの コンサート・ツアーをやるんだ」と言うと、 彼は「エルヴィスには 公認会計士は居るのですか? 銀行を辞めて、 あなたについて行きたいのですが」と言いだしたで、 「その話は別の機会にしましよう。 今このお金を持って、 大佐に会わねばならないので」 と言ったのです。 早く大佐に届けねばならなかったのです。 その銀行の男は興奮してたのだろう、 現金小切手をくれたよ。 それは現金と同じなんだ。 受領のサインを書かせなかった。 私もサインしなかった。 彼も興奮してたけど、 私も興奮してたんだね。 サインのことなど忘れていたよ。 私もまだ20代の若造だったけど、 その時に これで私の人生は変わるって 確信したよ。 その時代の最大のスターと 仕事をするんだ。 その時に 私の人生は変わったんだ。 良い人生になったよ。 素晴らしいアーティストを抱えて、 多くの人と仕事をした。 ただひとりのエルヴィス・プレスリーに、 ただひとりのフランク・シナトラ。 そして、ただひとりのボブ・ディラン。 私は幸運にも、 この全員と仕事をしたんだ。


マジソン・スクエア・ガーデンで、 エルヴィスの登場前に
パーカー大佐と最終打ち合わせをする ジェリー・ワイントローブ

But Elvis was only one and he was an original, you know, I grew up on his music and I loved him and it was like a bolt from heaven and I knew my life would never be the same. It was that moment, it was that defining moment. In most successful peoples lives, theres a moment that just happens and I knew it was gonna be like that. So I got the money, went to the International Hotel, got to Tom Parker and I found him. You couldn't miss him. He was sitting with cigar and his cane and his hat on and he had more chips on the table than anybody else and I said, "I'm ready. I have the million dollars. I'm ready". He said, "Come on, son. We'll go up to my office". He took me up to his office in the International.

And he said, "Let me see the million", and I handed him the check. Now, I was so excited that I didn't ask him to sign anything. So I gave him the check. He put it in the drawer and locked the drawer. And he said to me, "What kind of deal do you want to make?" Now, I had no idea what kind of deal I wanted to make. At that time, he really didn't know what kind of deal to make because there was no real concert business like this. Like what we were gonna do. We were gonna go out and play 15,000 and 20,000 seat arenas. And that really wasn't done, you know, until we did it. And nobody had had done, really done a whole United States tour like that. You know, we were gonna really because Elvis worked a lot, you know, he worked afternoon shows, night shows, all kinds of shows. and I was taken up to Elvis's suite to meet him. The Colonel took me up there.

I'll never forget the first meeting. Joe Esposito was there and Elvis's friends late in the afternoon and I was taken in and the Colonel said to Elvis. "Elvis, this is your new promoter, this is Mr. Weintraub". I was younger than Elvis. I was three years younger than him and he said to me. "Oh, sir". The Colonel said, "He just gave me a million dollars for you", and Elvis said, "Oh, thank you, sir". That's really great, you know. And we shook hands and I said to him, "Is there anything I can do for you?" You know, is there anything you want or anything I can do on the dates, and he said to me, "Look, I'm very, very easy. I like to have six Coca-Colas when I get to the building. I don't need a dressing room. You can have one there if you want it. You can put a curtain up. I don't care. I'm coming dressed. And I want all the seats full". I said, "Well, do you want to know how much money you're gonna make?" He said, "No. That's the Colonel's business. He'll take care of that. I just want you to tell me that you're gonna fill the seats. I don't want to play to empty seats". And that's all.

That's the only thing Elvis Presley ever cared about. That with me, I mean from my end, that and to have his fans in the first 20 rows and not have big shots in the first 20 rows. He wanted his people that bought his records and that supported him and would get excited when they heard him sing. That's who he wanted in the front. He used to say to me, "Don't put those big shots in the front. Put them in the back. First 20 rows, you know, that's for the people", and that's the way we did it and it was a hell of a ride and three weeks after I started with Elvis, we ended up that tour in San Diego, California. I was a millionaire and my life had changed.

So, God was right and he blessed me and he blessed me with knowing Elvis. And I have only great memories of him. The bad memories that I have when it was near the end and he got very heavy and so on and so forth, I've put out of my mind. And I don't really know anything bad about him. You know, I don't know about the drug stuff and if I did, I wouldn't talk about it. This is the first time I've talked about Elvis at all.

But I could only tell you that in my dealings with him, he was bright, articulate, brilliant musician, and a nice man and one of the things that attracted me so much was his camaraderie and his loyalty with his friends. Same friends that he had all his life and that was to me a very attractive thing. That was something I had grown up with and for example right now, I'm making Ocean's 11 with George Clooney and Matt Damon and Brad Pitt and Julia Roberts and so on. George Clooney has all the same friends that he has when he was a kid. Matt Damon has all the same people around that he had when he was a kid.

That's a very important ingredient in a celebrities life because theres so many things can go wrong, you know, it's such a delicate balance between life and the stage and the stage and life that you need people around you that are gonna tell you the truth. Joe Esposito always told him the truth. He didn't just say, "Yes, Elvis. Yes, Elvis". You know, he said to him, "What are you doing that for? What do you want to do that for?" And you need that. And you can only get that from friends, people who really care and that love you."

Q : Mr. Weintraub, did you tell Elvis this amazing story about how you got Colonel Parker?"

A : No. I never told Elvis that story. I never told it to him because I never had a reason to tell it to him, and I never told it to him because I never discussed a deal with him that was of the Colonels business to do. You know, the Colonel talked all of his deals with him. And even when they had ups and downs, he and Elvis had ups and downs, it's just like every relationship does and I'm sure you've heard about some of them or I'm sure you will hear about some of the ups and downs and they were gonna be together. They weren't gonna be together. I always knew they'd be together. I always felt that."

Q : Well, how did you feel when Elvis actually played Madison Square Garden? "

A : Well, I brought it up directly to Elvis because the Colonel wouldn't do it. He didn't want to discuss Madison Square Garden with him. He'd say, "If you want to talk to him about it, you talk to him about it". He doesn't want to go there. He doesn't want to play in New York. And I said, "Why doesn't he want to play in New York?" He said, "Ask him, you know. It's fine with me. Ask him". So I asked him one night. He came to one of the dates and, I mean, I was on every date, but I used to be ahead. You know, I used to wait til he got to town til the show started, as soon as the show started, unless we were doing multiple days, which we usually did, but unless we were doing multiple days, I would jump on a plane and go ahead to the next city and he wait for him to land. I'm sorry. I lost my train of thought. You asked me... Oh, Madison Square Gardens.


エルヴィスはひとりであり、 オリジナルなんだ。 私は彼の音楽を聴いて育ち、 彼が好きだった。 あれはまるで 雷に撃たれたような感じだった。 私の生活が変わると思ったのは、 あの瞬間だ。 ほとんどの成功者にも その瞬間があったと思う。 まさにあの時、 これだと感じたよ。 それで、 お金を持って、 インターナショナル・ホテルに向った。 トム・パーカーを見つけるのに、 時間はかからなかった。 彼は葉巻をくゆらせながら座っていた。 ルーレット・テーブルには 誰よりも多いチップが置いてあったよ。 「100万ドル、用意できました」と言うと、 「じゃあ、上のオフィスに行こう」と、 インターナショナル・ホテル内の 彼のオフィスに案内されたんだ。

「100万ドルを見せてくれ」 と言うので、 その小切手を渡したんだ。 まだ興奮してたんだね。 受領書を貰うこともなく、 渡してしまったんだ。 彼はそれを引き出しに入れて、 鍵を掛けると、 私に訊いてきた。 「君はどのように 仕事がしたいんだね?」と。 その時 私は何も考えてなかったんだよ。 パーカーも本当に 何も知らなかったと思う。 まだ今のようなコンサート・ビジネスは 確立されてなかったから。 1万5千から2万人の会場で 演奏するなんてことは 無かったんだ。 私たちが最初なんだ。 あのような全米ツアーなんて 誰もやったことがなかったんだ。 それが実現できたのは、 エルヴィスがよく仕事をしたからだ。 昼のショーに 夜のショー、 何でもありだった。 パーカーは私を エルヴィスに会わせる為に 彼の部屋に案内してくれたよ。

初めて会った時のことは、 忘れられない。 ジョー・エスポジトや 友人たちもいた。 午後の遅い時間、 彼の部屋に入ると、 大佐が私をエルヴィスに紹介した。 「エルヴィス、 こちらが君の新しいプロモーターの ミスター・ワイントローブだ。」 私はエルヴィスより3才若い。 でも 彼の返事は 目上の人に対する 「サー」だった。 大佐が「今、 彼から100万ドルをもらったよ」 と言うと、 エルヴィスは 「サンキュー・サー」と 言ったんだ。 感動したよ。 それから握手して、 エルヴィスに 「私に何か出来ることはありますか?」 と尋ねた。 もちろん、 コンサート・ツアーで 準備することに 関してだよ。 彼は言ったね、 「楽なもんだよ。 コカ・コーラが 6本ぐらいあればいいし、 ドレッシング・ルームは要らない。 君が要るんだったら、 そうすればよい。 君に任すよ。 僕は着替えて行くから、 どうでもいいんだ。 僕が望むのは 満員になることだけだ」って。 私が 「興行収益が幾らになるか 知りたいですか?」 と尋ねると、 彼は「ノー、 それは大佐の仕事だ。 彼に任せてある。 僕は君に、 会場を満員にすると約束して欲しいだけだ。 空席に向って歌いたくないからね」 と答えた。 それだけだったよ。

エルヴィスが気にしていたのは そのことだけだった。 で、私はどうかというと、 そのことと、 もうひとつ、 前から20列目まではファンを座らせ、 お偉方を前に座らせないことだった。 彼は、 レコードを買って支持してくれてる人々が 彼の歌を聴いて エキサイトするのを望んだんだ。 彼はよく私に言ったよ。 「街のお偉方は前じゃなくて、後ろ。 20列目までは一般席ってこと。」 そして、そのとおりにやった。 そうしてジェットコースターのような 3週間のツアーが サンディエゴで終わると、 私は百万長者になってた。 人生が変わったんだ。

そう、神は正しかった。 神は私を祝福し、 エルヴィスと知り合えた。 そして、 彼とのすばらしい思い出だけが残った。 晩年太ってしまったとか、 そういう思い出は消してしまった。 だから彼の悪いところは知らないんだ。 ドラッグのことも知らない。 もし知ってたとしても 話さないな。 エルヴィスのことを話すのは、 今日が初めてなんだから。

彼と仕事をしたから言えるのですが、 彼は聡明で、 意志がはっきりしていて、 輝きのあるミュージシャンだった。 そして、 性格の良い人間だった。 ひとつ例をあげるならば、 彼の友情だ。 友達に対する忠誠心だ。 彼には生涯の友達が何人もいた。 そこが最も魅力的だ。 あのようになりたいと思った例だ。 私は今 「オーシャンズ11」の撮影中で、 出演はジョージ・クルーニー、 マット・デイモン、 ブラッド・ピット、 ジュリア・ロバーツなど。 ジョージ・クルーニーは 子供時代からの友達と いつも一緒だ。 マット・デイモンの 周りの連中も 子供の時の友人だよ。

これは有名人にとって大事なことなんだ。 なぜって、 道を踏み外したりすることが多いからね。 生活とステージの 微妙なバランスを保つには、 真実を言える人間が廻りに必要なんだ。 ジョー・エスポジートは 決してイエス・マンじゃなかった。 彼はエルヴィスに 「何のためにやるの? 何をしたいの?」 と訊いてた。 そういうことは 本当に気に掛けて 愛してくれる友人からしか 得られない。

Q : 大佐との経緯を エルヴィスに話されましたか?

A : いいえ、 エルヴィスには話しませんでした。 と言うのも、 話す理由も無かったし、 エルヴィスとは 仕事の話はしなかったのです。 仕事の話はすべて 大佐がエルヴィスに話すんだ。 大佐とエルヴィスがうまく行ってなかった時、 そういう事は誰にでもあることで、 みなさんも噂で聞いたことがあったと思うけど、 いろいろあっても またよりを戻しそうだとか、 やっぱりうまく行ってないみたいだとか。 でも、私はいつも、 あのふたりは元のさやに収まるだろうと思っていたね。

Q : エルヴィスが マジソン・スクエア・ガーデンで やると決まった時は、 どんな様子だったのですか?

A : 大佐が言わないから、 私が直接エルヴィスに話すことになった。 大佐は マジソン・スクエア・ガーデンのことで エルヴィスと議論したくなかったんだ。 「その件で話したいなら、 君から話してくれ」 と言われた。 エルヴィスは 行きたくなかった、 ニューヨークでやりたくなかった。 そこで、 大佐に 「どうして 彼はニューヨークで やりたくないんです?」 と訊くと、 「エルヴィスに訊いてくれ。 私は構わないから、 直接 彼に訊いてくれ」 と大佐は言うばかりさ。 それで、 ある夜、 彼に尋ねた。 私はツアーの間中、 常に先回りしてたから、 彼とはすれ違いばかりなんだ。 ショーが始まる時には、 そこには居なかった。 連続公演でもなければ、 彼が到着した時には、 私は次の町に向って 飛行機に跳び乗ってたよ。 何を話してたんだっけ? そうだ、 マジソン・スクエア・ガーデンだったね。


特別に Jerry Weintraub の名前が入ったマジソン・スクエア・ガーデン公演のチケット


エルヴィスの前売りチケットを求めるファンの列は2階の通路まで続いた


I went to Elvis and I said, "Let's play in New York City", and he said to me, "You know, I don't really want to go to New York City". I said, "Why?" He said, "I'm not a New York City kind of artist. You know, they're not gonna like me in New York City. They like me in Alabama and Georgia and Tennessee, you know, but I don't want to go to New York City, Jerry". I said, "Elvis, you're the biggest star in the world. They're not gonna like you, they're gonna love you". He said, "You're gonna have trouble selling shows in New York City". I said, "No, I'm not. I absolutely I'm not". Anyway, he finally said to me he loved the challenge. I mean he liked to get challenged like most artists. The mundane of doing the same thing all the time is what gets him in trouble. Trying something new and he wasn't afraid to try things.

Anyway, I booked New York. You have to look it up. I think it was 4 shows the first time. Four shows, that's 80,000 people, 80,000 people for a music star. They came and slept outside Madison Square Garden for two weeks to get tickets. They slept. They brought beds. They brought cots. They brought bed roles. It was amazing. And that had never been done before. Nobody had did it.

And I remember taking my dad down because my dad always wanted to know how I made money. He said, "How do you make money? I don't understand how you make money. You don't have any inventory or anything. You know, I don't know what you're selling". And I said, "No. I make money, plenty of money". He said, "Well, show me some time. I'd like to see it". I remember taking my dad. There was a cafeteria right across the street from Madison Square Garden. That night we opened a box office, I think it was at nine that morning and I showed him these people who I was giving donuts to and coffee and he said, "What are these people doing. I don't understand. The World Series. What is this?" I said, "No. It's Elvis Presley, dad. He's as big as Babe Ruth was. He's as big as Joe DiMaggio was. He's as big as the Dodgers were. He's the man". And that's what Madison Square Garden. It meant a lot to me. You know, it meant an awful lot. It was my hometown and then to see that sign up in the garden Jerry Weintraub presents Elvis. It was thrilling.

Q : Your dream really came true.

A : Dream came true. All my dreams in my life, I know this is not about my, this is about Elvis, but all my dreams in my life have come true. I'm very, very lucky man, very lucky. But it was people like Elvis and Elvis was a huge and enormous part of all my success."

Q : Did Elvis ever tell you anything that stuck out in your mind?

A : Well, he told me a lot of things. But it was more his actions toward its friends and toward his people and the way he treated people. I thought he treated people wonderfully. You know, he was nice to people. He didn't -- I dont think you had to be a big shot for him to say nice things to you or be nice to you. He was nice to everybody. You know, and that's good, you know, because he didn't have to be. He was a king, you know, and he had anything he wanted, whenever he wanted it. That was the biggest problem he had. That was why he did things in access because he had too much at his hands, you know."

Q : How was your experience working with Colonel Parker over the years?

A : It was incredible. You know, he taught me a lot. I consider him my mentor. He taught me a tremendous amount of stuff. He taught me that New York and Los Angeles were only two cities on each side of vast country and that the audience was out there in the middle of this country. It wasn't in New York and LA and he taught me not to worry about the press in New York and Los Angeles which I never have done even though they've been very good to me by in large. He taught me to forget about that stuff, that it was not important. And he taught me about merchandising and he taught me about shows. I mean he was a brilliant guy, you know, in his own way and he and I fought a lot. I mean we had some doozies, some real doozies, but at the end of the day, we found a way to agree and we found a way to do things together and he was a great teacher. Great man."

Q : Were you with the Colonel when you found out Elvis passed away?

A : No, I was at home and he was supposed to start a tour for me the next day in Maine and my telephone rang and it was Joe Esposito on one line. I don't know if he remembers this but it was Joe and he said, "Jerry, I got to talk to you", and my other line rang and I said, "Hold on one second, Joe". And I hit the other line it was Roon Arledge from ABC news and he said to me, "Jerry, Elvis is dead". And I said, "What? What?" I said, "Hold on", and I got back on with Joe. I said, "Joe, whats the matter?" Joe said, "I'm in the bathroom with Elvis. He just died. He hadn't gone. They hadn't taken away yet". He said, "I just want you to know because your phone is gonna start ringing". I said, "It's already rung. Roon Arledge is on the phone". He was in the -- Joe was a disaster. You know, he was a complete wreck. He lost his best friend and he couldn't believe it. I mean, he was totally bummed out. It got worse and worse when we got to the funeral and all that stuff, but Joe knew he had to handle it. You know, there was nobody else that was gonna handle it besides Joe. He had to get in there and take care of things and he did.

Roon Arledge knew because the minute they call 911, you know, it goes out on the air and the police know and it goes on the police radio and the television people and the associated press knows and it takes about one second especially for someone like Elvis. So that's where I was at home and I jumped on a plane immediately for Memphis and went down there and it was pretty touch. It was pretty tough to see him laid out dead in the living room and then when I got there I had a meeting with his father and the Colonel and a whole bunch of people were there. And, you know,it was day of the funeral. Anyway, I'm gonna cry because I miss him."

Q : Well, let me ask you. All the performers that you work with now, do they usually ask you, what was Elvis like?"

A : Everybody asks me. But I don't talk about it because its private number one and I've never done an interview about it. My relationships with the artists that I've worked with including Elvis, including Frank Sinatra, including Bob Dylan, including John Denver, Neil Diamond, Led Zeppelin, the Carpenters, etcetera, etcetera, and the president of the United States George Bush and the current president George W. Bush and all the senators and congress, and everybody I've known in the world and I've known everybody. Those are all private relationships and some day I'll write about all this, but I'm not ready yet and I don't talk much about it. You know, I don't need to train on their name. I've become a celebrity of my own, right? I make a lot of money. I've made a tremendous amount of money in my career and I'm still very active. I'm not retired yet, very active in the business. Although, I'd like to play golf everyday instead in the movie set, so I haven't talked, but everybody asks me about Elvis. Everybody. Everybody I know, every important person, every little person. Every person, kids, I mean kids, you know, 10-year-old kids asks me about Elvis. He spans all ages."

Q : Well, thank you for sharing your memories of Elvis. Its a great honor, Jerry.

A : My pleasure. Thank you very much.


エルヴィスに会って 「ニューヨークでやろう」と言った。 彼は 「僕がニューヨークでやりたくないのを 知ってるだろう」 と言うので、 「何故?」と訊くと、 「僕はニューヨーク向きのタレントじゃないんだ。 ニューヨーカーには好かれない。 アラバマ、 ジョージア、 テネシーで好かれてる。 ニューヨークには行きたくないんだ」と エルヴィスは言った。 私は「エルヴィス、 君は世界のビッグ・スターなんだ。 好かれてないどころか、 みんなに愛されてるよ」 と言っても、 彼は「ニューヨークで チケットが売れなくて困るのは 君だろう」と 言うので、 私は「大丈夫だよ、 絶対に」と 答えたんだ。 とにかく、 最終的には チャレンジしてみたいって言ったんだ。 ほかのみんなと同じなんだよ。 年中、 同じ事の繰り返しでは、 人間は堕落するんだ。 彼は恐れずに、 新しいことに挑戦したよ。

それで、 ニューヨークをブッキングした。 最初は4回のショーだった。 考えてごらん。 4回で8万人。 一人の歌手に8万人だ。 マジソン・スクエア・ガーデンには チケットを求めるファンが 2週間前から並んだよ。 ベッドや簡易ベッド、 寝袋も持ちこんでた。 驚いたよ。 それまで無かったことなんだ。 誰もそんなことはしなかった。

それを父親に見せるために 連れてったよ。 私が何で稼いでるか、 いつも知りたがってたんだ。 「何をして儲けてるんだ。 分らないな。 商品もないし、 何を売ってるんだい?」ってね。 私は「お金を生み出すのだ」と言うと、 「いつか見せてくれよ。 見たいものだ」 と言ってた。 そこで、マジソン・スクエア・ガーデンの 向い側のカフェテリアに 父親を連れてったんだ。 チケット発売の日だ。 朝の9時頃、 並んでる人たちにドーナッツや コーヒーを配ってると、 彼が「この人達は何だね?  分らないな。 ワールド・シリーズでもあるのか?」って。 私は「エルヴィス・プレスリーだよ。 かつてのベーブ・ルースや ジョー・ディマジオと同じだよ。 彼は昔のドジャースと同じぐらい 大きな存在さ。 男の中の男だ。」 マジソン・スクエア・ガーデンは そんな感じだったね。 私にとっても大きな意味を持ってた。 私のホームタウンだったし、 看板には 「ジェリー・ワイントローブ提供、 エルヴィス・プレスリー・コンサート」の文字だろ。 興奮したね。

Q : 夢は叶ったと。

A : 夢は叶ったよ。 生涯の夢が。 エルヴィスに関する夢だとしても、 一生の夢が叶ったんだ。 私はラッキーな人間だ。 エルヴィスは 私の成功の大きな部分を占めてるよ。

Q : 特に印象深い エルヴィスの言葉ってありますか?

A : 彼とは多くのことを話した。 しかし、 言葉より、彼の人柄の方が印象に残ってる。 彼の友人に対する接し方は 素晴らしかった。 彼は誰にでも優しい。 彼は大物に対してだけ親切だと思うだろう。 それが違うんだ。 彼は皆なに優しい。 そこが良いんだ。 彼は王様であり、 何でも手に入った。 ほしいと思ったらすぐにね。 でも、 それが最大の問題だった。 あの発作的な行動も、 好き勝手に振る舞うことができたからなんだ。

Q : 長年のパーカー大佐との仕事は、 どのようなものでしたか?

A : 素晴らしかった。 沢山の事を教わったよ。 彼は私の良き指導者さ。 信じられないほど 多くの事を教えてくれた。 例えば、 ニューヨークとロスは 広大なアメリカの両端の都市にすぎない。 観客はその間にいるんだ。 そんなニューヨークやロスの批評は 気にするなって。 そんなことは忘れろ、 重要じゃないって教わった。 そして、 商品のことや、 ショーについても教わった。 彼は頭の切れる人間だった。 オレ流だから、 よく喧嘩もした。 お互い頑固者だったので、 ぶつかった。 しかし最終的には折り合って、 仕事をした。 彼は私の偉大な先生だよ。 偉大な男だった。

Q : エルヴィスが亡くなった時は、 大佐と一緒だったのですか?

A : いいえ、 私は家にいました。 エルヴィスは 翌日、メイン州から ツアーを始めることになっていた。 ショー・エスポジトから電話があった。 彼は覚えてないだろうが、 「ジェリー、話すことがあるんだ」 と言った時に、 別の電話が鳴ったんだ。 ジョーを待たせて 電話を取ったら、 ABCニュースのロン・アレジで 「エルヴィスが亡くなった」と言った。 「何? 何?」と言って、 こちらも待たせて、 ジョーの電話に戻って 「ジョー、どうなってるんだ?」と言うと、 「エルヴィスが死んだ。 今、バスルームで、 エルヴィスと一緒だ。 まだここに居るんだ」と。 「電話が鳴り出すと思うから、 先に知らせようと思って」 と言ったので、 「もうロン・アレジから掛かってる」 と言ったよ。 ジョーは取り乱してた。 錯乱してた。 親友を失ったのが 信じられなかったんだ。 彼は放心状態だった。 葬式が近づくにつれて 事態はひどくなる一方だったんだが、 ジョーは 自分がやらなきゃいけないと わかってた。 ジョー以外に 葬式を仕切れる人間はいなかったし、 彼はやり遂げたよ。

ロン・アレジは、 彼らが119番通報したから 知ったんだろうね。 ラジオ局がニュースを流し、 それが警察に知れて、 警察無線から、 TV局、 AP通信の知るところとなった。 特にエルヴィスのような人物なら 瞬く間さ。 家に居た私は、 直ぐに飛行機でメンフィスに飛んで、 グレイスランドに着いた。 リビング・ルームに 寝かされてた彼を見た時は、 かなり辛いものがあったよ。 父親や大佐にも会った。 全員が集まってた。 葬式の日だよ。 悲しくて泣いてしまった。

Q : あなたは多くの歌手と 仕事をされてますね。 エルヴィスのことを尋ねられるでしょう?

A : みんなから尋ねられるよ。 だけど、 プライベートなことは話さないんだ。 そんなインタビューは受けない。 エルヴィスのこと、 シナトラ、 ボブ・ディラン、 ジョン・デンバー、 ニール・ダイアモンド、 レッド・ツェペリン、 カーペンターズ、 他にも、 アメリカ大統領 ジョージ・ブッシュ親子、 議員など、 多くの人を知ってるよ。 でもそれはプライベートな事だから、 いつか本に書くかもしれないが、 今は書かないし、 話もしない。 彼らの名前を並べなくても 、私自身が有名人なんだ。 沢山の金を稼いだ。 一代で膨大な金を稼いだし、 まだまだ現役なんだ。 引退はしてない。 しかし映画作りより、 毎日ゴルフをやりたいと願ってるがね。 話しはしないが、 尋ねてくるよ。 全員だ。 大人物からそうでない人まで、 大人も子供も、 10才の子供でも エルヴィスに興味を持ってるんだ。 彼の場合は あらゆる年代層にまたがってるよ。

Q : エルヴィスの思い出を話して頂いて ありがとうございました。

A : 楽しかったです。 ありがとう。


Bob Heis:
"At the time I got my autograph, I didn't have the opportunity to meet with Elvis personally. I gave Jerry Weintraub two 8 by 10 color photographs to take backstage for Elvis to sign. One was for Elvis, one was for me. On the back of one of the photographs I had written a note. "Sing Polk Salad Annie for me Elvis," I asked. Jerry took the photographs backstage and soon returned with one of them signed; "To Bob, Best Wishes, Elvis Presley." I was very excited, and at the same time, I wondered if Elvis had actually signed it."

"Imagine my surprise when during the concert, Elvis looked up and said to his band; "Take it on!" Then he looked towards the audience and said; "OK Bob," just before the first notes of Polk Salad Annie filled the air." If you listen to the LP titled; "Elvis As Recorded At Madison Square Garden," you can hear this for yourself."


ボブ・ヘイズ: エルヴィスのサインを手に入れた時、 エルヴィスには会えなかったんだ。 ジェリー・ワイントローブに 写真を2枚渡して、 エルヴィスのサインを頼んだんだ。 引き伸ばしたカラー写真で、 1枚はエルヴィス用で、 1枚は自分用にだ。 1枚の裏に 『「ポーク・サラダ・アニー」を歌って』と リクエストを書いた。 ジェリーはそれを持って ステージ裏に行き、 すぐ戻ってきた。 "To Bob, Best Wishes, Elvis Presley" ってサインがしてあった。 嬉しかったけど、 本当にエルヴィスのサインかな と疑っていたんだ。 しかし、 ショーの最中の私の驚きが 想像できるかい。 エルヴィスはバンドに向って "Take it on!" と言ったあとに、 客席に向って "OK Bob" って言ったんだ。 「ポーク・サラダ・アニー」のイントロの前だよ。 「エルヴィス・イン・ニューヨーク」に入ってるから、 聴くことができるよ。



(Feb. 7, 2005)

英ヒットチャート、 エミネムがプレスリー抑えトップに

 [ロンドン 6日 ロイター]  6日発表の英ヒットチャートは、 エミネムの 「ライク・トイ・ソルジャーズ」が 初登場でトップに立った。
 この曲は 1980年代のポップ歌手、 マルティカの 「トイ・ソルジャー」をカバー。
 一方、 再リリースされた エルビス・プレスリーの 「アー・ユー・ロンサム・トゥナイト」は 初登場2位。
 3位は ブライアン・マクファーデンと デルタ・グッドレムの デュエット曲「Almost Here」。 アシャンティの 「オンリー・U」は 4位に後退。



(Feb. 6, 2005)

Willie Nelson always had Elvis on his mind for a song
Country singer had the clear voice of Presley in his head
By Eddie McIlwaine

Jaulhouse Rock was all very well at No 1, but Willie Nelson still reckons that Always on My Mind was the best song Elvis ever crooned.

Especially as Willie, who is coming to Dublin in the spring, wrote the lyrics to the love ballad.

"People are always telling me how well I sing Always on My Mind," declared Willie today.

"But the plain truth is, it was always meant for Elvis. I only sang it myself as an afterthought and now I'm not allowed off a stage without performing it.

"I sat down one afternoon with a clear sound of the Presley voice in my head and wrote that song. Mind you, I had a beautiful woman in my eye when I was putting the words down, but I'm not saying who she was.

"The point is, this was always an Elvis special and didn't he do so well with it? Come on ? Elvis with that ballad stuck with you for a long while no matter how good I do it."

Nelson, enjoying a new lease of life, has been in Belfast several times down the years, but this time, the nearest he will get is Dublin's Point on April Fool's Day April 1. You can get tickets at the usual Wonderland agencies here.



(Feb. 3, 2005)

Jerry Weintraub, the Colonel & Elvis

George Clooney, Brad Pitt, Matt Damon, Jerry Weintraub
映画「オーシャンズ12」の プロモーションで来日した プロデューサーの ジェリー・ ワイントローブ(右端)

Jerry Weintraub & the Colonel

It happened more than 30 years ago, but Jerry Weintraub - like many men - still vividly recalls his first cigar.

Weintraub is an entertainment mogul: a movie producer (The Karate Kid), a political fund-raiser (for former president George Bush), even an occasional actor (The Firm), but he started as an agent and then a concert promoter. In the late 1960s, he was negotiating to promote the Biggest Star of Them All: Elvis Presley.

"I went to Vegas to meet with Elvis' manager, Col. Tom Parker. We talked at what was then called the International Hotel . . . at the roulette wheel," Weintraub recalls with a chuckle. "When we finally made our deal - a very big deal - Colonel Parker reached in his pocket, pulled out a cigar and stuck it in my mouth."

"Parker was almost 60 then, Weintraub not yet 30, and as Weintraub waited for a light, Parker said, 'Son, if you're going to be a big promoter and a big producer, you have to learn to smoke cigars.'"

What kind of cigar did Colonel Parker give him?

Weintraub laughs. "It wasn't a good one."

ジェリー・ワイントローブ & パーカー大佐
 30年以上昔のことだが、 ジェリー・ワイントローブは 初めて葉巻を吸った時の事を はっきりと覚えている。
 「ラスベガスで エルヴィスのマネージャー、 パーカー大佐に会ったんだ。 インターナショナル・ホテルの ルーレット台で話していて、 大きな商談が成立した時、 大佐がポケットから葉巻を取り出して、 私の口に咥えさせた。」
 「パーカーは60才、 私は30にもなってなかった。 パーカーは言ったよ。 『坊や、 大物になりたかったら、 葉巻を吸うことから始めなよ』って。」
 どのような葉巻でした?
 「安物だったよ。」

Barry Levinson, Jerry Weintraub & the Colonel

The film will tell the story of Weintraub's early career, when he was hired and mentored by Col. Tom Parker, the longtime manager of Elvis Presley. Weintraub became the promoter of Presley's concerts.

"It'll be told from my point of view, cover how we got together, how we did the Presley tours, everything that happened over the years," Weintraub said, confirming he'd made a deal on the film with Ron Shelton.

"Parker gave me my first huge break in show business. I got to promote all the Elvis shows, right until the end. He was my mentor, my teacher, my father figure. It's a road story, about a guy from New York and a guy from the South who got together and made a lot of money. He certainly made my career."

The Colonel and Me, an Elvis movie without Elvis?

May 21, 2003 - According to Variety, Oscar-winning filmmaker Barry Levinson (Rain Man) will direct The Colonel and Me for producer Jerry Weintraub (Ocean's Eleven). The script is by Bo Goldman (Scent of a Woman). Ron Shelton (Hollywood Homicide) was previously attached to write and direct.

The Colonel and Me is a biopic about producer Weintraub and his relationship with Col. Tom Parker , the former carnival huckster who became Elvis Presley's notorious manager. Weintraub, Variety tells us, "got his big break when Parker tapped him to promote Presley's concerts. Parker, who hailed from the South, took the young New Yorker under his wing and became a father figure."

Well, as many of you know, I'm a big Elvis fan and I just need to correct something Variety reported. It turns out Parker wasn't from the South - he was born Andreas Cornelis van Kuijk in The Netherlands. Rumor has it he was really an illegal alien who assumed the name "Tom Parker." Indeed, some have speculated that the reason why Elvis never toured outside the U.S. (except for a weekend in Canada during the late 1950s) was because Parker was afraid he'd be found out and deported. Parker did not go with Elvis when he was stationed in Germany during his Army service. As far as anyone knows, Elvis never knew the truth about his infamous manager.

映画「The Colonel and Me」
 ジェリー・ワイントローブは 「The Colonel and Me」という自伝映画を 2年前に計画してました。 監督は「レイン・マン」のバリー・レヴィンソンの予定でしたが、 今現在、 進展はありません。

"Pure Country," George Strait & the Colonel

The interview took place a few hours into the final day of filming. It was about 5A.M., and the sun had not yet begun to shine on Las Vegas. With only a final scene to finish, George resisted the temptation to say he felt positive about his first film. But his upbeat manner and easy confidence revealed more than his words. "I can't really tell you how I'm doing," says the soft-spoken, humble Texan. "All I can tell you is what they tell me, and they seem pleased with it."

In truth, George was lured into acting with severe reservations. Producer Jerry Weintraub, whose credits include Nashville!, Diner and The Karate Kid, received a call from an old friend, Colonel Tom Parker, the famous manager of Elvis Presley who still apparently sits around thinking about how gifted, shy singers with matinee-idol looks should supplement their already enormous incomes with million-dollar movie deals. Parker told Weintraub that George could be a movie star. Weintraub attended an Ace in the Hole concert in the Houston Astrodome, saw tens of thousands of screaming women the whole time George was on stage, and, drawing on his years of experience, he figured the Colonel might be right.

"He was kind of hesitant at first," says Weintraub, a tall, brawny fellow who speaks with a casual, confident persuasiveness common among laid-back moguls with killer instincts. "He said to me, 'What do I have to gain? I sell a lot of albums. I've got a great life. What is this going to do for me? And I don't know how to act."' Weintraub, over several meetings, tried to convince him otherwise. "Acting is reacting," he told him. "It's not that big a deal." George finally asked for a script. Weintraub paid for a customized job tailored to the singer's strengths. He can sing. He's an authentic rancher who can ride and rope.

"This is a story about a country singer and a story about a man in turmoil," Weintraub says. "It's a family movie and a terrific love story. I think country music fans, who are legion now, will love it." George liked the script, though he suggested a few changes. "Originally we were going to call the main character 'Bubba,' and George said we couldn't do that," Weintraub relates. "He taught me a few other things I wasn't familiar with. There's a very sensitive area right now with country singers. They don't want to be considered hicks. This movie doesn't do that. It's real life stuff." (Later, I complimented George on the name change, suggesting Bubba was a name only people outside of the South would use for a country singer. He gently corrected me. 'Well, we call my son 'Bubba,"' he said, and I looked to see how many steps it would take to get out the door of the bus. "I just didn't think it was right for the character." Gentleman that he is, I was allowed to stay.)

Weintraub, a big-time producer who tends to gamble and who wins more than he loses, climbed further out on a limb. He edged beyond promoting his $10 million movie venture to predict that his cinematic discovery has a future in Hollywood. "It was important that George was a singer in this movie, and he will sing in future pictures, the producer pronounced. "But I think there will come a time when he makes a movie where he doesn't sing. He reminds me of Alan Ladd, back when Ladd was a number-one box office star. "The women are going to go nuts over this guy, and guys like him because he's a man's man. I mean, he did all his own rodeo stuff in this movie. He got on a horse, he's a great rider, and he did his own ropin'. He shows up on time. He works real hard. And he's a great guy on top of everything else. I've enjoyed this experience with him more than anything else I've done in years." George, however, offers a more low-key assessment. "I never saw it as a risk," he says of his new role. "I see it as an adventure. It's a good change of pace for me. I got to try something new. I'm enjoying it, and depending on how it goes, I'll consider doing another down the line. If it comes out okay, and I can see that I can do it, and if it's possible for me to do more, then I will. I feel comfortable out there."

映画「Pure Country」のジョージ・ストレイト
 映画「Pure Country」の主役を探していたジェリー・ワイントローブに ジョージ・ストレイトを推薦したのは パーカー大佐です。 パーカーは ラスベガス・ヒルトンで ジョージ・ストレイトのショーを見ていて、 彼の俳優としてのスター性を見抜いていたのです。

Coming soon!
One and only interview with Jerry Weintraub


 近く、ジェリー・ワイントローブの貴重なインタビューを載せます。 英語だけでしたら 今でも載せられるのですが、 翻訳に時間がかかるので、 しばらくお待ちを。
 このインタビューとは関係ありませんが、 1975年大晦日のポンティアック公演。 当初、 ローリング・ストーンズの公演予定で 会場が押さえられていたのです。 ところが ミック・ジャガーの病気で キャンセルとなり、 困ったワイントローブは パーカー大佐に頼み込み、 エルヴィスが出ることになったのでした。



(Feb. 3, 2005)


1/26
3360円
グッド・デイズ 〜 ラブ・オールディーズ
(BVC2-37408) (BMGファンハウス)

曲目 好きにならずにいられない(エルヴィス・プレスリー) ボーイ・ハント(コニー・フランシス) カレンダー・ガール(ニール・セダカ) ダイアナ(ポール・アンカ) ケ・セラ・セラ(ドリス・デイ) タミー(デビー・レイノルズ) オンリー・ユー(プラターズ) すてきな16才(ニール・セダカ) ヘイ・ポーラ(ポール&ポーラ) ライオンは寝ている(ザ・トーケンズ) エンド・オブ・ザ・ワールド(スキーター・ディヴィス) アイドルを探せ(シルヴィ・バルタン) 悲しき雨音(カスケーズ) アンチェインド・メロディ(ライチャス・ブラザーズ) 男が女を愛するとき(パーシー・スレッジ) 恋はあせらず(スプリームス) ミスター・ロンリー(ボビー・ヴィントン) ビキニスタイルのお嬢さん(ブライアン・ハイランド) ステキなタイミング(ジミー・ジョーンズ) アイ・ウィル・フォロー・ヒム(リトル・ペギー・マーチ) プリーズ・ミスター・ポストマン(マーヴェレッツ) ラストダンスは私に(ドリフターズ) 砂に書いたラブレター(パット・ブーン) テネシー・ワルツ(パティ・ペイジ) ムーン・リバー(ヘンリー・マンシーニ楽団) バケーション(コニー・フランシス) 悲しき慕情(ニール・セダカ) マイ・ホーム・タウン(ポール・アンカ) ベイビー・フェイス(ブライアン・ハイランド) ワン・ボーイ(ジョニー・ソマーズ) バイ・バイ・バーディ(アン・マーグレット) 可愛いベイビー(コニー・フランシス) いとしのリンダ(ディッキー・リー) 涙のバースディ・パーティ(レスリー・ゴーア) アイ・キャント・ヘルプ・マイセルフ(フォー・トップス) ビートでジャンプ(フィフス・ディメンション) ハートに火をつけて(ホセ・フェリシアーノ) 愛のセレナーデ(ペトゥラ・クラーク) マイ・ガール(テンプテーションズ) 愛はどこへ行ったの(ダイアナ・ロス&シュープリームス) この胸のときめきを(ダスティ・スプリングフィールド) 花のささやき(ウイルマ・ゴイク) 明日があるさ(ジョニー・シンバル) 太陽に歌って(ゲール・ガーネット) ブルー・ベルベット(ボビー・ヴィントン) サンフランシスコの思い出(ブレンダ・リー) 煙が目にしみる(プラターズ) 恋のチャンス(ジョニー・マティス) 雨に歩けば(ジョニー・レイ) ラヴ・ミー・テンダー(エルヴィス・プレスリー)

1/26
3360円
グッデイズ 〜 ロックンロール50
(UICY-4188) (ユニバーサルミュージック)

曲目 ロック・アラウンド・ザ・クロック(ビル・ヘイリーと彼のコメッツ) ハウンド・ドッグ(エルヴィス・プレスリー) ジョニー・B.グッド(チャック・ベリー) レイヴ・オン(バディ・ホリー) 火の玉ロック(ジェリー・リー・ルイス) 踊りに行こうよ(ダニーとジュニアーズ) ヒッピー・ヒッピー・シェイク(ビリー・フューリー) ロックンロール・ミュージック(チャック・ベリー) ビ・バップ・ア・ルーラ(ジェリー・リー・ルイス) ラ・バンバ(リッチー・ヴァレンス) エイント・ザット・ア・シェイム(ファッツ・ドミノ) ハートブレイク・ホテル(エルヴィス・プレスリー) サマータイム・ブルース(クリケッツ) オー・プリティ・ウーマン(ロイ・オービソン) ミスター・ベースマン(ジョニー・シンバル) バック・トゥ・スクール・ブルース(デイル・ホーキンス) トレイン・ケプト・ア・ローリン(ジョニー・バーネット&ザ・ロックンロー ル・トリオ) アイ・フォート・ザ・ロウ(クリケッツ) リトル・ダーリン(ダイアモンズ) モナ(ボ・ディドリー) スタッガー・リー(ロイド・プライス) ブギ・ウギ・ティーンエイジ・ガール(デイル・ホーキンス) ザットル・ビー・ザ・デイ(バディ・ホリー) オールモスト・グロウン(チャック・ベリー) ロック・タウンは恋の街(ストレイ・キャッツ) 監獄ロック(エルヴィス・プレスリー) ロール・オーヴァー・ベートーヴェン(チャック・ベリー) ペギー・スー(バディ・ホリー) シェイク・ラトル・アンド・ロール(ビル・ヘイリーと彼のコメッツ) ロック・アンド・ロール・イズ・ヒア・トゥ・ステイ(ダニーとジュニアーズ) ルート66(ジョージ・マハリス) スージー・Q(デイル・ホーキンス) フー・プット・ザ・ボンプ(シビレさせたのは誰)(バリー・マン) 僕のマシュマロちゃん(ジョニー・シンバル) ショート・ショーツ(ロイヤル・ティーンズ) 冷たくしないで(エルヴィス・プレスリー) メイベリーン(チャック・ベリー) ロック・アラウンド・ウィズ・オリー・ヴィー(バディ・ホリー) カム・オン、レッツ・ゴー(リッチー・ヴァレンス) サファイア(ビッグ・ダニー・オリヴァー) カルドニア(デイル・ホーキンス) ブルー・スエード・シューズ(ジェリー・リー・ルイス) ロック・ビリー・ブギー(ジョニー・バーネット&ザ・ロックンロール・トリオ) キャストアイアン・アーム(ピーナッツ・ウィルソン) ボーイ・ミーツ・ガール(デイル・ホーキンス) シャンティリー・レース(ビッグ・ボッパー) ボ・ディドリー(ボ・ディドリー) ユー・キャント・キャッチ・ミー(チャック・ベリー) リトル・ホンダ(ホンデルズ) セクシー&セヴンティーン(ストレイ・キャッツ)


www.ElvisWorld-Japan.com
Go to: Previous Elvis News(Jan.21-31, 2005)
Go to: Previous Elvis News(Jan.13-20, 2005)
Go to: Previous Elvis News(Jan.1-12, 2005)
Go to: Previous Elvis News(Dec., 2004)
Go to: Previous Elvis News(Oct.29-Nov.30, 2004)
Go to: Previous Elvis News(Sep.14-Oct.28, 2004)
Go to: Previous Elvis News(Aug.8-Sep.13, 2004)

And much more "Previous Elvis News" since 1996.
www.ElvisWorld-Japan.com