www.ElvisWorld-Japan.com
Don't touch
(On Pink BG Color) Written in Japanese
(Compiled by Haruo Hirose)

www.ElvisWorld-Japan.com



(Mar.16, 2005) (Mar.13, 2005)

Joe Guercio Interview
Joe Guercio Interview
Q : Tell us about your first meeting with Elvis.

A : Well, my first meeting with Elvis was the pre-production meeting. I got a call from Tom Diskin who was the Colonel's associate, and he said they were thinking about me conducting the show for Elvis Presley. And someone had preceded me there for the first show. He asked me what I'd done and bla-bla. And by the time I told them what I'd done, they had checked me out thoroughly. They knew I'd been with Eydie Gormet and Steve Lawrence and did some Broadway shows and that whole background, did television. And I went into L.A. and met with them. And then they called me and told me they were going to have me work with Elvis on this engagement. And the first thing was 'That's the Way It Is,' the motion picture.

And we just hit it off. I never had met Elvis. They had been rehearsing in another room for three days. And was in there sorting music for three days. The string parts and what was going to happen? Because the arrangement had been written. They were all brought in. Glen wrote a lot of them and a couple of other writers, but Glen did most of it. And then Joe Esposito said, Elvis had come down, and he started singing. And I just sat there trying to get hooked into it. Then on the first break, Joe Esposito comes and said, "You should meet Elvis". So, I dont know. I was never an Elvis fan. That's the difficult part. I came out of a whole nother of music. I was not a rock and roller at all. And from I said hello to him, the charisma was just over powering.

And by the time I got through the first rehearsal, because I think on that show we did 'Just Pretend' and a couple of things for the time, I never realized he sang that good. He was a great singer. My wife loved him, but I was really never an Elvis fan. But that day it started. We hooked up, and that's what happened.

Q : What was it about Elvis that first struck you?

A : He was real. There was nothing false about the man. He was just real. This is what it is and wow.

Q : Tell us about when you first went on the road with him.

A : Well, the relationship was never, 'Hey, pal', a lot of people like to think it was 'Hey, pal'. But it wasn't 'Hey, pal'. I've said this before, there were different real... When he was into his show vein, that was his group. But he had a respect for us on stage. But he was surrounded by the best. He had Ronnie Tutt, none better. Jerry Sheff was none better. The whole front line, James Burton, Glen Hardin. He just appreciated what they were. And he knew what they could. It was a different kid of a... Does that make sense? It does to me. It was a different vibe. Then he'd be talking to these other groups, another one of his immediate group, and there a was a whole nother different vibe there. Because they worked for him.

Q : We were talking about Elvis's band being the best.

A : Well, look what they came out of. Look where they all came from. They all came from places that were, you know, we were all involved in the music business. They weren't just players. They were more than players. They were with the best. And touring with those people is, you know, we'd just get it going. It would really happen every night.

Q : Tell us of any funny incidents between you and Elvis.

A : Oh, the marble story. That goes back to the first two days of the gig. You know, it was never a set show in those days. He would just want to pull a tune out and sing it. And it was great, because everybody behind him was immediate group. And that was Ronnie and the rhythm section. He'd say, so and so, and they'd turn around, and they'd start. Well, you can say that to five guys. I'm sitting up there with 32. You know, when am I going to start. So, it was always a scuffle. Let's do this and bam. And I'd stop and... Or they would start his orchestra and the introduction and show, and suddenly I'd say, "Here we go, guys. Bar 12". And I'd bring him in on bar 12, and we'd be locked in. And first couple of times I did that, he really turned around and acknowledged it because, you know, we didn't leave him on the desert. We just jumped in the pool, a little late, but we jumped in the pool.

And somebody came to me and asked me how I enjoyed working, conducting for Elvis Presley. I said, "It's like a marble rolling down concrete steps, you know, dinkle, dinkle, dinkle". You know, one of those kind of things. So, that was it. And next day, I'd come in and open my dressing room door. And I hear all this strange noise. I turn the lights on. It's marbles all over the floor. There's marbles in every one of my pockets. There's marbles in the sink loaded. I could see he had all his slaves go out the night before and buy all the marbles in the world. And the sign on the mirror said, "Follow the marble. E.P."

Q : That's good.

A : It's different.

Q : I could imagine leading an orchestra that way.

A : I should have said, like hundred dollar bills blowing out a window. Wouldn't that have been cool? I should have thought about that one.

Q : Do you remember a lot of the different celebrities Elvis would introduce in the audiences?

A : Oh, yeah. There are funny stories. But Sammy Davis would be in the audience. Opening nights were just something, people like Cary Grant, which always amazed me, because they were movie actors. But a lot of beautiful women were in the audience. Sammy was a big fan. Tom Jones was a big fan. He really respected Tom Jones. Redd Foxx. When Elvis was in town, it was never a show. It was a happening. You know, it's a theatrical experience. But a fun thing. And when he got into it, he could twist thousands of people around his little finger.

Q : Was there a special moment with Elvis that stands out in your mind?

A : No, there's a couple of moments, but I'd rather talk about the moments on stage. Two of the highlights ever were the first night we did 'American Trilogy' in Atlanta, Georgia. We had done it at the Hilton. And it went over very well. Because we had recorded it and put it in an album. But being in the heart of the Confederacy, I mean, Atlanta, Georgia, we go into the Omni. We were supposed to work two shows. We wound up doing four shows. And they sold every one out. It's an 18,000-seater, you know. Today, an act goes out. They do one show they're tired. They have rest four days. We would do four in two days and sometimes five in three. But he came out, and we got to 'American Trilogy' which we did toward the end of the show. And James started with the intro and Elvis said, "Oh, I wish I was in dixie". I want to tell you something. Those calls started to go up. You know, they started with those calls and the people and they stood and screaming. And every hair, I mean, just unbeliev-- I mean, you know, we stood 30 seconds which can be like a year till they stopped, slowed down, and we continued on with the song.

The other night that I remember very well was Madison Square Garden. When he came out, there were so many flash bulbs went off that the arena, there was moments when the arena was lit. And we came out in a black out. And New York brought him in. And when New York wants you, they want you. You know, New York has got... It's another world.

And the other highlight of my life with him was when we the did 'Aloha From Hawaii'. I said to the band before we started, I said, "This is the first time any show has gone on television all over the world". I said, "We're all first on it". That was a great moment.

Q : Any other moments you remember from 'Aloha From Hawaii'?

A : Oh, 'Aloha From Hawaii' was just... Well the Hawaiian people... I guess, he had done a couple of motion pictures there. They were just phenomenal. But the thrill of being the first, you know, I'd drop a down beat, and it's the first time you drop a down beat. And it's going all over the world on television. You know, that's a first. I mean, that's a big time first, you know.

We had a couple of humorous moments on stage. He would love to sing 'It's Now Or Never'. And I said to him one night, "It's an Italian song, man. Why don't you do it in the right lyrics? And you know, it's 'O Solo Mio'. It's not 'It's Now Or Never'". So, we had a little humor with that. Every time he'd call, 'It's Now Or Never', I'd kind of get that little look away. Now say, 'It's Now Or Never'. You know, it's heh-heh, you know, one of those numbers. One night I took an empty pot cause... And I'd put on a chefs hat. I had a pot, and I was sitting behind Ronnie Tutt, and I was storing a pot. A little bandstand humor.

Q : Were there any moments in the show with Sean Nielsen over 'O Solo Mio'?

A : No, I was too busy looking at the way Sean was dressed in those days. But if anybody ever told me that it was going to continue and like it's been. You know, this is years later, and we're sitting here talking about Elvis Presley. You know, it's just amazing. And I'd got out with 'Elvis the Concert' now which is amazing. We're out there. His audience in Europe, 15, 20 percent of the audience is under 30 years old. There's a whole nother thing building out there.

Q : It's almost like Elvis is on the road with you again.

A : Well, we're on the road with him. Yeah. It's a hot show. Have you seen it? It really is.

Q : Do you have any particular memories of the CBS TV special?

A : The CBS special? That was not one of his better specials. That was Dwight and Gary did that show, and they're phenomenal directors and producers. No, I didn't really like that show at all. It was like the end. You know, we were coming to the end of the whole thing.

Q : Remember when he came over and patted you on the head.

A : Well, you know, in those days, there was something to pat.

ジョー・ガーシォ・インタビュー
Q : 初めてエルヴィスに会われた時のことを 話してください。

A : 私が初めてエルヴィスに会ったのは、 映画の製作準備の時だった。 大佐の助手、 トム・ディスキンから電話があって、 エルヴィスのショーの指揮者に、 私が候補に上がってる言われたんだ。 私の前にも誰かが指揮してただろう。 彼は私のやってきた仕事内容などを 尋ねてきたが、 私が話すまでも無く、 彼らは私のことを調べ上げていたよ。 イーディー・ゴーメ、 スティーヴ・ローレンスや ブロードウェイ・ショー、 TVなどに 私が携わっていたのを知ってた。 そして、 ロスで彼らと会った。 そして、 エルヴィスの公演で 私を使いたいと言ってきたんだ。 最初の仕事が 「エルヴィス・オン・ステージ」 の映画だった。

順調に事は進んでいたが、 エルヴィスにはまだ会ってなかった。 3日間、 彼らは別室でリハーサルしていた。 3日間、 そこで選曲してたんだ。 弦楽器の部分などはどうするんだろうと思ってたら、 アレンジは全て出来上がっていたんだ。 グレンが多くの曲のアレンジを書いていたし、 他にも編曲者はいた。 しかし、 グレン・ハーディンがほとんど書いていたよ。 そして、ジョー・エスポジートが、 エルヴィスがやってきて、 歌の練習を始めたと 教えてくれた。 私はヤクでもやろうと 座ったところだった。 最初の休憩時間に、 ジョー・エスポジートが来て 「エルヴィスに会ってくれ」と。 どうすればよいか分らなかった。 私はエルヴィス・ファンでなかったし、 苦手な分野だった。 私は別の音楽の出身で、 ロックン・ローラーとはかけ離れていたんだ。 でも、 彼に挨拶した時から、 そのカリスマは圧倒的だったね。

最初のリハーサルが終わる頃には、 確かあの時に「ジャスト・プリテンド」とかをやって、 彼は歌が上手いと実感したよ。 彼は偉大な歌手だった。 私の妻はエルヴィスが好きだったが、 私は決してエルヴィス・ファンじゃなかったんだ。 そしてあの日以来、 我々は手を組んだ。 あれが事の始まりだった。

Q : エルヴィスの最初の印象はどうでしたか?

A : 彼は本物だ。 まがい物じゃない。 正真正銘の本物。 ワオ!って感じさ。

Q : 初めてツアーに出たときのことを 話してください。

A : 私たちは決して 「おい、おまえ」っていう関係ではなかった。 「おい、おまえ」だったと、 多くの人は信じたがるが、 「おい、おまえ」じゃなかった。 前にも言ったことがあるけど、 なんか違うんだなあ…。 彼がショーで乗ってる時は、 彼はバンド・メンバーと一体になってるんだ。 ステージ上の私たちを認めてたにせよ、 彼は最高のメンバーにとり囲まれていたんだ。 ロニー・タット、 最高。 ジェリー・シェフも最高。 バンド連中、 ジェームス・バートン、 グレン・ハーディン。 エルヴィスは彼らをかってたし、 実力を知ってた。 だから、違うんだ。 分るかな。 私たちとは違った空気だよ。 また、 彼が他の仲間たちと話す。 側近たちだ。 それもまた違った空気が漂うんだ。 彼らはエルヴィスの世話係だったこともあるが。

Q : エルヴィスのバンドはベストだったと?

彼らが何者か考えてみたまえ。 何処で何をやってきたのか。 私たちは皆な ミュージック・ビジネスに携わってきた。 彼らはただの演奏家じゃなかった。 それ以上だったんだ。 彼らは一流とやってきた。 そんな人たちとのツアーは、 もう、やるしかないって 感じなんだよ。 何が起こるか分らないんだ。

Q : あなたとエルヴィスの間で 面白いエピソードがあれば 話してください。

A : ビー玉事件を話そう。 あれは仕事を始めて最初の2日間のことだ。 あの頃は決まったショー構成じゃなくて、 エルヴィスは好きな曲を歌ってたんだ。 それが出来たのも、 彼のメンバーは みなベテランだったからだ。 ロニー・タットなどの リズム・セクションだ。 エルヴィスが曲名を言えば、 彼らは顔を見合わせるだけで、 演奏開始さ。 5人ならそれも出来る。 でも、 私には32人いたんだ。 じゃ、オレはいつ始めりゃいいんだ? って感じで、 いつも乱闘騒ぎだった。 やるぞって言ったかと思うと 肩すかし。 それで こっちも止める。かと思うと、 自分たちで勝手に イントロをやり始めるんだ。 そこで 突然、 「さあ、12小節目からだぞ」 ってことになる。 エルヴィスが12小節目に来たところでも、 どうにもならことがあった。 2度ほどそうなった時、 彼は私を振り返って 気付いたようだった。 彼に 待てとは言えなかった。 ちょっと遅れてプールに 飛び込むようなものだったけど、 飛び込むしかなかったんだ。

そして、 誰か使いの者が私の所に来て、 エルヴィスの仕事を楽しんでるかと訊いてきた。 その時私は 「まるで、ビー玉がコンクリートの階段を、 カランコロンと落ちて行くようだよ」 とか言ったんだ。 そして、翌日、 私が行って、楽屋のドアを開けると、 何か変な音がしたんだ。 灯りを点けると、 床一面にビー玉が散乱していたんだ。 洗面台もビー玉で一杯だったよ。 エルヴィスが前夜の内に、 子分たちに世界中のビー玉を 買い集めさせたんだろうって 私は分ったよ。 そして鏡にサインがしてあった。 「ビー玉に続け。E.P.」って。 (以来、 ジョー・ガーシォのニックネームは ビー玉 (marble) になりました)

Q : 最高ですね。

A : 違ってたね。

Q : そんな風に、 オーケストラを指揮してたんですね。

A : 何百ドルもの紙幣が 窓から飛んで行くような感じだった とでも言えばいいのかな。 凄いと思わないかい? そんな風にでも思わなくっちゃ。

Q : エルヴィスを見に来た 多くの有名人を覚えてますか?

A : そうだな、 可笑しな事もこともあった。 サミー・デイヴィスが客席にいた。 オープニング・ナイトは特別だった。 ケィリー・グラントなんかの映画俳優には ゾクゾクしたもんだ。 沢山の美人も客席にいたよ。 サミーもトム・ジョーンズも 彼の大ファンだった。 エルヴィスはトム・ジョーンズを 本当に尊敬してた。 レッド・フォックス (有名コメディアンで、 エルヴィスの結婚式に招待された 惟一の芸能人)も。 エルヴィスのショーは、 見るだけというより、 参加型ショーだ。 あれは愉快な劇場アトラクションだった。 エルヴィスが乗ってくると、 指先ひとつで 数千人の観客を操ることができたんだ。

Q : 特に印象に残るエルヴィスの思い出を ひとつ話してください。

A : いいや、ふたつあるかな。 ステージでのことで話すと、 ジョージア州アトランタで、 最初に 「アメリカの祈り」を披露した夜のことだ。 すでにあの曲はヒルトンではやっていて、 評判が良かった。 レコーディングしてアルバムに入れてたからね。 しかし、 南部連合の中心地、 アトランタでは状況が違ったよ。 オムニ・スタジアムでは、 2回公演の予定が 4回に増え、 全てソールド・アウトになった。 18,000席の会場で。 現在では、 1回のコンサートをやると、 皆な疲れて 4日間の休みが取られる。 私たちは、 2日に4回とか、 3日に5回の公演をやったものだ。 エルヴィスが出てきて、 ショーも終り近く 「アメリカの祈り」になった。 ジェームスのイントロで始まり、 彼が "Oh, I wish I was in dixie" と歌うと、 何と言うか、 叫び声が巻き起こって、 観客は立ち上がり、 悲鳴をあげてた。 髪の毛が逆立つっていうか、 とにかく信じられなかった。 30秒間突っ立ったままだったけど、 まるで 1年って感じだったね。 やっと静かになったので、 演奏を続けたんだ。

マジソン・スクエア・ガーデンの時も はっきり覚えてる。 彼が出てきた時、 フラッシュが数多く焚かれたので、 場内の照明がつけられたんだ。 おかげで目の前が真っ暗になったよ。 とにかく ニューヨークは彼を受け入れた。 ニューヨークで好かれると、 半端じゃない。 あそこは別世界だね。

もうひとつのハイライトは 「アロハ・フロム・ハワイ」の時だ。 ショーが始まる前に、 私はバンド・メンバーに言ったんだ。 「これは初めて世界中に衛星TV中継されるショーだ。 我々が初めてやるんだ」って。 あれは、すごかったなあ。

Q : 「アロハ・フロム・ハワイ」で ほかに思い出すことはありますか?

A : 「アロハ・フロム・ハワイ」は・・・、 ハワイの人たちは、 彼がそこで映画を撮影したこともあって 熱狂的だった。 しかし、 1番にスリルを感じたのは、 指揮棒を振り下ろした瞬間だろう。 指揮棒が振り下ろされて始まるんだ。 それが世界中にTV中継された。 あんな大きな体験は初めてだった。

ステージ上の私たちにも ユーモラスなこともあった。 彼は 「イッツ・ナウ・オア・ネバー」を 歌うのが好きだったんだ。 ある時、 私は彼に言ったよ。 「あの曲はイタリア民謡の 『オー・ソレ・ミオ』だってことは 知ってるだろう。 どうして原語で歌わないの?」って。 あの曲では、 悪ふざけもしたよ。 彼が「イッツ・ナウ・オア・ネバー」をやるって 合図を送ってくる時はいつも、 私 はちょっと、 よそ見したりしてね。 「イッツ・ナウ・オア・ネバー」ねー。 あの曲でもいろいろ悪ふざけをしたなあ。 ある夜、 私は空のマリファナを取りだして、 シェフの帽子をかぶり、 ロニー・タットの後ろに座って、 マリファナ詰めをしたこともあった。 ちょっとした暇つぶしさ。

Q : ショーン・ニールセンも 「オー・ソレ・ミオ」を 歌ったことがありましたね?

A : あの時は ショーンのステージ衣装に目が点で、 歌どころでなかった。 しかし、 こんなふうに、 ずーっと続くだろうなんて 誰も言わなかったよなあ。 何年もたってるのに、 エルヴィスのインタビューを受けてるんだ。 驚くことだよ。 今、「エルヴィス・ザ・コンサート」を やってるだろう。 あれも驚くよ。 ヨーロッパの観客の 15〜20 パーセントは30才以下だよ。 あちらでは 全く違った 盛り上がり方だよ。

Q : 再び エルヴィスとツアーしてるような感じですか?

A : 彼とツアーしてるんだよ。 ホットなショーだ。 見たことあるかい? 本当だよ。

Q : CBSTVスペシャルの思い出は ありますか?

A : CBSスペシャル? あれは良くなかった。 あの番組はドゥワイトとゲイリーがやったんだ。 彼らは素晴らしい 監督とプロデューサーだったが、 あの番組は 全く気に入らなかったよ。 これでおしまいっていうか、 全ての終わりに近づいてるって感じだったね。

Q : 彼があなたの頭を叩きに来たのを思い出しますね。

A : あの頃は、 叩きたくなる頭だったのさ。


Q : What are your impressions of Colonel Parker?

A : I never had a problem with the Colonel. In fact, I really was not involved with the Colonel a lot. And I never had a problem with him. I got to know the Colonel better after Elvis passed away than before. I lived in Buffalo, New York. And my parents did, and when we were working Buffalo, and the Colonel would always go to... If that was the first thing on the tour, the Colonel would say, "You're going to be leaving with us two days early". I said, "Oh, that's fantastic you know, to start the tour". They would go out and get me. I was musical director for the Hilton. That's how this all came about. I was working for Hilton. And the Colonel left it so I could still be working for Hilton, but I'd be out doing what they wanted to do in those days. Whatever the Colonel wanted, the Colonel got. Because Elvis was doing it. He made the hotel a lot of money in those days.

Q : You just said you learned a lot from the Colonel.

A : Well, just the way he did things. He'd sell out shows. He'd have three shows booked, but he never let the people know there were three shows booked. One would sell out, and then he would sell a second on and sell a third one.

He knew how to move product. You know, merchandising in those days was a lot... There were not T-shirts at that time, to sell T-shirts. Then when they started to sell them. I remember an incident, there were a lot of bootleggers that were following us, you know. And so everybody wanted, well, let's get them arrested and put them in... But they were selling more shirts than we were and the merchandise. So, the Colonel brought all his guys in. They were all from New York from Long Island. The Colonel brought all his guys in, and he put them on his payroll, and he made them part of the thing, and they just started selling merchandise like you wouldn't believe.

We were in Atlanta. And I know they'd run out of hound dogs, and it was a Sunday. And the next thing I knew, they had found a Walgreens warehouse or something, and those guys were putting pins on those things, you know, 'Elvis bows' or whatever they put on them. And there were no more hound dogs. They just got a bunch of stuffed bears. And they were selling stuffed bears. So we put Teddy Bear in the show.

Q : Elvis super souvenirs.

A : "Elvis super souvenirs". Have you talked to Al Dvorin at all? But Al's something else. I would always come in. He's always come in shuffling at the end, because he'd sell them at the box office, where ever they'd sell them. And he walked in, and he's a vegetarian. And Elvis drinks apple juice, apple juice, apple juice, I mean, to a point that, my God Al, how much apple juice. Every time he'd walk in a restaurant, it would be with Glen. We were always up late, later than the rest of them. And he'd come walking in late. And we'd say, "Squeeze an orchard", because Al Dvorin just walked in. "Ladies and gentlemen, squeeze an orchard".

Q : Personally, what does Elvis mean to you?"

A : What does he mean to me? Let's see. Personally, he means to me great memories. All right. He means to me, personally, he brought me in touch with people I would never had met, because they're from all walks of life. He brought people like the Sweet Inspirations, the Stamps, you know, I mean, we were family. He was away from it when we were with him. But he brought me on stage with 20 of the most professional people I've ever worked with. And the memories and the fun we had. I would never had understood the South without Elvis Presley in my life. You know, I grew up in a whole nother world. It's the memories. It really is the memories. And he opened me up to a lot of music. You know, here I am at my age. And I'm making a living in rock and roll. I know a lot of friends that are waiting for the big bands to come back. And it turned me around.

Q : He changed your life in certain ways then.

A : Oh, yes, he's changed my life in a lot of ways.

Q : You said the Sweet Inspirations used to rehearse here?

A : Oh, yeah. Well, it's the room upstairs in the music room. And they'd come in. We'd sit down. We'd put medleys together. They opened the show here in Vegas. The girls, they would just stop it. We did a thing. One show we did a Billie Holiday medley when that movie was happening. We did a Stevie Wonder medley up there. We did an Elvis. Yeah, we did.

Q : So, how is it really working with everybody again?

A : Wouldn't you like to come back in 25 years and do exactly what you were doing 25 years ago with the same people? It's as though, you know, I talk to a gentleman today from a newspaper in Zurich. Because we're going to Europe with this thing. And he asked me, "Well, what does it feel like?" I said, "What does it feel like?" He says, "To come back. Did you have to readjust?" I said, "We got on the stage after being gone for 20 some odd years. By the second tune, it felt like we closed three nights ago in Indianapolis". We just fell into it, and it started over again.

Q : What about the show at the Hilton? Was there any tension felt or anything?

A : The night that happened? Well, I guess I'm very happy I wasn't wearing the white jumpsuit. I can tell you that. But it gave all the body guards something to do. They could stand there and be do what they had to do. And it's like bomb scares, you know. A lot of them are all maybes. But they said there was a death threat. But I just never took all of that. Didn't affect me at all.

Q : When Elvis was on stage, were you ever able to zero in on what songs he was going to do?

A : It would start the same, and was zeroed in. But every once in a while, he'd call in one tune. So, what I would do is I would have the show laid out. And then one side of the... I had plywood extensions put on the, especially the violin stands, so it would be this wide and instead of putting the music this way to find it. Because you wouldn't have a number of charts on a show. If you were doing a dance gig, all the charts are numbered, 42. We're going to do 63. But at that point, it would be that would be the way. We would be doing our show, and if he would call it, I'd have these 12 extra tunes stacked on the sides. And he'd call something that wasn't on the show, and they'd pull it our and here we go boy. Bar 12, and we'd pop in.

Q : Where were you when you found out Elvis had passed away?

A : Oh, that was a strange day. Marty, my bass and drum player was like the assistant conductor you know. He would do the show. We used to take a set band out. So, I did all the shows with Ann-Margret here in those days. And she was coming in, and she was opening the day he was opening in Portland, Maine. So, I worked, being with him, I used to do Ann-Margret. So, I would work Ann-Margrets opening night and two days and then join Elvis two days later. And once we got her show set, and I'd run out, because the band came out of Vegas. They would fly in from L.A. The L.A. people would fly in. And we had an airplane that was chartered by Holiday Airlines. And I put on, horns and percussion player. So, I put the band on. And I started to go back, and Ann-Margret opened that night. I was with my wife. And we went down to the Boulevard Mall, because I wanted to get a bow tie. And I walked into the shop. And one girl said to the other. They were talking about Elvis being dead. I said, "What do you mean, Elvis being dead?" She said, "Oh, yeah. It just came on the radio. He was found dead na-na". So, I tried to call the Hilton. And I finally reached Bruce Bankey, and I said, "What is it?" He said, "Yeah. Come on over, and I'll fill you in on what went down". So, I went to the Hilton, found out what had gone down. And that -- doing that rehearsal for Ann that was... Because Ann and Elvis were close. They had done a couple of movies together. And I flew down to... I went to the funeral.

Jackie met me in L.A. We jumped on an airplane and went to Memphis. And then Ann-Margret flew in, and she took the day off. And one night off. And that was it. We came back. She had chartered an airplane. I came back with her. But people say, "What do you feel, what do you feel, what do you feel?" And my theory, if there is such a thing, is that some people cannot live to be old, you know. And I've said this before. I can't see Marilyn Monroe an old woman. And I can't see Elvis an old man or James Dean or Rudolph Valentino or whoever else you want to put in that category. I think that's what it is. That's what it had to be, and that's what it was.

Q : Didn't you conduct some at Elvis's funeral?

A : Oh, yeah. I, the Blackwood Brothers and JD and the Stamps behind the casket, 'How Great Thou Art'. And it was very sad, you know, really sad. Because you had the feeling it was really a country boy. That's what it was.

Q : After all these years hes been gone, what do you think it is that's unique about Elvis that's different from all other performers?

A : I think, he was the original cast of Elvis Presley. There was nothing off Broadway about Elvis. He was what it was. He was real. He was a pace maker. He took us to a place. He gave us a new pace how to walk in the business. Does that make sense to you? He started a whole nother thing. Everybody does Elvis. Elvis is doing nobody. He took something from over the fence and brought it so other people could understand it.


Q : パーカー大佐には どのような印象を持たれましたか?

A : 大佐と問題は起こらなかった。 実際、 大佐と関ることが多くなかったので、 問題はなかった。 大佐の事をよく知るようになったのは、 エルヴィスが亡くなってからだ。 私はバッファロー出身で、 両親はそこで暮らしてた。 それで、 バッファローで仕事があると、 それもツアーの最初だったりすると、 大佐は「2日早く、 私たちと一緒に行かないか」 と誘ってくれた。 「これは素晴らしいツアーの始まりだ」 って言ったよ。 私が ヒルトンの音楽ディレクターになれたのも 彼のおかげだ。 私はヒルトンで仕事をしていたが、 大佐が残してくれたから、 そのまま ヒルトンで仕事が出来たんだけど、 あの頃は、 連中がやりたいというなら ほかでもやってた。 とにかく、 大佐が望めばどうにでもなった。 エルヴィスが出ていたからだ。 あの当時、 彼はホテルを儲けさせていたからな。

Q : 大佐からは 多くの事を学んだのですね。

A : 彼の仕事のやり方だけだよ。 彼がショーを売る時は、 3回のショーを予定したとしても、 3回のショーがあると 皆に知らせないんだ。 1つが売り切れたら、 2つ目を売り、 そして3つ目を売る。

彼は商品の動かし方も知ってた。 あの頃も商品の種類は多かったが、 Tシャツは売ってなかった。 Tシャツを売り始めた頃、 事件があったのを覚えている。 多くの無法業者が 私たちのツアーに付いて来たんだ。 彼らの方が私たちより多く売っていた。 逮捕させる手もあったが、 大佐は彼らを引き入れたんだ。 彼らはニューヨークや ロング・アイランドの連中だったが、 彼らを雇って、 仲間にしたんだ。 すると彼らは信じられないぐらい 商品を売り始めたよ。

アトランタでは、 ハウンド・ドッグのぬいぐるみが 品切れになったんだ。 日曜日だったが、 ショッピング・センターか どこかで見つけてきて、 彼らは 'Elvis bows' というピンを取り付けていた。 ハウンド・ドッグが無くなると、 クマのぬいぐるみを持ってきて 売るんだ。 だから 我々は ショーに 「テディ・ベア」を入れた。

Q : エルヴィス・スーパー・スーベニール。 (売店の呼び声を真似る)

A : 「エルヴィス・スーパー・スーベニール。」 アル・ドゥボランと話したことがあるか? アルは個性的だったよ。 私がレストランにいると、 いつも最後に、 すり足で 踊りながらやって来るんだ。 入口周辺とかで スーベニールを売ってた彼は ベジタリアンだったんだ。 エルヴィスもアップル・ジュースばっかり飲んでた。 まったく、 アルときたら、 どれだけアップル・ジュースがありゃいいんだか。 彼がレストランに入ってきた時に限って、 いつもグレンがいた。 他の連中に比べて、 グレンと私は遅くまで起きてたからだ。 そして、 遅くにやってくる彼を見るや、 我々は言ったもんだ。 「果樹園ごと絞れ」って。 「レディース・アンド・ジェントルメン、 果樹園ごと絞りましょう。」

Q : 個人的に、 エルヴィスはあなたにとって 何だったでしょうか?

A : 私にとって何だったって? それは 個人的には 沢山の思い出だろう。 彼のお蔭で、 様々な人生を歩いてきた人たちに出会った。 スイート・インスピレーションズ、 スタンプスのような人たちだよ。 分るかな。 我々は家族だったんだ。 彼は遠い存在だったが、 彼のお蔭で、 20人の最高にプロフェッショナルな人たちと 一緒のステージに立てた。 そして、 楽しかった思い出の数々。 エルヴィスがいなかったら、 一生、 南部のことを理解しなかっただろう。 私は全く別の世界で育ったからだ。 思い出が1番だろうね。 次に、 彼が私の音楽分野を広げてくれたことかな。 今、この年齢で ロックン・ロールの仕事をしてるんだ。 多くの私の仲間は、 ビッグ・バンドの復活を待ってるよ。 私は方向転換できた。

Q : 彼があなたの生活を変えたと?

A : 確かに、 彼は私の生活の多くの部分を変えたよ。

Q : スイート・インスピレーションズも ここでよくリハーサルしましたね?

A : そうだよ。 上階に音楽ルームがあるんだ。 彼女らが来てから、 一緒にメドレー・ナンバーを考えた。 ベガスのショーでは 彼女らがオープニング・アクトで、 好評だったよ。 ビリー・ホリディの映画が公開された時は 彼女のメドレーをやった。 スティーヴィー・ワンダーの メドレーもやったし、 エルヴィスの曲もやったよ。

Q : それで、 皆なと再び仕事をするのは 如何なものですか?

A : 25年経っても、 同じメンバーで、 25年前と全く同じ事をやってみたいと 思わないかね? 今日も チューリッヒの新聞記者に話したんだけどね。 ヨーロッパに行くのでね。 彼は「どのような感じですか? カムバックにするのに、 やり直さねばならなかったことは?」って訊くから、 「どのような感じって、 20年ぶりにステージに立ったが、 2曲目に入った時には、 インデアナポリスの最終コンサートが 3日前の事のように感じられたよ」 って言ったよ。 昔に戻って、 再出発さ。

Q : あの事件の時、 ヒルトンのショーはどうでした? 緊張しましたか?

A : あの夜のことか? 私はジャンプスーツを着てなくてホッとしたよ。 本当だよ。 ボディーガードたちも緊張しただろう。 有事に備えねばならなかったからな。 爆弾騒ぎは、 イタズラが多いんだが、 脅迫状も届いたと言ってた。 しかし、 私は全てを信じなかった。 気にしなかったよ。

Q : エルヴィスのステージで、 あなたは彼が次に何を歌うか 予想できるようになりましたか?

A : 始まりは同じだったから、 的中したよ。 しかし、 ときどき、 彼は違う曲を挟むんだ。 それで、 私がやった対策は、 ショーの曲目の割り振りを考えることだった。 譜面台を合板でこのぐらいに広げて、 譜面を見つけやすくする。 こんな風に並べるんだ。 ショーの曲順が決まってないからだよ。 ダンス・ホールの仕事では、 曲数は42と決まってたもんだ。 我々は63曲だぜ。 あの時点では、 あのやり方しかなかった。 ショーの途中で、 彼の気が変わった時に備えて、 横に12曲の予備の譜面を置けた。 全くショーの予定に無い曲をやった時は、 お先にどうぞって。 12小節目に来た時に 我々は飛び込むんだ。

Q : エルヴィスが亡くなったと、 何処で知りましたか。

A : あれは奇妙な日だった。 我々のベース&ドラム・プレーヤーのマーティ・ハーレル、 彼は私のアシスタント・コンダクターで、 ショーの指揮をすることもあった。 我々の固定メンバーを行かせたからできた。 そして、あの頃、 私はベガスのアン・マーグレットのショーも 受け持っていた。 私はエルヴィスとやりながら、 アン・マーグレットの仕事もしていたんだ。 そして、 アンのオープニングの日と、 エルヴィスの メイン州ポートランドでのツアー開始と 重なったんだ。 それで私は最初の2日間は アン・マーグレットの仕事をやり、 2日遅れて エルヴィス・ツアーに参加する予定だった。 アンのショーが固まり次第、 逃げ出すつもりだった訳さ。 というのも、 ベガスのバンドを使えなかったから、 ロスから呼んだ。 ロスから我々がチャーターしてた飛行機でやってきたよ。 ホーンとパーカッション・プレイヤーを加えて、 バンドが揃った。 そして、 その夜がアン・マーグレットのオープニングだったんで、 私は妻と一緒に、 蝶ネクタイを買いに 大通りに行ったんだ。 店に入ると、 ある女性が エルヴィスが死んだと 友達に話してるのを聞いたので、 「何を言ってるんだ。 エルヴィスが死んだって?」 と尋ねると、 彼女はラジオで エルヴィスが死んだと言ったのを聞いたと。 それで、 ヒルトンに電話して、 ブルース・バンキーを捕まえ、 どうなってるか訊くと、 彼は「こちらにきてくれ。 情報を集めるから」と言うので、 ヒルトンに戻って、 やっと事態が飲み込めた。 アン・マーグレットのリハーサルをして、 アンはエルヴィスと映画で共演したりして、 友達だったから、 当然のごとく、 私は葬儀に出席するため 出発した。

ロスで ジャッキー・カヘインと待ち合わせて、 メンフィスに飛んだ。 暫らくして アン・マーグレットがやってきた。 彼女は1日休んだんだ。 1晩ショーをキャンセルして来た。 葬式の後はアンと一緒に帰ったよ。 彼女のチャーター飛行機で一緒に帰った。 人から訊かれるよ。 「どう感じましたか? どう感じましたか? どう感じましたか?」 私の持論だが、 世の中には 長生き出来ないタイプの人たちがいるんだ。 前にも言ったことがあるが、 年老いたマリリン・モンローを 想像できないだろう。 年老いたエルヴィスも考えられないんだ。 ジェームス・ディーン、 ルドルフ・バレンチノ、 他にもいるだろう。 なるべくしてなるんだよ。 そして、そうなったんだ。

Q : エルヴィスの葬儀でも 指揮をされましたね?

A : そうだよ。 私、ブラックウッド・ブラザース、 JD&スタンプスが 棺の後ろで "How Great Thou Art" を歌った。 とても悲しかったよ。 というのも、 皆な彼のことを 純朴な田舎の少年と見ていたからだ。

Q : 彼が亡くなってから、 かなりの時間が経ちましたが、 エルヴィスが他の歌手とは異なる ユニークな点は何でしょうか?

A : 彼は「エルヴィス・プレスリー物語」の主役を 演じてたんだ。 オフ・ブロードウエイの エルヴィス劇なんかじゃなく、 彼はあるがままだった。 彼は本物だった。 彼はペースメーカーのように、 私たちを引っ張って行った。 彼は私たちのこの世界に 新しい歩き方をとり入れた。 分るかな? 彼は全く新しいことを始め、 誰もがエルヴィスに続いた。 エルヴィスは誰の真似もしなかった。 彼はフェンスのむこう側から何かを取り込み、 こちら側に持ち込んで、 皆が理解できるようにしたのさ。



(Mar.13, 2005)


(large)
JONAS MEKAS, Fragments of Paradise
(March 3 to April 30, 2005)

Maya Stendhal Gallery
545 W20th Street
Second Floor
New York, NY 10011
212.366.1549



(Mar.11, 2005)

Lisa Marie Presley
"Dirty Laundry" Promo Video (from AOL Music)

フォーブス、世界長者番付 (www.forbes.com)

 昨日発表された 米国フォーブス誌による 世界の長者番付ですが、 このHPに最近出てきた名前を検索したところ、 3人の名前が見つかりました。
41位 カーク・カーコリアン (Kirk Kerkorian) (87才) 資産 $8.9 Billion (89億ドル)
306位 スティーヴ・ウィン (Steve Wynn) (64才) 資産 $2.1 Billion (21億ドル)
620位 バロン・ヒルトン (Barron Hilton) (77才) 資産 $1.0 Billion (10億ドル)
 注目のEPEを買収した ロバート・シラーマン (Robert Sillerman) の名前はありませんでした。



(Mar.10, 2005)

Tom Jones Interview
Tom Jones Interview
The first time I met Elvis was in Los Angeles in 1965. The first year. My first successful year. I'd met all the British groups first, because I did British Television before I went to America, so meeting The Beatles and The Rolling Stones and all these famous bands at the time was great in itself.

Then I go to America and I meet Elvis Presley. And the first meeting was, I went to Paramount studios in Hollywood to talk about a song for a movie, and they said "Elvis is here today filming and he would like to meet you". So I though, my God, I didn't know that he knew that I existed, because I had three singles out and one album at the time. And that was 'It's Not Unusual', 'What's New Pussycat' and a ballad called 'With These Hands'.

When I go on the set where Elvis was filming, he got out of his helicopter. It was like a mock helicopter for the film, and he walks towards me and he's singing With These Hands, which was my record. I couldn't believe it. It was like a dream, that Elvis Presley was singing my song, you know, to me!

We had a picture taken, and he said to me, "How the hell do you sing like that?" And I said, "Well, you are partly to blame, you know, listening to your records in the 50s".

He said, "What's it like in Wales then? You come from Wales?" I said "Yeah". And he said, "Do all people sing like that in Wales?" I said, "Well, not exactly", but I said, "Welsh people have strong voices, that is where I get my strength from. My volume is where I come from". But, I said, "I was influenced more by American music than I was Welsh traditional music".

So I said, "It's a combination. I have a Welsh voice, but because of American music influencing me so much, I am sounding like I do". Because they thought I was black, you know. When they first started playing my records in America, they thought I was black. And so did Elvis Presley. He said, "When I heard 'What's New Pussycat', I thought it was a black fella singing it". Which was strange for him to say because they thought he was black when he started.

We became friends from that day on, and that was in 65. We were friends until just before he died. We worked Vegas a lot together, at the same time. He came to see me at The Flamingo in 68, because he said he wanted to make a comeback, live, because he hadn't sung live for years.

He wanted to sing in Las Vegas, so he felt that I was the closest thing to him; I had a similar approach. My stage presence, he felt, was very similar to his. So he said to me, "You were very successful in Vegas, I want to watch you, I want to see what you do". And then it gave him more confidence to make a comeback.

He saw me in 68 in The Flamingo, then he opened the International Hotel, no he was the second one in, Barbra Streisand opened it and Elvis was the second one in to the International in 1969, which later became the Hilton.

He said that I gave him confidence to make a comeback, because the group thing was so big, he felt his style might be old fashioned. You know that the single performer, you know, was gone, because The Beatles were so successful.

And he said that because I was so successful, it gave him more confidence to make a comeback, which I was very pleased about, that I had contributed something to Elvis Presley, because he had contribute so much to me, and the world in general, of course, in the 50s. Being influenced by Elvis, I was glad that I could give something back to him.

トム・ジョーンズ・インタビュー
初めてエルヴィスに会ったのは 1965年のロサンゼルスです。 私が成功を収めた最初の年で、 英国のグループには会ってました。 米国に渡る前に 英国のTVに出てましたから。 ビートルズ、 ローリング・ストーンズや あの時代の人気バンドと会ったことは、 それなりに素晴らしかったです。

そして アメリカでエルヴィス・プレスリーに会いました。 初めて会ったのは、 ハリウッドのパラマウント・スタジオで、 映画用の曲の打合せをしていた時、 「今日、エルヴィスが撮影で来ていて、 あなたに会いたがってる」と 言われたのです。 私は 「ええっ、 彼は私の存在を知ってるんだ」と 驚きました。 まだその時には 3枚のシングルと 1枚のアルバムしか 出てませんでしたから。 シングル盤は "It's Not Unusual", "What's New Pussycat," "With These Hands" でした。

エルヴィスが撮影中のセットに行くと、 彼がヘリコプターから出てきました。 映画用の作り物のヘリコプターです。 そして、 彼は "With These Hands" を歌いながら 私の方に歩いてきたのです。 信じられなかったです。 エルヴィス・プレスリーが 私の曲を私に歌うなんて、 夢のようでした。

私たちは写真を撮ったあとで、 彼が「どうしてあの様に歌えるの?」 と訊いたので、 私は「あなたのせいですよ。 50年代にあなたのレコードを聴いてましたから」 と言ったのです。

彼が「ウェールズってどんなところだい? ウェールズだったよね?」 と言ったので、 私は「そうです」と答えると、 「ウェールズでは、 皆、あんな歌い方をするのか?」 と言うから、 「違いますよ」と答え、 「ウェールズ人は声が強いんです。 その血を引いたのです。 土地柄なのです」 と言いました。 そして 「私はウェールズ民謡より アメリカン・ミュージックに より影響をうけました」と言いました。

「混合です。 ウェールズ人の声で、 私はアメリカン・ミュージックの影響を受けて、 こんな歌い方になったのです」 と言いました。 初めてアメリカで 私のレコードがかけられたとき、 私は黒人と思われたのです。 エルヴィスもそうだったようで、 「'What's New Pussycat' を聴いた時、 黒人が歌ってると思ったよ」 と彼は言いました。 彼がそんなこと言うなんて不思議ですよね、 だって、 エルヴィス自身、 デビューした時に 黒人と思われたのですから。

その日から 私たちは友達になりました。 65年から、 彼が亡くなる時まで 私たちは友達でいました。 私たちは同じ時に ベガスでよく仕事をしたのです。 68年に彼は フラミンゴに出てた私に会いに来ました。 というのも、 彼はライブ活動に復帰する予定でしたが、 長く ライブで歌ったことが無かったのです。

彼はラスベガスで歌いたかったのです。 それで、 私が彼に最も近いと感じたのでしょう。 私は似たものを持ってました。 私のステージのやり方が 彼のに似てると感じたのでしょう。 それで 彼は私に 「君はベガスで大成功を収めてる。 君のステージを見て、 勉強したい」と言いました。 そうして彼は、 カムバックできる自信を深めたのです。

彼は68年に 私のフラミンゴのステージを見ました。 そして、 彼がインターナショナル・ホテルの オープニングだったのです。 いや、 彼は2番目で、 バーブラ・ストライサンドが オープニングで、 エルヴィスは2番目でした。 1969年のインターナショナル・ホテル、 今のヒルトンです。

私のお蔭で 彼はカムバックの際に 自信が持てたと言いました。 というのも、 グループ・サウンズが勢力を伸ばし、 彼のスタイルは流行遅れだと 彼は感じていたのです。 ビートルズが成功してから、 ソロ歌手の公演は少なくなりました。

私の成功を見て カムバックに自信が持てたと 彼が言ってくれたことが、 大変に嬉しいのです。 私がエルヴィスに 何らかの貢献ができたということですから。 というのも、 私は彼からすごく多くのものを得ましたし、 およそ50年代の世界というものは エルヴィスの影響を受けました。 その彼に 何かしらお返し出来たことが 私の喜びです。



(Mar. 9, 2005)

Kenny Wynn Interview
(Kenny Wynn; Steve Wynn's brother and Tom Parker's assistant)
Kenny Wynn Interview
Q : Tell us how you first got to meet Colonel Parker?

A : I had been an Elvis fan from the time I was six or seven years old and my brother was a liquor distributor. And it became known to him that the International Hotel needed someone to work in conjunction with the Colonel. Sort of as a liaison between Colonel Parker's office and the hotel. Being 19 years old and needing a summer job and out here anyways for the summer away from college, I readily volunteered. One thing led to another and within a week or so I reported up to floor four of the Hilton, and thus my relationship with the Colonel began in July of 1971.

Q : So what did you actually do for Colonel Parker?

A : Initially, I was involved with just, kind of busy work of preparing the packages that they were going to give the opening night invited guests and decorating the hotel. Decorating the hotel was a big thing to Colonel Parker. Later on, my responsibilities were increased because the Colonel took a liking to me and I became in charge of all the concessions. The sale and the distribution of all those things and accounting for them between the hotel and the All-Star Shows, which was the business entity of the Colonel's.

Q : How was the hotel decorated?

A : There were teddy bears, there were hound dogs, it was different each year. In first year this was the celebration of the Elvis Now Summer Festival. An album had come out of new Elvis songs called 'Elvis Now'. And the current 45 was a song called 'I'm Leaving' that had also come out at about that time. And we had this big, giant teddy bear. It was about 12 feet high. And we decided that was at a booth right in the front of the concourse at the hotel. Now, you have to keep in mind at this point the concessions were still sold for a profit. Subsequent to the next year, they became kind of a don, all the proceeds went to charities. But at this time it was more of a business and the hotel and the All-Star Shows split the proceeds evenly.

In fact, the Colonel said to me, "What are you getting paid?" And I said, "Minimum wage, a dollar forty an hour". He said, "That's not a good enough deal for as much work as you're gonna have to do". So, he called up a guy names Chris Karamanis, who was a executive at the hotel. Chris came upstairs and he said, "We gotta make a new deal for Kenny". He called me the Sarge. He said, "We gotta make a new deal for the Sarge. I'll give him 10 cents for each item that's sold and you give him 10 cents for each item that's sold". With a little extra work and some more marketing and incentives that the Colonel and I talked about, we sold more that summer than had ever been sold before. And during the course of the month of August, I was the second hightest paid employee at the Las Vegas Hilton. Making between a hundred and ninety and two hundred and fifty dollars a day. And for a 19 year old kid that was a lot of money.

Q : Most definitely. How long after you met Colonel Parker did you meet Elvis?

A : I had actually met Elvis before I met Colonel Parker. I had met Elvis the opening night of Elvis' first engagement with my brother in August of 1969. I didn't really know Elvis very well at any point in time, but I didn't really spend any time around him at all while I worked for the Colonel, as it was the Colonel saw a very, very strong line of division between those who worked in the business end of the show for him and those who worked for Elvis. the so-called Memphis Mafia. It was only through my association with Ricky Stanley, Elvis' stepbrother, who was about a year or so difference in age, that I spent a little bit of time up in the suite in subsequent engagements.

Q : Tell about that opening night in Vegas in '69.

A : I remember we walked downstairs to the dressing rooms and Elvis wasn't right in the dressing room right then. My brother and his wife and I were there and Priscilla was there, but Elvis wasn't. I don't even remember who it was that introduced us to Priscilla. And then within a minute or two Elvis came out. We were introduced to Elvis. He shook his hand. He said, "Hi, how ya doin'". And I guess somebody told him a little bit about my brother or somethin'. He said, "I hear you guys ride motorcycles". And we said, "Yeah we do". And he said, "I ride motorcycles, too", and he started to tell us a little story about how he'd get up a three or four in the morning and go ride around the parking lots of the hotel and everything. I'll never forget this. He grabbbed Priscilla's dress or whatever it was she was wearing, and kind of pulled it up a little bit, and there was a big skinny on the lower part of her leg, I guess where she'd taken a fall or gotten burned from the pipe or somethin' like that. And he said, "Yeah, Priscilla, you know, had a fall" or something I don't remember exactly what he said. But, then after that I didn't see him again for two years.

Q : What did you learn from the Colonel? Was he like a mentor?

A : The Colonel was very much a mentor to me at that point in my life. I felt that the Colonel was a very wise showman. I thought he was more above all else, a showman. He was a guy that knew how to market a product, how to keep a product in the public eye. In a time when almost every rock group or rock star and everybody else was being overexposed, I think he kept Elvis' career at a higher point and definitely increased the longevity of it by underexposing him. Particularly in the late '60's. And then when Elvis effectively had his comeback when the live appearances started in 1969, I thought he showed unbelievable restraint in not working Elvis so many places or letting him be too overexposed and keeping the concert tours, when in comparison to what you see now, maybe they're working 80 to a hundred nights a year starting in about 1971 or '72. Relatively to what some of these stars work now, I think that was relatively a small amount of exposure.

Q : Tell us about the man Colonel Parker.

A : Colonel Parker was a very, very complex guy. He was very, very hard to get close to. Many of the things that I'm talking, that I didn't learn about Colonel Parker until many, many years later as our friendship developed long after Elvis' passing. Sometimes the Colonel did things just to see the effect of them on other people. One story would comes to mind is a wife of a colleague of mine tells me this story how every time the Colonel came to town, he would send somebody over to see this other individual who was a casino proprietor and borrow 500 dollars. The messenger would come back with the 500 dollars, the Colonel would put the 500 dollars in an envelope, put it in his desk, and then at the end of his stay in Las Vegas he would send the guy back to return the 500 dollars. And at that time, I thought that was kind of strange. And, I guess the reason the Colonel did it was just to build up credit with the guy in case he ever really needed it.

But, he loved children. He used to sit when my kids were really small, and also when Priscilla's sister's kids were small. The Colonel always made drawings for them at Christmas, drawings for my kids, always asked me for a picture. He would say, "Let me have a good picture of you". And he would make this poster thing up and say to Michael and Ashley, those are my kids' names, say, "Happy Father's Day", you know.

I guess the most poignant story that I can talk about to do with the sensitive side of the Colonel is about two years before he died. You have to understand that at that time it was very difficult for the Colonel to walk and everything. He calls me up one day and he says, "Come on Kenny, we're going to the circus. We're taking Ashley and Michael to the circus". I said, "Okay". He said, "I got great seats". The Colonel always prided himself on getting really good seats or doing everything first class. He especially was glad when he could do it for free. So, anyways, the Thomas and Mack Stadium where the circus was being held was a very, very steep incline. Not unlike most stadiums, indoor basketball arenas or anywhere. And he went down this hundred and 50 or so odd steps. A great, great deal of pain and suffering to himself to get to our seats to watch this whole thing. And in coming back up I thought he was gonna collapse. His face was filled with beads of sweat, he had to stop four or five times, he was, we're talking about a man that was, close to 90 years old at the time. But he didn't flinch. And he just did that out of his concern and his caring about my kids, just bought 'em anything they wanted, circus souvenirs and stuff like that. And he loved the circus, coming from that background himself.

Q : What does the Colonel mean to you personally?

A : The Colonel once gave me picture of himself and it was probably one of the most moving and important things that anyone ever gave me. In fact, I still have this picture hanging at home. It says, "Kenny, if I'd had a son I would have liked him to have been just like you". And I just thought that was, like, about the nicest thing that anybody could say. He would confide in me.

A lot of times I think he felt misunderstood, particularly in the later years when he would see some of these things that were written about him. Things that were written about this relationship with Elvis and the way the business of Elvis was handled. His wife, Loanne and I were always saying, "Well you need to write a book. You need to set this stuff straight". And he always said, "You know, I'm gonna do it, I'm gonna do it". But I think he really never really intended to do it or I think he would of. He was a good provider to Loanne. One day he called me in his bedroom, this was about the last year of his life, just the two of us. And he said, he kind of reviewed what he had done in terms of what he had sold off, how he had provided for Loanne, asked me what I thought, would that be enough, and things like that. And he was very, very concerned that she would be well taken care of, because she was his biggest supporter. He lived a relatively modest lifestyle. You know, liked to go to the same places for lunch and dinner. He was very much a guy with a routine. And I think that was probably true even in his earlier days as well.

Q : What did you witness with regard to the Colonel's relationship with Elvis?

A : That is a very difficult question. I didn't really witness other than the time that I got a picture taken with Elvis that the Colonel had promised me at the beginning of the engagement in the summer of '71 was actually the only time that I ever saw Elvis and the Colonel together. Now, oftentimes I heard either from some of the guys who worked for Elvis or some of the guys who worked for the Colonel, you know, about different aspects of their relationship. I wasn't privy to any of that stuff personally.

I'll tell you one thing I did hear once, though. The Colonel called up Elvis' father. It was at the end of the engagement. And he was going through all of the bills that had been presented by the Hilton. The incidental miscellaneous charges and everything. And the Colonel, he stood there and he was sittin' at his desk and he goes, "Okay, we'll pay this, Vernon you pay this". There was no dialog here, you know. I mean, it was just, Colonel would sit up with the bills, we'll pay this, we'll pay this. And of course, all the ones that were higher were in the Vernon pile, which meant they would be paid for by Elvis and apart from anything the Colonel was a part of. And something came up and one of the bills came up and put in the Vernon pile, and it was for somethin' to do with somethin' that I knew about and I foolishly corrected him and said, "Colonel, that's not supposed to be one of Vernon's bills, that's one of ours". And he said, "Excuse me, Vernon". And he took me next door in the bedroom. Well, I don't think I was ever so scared and intimidated in my life. He got about this far from my face. He said, "Don't you ever contradict anything I ever say again". I thought I through right then, you know. And I didn't even think about it. I thought he was just honestly making a mistake. But, rest assured that was the last time I ever did anything like that.

Q : Did you ever taste any of the Colonel's cooking?

A : I had dinner at his home, but I wasn't exactly sure who had prepared the food. I'll tell you one thing I did do. One day he summons me up to the office and he said, "Kenny, I bought some catfish tonight". I said, "Okay, I'll call up Percy". He said, "No I got some catfish". I said, "Where's the catfish". He said, "In the little small refrigerator by my pool in Palm Springs". I said "Wha--". He said, "You can go get that". He said, "I'll get the Barron Hilton on the phone". He said, "We'll have the plane fired up, and we'll go over there, send you over there to pick it up". So I went to the airport. There was a private plane waiting for me. Got landed in Palm Springs. The Colonel's gardener, a fella named Ricky Logan, also I think Elvis' gardener in Palm Springs, too, was there to pick me up. We drove over to the house. There were no cellular phones or anything. He had described where this refrigerator was, I opened it up, got these wrapped tin foil things that obviously looked like a few fish, got back on the plane, came back. And when I walked back in the office, I was gone maybe about three and a half hours, and the Colonel was beaming. Wasn't it cool that he was able to do that and just send somebody over.

Another story comes to mind and I think this might have been the thing that first made the Colonel like me or think that I was somebody other than just a drone worker. There was a picture behind the Colonel's desk of Kirk Kerkorian, who was the proprietor of the International Hotel. And the deal had just been announced. And Baron Hilton was coming the next day late in the afternoon for about a three o'clock or something like that meeting to do to introduce himself. As the Colonel always said, "Pay his respects". And I don't know how well they knew each other or anything like that. So, the Colonel said, "Kenny, you got a big job". I said, "What is it". So, he said, "We need a picture to be replace this". I said, "Where are you gonna get it?" He said, "I don't know, but you gotta figure that out". So, I took this picture of Kerkorian off. I went downstairs. I went to the press department office. I found where they had a picture of Barron Hilton. I took it to a local studio had it blown up, paid something like a hundred dollars which, at that time I my own pocket to get it re-framed in the exact same frame that the Kerkorian picture was there. And I got there with it at about nine thirty in the next morning. And I wasn't sure if the Colonel thought I could do it. And there it was, this big picture of Baron Hilton. And I showed it to him and he goes, "Well, what are you waitin' for, put it up". So, I put it up right exactly where the Kerkorian picture was. Since it was the same frame it fit on the wall perfectly. And, gosh, I would say probably over the next 20 somethin' years, certainly until I was well into my 40's, the Colonel's told that story to people when I was with him over and over again.

Q : Do have another story you'd like to share?

A : This is my favorite story of the Colonel. At the end of the engagement, we had sold all the pennants, but we had a lot of the pennant sticks left. So, were like three days left. One last weekend. So, I said, Colonel, "We got about 500 pennant sticks left". He'd say at breakfast every morning, "All right, what's the inventory status report. How much did we sell yesterday?" He just wanted to know and he wanted everybody else to know. I'm sure he knew already, but he was just like testing to see whether I had it on the top of my head or tip of my fingers or not. So, he says, "I got an idea. We have 500 sticks left and no pennants. So, we got the big teddy bear, don't we?" I said, "Yep". He says, "Have a sign made in Japanese 'cause we used to have the Japanese at the hotel. The Japanese Elvis junkets. Elvis Special Teddy Bear, Pearl Harbor Day Special: Bear Toothpicks". Get all the pennant sticks sharpened, which I did. Sell 'em for 25 cents apiece. We sold all the pennant sticks in one day. I don't know how politically correct that is, but it sure as hell is funny.

Q : In closing, what would you like to tell the fans about Colonel Parker?"

A : Well, I think that Colonel Parker wasn't too different than most of us. He was certainly one of the most brilliant impresarios of all time. But, then again, he had a lot of talent to work with. What was the old saying, when I met the boy he had a million dollars worth of talent, now he's got a million dollars or somethin' like that, he said in the late '50's. But I don't think Elvis would have done as well as he did without the Colonel, either. At least financially. I think probably towards the latter part of his career, the Colonel's old-fashionedness probably inhibited Elvis' movement into some other areas of the performing arts that I think as a fan of Elvis' would have been beneficial to him. But Ricky once told me that Elvis said to him that without the Colonel we couldn't organize a ping-pong game. You know, so I think there was a reliance.

And if you knew Elvis, but I got the sense of this even from the little bit and very limited exposure I had to Elvis Presley, he very much was a compartmentalized kinda guy. He saw his job as the singing, he saw somebody else's job as writin' the songs and he saw the Colonel's job as runnin' the business. So, I think the Colonel got pretty good marks in that. I think he was a nicer man than some people gave him credit for, but he probably made some mistakes, too. He had a good soul.

ケニー・ウィン・インタビュー
Q : どの様にして パーカー大佐に会われたのですか?

A : 私は小さい時から エルヴィス・ファンでした。 そして 私の兄がお酒の販売をしていた関係で、 インターナショナル・ホテルが 大佐と共同で働く人を 必要としてることを知ったのです。 パーカー大佐のオフィスとホテルの 連絡係のようなものです。 19才で 夏休みのアルバイトを捜してたので、 進んで応募しました。 ひとつひとつ仕事を片付けていくと、 1週間の内に ヒルトンの4階で 働くことになりました。 それが大佐との出会いで、 1971年の7月のことです。

Q : パーカー大佐の元で 実際にどのような仕事をしたのですか?

A : 最初は、 オープニング・ナイトの 招待客に配る封筒の準備と ホテルの装飾です。 ホテルの装飾は 大佐にとって重要だったのです。 私は大佐に気に入られたので、 任される仕事も次第に増え、 全ての事に携わるようになりました。 グッズの提供・販売から、 ホテルとオールスター・ショーズ (エルヴィスの商品販売会社)間の 会計業務までです。

Q : ホテルの飾りつけは どのようなものでしたか?

A : テディ・ベアに ハウンド・ドッグ、 年毎に変えられました。 最初の年は 「エルヴィス・ナウ、 サマー・フェスティバル」と 名付けられました。 「エルヴィス・ナウ」というタイトルの アルバムが発売されたからです。 その時の最新シングル盤は 「アイム・リーヴィン」でした。 巨大な 4メートル近い高さの テディ・ベアを作って、 ホテルのロビー、コンコース前の ブースに置きました。 当時は場所代を払わなきゃならなかったんです。 そして、 翌年から 大佐は名士になったかのように、 売上げの収益金を チャリティーに寄付しました。 しかしまだ その年は、 完全なビジネスで、 収益金は大佐のオールスター・ショーズと ホテルとで折半されました。

ある時、 大佐が私に 「幾ら貰ってる?」 と訊くので、 「最低賃金の 時間給1ドル40セントです」 と答えると、 彼は「君の仕事ぶりに対して 見合ってないな」 と言って、 ホテルの重役、 クリス・カラマニスを呼んで、 「ケニーの給料を見直そう」 と言ったのです。 その時、 私は「軍曹」と 呼ばれてましたから、 「軍曹の報酬を新しく決めよう。 私が商品の売上げ1個に対して 10セント払うから、 君も1個に対して 10セント払え」 と言ったのです。 仕事を増やしたり、 大佐と話し合った マーケティングや褒賞制度のおかげで、 その夏は、 それまで以上に 売上げを延ばしたのです。 8月に限っていえば、 私はラスベガス・ヒルトンの 従業員の中で2番目の 高給取りになりました。 日当190ドル〜250ドルになりました。 19歳の少年にとって、 それは大金でした。

Q : パーカー大佐に会った後で エルヴィスに会われたのですか?

A : 実際は、 パーカー大佐に会う前に エルヴィスに会いました。 私と兄とで、 1969年8月 最初の公演の オープニング・ナイトに エルヴィスと会いました。 私は エルヴィスのことは良く知らないのです。 大佐の元で仕事をしてましたが、 エルヴィスには近づけませんでした。 エルヴィスのビジネス部門で働く人間と、 メンフィス・マフィアと呼ばれるような エルヴィス個人のために働く人間とは、 はっきり区別されていたのです。 ただ、後年に、 年齢が近かった エルヴィスの義弟 リッキー・スタンリーとのつながりで、 エルヴィスのスイーツに 入ることはできました。

Q : 69年のヴェガス、 オープニング・ナイトについて話してください 。

A : 階下の楽屋に歩いて行ったのですが、 エルヴィスはいませんでした。 私の兄と兄の奥さん、 私が楽屋に入ると プリシラがいましたが、 エルヴィスはいませんでした。 誰が私たちをプリシラに紹介したのかは 覚えてませんが、 1,2分して、 エルヴィスが入ってきて、 紹介され、 握手しました。 彼は「ハイ。どうしてる」と言ったのです。 誰かが私たちのことを エルヴィスに教えていたのでしょう。 「君たちはバイクに乗るそうじゃないか」 と言ったので、 私たちは「そうです」と答えると、 「私もバイクに乗ってるよ」と言って、 エルヴィスは 朝の3時、4時に起きて、 ホテルのパーキングで 乗り回してると 話しました。 その時、 こんなことがありました。 エルヴィスがプリシラのドレスを掴んで ちょっと捲ると、 脚の下の方に大きな傷がありました。 私は、 プリシラがバイクから落ちたか、 パイプか何かでヤケドしたんじゃないかと思います。 エルヴィスは 「そう、プリシラは落っこちたんだよ」 とか言ってましたね、 はっきりと覚えてませんけど。 次にエルヴィスに会ったのは 2年後の1971年のことです。

Q : 大佐から何を学びましたか?

A : 大佐はあの時、 私の人生の師匠でした。 大佐は頭の切れる興行師だと思いました。 彼は何にも勝って興行師でした。 彼は商品のマーケッティングや、 大衆の目の引付け方を知ってました。 ほとんどのロック・スターが 露出過多の時に、 彼は出さない方法で、 エルヴィスの地位が高い状態のままで、 彼の寿命を延ばすことができたのです。 特に60年代後半、 エルヴィスが電撃的カムバックを果たし、 1969年に ライブ・パフォーマンスが始まっても、 彼はエルヴィスの仕事を 信じられない程に制限し、 露出過多にならないように、 コンサート・ツアーを続けました。 今と比べても、 1971年か72年から 年80から100回のショーをしましたが、 今のスターたちに比べたら 少ない方だと思います。

Q : パーカー大佐の人となりを聞かせてください。

A : パーカー大佐は複雑な人間でした。 近づき難かったです。 パーカー大佐のことが 理解できるようになったのは、 エルヴィスが亡くなった後で、 より親しくなってからです。 時々、大佐は ある人物の人柄を探るようなことをしました。 同僚の奥さんが話してくれたのですが、 大佐がやってくると、 誰かをあるカジノ経営者の元に差し向けて、 500ドルを借りて来させるのです。 使いの者が 500ドルを借りてくると、 大佐はその500ドルを封筒に入れて、 そのまま机の中に入れておくのです。 そして帰る時に、 その500ドルを 返しに行かせるのです。 そのときは 変なことをするなと思ってました。 私の想像では、 大佐がそうしていた理由は、 本当にお金が必要になった時に備えて、 その人物との信頼関係を築くことだったのです。

しかし、 彼は子供たちが好きでした。 私の子供が小さい時や、 プリシラの妹の子供が小さい時に、 よく子守りをしてくれました。 クリスマスには、 大佐は子供達の絵を書きました。 彼は私に 「君のよく写ってる写真を持ってきてくれよ」と言うので、 何だろうと思ったら、 その写真を絵にした額を高く掲げて、 私の子供たち、 マイケルとアシュレィに言ったのです。 「父の日、おめでとう」 ってね。

特に印象に残ってる 大佐の優しい一面を表わす出来事は、 彼が亡くなる2年程前の時で、 その頃の大佐はすでに 歩くのも困難な状態でしたが、 電話をかけてきて 「さあ、ケニー、 サーカスに行こう。 アシュレィとマイケルを サーカスに連れてやろう。 良い席が取れたんだよ」 と言いました。 大佐はいつも、 良い席を手に入れたり、 ファースト・クラスに扱われるのを 自慢してました。 特に無料だと 尚さら喜びました。 サーカス会場の トーマス&マック・センターは 傾斜がきつくて、 どこのバスケット会場でも 似た様なものですが、 150段近く階段を降りました。 座席に座って、 最後までショーを見るのは、 さぞ苦痛だったことでしょう。 帰る時には、 彼が倒れるんじゃないかと思う程でした。 彼の顔には玉のような汗が出ていて、 階段を上がるのに、 途中で4,5回 休まねばなりませんでした。 その時の彼は 90才に近かったのですが 毅然としていました。 彼は私の子供達を喜ばせるために、 そうしてくれたのです。 子供達が望むものは 何でも買ってくれました。 サーカスの記念品などです。 彼はサーカスが好きでした。 彼のバックグランドでしたから。

Q : 個人的に あなたにとって大佐とは 何でしょうか?

A : 昔、大佐から 彼自身の写真を1枚貰いました。 それは私がもらった物の中でも 最も感動したものです。 今も私の部屋に飾ってあります。 その写真には言葉が添えられていて、 「ケニー、もし私に息子がいたら、 君のような息子であってほしい」 と書かれていました。 こんな嬉しい言葉は他にありません。 私は彼に信頼されてました。

特に後年の彼は、 彼について書かれたものを見た時に、 誤解されてると 何度も感じてたと思います。 エルヴィスとの関係や、 彼のビジネスの方法について書かれたものです。 彼の奥さんのロアンヌと私は いつも大佐に言ってました。 「本を書いて、 物事をはっきりさせるべきだ」と。 彼は「いつか書くよ」と 言ってましたが、 実際のところ、 書こうともしませんでした。 彼はロアンヌに多くの物を残しました。 彼が亡くなる年のある日、 私をベッドに呼びました。 2人だけでした。 彼は何を売って、 何がどうなってるのか 話しました。 ロアンヌに幾ら残したか。 これで十分だろうかと、 私の考えを訊いてきました。 彼はロアンヌが老後に 十分な介護を受けられるか、 非常に心配してました。 というのも、 彼女は大佐に尽くしてきたからです。 彼の生活は地味なもので、 毎日同じ場所で食事をしたり、 変化のないものでした。 きっとその生活スタイルは 昔から変わらなかったと思います。

Q : 大佐とエルヴィスに関する目撃談があれば 聞かせてください。

A : これは大変難しい質問です。 71年の夏、 私が大佐に頼んで、 エルヴィスと並んで写真を写した時以外、 エルヴィスと大佐が一緒のところを 見たことが無いのです。 しばしば、 エルヴィス側で働く人たちや、 大佐側で働く人たちから、 彼らの関係について 様々なことを聞きましたが、 それらは 個人的には直接知らないことなのです。

そういえば、 こんな事もありました。 ある公演の終わり、 大佐がエルヴィスの父親を オフィスに呼びました。 彼はヒルトンから届けられた 雑費の類の請求書に目を通してました。 バーノンを前に 大佐は机に座ったままで、 「さて、これは私が払う。 これは、バーノン、君が払え」 とやり始めました。 他に言葉はありません。 大佐は請求書の束を持って、 これは私が払う、 これも私だと、 分けていきました。 当然、 金額のかさむ請求書はみんな、 バーノンの束の方に置かれました。 それらはエルヴィスが支払う分で、 大佐とは関係ないものなのです。 そして、 ある1枚の請求書がバーノンの前に置かれた時、 それは私が何か関係したもので、 愚かにも私は横から口出しして 大佐を正したのです。 「大佐、それはバーノンの請求書でなく、 私たちのです」と言うと、 彼は「ちょっと失礼、バーノン」 と言って、 私を隣りの寝室に連れて行きました。 あの時ほど怖かったことはありません。 彼はこのくらい近づいてきて、 「2度と、私とは逆のことを言うんじゃないよ。」 と言いました。 そんなこと言われる思ってもいませんでした。 私は、彼がただ単に間違っただけだと思いましたから。 しかし、その後は2度と あのような真似はしませんでした。

Q : 大佐が作った料理を 食べたことはありましたか?

A : 彼の家でディナーを食べた事はありましたが、 誰が作ったのかは知りません。 こんなことがありましたので 話しましょう。 ある日、 大佐にオフィスに呼ばれて 言われました。 「ケニー、今夜はナマズにしよう。」 私が「分りました。 パーシーの店に電話します」と言うと、 彼は「ナマズをもらったんだよ」 と言うので、 「ナマズはどこにあるのですか?」 と訊くと、 彼は「パーム・スプリングスの プールの横の小さな冷蔵庫に入ってる」 と言うので、 私が「はーぁ・・」と言うと、 「取って来てくれ。 今から バロン・ヒルトンに電話をして、 飛行機を準備させるから。 それに乗って行って、 取って来てくれ」 と彼は言うのです。 私が飛行場に着くと、 プライベート飛行機が待っていました。 パーム・スプリングスに着くと、 大佐の庭師、 エルヴィスの庭師でもあった リッキー・ローガンが待っていて、 大佐の家に連れて行かれました。 携帯電話なんてなかったですからね。 説明されたとおりの場所に冷蔵庫があり、 開けると、 アルミ・フォイルに包まれた 魚らしきものがあったので、 それを持って、 飛行機に戻り、 ベガスに帰ってきました。 たぶん3時間半ほどかかったでしょう。 オフィスに入ると 大佐はニコニコしてました。 凄いでしょう。 彼はこんなことも出来たのです。

別の話を思い出しました。 この件で私は初めて、 大佐に好かれてる、 他の労働者とは区別されてると 感じました。 大佐のデスクの後ろに インターナショナル・ホテルのオーナー、 カーク・カーコリアンの写真が 飾られていました。 ホテルのヒルトンへの売却が発表されて、 バロン・ヒルトンが 突然に翌日の午後3時に 挨拶に来ることになりました。 「人に敬意を表わせ」が 大佐の口癖でした。 私は彼らが知り合いかどうか 知りませんでした。 そして 大佐が私に言いました。 「ケニー、 重要な用事があるんだ。 この写真をヒルトンのに替えてくれないか。」 私が「写真は何処にありますか?」と訊くと、 彼は「分らないので、探してきてくれ」 と言いました。 それで私は カーコリアンの写真を取り出して、 階下の事務室で バロン・ヒルトンの小さな写真を見つけ、 引き伸ばすために 写真店に行き、 自分のポケット・マネーから 100ドルほど払い、 カーコリアンの写真と 全く同じサイズの写真を 作らせたのです。 翌朝の9時半に写真を持って行きました。 私にそんなことができると 大佐が思っていたかどうかはわかりません。 目の前に 大きなバロン・ヒルトンの写真を差し出すと、 彼は「何を突っ立ってるんだ。 早くそれを取り付けろ」 と私に言いました。 私はそれを カーコリアンの写真があった場所に 取り付けました。 同じ額でしたから、 壁にピッタリと合いました。 その後20年間というもの、 私が40代になっても、 私が側にいると 大佐は会う人毎にその話を 何度も何度も繰り返していました。

Q : 他に大佐のエピソードってありますか?

A : これは私の好きなエピソードです。 公演も終わる頃、 エルヴィスのペナントは売切れたのですが、 ペナント用の棒がたくさん余ってました。 楽日の3日前のことで、 大佐に「ペナントの棒が500本残ってます」 と報告しました。 彼は毎朝、朝食時に 売上げの報告をさせました。 「さて、昨日はどれだけ売った?」ってね。 彼もそれを知りたかったし、 他の者に知らせたかったのでしょう。 彼は既にそんな数字は知っていて、 私の頭に売上げのことがあるか テストしてたのかもしれません。 彼は「良いアイデアが浮かんだ。 ペナントは無いが 500本の棒がある。 そして、 大きなテディ・ベアがあるよな?」 私が「イエス」と答えると、 「日本語の看板を作れ。 日本人がホテルに居るだろう? 日本のエルヴィス・ツアー客だよ。 看板はこうだ 『エルヴィス・スペシャル・ テディ・ベア、 真珠湾記念特製、 テディ・ベアの爪楊枝』ってね。」 私自身が削ったのです。 全てのペナントの棒の先を尖らせて、 それを1本25セントで。 1日で売り切れました。 それが正しいことかは別にして、 すごく可笑しかったですよ。

Q : 最後に、パーカー大佐について、 ファンに言いたいことはありますか?"

A : パーカー大佐は私たちとなんら変わりません。 彼は確かに 時代を超えて 最も頭の切れた興行主の一人だったでしょう。 でも、 その手腕に見合う 素晴らしいタレントがいたからこそです。 50年代に大佐は 「100万ドルの才能を持った少年に会って、 今、 彼は100万ドルを手にした」 とか何とか言いました。 しかし、 大佐なくして エルヴィスが 同じことが出来たとは思えません。 少なくとも、 収入面において。 私が思うには、 エルヴィスのキャリアの後期で、 大佐の古臭さが エルヴィスの為になると思われた 新しい挑戦を禁じたのでしょう。 しかし、 リッキーから聞いたところでは、 エルヴィスは 大佐なしでは ピンポン・ゲームは出来なかったと 言ってたそうです。 お互い、頼りにしてたんだと思います。

エルヴィスを知ってれば分るでしょうが、 私の数少ないエルヴィスとの対面からでも、 彼が 役割分担をハッキリさせる人間だということが 感じられました。 彼は自分の仕事は歌うことで、 曲を書くことは別の人がやり、 ビジネス面は大佐の仕事だと決めていました。 その点において 大佐はうまくやりました。 大佐は皆さんが思ってるよりも ずっといい人でした。 間違いも犯したでしょうが、 根は良い人でした。


www.ElvisWorld-Japan.com
Go to: Previous Elvis News(Feb.24-Mar.6, 2005)
Go to: Previous Elvis News(Feb.9-23, 2005)
Go to: Previous Elvis News(Feb.1-8, 2005)
Go to: Previous Elvis News(Jan.21-31, 2005)
Go to: Previous Elvis News(Jan.13-20, 2005)
Go to: Previous Elvis News(Jan.1-12, 2005)
Go to: Previous Elvis News(Dec., 2004)
Go to: Previous Elvis News(Oct.29-Nov.30, 2004)
Go to: Previous Elvis News(Sep.14-Oct.28, 2004)
Go to: Previous Elvis News(Aug.8-Sep.13, 2004)

And much more "Previous Elvis News" since 1996.
www.ElvisWorld-Japan.com