www.ElvisWorld-Japan.com
Don't touch

(Mar.25-31, 2005)
(On Pink BG Color) Written in Japanese
(Compiled by Haruo Hirose)

www.ElvisWorld-Japan.com



(Mar.30, 2005) (Mar.21, 2005)


"Elvis by the Presleys" CD

Track Listing:
DISC 1: Trying To Get To You - Heartbreak Hotel - I Want You, I Need You, I Love You - I Got A Woman - Got A Lot O' Livin' To Do - Peace In The Valley - Trouble - Hawaiian Wedding Song - Indescribably Blue - In The Ghetto - Suspicious Minds - I'll Hold You In My Heart - Bridge Over Troubled Water - You've Lost That Loving Feeling - It's Over - Separate Ways - Always On My Mind - My Way - Burning Love - Welcome To My World - Steamroller Blues - I Got A Feeling In My Body - If I Can Dream - A Little Less Conversation (Elvis Vs. JXL)

DISC 2: BONUS DISC:

  1. It Wouldn't Be The Same Without You (demo)
  2. Jailhouse Rock (previously unreleased, takes 1-5)
  3. Anything That's Part Of You (previously unreleased, alternate take 9)
  4. You'll Be Gone (previously unreleased, alternate take 2)
  5. Too Much Monkey Business (alternate take)
  6. Baby What You Want Me To Do (previously unreleased, private recording)
  7. I'm So Lonesome I Could Cry (previously unreleased, private recording)
  8. Blue Christmas (live '77 version)



(Mar.28, 2005) (Mar.27, 2005)

Charlie Hodge Interview (Army Days)
Charlie Hodge Interview (Army Days)
Q : First off, give us a little background about yourself before you got in the army and met Elvis.

A : Well, I was like Elvis in a lot of ways. I wanted to be in a gospel quartet. And I went out to the Stamps School of Music when I graduated school and met a young man out there named Bill Gaither. And we formed a quartet together, sang together about a year before we broke up. And then I worked for another group for a short period of time. And we happened to work with a group called the Foggy River Boys on the ABC network on the Ozark Jubilee. And they needed a lead singer. So, they hired me. And at 20 years old, I went on network television. And that's how I met Elvis. We played Memphis with Red Foley. And he came backstage and met Mr. Foley and then over to meet my quartet. And I didn't see him again until we both were drafted in the military.

Q : Tell us about that meeting in the army.

A : When I met him again, I was at Fort Hood. I never was stationed with Elvis. I was in 15th. Cavalry there. And when I found out where he was, I went over and renewed my acquaintance. But I said, "I'm Charlie Hodge. I was the lead singer with the Foggy River Boys". And he said, "Hey, man, I used to watch you every Saturday night on TV, you know". And I think our friendship was a natural friendship, because when we met there at Fort Hood and got on the ship going to Europe, we knew the same people in the gospel field. We knew the same people in the country field. We knew the same gospel songs. We were singing songs together on the way to Germany.

Q : Tell us about the days of you and Elvis in basic training.

A : Well, at basic training, I didn't see him very much. Like I said, I would see him briefly, say on a Saturday morning, and he would be going back, because he was living off post with his parents. And so, I'd only see him briefly. And George Klein and some of the guys who would come and visit him there. And going up on Fort Hood to New Jersey on the train, I'd go up and sit and talk with Elvis. And that's where our friendship began just talking about people we knew in the field. You know, like Wanda Jackson was on our show. And she was Miss Rockabilly. And Elvis always wanted to date her you know. And so we had a lot to talk about.

Q : So, when Elvis went to Germany, you were over there with him too.

A : Yes, but again, I wasn't stationed with him. And Elvis took me over and said, "Charlie, just watch the paper, and you'll know where I am". Well, the first weekend I was able to get off post... They keep you in quarantine for a while when you first get there, and you can't leave the post. So, I went up to the Park Hotel. It's the first one that he stayed there. And I called up from the lobby, and Lamar Fike answered the phone. And I said, "Hello, Is Elvis there? This is Charlie Hodge". And Lamar said, "Charlie Hodge?" And I heard Elvis yell, "Yeah, Charlie, come on up". And so, that's how we got together after we got to Germany. And then every weekend, almost the whole time we was in Germany, I was up at his house there. And I was at first at the Park Hotel. And then he rented the top floor at the Grunewald Hotel, a small family hotel. And we had a few parties and things there and almost burnt down the hotel one time. One time, we were playing a game, and Elvis went in his bedroom and locked the door. And we piled up paper out there and set it on fire. We were going to burn him out of there. And so anyway, that's what got him out of that hotel. And he rented a house. And that's where he more or less settled into a family type life because it was a home.

Q : So, would you play piano and Elvis did...

A : We had a piano in there after he got there a while. At first, we only had a guitar. But then he got a piano in there. And we would sing on weekends. On Sundays, he wanted to go play touch football. And a bunch of the guys would come over, Joe and guys that were in his outfit there. I never did play, because I was too little. I get hurt.

Q : Were there when Joe first came over?

A : Yeah, Joe and I began to see each other there around like the Sundays when we was there. And then Joe and I were bunkmates on the way back after we got out of the army. And then, of course, he was going to work for Elvis then. And I came up from my home in Decatur, Alabama, after visiting my parents, to see Elvis because he wanted me to record a song with him on his first album. And that was the first singing we ever did together on record which was the Elvis Is Back album. We did a duet called "I Will Be Home Again" which was from an old Golden Gate spiritual album. And we started singing that in Germany.

Q : So, were you there the night Priscilla came in?

A : Yes, I was. Yes, I was. And when she left that evening when she was over there, he looked at me, and he said, "Charlie, did you see the structure of her face?" He said, "It's like almost like everything I've ever looked for in a woman." And her dad, at that time, was a captain. And eventually, different ones of us would ride with each other going up to take her back to the post when she'd come down to visit Elvis. But that first meeting with Priscilla was something else. Like I said, he was just in enraptured, you know, looking at her. And like I said, he had expressed himself after she left by look at her bone structure.

Q : So, did he just walk over and introduce her?

A : Yes, Elvis would do that. Yes, he would come in. He went over and said, "Hello, I'm Elvis Presley". I swear, that's he'd do when somebody knew came in. You know, he was always friendly. But he could stand his ground if he needed to.

Q : So, did Priscilla come to visit Elvis a lot?

A : Her father allowed it as long as she was brought over there at a certain time and brought home by a certain time. And Elvis, of course, having to go get up in the morning about 5:30 and go for reveille and all whatever they do over there. Would have Lamar or one of the other guys or sometimes his father would take her back to their post where she lived up there with her father.

チャーリー・ホッジ・インタビュー (軍隊時代)
Q : 初めに、 軍隊でエルヴィスに会われる前には、 あなたは何をされてたのですか?

A : 私は色んな面で エルヴィスに似てるんです。 私もゴスペル・カルテットに 入りたかったのです。 高校を出て、 スタンプス音楽学校に行き、 ビル・ガイザーという男に出会い、 ゴスペル・カルテットを結成して、 1年ほど活動したあとに 解散しました。 そして短かい期間、 別のグループの仕事をして、 ABC・TVで放送されていた 「オザーク・ジュビリー」の フォギー・リバー・ボーイズというグループで 働くことになったのです。 リード・シンガーを捜していて、 私が雇われました。 20才にして 私は全米ネットの番組に出られたのです。 それが縁で エルヴィスに会えました。 私たちがレッド・フォーリーと メンフィスで公演した時、 フォーリーに会いに 彼がバックステージにやってきた時、 私たちも彼と会ったのです。 その次は、軍隊に入ってからになります。 (レッド・フォーリーがホストを務めた 「オザーク・ジュビリー」は 55年から60年まで ゴールデン・タイムに放送されました。 「グランド・オール・オープリー」をしのぐ人気番組で、 カントリー音楽の普及に貢献しました)

Q : 軍隊での出会いについて 話してください。

A : フォート・フードで 私たちは再会しましたが、 エルヴィスと私は 同じ部隊に配属されたことはありません。 私は第15機甲部隊でした。 彼の居場所を調べて、 会いに行き、 「私はチャーリー・ホッジといいます。 フォギー・リバー・ボーイズの リード・シンガーでした」 と自己紹介したら、 「やあ、毎週、土曜の夜に君を見てたよ」 と彼は言ったのです。 私たちの友情は自然に生まれました。 フォート・フードで再会し、 ヨーロッパ行きの船も一緒になりました。 ゴスペル界にも、 カントリー界にも 共通の知人がいました。 同じゴスペル・ソングを知ってたので、 ドイツへ行く間、 一緒に歌うことができました。

Q : 基礎トレーニング期間中の あなたとエルヴィスの事を 話してください。

A : 基礎トレーニングの期間は あまり会えませんでした。 土曜の朝、外出する時とか、 帰ってくる時の 僅かな時間しか会えなかったのです。 彼は訓練時間外は 両親と暮らしていたからです。 ジョージ・クラインや他の人たちが 彼に会いに来てました。 フォート・フードから ニュー・ジャージーへの列車移動の時、 エルヴィスの所に行って話すことが出来ました。 私たちがお互いに知っていた人たちの話をすることで 友情が芽生えたのです。 ワンダ・ジャクソンが私たちのショーに出演した事があり、 彼女はミス・ロカビリーと呼ばれてましたが、 エルヴィスはずっと彼女とデイトしたいと思ってたのです。 このような 私たちには共通の話題が沢山ありました。

Q : エルヴィスがドイツに行った時も、 あなたは一緒でしたね。

A : はい。 でも、配属は別でした。 エルヴィスは私に 「チャーリー、新聞を見れば、 私の居場所が分るから」 と言いました。 一般には、 到着して暫らくの間は 検疫の為に外出できないのですが、 私は最初の週末に外出できたのです。 それで、 エルヴィスが最初に滞在した パーク・ホテルに出かけました。 ロビーから電話をすると、 ラマー・ファイクが出たので、 「ハロー。エルヴィスはいますか? チャーリー・ホッジです」と言うと、 ラマーが「チャーリー・ホッジ?」 すると、 エルヴィスの叫ぶ声が聞こえました。 「チャーリー、上がって来いよ。」 こんな風にドイツに着いてからも 一緒に過ごすことが出来ました。 それから、毎週末、 ドイツにいた間のほとんどの週末に 私は彼の家に通ったのです。 最初がパーク・ホテルで、 次に小さな家族向けホテル、 グルネワルド・ホテルの 最上階に移りました。 そこでパーティーをやったりしたのですが、 ホテルが火事になりそこねたこともありました。 1度、ゲームをしてた時、 エルヴィスが寝室に閉じこもったので、 紙を積み上げて 火をつけて、 彼をいぶし出そうとしたのです。 とにかく、 その件でホテルを追い出されたので、 彼は一軒家を借りました。 そこで やっと彼は落ちついた生活ができるようになったのです。

Q : それで、 あなたがピアノを弾いて、 エルヴィスが・・・

A : そこに移って 暫らくしてからピアノが来ました。 最初はギターだけしかなかったのです。 ピアノが入って、 週末に歌うことが多くなりました。 日曜日には、 彼はタッチ・フットボールをしたがったので、 多くの男が集まりました。 ジョー・エスポジトや男たちは 軍服を着てやってました。 私はしてません。 小さかったので 怪我をするからです。

Q : そこに ジョー・エスポジトが現れたのですか?

A : 日曜日毎に 彼と顔を合わすようになりました。 その後、除隊後 アメリカに帰る船で、 ジョーとは相部屋になりました。 そして、 彼はそのまま エルヴィスの仕事をするようになったのですが、 私はアラバマ州ディケーターの自宅に帰って、 両親に会った後で、 エルヴィスに会いに行きました。 エルヴィスが私に 最初のアルバムを手伝ってくれと 頼んだからです。 初めて一緒に歌ったのが Elvis Is Back のアルバムで、 古いゴールデン・ゲイト・カルテットの スピリチュアル・アルバムの中に入ってた "I Will Be Home Again" という曲で デュエットしました。 あの曲はドイツでも歌ってたのです。

Q : プリシラが来た夜も そこに居られたのですか?

A : もちろん いました。 彼女が来て、帰った時に、 エルヴィスが私を見て言ったんです。 「チャーリー、 彼女の顔相を見たかい? 私が女性に求めるもの ほとんど全て揃ってるじゃないか。」 彼女の父親は 陸軍大尉でした。 彼女がエルヴィスに会いに来た時は、 私たちの誰かが交替で彼女を送って行きました。 しかし、 プリシラとの初めて出会いは特別だったのです。 エルヴィスは彼女を一目見て 魅了されました。 彼女の骨相を見て あの言葉が出てきたんでしょう。

Q : それで、彼の方から 自己紹介したのですか?

A : そうです。 エルヴィスから行きました。 彼が行って 「ハロー、エルヴィス・プレスリーです」 と言ったのです。 それは誰であろうと変わらず 彼のやり方なのです。 彼はいつも気さくでしたから。 しかし、 彼が望むなら 来るのを待つこともできました。

Q : プリシラは よくエルヴィスに会いに来ましたか?

A : 彼女が時間を守って帰るかぎりは 彼女の父親は行くのを許しました。 エルヴィスはもちろん朝5時半に起きて、 起床ラッパで出かける。 そして 全ての任務をこなしました。 ラマーか他の誰かが、 たまに彼の父親が、 彼女を父親の宿舎に送って行きました。


 チャーリーによって エルヴィスの心は救われました。 左の写真は、 シャンゼリゼ通りを歩く エルヴィスとチャーリー・ホッジ、 レックス・マンスフィールドの3人

Q : You seemed to be there to really comfort him and talk to him.

A : Not till we were on the train. You know, I comforted him all the way over on the ship, as matter of fact. I didn't see him right after his mother had taken ill and until he came back. We didn't see each other again until we were on the train going to New Jersey. And then we were just talking about people we knew. But on the ship going over, they put him sergeant quarters so that other soldiers wouldn't bother him for autographs all the time. So, he requested that I be up there with him. And I said, "Well, I can't just go up there". I said, "You got to ask the commander". And the commander told him, he said, "Well, after everybodys settled, yeah, he can move up there". So, I moved into the sergeants quarters with and was there like all the way across the ocean. We put on a show on there. They usually put on three, but we put on five. And Elvis didn't sing, but he played piano for some of those that did sing. And of course, everybody was watching him while he was doing it. But I would hear him at night...

Q : You heard Elvis dreaming.

A : On the way over to Germany, on the ship, I could hear Elvis start dreaming sometimes at night. And I'd get out of my bunk and sit down and start talking to him and maybe joking with him a little bit, get him in a little better mood. And then he'd kind of drift off to sleep. He said, years later, "Charlie, if it hadn't been for you", he said, "You kept me sane all the way across the ocean". And he said, "Then you did the same thing for my father when he got over here," Because of the jokes that I'd tell and everything, because Elvis like to hear me tell stories and jokes.

Q : You had experience with Elvis in Paris.

A : Yeah. We went there. Lamar Fike called me and said that Elvis was getting a 15-day leave. He said, "Can you get a 15-day leave, Charles?" And I said, "Yeah, I think I could. I'll go see". So, I went and asked my sergeant. And he said, "Yeah, you can have one". And I told him that Elvis wanted me to go to Paris with him. So, we did. We went up to another city for a couple of days. And then, we caught a train and went to Paris. And when we got there, the guy that handled Elvis's music publicist, Freddy Bienstock. And one of the owners of the thing... I can't tell you his name right now. But anyway before we could go to bed or anything, we got there early in the morning. They took us up on a hill overlooking Paris. They wanted us to see that. And we were so tired. And it was cold. And then we stayed at the Prince De Galles Hotel. And we went to a different club down there, the Lido de Paris, the Moulin Rouge.

And then there was a little place behind where the Lido de Paris was called the Bantu on a back street. And you go all the way through the building over to that street. And that's where all the entertainers in town went after the shows. And so, we'd go over there and hang out. And Dorothy Kilgallan was over there wanting to get an interview with Elvis. So, we come up, and I remember saying, and guy came out and said, "There's a newspaper reporter, Dorothy Kilgallan". Elvis said, "Charlie, you and Lamar and Rex go in there and just see what's going on". So, we just went in and sat down and didn't even look over there. And the kids there were wonderful in the service. She said, "I understand Elvis Presley comes in". They said, "Really? When was that?" You know, they protected him. And then when she would leave, we would go out, and Elvis would come then, and we'd set over there, you know.

And there was one time that one of the soldiers was talking to this girl, or what he thought was a girl. Because one of the people that was in the show come over and said, "Elvis, that soldier, that's not a girl he's with. That's a man in drag". And so Elvis went over and said, "Hey, look, Ace". He called everybody Ace in those days. And he said, "Now, look, Ace, now don't get excited. It's just get up and leave". He said, "That's not a girl, that's - you're having a drink with - that's a man". And the soldier said, "Really, Elvis?" He said, "Yes. Don't cause us any... Just get up and leave". And Elvis went back and sat down. And the guy got up and left.

There was another thing. We come out of there one night. We'd been to some show. And a guy stopped, and he said, "Gee, I'd just like to tell you". Because Elvis always wore his uniform when going out. He said, "I'd like to tell you that it's nice to see young men that will stay and in the army and be in the military for their country". He said, "I think that's wonderful". He said, "Yes, thank you very much". And he gave Elvis his name. He said, "My name is so-and-so". And Elvis said, "Well, my name is Elvis Presley". And the guy took him by the hand and pulled him out in the light and said, "By God, you are". Oh, but we really had a lot of fun.

We had one instance where we were dating some of the show girls in Lido de Paris. And we was up in suite one afternoon. And Elvis would get up. And it looked like a banquet for breakfast. Because all those show girls were coming over there. And they'd come in, and we'd just order up some more breakfast. I mean, you ordered like ten dozen eggs. You know, it was just a banquet there. And everybody would come and eat breakfast. We got a call from the guy at Lido and said, "Listen". Said, "You mind sending the girls over here. We got to start the show in a few minutes".

Q : Are there any other times in Paris that come to mind?

A : Well, there was one time when Rex Mansfield who was a good friend of Elvis over there. And he eventually married Elvis's secretary who was over there. And he and Elvis and I would sing gospel songs together. And Rex sang tenor. And Elvis would sing, and I'd sing baritone. Or Elvis would sing tenor sometimes, and I'd sing lead. Because he liked to sing harmony. And we got in the back of this car. And we were doing "Beyond the Reef" or one of those songs like that. It was going from the Eiffel Tower to the Arc de Triomphe and turn around and come back. And we'd just sing it all the time, same songs mainly, over and over. And then we'd go back up again. And we'd have a thing to go in to see Lido, because we had reservations that night. And Elvis stopped the car and said, "Lamar, go in and cancel the reservations. We're going to sing for a while". And we went up and down there singing all night. But he liked to do things like that.

Q : So, what was it like to be with Elvis at the Champs Elysees? Isn't that where he found out Mario Lanza had passed away also?

A : I don't recall. No. But we were staying in a little hotel just off the Champs Elysees. They called it Prince De Galle. It was right around the corner. And it was interesting. They told Elvis, "Now Elvis, you can go for a walk here in Paris. Because it's not to the French nature to bother celebrities when they're over here". So, we thought, great. We went out for a walk. So, we just rounded that curve going down the Champs Elysees and you would have thought that Charles De Gaulle had just driven up. The people swarmed around Elvis. And we literally pushed our way till we got to the theater, bought tickets, went in, called the driver. He come around the back, and we went through the theater and out the back and back to the hotel. That ended our walking around in Paris.


Q : エルヴィスの慰め役、 話し相手になったのですね。

A : 列車に乗ってからです。 実際、 船に乗ってからも ずっと慰めていました。 彼の母親が病気になった時から、 戻ってくるまで会えなかったのです。 次に会えたのが、 ニュー・ジャージーに向う列車の中でした。 そこで、 共通の知人の話ができたのです。 船では、 彼は上の軍曹クラスの区画にいました。 彼は四六時中サインとか せがまれてたからです。 それで、 彼が私に上がって来るよう望みました。 私からは言えないので、 彼から司令官に頼んでもらったのです。 司令官の返事は 「皆なが落ち着いたら、上がっても良い」 でした。 それで、 軍曹クラスの区画に移動して、 後はずっと一緒に居られました。 ショーもやりました。 通常は3回のところを 私たちは5回やりました。 エルヴィスは歌いませんでしたが、 他の人たちの歌のピアノ伴奏をしました。 もちろん、 皆なはエルヴィスの方を見てました。 私は夜に エルヴィスの歌を聴けましたが・・・

Q : エルヴィスが夢を話すのを 聞かれましたか?

A : ドイツへ向う船で、 夜になってエルヴィスが話し出すと、 私は寝台から出て、 彼とおしゃべりしたり、 冗談を少し言い合ったりしました。 彼を心地よくさせるためです。 そうこうする内に彼が寝つくのです。 後になって彼が言いました。 「チャーリー、 君のおかげだよ。 大西洋を渡る時、 君がいてくれたから正常でいられた。 私の父がこっちに来てからも 同じようにしてくれた」と。 私の話や冗談を エルヴィスは気に入ってくれました。

Q : エルヴィスとパリにも行かれましたね。

A : ああ、行きました。 ラマー・ファイクが電話で 「エルヴィスが15日間の休暇を取るから、 チャーリーも休暇を取れるか?」 と言ったので、 「訊いてくる」と言って、 軍曹に尋ねたら、 「取れるだろう」って。 エルヴィスが私と パリに行きたがってると話しました。 別の都市に2日ほど行ってから、 列車に乗って パリに行きました。 パリに着くと、 エルヴィスの出版社の フレディ・ビエンストックともう一人、 名前は忘れましたが 何かのオーナーが待ってました。 とにかく、 早朝にパリに着いて、 ホテルに行く前に、 パリを見渡せる丘の上に 連れて行かれました。 彼らは見せたかったのでしょう。 でも、私たちは疲れてましたし、 寒かったのです。 プリンス・ガレ・ホテルに泊まって、 そして、 リドやムーラン・ルージュなどの クラブに行きました。

リドの裏に、 バンツと呼ばれる小さな建物が 裏道にありました。 ビルに沿って歩いて行くと その道に出られます。 そこはパリ中の芸人が ショーの後に集まる場所だったのです。 それで、 私たちもそこに行って ブラブラしました。 すると、 エルヴィスのインタビューを取ろうと ドロシー・キルガランが来たのです。 今でも覚えてますよ。 「新聞記者のドロシー・キルガランが来てる」 と誰かが言ったので、 エルヴィスが 「チャーリー、 君とラマーとレックスで 行って様子を見てきてくれないか?」 と頼んだのです。 それで行って、座って、 ぼんやりしてると、 従業員が上手に対応してくれました。 「エルヴィス・プレスリーが来てるそうですね」 とドロシーが尋ねた時に、 彼らは 「本当なの? 何時くるの?」って 答えたのです。 彼らはエルヴィスを守ってくれました。 そして 彼女が帰るのを見届けて、 私たちが出て行くと、 エルヴィスもやってきて、 それからは落ち着きました。

ある時、 一人の兵隊がある女性と話してました。 女性と思ってたと言えるでしょう。 というのも、 ショーの関係者の一人がやってきて、 「エルヴィス、 あそこの兵隊と一緒にいるのは女性じゃない。 女装の男性だよ」 と言ったのです。 すると、エルヴィスは 彼に伝えに行きました。 「ヘイ、気を付けろよ、エース」 彼はあの頃は誰それ構わず エースと呼んでいました。 「よく見るんだ、エース。 興奮してないで、 さっさと帰った方がいい。 あれは女じゃないぜ。 お前と酒を飲んでるのは、 あれは男だぜ」 と言ったのです。 兵隊が「エルヴィス、 嘘だろう?」と言うと、 彼は「面倒になる前に、 静かに帰るんだな」 と言いました。 エルヴィスが席に戻って来ると、 兵隊は そわそわと出て行きました。

こんな出来事もありました。 ある時、ショーを見に出かけた時、 出演していた男が ショーを中断して言ったのです。 「君に話したいことがある。」 エルヴィスは出かける時は いつも軍服を着てました。 彼は「君に話したい。 お国の為に軍隊に入り、 駐在してくれる君のような青年を見ると 私は嬉しくなるよ。 素晴らしい事だ。 ありがとう」と言って、 エルヴィスに名前を告げると、 エルヴィスは 「私はエルヴィス・プレスリーです」 と答えたのです。 その男は エルヴィスの手を取って、 照明の下に連れて行くと、 「ほんとに、本物だ」 と言ったのです。 あれは可笑しかったよ。

また こんな事もありました。 リドのショー・ガールの何人かとデイトしていて、 午後になって、 みんなで部屋にいたら、 エルヴィスも起きてきた。 それはまるで 朝食の宴会場のようでした。 ショー・ガールたちが次から次とやってきたので、 朝食を追加注文しなければならなくて、 玉子を10ダースも注文しました。 まるで宴会みたいでした。 皆ながひっきりなしに 朝食を食べに来たのです。 すると、 リドの人間から電話が掛かってきました。 「お願いだから、 女の子たちを返してくれないか。 もうすぐ、 ショーを始める時間なんです。」

Q : 他に パリの思い出はありませんか?

A : ある時、 レックス・マンスフィールドという エルヴィスの友達で、 彼はその後 エルヴィスのドイツの秘書と結婚したんだが、 彼とエルヴィスと私の3人で ゴスペル・ソングをよく歌ってました。 レックスがテノールで、 私がバリトンだったり、 エルヴィスがテノールで、 私がリードを歌うこともありました。 エルヴィスはコーラスを歌いたがったのです。 車の後部座席で 「ビヨンド・ザ・リーフ」のような曲を 歌ってたのです。 エッフェル塔から凱旋門なんかを回って 戻ってきても、 私たちはずっと同じ曲を何度も繰り返し歌ってました。 そしてまた 戻ってきて、 リドに予約してたので 出かけたのですが、 到着するとエルヴィスは 「ラマー、中に入って、 予約をキャンセルしてくれ。 あと暫らく歌いたいから」 と言ったのです。 そして私たちは行ったり来たり、 一晩中、 車の中で歌いました。 エルヴィスはこんなことが好きだったのです。

Q : シャンゼリゼ通りでの エルヴィスはどうでしたか? そこで マリオ・ランツァが亡くなったと 知ったとか?

A : 覚えてません。 私たちはシャンゼリゼから少し入った プリンス・ド・ガルという小さなホテルに泊まりました。 それは曲り角にありました。 エルヴィスは興味深いことを言われたのです。 「エルヴィス、 このパリなら散歩ができるよ。 フランス人は有名人を見ても 集まって来ないから。」 そりゃ良いやと思って、 私たちは散歩に出かけました。 そして 私たちがシャンゼリゼへのカーブを曲ると、 まるでシャルル・ド・ゴールが来たかのように、 人々がエルヴィスを取り囲みました。 それで 私たちは人を押し退け、 なんとか劇場に逃げ込んだのです。 切符を買って、 中に入って、 ドライバーを呼びました。 ドライバーが裏口に廻ってきたので、 私たちは劇場を通り抜けて 裏口から出て、 ホテルに戻ったのです。 それでパリの散歩も終りとなりました。



(Mar.27, 2005)


Another picture of Patti Page and Elvis  もう1枚パティ・ペイジの写真を見つけました。



(Mar.26, 2005)


This photo provided by Harpo Productions shows Priscilla Presley, left, with her daughter Lisa Marie Presley and television personality Oprah Winfrey during a taping Thursday, March 24, 2005, of the 'Oprah Winfrey' talk show in Chicago. The Presleys appear together during an interview that airs Tuesday, March 29.

The Oprah Winfrey Show
Monday (03/28/05) Lisa Marie Presley on Her New Love, Marriage & Elvis (PG) For the first time on The Oprah Winfrey Show … Lisa Marie Presley on marriage, men and motherhood. Everything you really want to know.
Tuesday (03/29/05) Exclusive: Priscilla & Lisa Marie Presley's First Interview Together (PG) An exclusive: the Presley women. Their first television interview together - Lisa Marie and her mother, Priscilla.

 米国の超人気番組 「オプラ・ウィンフリー・ショー」の出演が叶ったプリシラとリサ。 24日にビデオ収録が行なわれました。 放送は28日、29日の2回に分けられるようです。
 ニューCDの宣伝を兼ねてのリサのTV出演は この後も数多く続きます。 お馴染みのCNN「ラリー・キング・ライブ」は スカパー!で見られます。

Lisa Marie Presley on TV
Mar.28(TV) The Oprah Winfrey Show (web-site)
Mar.29(TV) Good Morning America with Diane Sawyer (ABC) (web-site)
Mar.29(TV) The Oprah Winfrey Show (with Priscilla) (web-site)
Mar.29
(postponed)
(TV) Larry King Live (CNN) (web-site)
 スカパー! ch.257 CNNj で見られます (30日、11:00〜, 18:00〜, 25:00〜)
Mar.30(Radio, TV?) Howard Stern Show (web-site)
Apr. 1(TV) Late Show With David Letterman (CBS) (web-site)
Apr. 2(TV) People In the News (CNN) (web-site)
Apr. 3?(TV) CBS Sunday Morning News - to be confirmed (web-site)
Apr. 5(TV) The Ellen DeGeneres Show (web-site)
Apr. 6(TV) Jimmy Kimmel Live (ABC) (web-site)
Apr. 8(TV) A&E Biography (1st. airing) (A&E) (web-site)



(Mar.26, 2005) (Mar.24, 2005)

"All Shook Up" Premiere

Priscilla Presley, right, poses for photographers with Cheyenne Jackson before a preview performance of the new musical comedy 'All Shook Up' at Broadway's Palace Theatre Wednesday March 23, 2005. Jackson stars in the new musical comedy which is based on the songs of Presley's late husband Elvis. Presley was attending the performance.

 ブロードウエイで エルヴィスの曲を使ったミュージカル 「All Shook Up」のオープニングを迎え、 特別にマスコミ向けに上演されました。
主演のシャイアン・ジャクソンとプリシラ。
オフィシャル・サイトも全面改装されてます。

(Photos) Elvis Musical All Shook Up
(Photos) All Shook Up's Rockin' Opening
(Photos) Priscilla Presley Gets All Shook Up

Review: Elvis Musical Is Suprising
By MICHAEL KUCHWARA, AP Drama Critic

NEW YORK (AP) - There may be life in the jukebox musical after all. The much-maligned genre that produced the highs of "Mamma Mia!" and the lows of "Good Vibrations" has strengthened the case for pop-song musical theater with a surprising "All Shook Up."

This genial, thoroughly ingratiating show, which opened Thursday at Broadway's Palace Theatre, features songs made famous by that icon of rock 'n' roll, Elvis Presley. And it also celebrates Presley himself, using his persona as the model for the musical's lead character, a guitar-strumming, motorcycle-driving, hip-swiveling roustabout named Chad.

What makes "All Shook Up" work so well is the show's cheerful, tongue-in-cheek sense of self. Book writer Joe DiPietro, one of the creators of the long-running off-Broadway revue "I Love You, You're Perfect, Now Change," has concocted a goofy, often funny and sweet-tempered story that is an affectionate send-up not only of Shakespeare's "Twelfth Night," but all those cheesy movies Presley made during his mediocre film career. Remember such cinematic clinkers as "Harum Scarum," "Clambake" and "Speedway"? They make "All Shook Up" seem like "Long Day's Journey Into Night."

Well, not really. But DiPietro has had the smarts not to take things too seriously, while director Christopher Ashley has assembled a crackerjack cast headed by hunky newcomer Cheyenne Jackson to deliver the goods.

Most of Presley's big hits are here, from "Love Me Tender" to "Jailhouse Rock" to "Heartbreak Hotel" to "Can't Help Falling in Love" to bits and pieces of "Teddy Bear" and "Hound Dog," and, of course, the title song.

DiPietro has shoehorned some two dozen Presley numbers into the musical without letting the seams show in his admittedly slender, countrified fairy tale.

We're in a small town in Middle America, circa 1955, a place where all the young folks leave as soon as they get married. It's a dead-end burg until Chad arrives "with a song in his soul and a love for the ladies."

"Time to live a little," he preaches to its unhappy, uptight citizens.

That's not so easy since the town is run by a bossy female mayor (a glorious Alix Korey) who rides around in a pink Cadillac convertible enforcing something called the Mamie Eisenhower Decency Act, banning, she says, "everything I consider dirty."

That includes romance, which seems to have affected everyone, all of whom - including Chad - are suffering from bad cases of unrequited love.

Jackson is a musical-theater find, blessed with good looks and, more importantly, the ability to be funny and self-deprecating. But then, there is equally fine work done by a whole parade of performers.

They include a delightful Jenn Gambatese as Natalie, the tomboy female mechanic who falls for our hero; Leah Hocking as a blond femme fatale who runs the local art museum (OK, that's a bit of a stretch) and a hilarious Mark Price as Chad's nerdy sidekick.

DiPietro's string of mismatched lovers embraces all ages and, in a subplot similar to one in "Hairspray," cuts across racial lines, too, something that wouldn't have happened so readily 50 years ago. It concerns the military-school son (Curtis Holbrook) of the white mayor who falls for the black daughter (Nikki M. James) of the local saloonkeeper (the vocally expansive Sharon Wilkins). And the bar owner has designs on Natalie's father, played by the affably rumpled Jonathan Hadary.

"All Shook Up" even flirts with the hero thinking he might be gay after falling for "Ed," who happens to be Natalie disguised as a guy so she can get close to Chad. It's a plot line that gingerly gets resolved with a minimum of fuss.

Ashley moves the show at a rapid pace, aided by some exuberant choreography, the work of two choreographers, Ken Roberson and Sergio Trujillo. The director doesn't allow the show to fall apart even when the plot seems to disappear for yet one more big dance number.

Designer David Rockwell's rustic settings suggest Li'l Abner's Dogpatch filtered through a hip, yet nostalgic sensibility for all things rural, and he has come up with an evocative, almost arty fairground setting in Act 2 where all the lovers come together in confusion.

"All Shook Up" thrives on that confusion, a mixed-up merry-go-round of fun anchored by allthose Presley tunes. Lightweight, to be sure, but it floats very nicely indeed.



(Mar.25, 2005)

CD, Live from Las Vegas (The Las Vegas Centennial Collection)
Release Date; May 10 (Capitol Records, 72434-77440-2)

 ラスベガス建都100周年を記念して、 ラスベガスのステージを盛り上げたアーティストの ライブCDが 4月から5月にかけて、 キャピトルから発売されます。 昨年のプレス・リリースには エルヴィスの名前が無かったのと、 発売元がキャピトルでしたので、 エルヴィスのCDは出ないものと思ってたのですが、 エルヴィスのCDも発売されることになりました。 5月10日発売。 内容は不明です。



(Mar.25, 2005) (Mar.21, 2005) (Mar.17, 2005)

Elvis & the Browns

(left) Maxine took this picture when the Browns were
backstage with Elvis at the Louisiana Hayride in 1955.
He was just coming out of the bathroom.
楽屋のトイレから出てきたところをマキシンに撮られました。
Maxine Brown & Elvis
The first time I met Elvis, I told him my mother had predicted he'd be a big star. He just laughed shyly. In those days, he truly had no idea of how big he would become. I don't think he ever had a big head or even gave fame a second thought. He was too busy having fun and being young. I believe he would have been content to sing the way he did on the Hayride. His favorite music, by far, was old-time gospel. Many a night, we'd all sit up late and sing the old hymns. Elvis was the last to want to quit. He often said that his big dream was to make it as a gospel artist. That's what his mother wanted for him, too. Who knows, that might have been best for him in the long run.

Few know this, but there were actually two Elvises inside the one. As we traveled the road with him, we came to see both sides. He could be very, very shy, the sensitive momma's boy, and he could be as wild as a joker in a game of spit in the ocean. I know that others who call themselves biographers and scholars have written exhaustive books about Elvis. But all their pronouncements about him still come down to guesswork. They weren't there. You had to be with him day to day, facing the grind of the road, to really understand him.

It's a little strange now to look back and remember when the Brown Trio got top billing over Elvis Presley. Tom Perryman thought the three of us and Elvis and his group would make a good package. So he arranged us a tour together all over Texas.

On January 26, 1955, the Browns stole the show from Elvis in Gilmer at the Rural Electric Association building. Then we did it again two days later at the high school in Gaston. I'm sure that few stole shows from him after that. I know for sure that the Browns didn't.

We worked fifteen straight days with Elvis. Our common band consisted of Scotty, Bill, and J. E. That was it, but we put on great shows. Today it's unheard of for a musician to back two artists on the same show. After the tour was over, we again went to the Hayride's Horace Logan and Frank Page and told them that they should sign Elvis to a contract. We knew he had the voice and the talent to be a member. No other artist had the stage presence he did. He was driving all the girls crazy. Even the men liked and respected him. So we knew great things were about to happen.

In 1955, the Hayride sponsored us with Elvis, Jim Reeves, and Slim Whitman at the Jimniie Rodgers Celebration in Meridian, Mississippi. They designed and built a beautiful float for us to ride on in the big parade. I guess you could say that Jim Reeves was the star of the event. Elvis was just getting started, and a lot of the folks didn't really know who he was. Many of the artists there seemed very jealous of him. Some of the deejays wouldn't even play his record. One of them made an ugly remark to Elvis that I just couldn't take. I gave him a piece of my mind right there in front of God and everybody. His reply was, "You can bet your sweet ass I'll never play another Browns record again." I don't think the SOB ever did, but who cares? We didn't need narrow-minded people like him in the business anyway.

We met Elvis's parents, Gladys and Vernon, at the Ellis Auditorium in Memphis in March 1955, where we were booked with several other country artists. They reminded us so much of our own parents that we insisted they all come to one of our shows so they could meet our folks. They did in Texarkana, Arkansas. Elvis was getting so popular by then that the auditoriums and clubs where Tom was booking us couldn't hold all the people. So he booked us at the ball field in Texarkana. Our stage was a flatbed truck. My God, it was awful! There were no dressing rooms and certainly no bathrooms close by. We had to change into our costumes in the back seat of the car and hope that nobody would see our unmentionables. One of the artists on that show was Chet Atkins. Little did we dream that someday he would become our producer at RCA Records.

Later on, Tom put together a tour with us, Elvis, the Wilburn Brothers, Ferlin Husky, FaronYoung, Martha Carson, and the Carlisles. I think we had more fun on those tours than we did during the rest of our career. We were one big, happy, crazy family. Ferlin Husky was everybody's favorite, especially when he did his Simon Crum comedy routine. (CD "Simon Crum a.k.a. Ferlin Husky" )

We were all having dinner one night after our show and getting ready for a long haul to the next big gig when Ferlin asked our waitress, "What kind of soup do you have?"

She said, "Well, we have tomato, mushroom, chicken, and pea soup."

Ferlin ordered chicken soup. As the waitress walked off, Ferlin stood up and hollered as loud as he could, "Hold that chicken and make it pea."

Everyone died laughing. I thought Elvis was going to crack a rib he laughed so hard. I felt like crawling under the table.

マキシン・ブラウン & エルヴィス
私が初めてエルヴィスに会った時、 私の母が 彼は大スターになると予言したことを 話しました。 彼はただ はにかむだけでした。 あの時は 彼自身も あれほどの大スターになるとは 思いもしなかったのでしょう。 彼はうぬぼれることも、 名声を考えることも なかったと思います。 彼は遊びに夢中でしたから。 彼はヘイライドで歌うことに 満足してたかも知れませんが、 好きなのは、 断然、 古いゴスペルでした。 私たちは、 何度も夜遅くまで、 賛美歌を歌ったものです。 エルヴィスは なかなか終わろうとしませんでした。 彼の夢はゴスペル歌手になることだと 何度も聞かされました。 彼の母親の希望でもあったのです。 長い目で見れば、 彼にとって それがベストであったかもしれないなんて、 誰にもわからないわ。

このことは全く知られていませんが、 エルヴィスは2つの顔を持ってました。 彼とツアーをした時に、 私たちはその両方を目にしました。 彼は非常に内気で、 感受性の強いマザコン少年であり、 「海につば」ゲームのジョーカーのように 暴れん坊だったのです。 伝記作家や学者と言われる人たちが エルヴィス研究本を書いたとしても、 彼らのエルヴィスに対する意見は 全て推測にすぎません。 彼らは立ち会ってないのですから。 毎日毎日、彼と一緒に、 でこぼこ道に揺られたからこそ、 彼のことが本当に理解できたのです。

今になって思えば、 ブラウン・トリオがエルヴィスを押しのけて トリを務めたことがあったなんて、 ちょっと不思議です。 トム・ペリマンは 私たち3人とエルヴィス、 スコティ、ビルとで 良いパッケージになると考えました。 そして、私たちを一緒にして、 テキサス中を廻るツアーを計画しました。

1955年1月26日、 ギルマーのルーラル電気協会ビルでのショーでは ブラウンズの方がエルヴィスより人気がありました。 2日後のガストンの中学校でも同じでした。 しかし、それ以降、 私たちが勝ったショーは ほとんど無かったと思います。 ブラウンズでは勝てませんでした。

私たちとエルヴィスは、 15日間続けて 一緒に仕事をしました。 私たちのバンドは スコティ、ビルとJ.E.でした。 それでも、良いショーをしました。 今日では 同じショーで、 1組のミュージシャンが 2組のアーティストのバックを務めるなんて 聞くことがありません。 ツアーが終わると、 私たちは ヘイライドのホレス・ローガンと フランク・ペイジに エルヴィスと契約すべきだと話しました。 彼は歌がうまいし、 メンバーになりうる才能がありました。 彼ほどの存在感のあるアーチストは 他にいませんでした。 彼は女の子たちを熱狂させました。 彼が好きな男の子たちもいました。 私たちは、 すごい事が起こりそうだと 気付いていました。

1955年に、 ミシシッピ州メリディアンでの ジミー・ロジャース記念祭に ヘイライドは 私たちとエルヴィス、 ジム・リーブス、 スリム・ホイットマンを 出演させました。 大パレード用に 私たちにも美しいフロートが 用意されました。 この日のスターは ジム・リーブスだったと言えます。 エルヴィスはデビューしたばかりで、 ほとんどの人は 彼のことを知りませんでした。 しかし、多くの歌手が エルヴィスに嫉妬してたように思えました。 何人かのDJは 彼のレコードかけることさえありませんでした。 その内のひとりは 受け入れ難いほどの悪口を言いました。 私は皆なの前で 彼を叱りました。 彼の返事は 「親切な忠告ありがとう。 2度とブラウンズのレコードは かけないからな」でした。 あのバカ野郎はそうしたでしょう。 でもそれが何なの? 私たちは彼のような 狭い心の持ち主には この世界に居て欲しくなかったのです。

1955年3月、 メンフィスのエリス公会堂に、 ほかのカントリー歌手たちと出演した時、 私たちはエルヴィスのご両親、 グラディスとバーノンに会いました。 彼らは私たちの両親によく似ていたので、 私たちのショーに来て、 家族に会ってくださいと 迫ったのです。 それはアーカンソー州テキサカーナで 実現しました。 その頃には、 エルヴィスも大変な人気者になり、 トム・ペリマンが押さえた会場やクラブでは 人々を収容しきれなくなってました。 それで、テキサカーナでは 野球場で催されました。 ステージはトラックの荷台でした。 神様、何て酷いことを! 控え室どころか トイレも近くにありませんでした。 私たちは車の後部座席で 衣装に着替えねばなりませんでした。 下着姿を覗かれないかと心配しました。 この時の出演者のひとりに チェット・アトキンスがいました。 彼が将来、 RCAレコードで、 私たちのプロデューサーになるとは 夢にも思いませんでした。

続けて、トム・ペリマンは 私たちに、エルヴィス、 ウィルバーン・ブラザース、 ファーリン・ハスキー、 ファロン・ヤング、 マーサ・カーソン、 カーライルズを合わせて ツアーを行ないました。 私の生涯で この時のツアーほど 楽しかったことはありません。 私たちはひとつの大きな、 幸せな、 気が狂った家族でした。 ファーリン・ハスキーが皆なの人気者で、 特に可笑しかったのが 彼のサイモン・クラム・コメディでした。 (CD "Simon Crum a.k.a. Ferlin Husky" )

ある日、ショーが終わって、 次の公演地への長距離移動に備えて、 私たちが揃って ディナーを食べようとした時、 ファーリン・ハスキーがウエイトレスに 「何のスープがありますか?」 と尋ねました。

ウエイトレスは 「トマト、マッシュルーム、 チキン(にわとり)に ピー(豆)があります」 と答えました。

ファーリンはチキン・スープを注文しました。 ウエイトレスが去ると、 ファーリンは立ち上がり、 大きな声で叫びました。 「にわとりを捕まえて 、ピー(おしっこ)をさせろ!」

皆な死ぬほど笑いました。 エルヴィスも 肋骨にひびが入るんじゃないかと思えるほど 激しく笑いました。 私は まるで、 酔っ払ってしまったような感じでした。


(Jim Ed Brown, Maxine Brown, Elvis Presley, Bonnie Brown)

Elvis and the Browns at the Trio Club in Pine Bluff, Arkansas, December 15, 1956. The Trio Club was Elvis' favorite hangout in the early days; he loved Mamma's cooking. He came by for a visit with us on his way to the Louisiana Hayride, where he was making his final appearance.
"The Three Bells" Audio Sample by the Browns.
 1959年の大ヒット曲「谷間に三つの鐘がなる」 で有名なザ・ブラウンズ。
エルヴィスは特にボニー・ブラウンが好きで、 会う度に結婚を申し込んだそうですが、 ディキシー・ロックの存在や、 女性にだらしないエルヴィスを知っていたボニーは イエスと言えなかったのです。

We worked with Elvis Presley in 1955 and 1956 at the Louisiana Hayride in Shreveport, and we did other shows together. We were the first artists to ever work with Elvis. We worked with him until Jim Ed got drafted into the Army in 1956. Elvis was the perfect gentleman and we had a lot of fun together. I remember when we got top billing over Elvis, but that didn't last long. He was a superstar. Bonnie was a beautiful girl. And Elvis was madly in love with her. I think she cared for him too. And he loved our mama’s cooking.

Elvis's mom and dad went down to the Louisiana Hayride occasionally when Elvis was singing there. Often they'd go through Pine Bluff and make the trip south with my folks. They'd always sit together during the show and afterward we'd all go out to dinner together at the Al-Ida Restaurant and Motel owned by our good friend Junior Cloud.

One night when Elvis walked off stage after taking about five or six encore, Gladys got him by the arm and led him over to the side of the stage away from everyone and said, "Elvis, don't you have any drawers?" H said, "No ma'am, the only pair I own was dirty and Maxine wouldn't wash 'em.

I guess that's the only thing he could think of to say at the moment. I thought I would die laughing. But I had to keep it to myself because there was no way I could ever let Gladys know that her little boy didn't like to wear "drawers," especially on stage. Hell, he knew what he was doing! Gladys would always remind me to please take good care of her son while we were out on the road. I guess she thought I could watch over him because I was the oldest member of the group. But Lord hace mercy, who was gonna watch over me while I was watching over him?

Elvis began to spend a lot of time at our house in Pine Bluff after our shows rather than make the drive on to Memphis. Scotty and Bill, who were both married, would go on home. Elvis hung around our house and the Trio Club. Since our house was small, Norma would give Elvis her bed and sleep on the couch. Funny thing, though, Norma's bed was in the same bedroom with Momma and Daddy. But Elvis loved sleeping in the same room with them. He said he had grown up that way and liked the security of a mom and dad nearby.

Momma told us that Elvis was a troubled sleeper and had "the nervous leg." The proof of that was the way he ripped up Momma's sheets with his toes. He'd start a small hole and keep wiggling his foot in it in his sleep. By morning, he'd have that sheet almost in shreds. But Momma didn't seem to mind. She'd tell him she needed some new sheets anyway because everything she had was "hole-y."

Elvis couldn't sleep much at night no matter where he was. He never slept over three or four hours at a time at our house or in the motels where we stayed. Gladys always told us that he couldn't sleep at home either. I think the best sleep he ever got was in the back seat of the car while we were traveling from show to show. But even then he didn't sleep much. He was always pulling pranks on us as we drove along. Most of the time, he rode in our car with Bonnie, and I rode with Bill Black and Scotty Moore.


私たちは1955年から56にかけて、 ルイジアナ・ヘイライド その他で、 エルヴィスと仕事をしました。 私たちがエルヴィスと仕事をした 最初の歌手です。 ジム・エドが56年に徴兵されるまで 一緒でした。 エルヴィスは紳士的で、 私たちは楽しい時間を過ごしました。 最初は私たちの方が ショーのメイン・ゲストでしたが、 それも長くは続きませんでした。 彼はスーパースターでした。 妹のボニーは美しい少女で、 エルヴィスは彼女に夢中になりました。 彼女も彼が好きでした。 また、エルヴィスは 私たちのママの手料理も好きでした。

エルヴィスの出演する ルイジアナ・ヘイライドを 彼の両親が見に行くことも 時々ありました。 度々、 彼らはパイン・ブラフに寄って 私たちの家族と一緒に会場に向いました。 2人はいつも並んで座ってショーを見てました。 その後に一緒に、 友人のジュニア・クラウドが経営する アルアイダ・レストランに行って、 食事をしたのです。

ある夜、エルヴィスが 5,6回のアンコールのあと、 ステージから降りてきた時、 グラディスがエルヴィスの腕をつかんで、 ステージの端に引っ張って行き、 彼に「エルヴィス、ズロース(だぶだぶの長い下着)を履いてないでしょう?」と 問い詰めました。 その時、彼は 「いや、1枚しかないのが汚れたのに、 マキシンが洗ってくれないんだよ」 と言ったのです。

エルヴィスはその時、 そんな言い訳しか 思い付かなかったのでしょう。 私は死にそうになるぐらい笑いました。 でも、私はその事を黙ってました。 だって、グラディスに、 あなたのお子さん、 とりわけステージでは 「ズロース」を履きたくないみたいですよ、 なんて言えないでしょう。 全く彼は確信犯でした。 ツアーに出てる間、 いつもグラディスから どうぞ 息子の面倒を見てくださいねと念を押されました。 私がグループで1番年長でしたので (彼女はエルヴィスより4才年上)、 私ならエルヴィスを監視できると 思ったのでしょう。 でも神様、 私が彼の面倒を見てる間、 誰が私の面倒を見てくれるって 言うんでしょうね?

エルヴィスはショーが終わっても メンフィスに帰ることなく、 パイン・ブラフの私たちの家で過ごす時間が多くなりました。 結婚していたスコティとビルは 家に帰っても、 エルヴィスひとり 私たちの家とトリオ・クラブ (ブラウンズの両親が経営していたレストラン、 サパー・クラブ)で 時間を潰していたのです。 私たちの家は小さかったので、 妹のノーマがエルヴィスにベッドを貸し、 ノーマは長椅子で寝ました。 可笑しなことに、 ノーマのベッドは両親の寝室にあったのです。 しかし、 エルヴィスは 私たちの両親と同じ部屋で寝るのを望みました。 彼はその様な育ち方をしたらしく、 両親と一緒のほうが 安心だったのです。

ママは エルヴィスは寝相が悪くて、 行儀の悪い足の持ち主だと 言いました。 その証拠に 彼はママのベッド・シーツを つま先で破ったのです。 最初は小さな穴だったのに、 眠ってる間中 彼はその中で 足を動かし続けるものだから、 朝にはシーツをほとんど切り裂いていました。 でも、 ママは気にしてないようでした。 エルヴィスに 「穴だらけのシーツしかないから、 新しいシーツが何枚か要るわね」って 言ってました。

エルヴィスは 何処にいても あまり眠れませんでした。 私たちの家でも、 旅先のモーテルでも、 3、4時間しか眠りませんでした。 グラディスも、 彼は家でもほとんど眠れないのだと 言ってました。 最高の寝場所は ショーからショーへ移動中の 車の後部座席でしたが、 その時でさえ、 彼はあまり眠らずに、 私たちに悪ふざけばかりしました。 ほとんど場合、 エルヴィスがボニーを連れて 私たちの車を運転し、 私はビル・ブラック、 スコティ・ムーアと 一緒だったのです。


Tom Perryman threw this party at the Mimosa Tea Room at City Lake in Gladewater, Texas, in honor of Brown's twenty-fifth wedding anniversary in 1955.

(Clockwise from left) Floyd Brown, Birdie Brown, Norma Brown, Jim Ed Brown, Scotty Moore, Bill Black, D.J. Fontana, Floyd Cramer, Red West, Tom Tall, Jimmy Day, Elvis Presley, Billie Perryman, Tom Perryman, Perryman's children, Maxine Brown and Bonnie Brown.


Elvis still spent nights at our house rather than driving on to Memphis. Momma put on a feast one night for Elvis, his band, and the Carter Family. We were all playing a show together, and they came to our little house at 34 Cypress Drive. My, that was a time! Elvis was in charge of the evening's entertainment. He played the piano and got all of us singing - the Brown Trio, Mother Maybelle Carter and her daughters. I was always amazed as the years went on at how well Mother Maybelle had taught her kids to play and entertain and still be the most polite young Christian girls you'd ever meet. Most people don't realize that June Carter was an outstanding comedienne before she gained fame as a singer and the wife of Johnny Cash.

That night Elvis was at his very best. He was sweet and gracious and utterly charming, showing that winning side of his nature. Then, a few months later, he showed the other side. Late one night, we got a phone call from him. His car had broken down in the little town of Brinkley, halfway between Memphis and Little Rock. He wanted us to come and pick him up. Bonnie got out of bed, and she and Daddy each took one of our cars and drove all the way to Brinkley to see if they could get Elvis's car running. But his car had had it. It was a good thing Bonnie and Daddy had driven separately. You would have to know my Daddy to see how generous and willing he was to help out a friend. He told Elvis, Scotty, and Bill, "I'll let you boys borrow my brand new car".

Daddy had just bought a brand new Pontiac, and he let Elvis take it to his show date while Elvis's own car was being repaired. Well, it didn't work out that way. Those boys kept Daddy's new Pontiac for six weeks; Elvis never even called during all that time to let Daddy know when he'd bring the car home. When they did finally bring it back, it had twelve thousand miles on it, plus some dents, scraped fenders, and worn-out tires. The fellow who brought it back (Elvis was careful not to bring it back himself) never so much as gave Daddy a "thank you and kiss my foot." I have never seen my daddy so mad. It was a pretty tacky way for a king to act.

"You can't trust a hillbilly singer," Daddy said. This was one time we had to agree.

Elvis bought himself a new pink Cadillac right after this happened. The picture of Elvis and his first Cad was in all the papers. I felt sure he would make amends to Daddy for what he had done. But he never did.

Elvis had invited us to come by and see his new house in Memphis. So on one of our return trips from a recording session in Nashville, we drove out to Graceland to see his fancy digs. His folks were the same great people, and Elvis was prouder of that mansion than old King Solomon was of all his riches. Elvis ushered us into the ice cream parlor he had installed in the house and took great delight in fixing each one of us monstrous ice cream sodas.

The grand mansion and grounds were, as any Elvis fan knows, as fantastic as the Arabian Nights. We sat out on his veranda and talked a long, long time with him and his mom and dad. He seemed content there. We were proud of what he had accomplished, and he knew it. But he seemed a little uneasy about having all the finery and riches. He kept asking us what we thought. Finally Bonnie told him "This is all just great, and you deserve it if anybody does because you earned it." I think she sensed that he was feeling guilty deep down because he and his folks had been so poor all their lives. I really think it was a battle that Elvis fought inside for years to come. Maybe that's what drove him so much and accounted for all his excesses. When you can have it all, you find out it doesn't mean that much, because you can never quite get over the times when you knew you didn't have anything. While we were there at Graceland, Elvis's dad, Vernon, took me over to the far side of the swimming pool and told me Elvis was in love with Bonnie. He was planning to ask her to marry him.

In the early part of 1957, we once again stopped by Graceland to visit with the Presleys. Elvis told us how much he loved the words to our single "Money." He said he wanted to record it but that RCA and Elvis's manager, Col. Tom Parker, wouldn't let him. I said, "Elvis, that song isn't your type. It's a fast waltz and doesn't even sound like you".

"I would change the beat," he said. "Here, let me show you".

He tapped out the beat on the hood of our car and sang all the words. It was so beautiful. I can remember thinking, my God, if only we had done it to that beat, we might have had a hit. I think this showed just how talented he really was. I've often wondered why those words meant so much to him so early on in his career before having too much money became one of his problems.


エルヴィスはメンフィスに帰らず、 私たちの家で過ごすことが多くなりました。 ある夜、 ママはエルヴィスとバンド、 カーター・ファミリーの為に 宴席を設けました。 私たちは みんな一緒に ショーで回っていたので、 サイプレス通りの私たちの家に集まったのです。 あれは、凄かったわー! エルヴィスがその夜の宴会部長でした。 彼のピアノ伴奏で 私たちブラウン・トリオ、 マザー・メイベルと娘たちは歌いました。 年月が過ぎても、 マザー・メイベルは 何て上手に子供達に演奏を教え、 また信心深い女性に育て上げたのかと、 私はいつも感心してました。 ほとんどの人は知らないでしょうが、 ジューン・カーターは 歌手として知られるようになって、 ジョニー・キャッシュと結婚する以前は、 とっても可笑しなコメディエンヌでした。

あの夜のエルヴィスは最高でした。 彼は甘くて、優雅で、 生まれ持った魅力を発揮しました。 しかし、 その数ヶ月後、 彼は別の一面を見せたのです。 ある夜遅く、 彼から電話がかかってきました。 彼の車が メンフィスとリトルロックの間、 ブリンクリーで故障したのです。 彼は私たちに迎えを求めてきました。 寝ていたボニーと父が2台の車で、 エルヴィスの車が走るか見届けに、 ブリンクリーに駆けつけました。 しかし 彼の車はダメでした。 ボニーと父が2台の車で行ったことは賢明でした。 私の父は寛大で、 友人を助けることに喜びと感じる人でした。 彼はエルヴィス、 スコティ、ビルに 「私の新車を貸してやるよ」 と言ったのです。

父は 最新のポンティアックを買ったばかりでしたが、 車が修理から戻ってくるまで、 エルヴィスに その新車をツアーの移動に使わせました。 父の親切心は仇となって帰ってきました。 エルヴィスたちは 父の新車のポンティアックを 6週間も乗りまわし、 その間、 何の連絡も父に入れなかったのです。 やっと彼らが返しに来た時、 車の走行距離は2万キロに及び、 ボディはへこみ、 フェンダーはぼろぼろで、 タイヤは擦り減っていました。 車を返しに来た人物は (エルヴィスは賢明にも自分で返しに来なかった) 父に対する「感謝の言葉」ひとつ ありませんでした。 あれほど怒った父を 私は見たことがありませんでした。 エルヴィスともあろう人が、 あんないやなやり方をしたのです。

「ヒルビリー・シンガーを信用するんじゃないよ。」 父の言葉に私たちは同意しました。

この出来事のすぐ後に エルヴィスはピンクのキャデラックを買ったのです。 エルヴィスとキャデラックの写真が 多くの新聞に載りました。 私はエルヴィスが 父に償いをするであろうと 信じてましたが、 それはありませんでした。

私たちは エルヴィスからメンフィスの新しい家に 招待されました。 それで、 ナッシュビルでのレコーディングの帰り、 私たちはグレイスランドと呼ばれる 彼の豪華な住まいを見に行きました。 彼の家族は前と変わらず 良い人たちで、 エルヴィスはキング・ソロモンの財宝以上に 新居を自慢しました。 私たちは室内に設けられた アイス・クリーム・パーラーに案内されると、 エルヴィスは嬉しそうに 私たち全員に 大きなクリーム・ソーダを作りました。

その邸宅と庭は、 全てのエルヴィス・ファンが知ってるように、 アラビアン・ナイトのように 素晴らしいものでした。 私たちはベランダで、 エルヴィスと彼の両親と、 長い、長い時間 話しました。 彼は新居に満足してたようです。 私たちが彼の成功を喜んでいるのを、 彼は知ってました。 しかし、 彼はそれらの高級装飾品に 落ちつかないようでした。 彼は私たちの考えを聞きたがりました。 ボニーが彼に 「これは実に凄いことよ。 誰であろうと、 自分で稼いだんですもの、 持って当然なのよ」 と言いました。 彼の家族はずっと貧乏生活でしたので、 彼の心の奥底に罪の意識があると、 ボニーは感じていたのでしょう。 これは彼の生涯の内面の戦いであったと思います。 たぶん、 彼の行き過ぎた行為、浪費は ここに起因してたのでしょう。 全てを手にして初めて、 それが大して意味を持たないことに 気付きます。 何も持っていなことに気付いても、 決して 時間を取り戻すことは出来ないからです。 私たちがグレイスランドにいた時に、 エルヴィスの父親のバーノンが、 私をプールの端に連れて行き、 エルヴィスは ボニーに恋してると話しました。 エルヴィスは彼女に 結婚を申し込む予定でした。

1957年の初め頃、 再びグレイスランドの プレスリー家を訪問しました。 エルヴィスは私たちの当時のシングル盤 「マネー」の歌詞が好きだと話しました。 彼は録音したかったが、 RCAとマネージャーのパーカー大佐が 反対したそうです。 私は「あの曲はあなた向きじゃないわ。 早いワルツであなたのサウンドじゃない」 と言いました。

「ビートを変えるんだ。やってみようか」 と彼は言いました。

彼は車のボンネットを叩いてリズムを取り、 最後まで歌いました。 ああ、美しい。 もしあのように私たちが歌ってたら、 ヒットしただろうに と思いました。 彼には本当に才能があるんだと気付きました。 この歌詞の何処に 彼は惹かれたのであろうかと その時は不思議に思ったものです。 お金が彼のトラブルの原因の1つになる ずっと昔のことでした。



More Interviews
  • Patti Page, William A. Graham (here)
  • Joe Guercio, Kenny Wynn (here)
  • Steve Wynn, Ben Weisman (here)
  • Malcom Leo, Norm Crosby (here)
  • Jerry Weintraub (here)


www.ElvisWorld-Japan.com
Go to: Previous Elvis News(Mar.17-24, 2005)
Go to: Previous Elvis News(Mar.7-16, 2005)
Go to: Previous Elvis News(Feb.24-Mar.6, 2005)
Go to: Previous Elvis News(Feb.9-23, 2005)
Go to: Previous Elvis News(Feb.1-8, 2005)
Go to: Previous Elvis News(Jan.21-31, 2005)
Go to: Previous Elvis News(Jan.13-20, 2005)
Go to: Previous Elvis News(Jan.1-12, 2005)

And much more "Previous Elvis News" since 1996.
www.ElvisWorld-Japan.com