www.ElvisWorld-Japan.com
Don't touch

(Aug.19 - Oct.3, 2005)
(On Pink BG Color) Written in Japanese
(Compiled by Haruo Hirose)

www.ElvisWorld-Japan.com


(Oct. 3, 2005)

Rock In Golden Age, Vol.15
ロック栄光の50年〜 15号 [雑誌]

10月1日発売、¥740



(Oct. 3, 2005) (Sep.28, 2005) (Sep.20, 2005) (Sep.13, 2005)

Myrna Smith Interview

Myrna Smith Interview

Q : How did you get started singing for Elvis Presley show.

A : Well we had recorded in 1967 a song in Muscle Shoals. We had a session there. Atlantic sent us there to record. And, the session was going O.K. but there weren't any songs that kind of stood out. So a couple of the guys left the session, went into another room. Maybe 40 minutes later they came back with a song that was named after us called "Sweet Inspiration." And, it went on the album and it was our big hit and Elvis heard that song and liked it. And, so he got his people to get in touch. We didn't have to audition. He just knew that we were the ones that he wanted to sing because he wanted a soulful, R&B, gospel sounding female group and a gospel male group. He had it all planned. And so we did it without an audition. He just liked our record. He liked it so much he used it on Suspicious Minds too. But same writer though, same bass player.

Q : Where did you meet Elvis?

A : Well, we were starting rehearsals July of 1969 and we were all on the stage at what was then called the International and Elvis hadn't arrived yet, nor his entourage. And we're sitting there waiting for him to come in and all of a sudden he walks onto the stage, walks right over to us and plants a kiss on each one of us. That's how we met him.

Q : How were those rehearsals?

A : Well, he gave us pretty much a lot of freedom. Because what had happened was, his people had sent us probably a million albums. And we tried to have a rehearsal, but it didn't work because we weren't too familiar at the time with Elvis material and it was just we were bombarded with too much. So we waited until we got to Las Vegas to learn the songs. And as we rehearsed it we realized, "Oh I know this." But our backgrounds weren't the same sometimes as was on the record. But, he gave us the freedom to do that.

Q : Tell us about your first night in Vegas at the International.

A : I remember Elvis being very, very nervous. And I remember thinking, Gee I hope he has a good crowd. Because I knew he hadn't performed live on stage like that for a number of years, I think 10 years. So I was just hoping that, I had butterflies for him and was I surprised.

Q : Tell us about the relationship between Elvis and his audience?

A : He was very playful with the audience and I think he really cared about his fans. He wanted to give them a good show. But he sometimes got upset because I know the show was loud. And sometimes you'd see people their fingers in their ears and he'd get upset about that, saying, "They just have old ears." Because for us on stage, we have monitors, we hear something completely different from what the audience hears. But I know it's loud, but that's what rock 'n' roll supposed to be.

Q : The first performances outside was the Houston Astrodome. There was a story behind that.

A : Well, Elvis -- the Rodeo didn't want us to come. There was a message sent to leave the black girls, they didn't need the black girls. And so Elvis responded with, "Well if they don't come, I don't come." But he was really upset about it. There was one person in particular who had sent the message. So when we got there, we were greeted by this little blonde in a convertible and she had to drive us around and she was his daughter. So Elvis always made sure he got even. I'm sure he said, "And I want your daughter to drive them." But, when it was happening we didn't know. We learned that later.

Q : Tell us about Elvis generosity?

A : To a fault. Elvis was generous to a fault, I think. He gave away most of his fortune, y'know, when he was alive. He rewarded you because it made him feel good. And if he had something, he wanted to share it with you. And you could eat dinner at his house. Even if he stayed upstairs, y'know, dinner was still served at Graceland. And, then you could just sit around and wait for him to come downstairs and we'd go to the movies. And, he just gave us jewelry all the time, big rings that covered half my knuckle. And, he gave me an El Dorado. And he's given a lot of people that he didn't even know lots of things.

Q : Do you have specific gift that is special?

A : I have a gold purse. It's a little square gold purse that he gave me. And when he gave it to me it was full of silver dollars and he signed it inside, Love Elvis. That's pretty dear to me. And, well the reason he gave me the car, the car was dear to me, I just didn't feel that he had to do it. But he did. He felt that he had to do it because there was a little misunderstanding.

And some of the girls walked off stage. Well all of the girls walked off stage, Kathy, Estelle and Sylvia. But I was privy to information that they were not because I had been with Kathy the night before, so I knew what was going on. And the other, Sylvia and Estelle didn't. And, you never try to upset Elvis before a show and he was told not to introduce Kathy in a manner that would embarrass her. And so he introduced all of us in a manner that embarrassed us. So the girls walked off and I stayed and he put a ring on my finger and we talked tussled. Finally, I just kept it because it was holding up the show with him pushing it on my finger and me pulling it off. And then I was on the plane with him and Lisa Marie and, because I was with Jerry Schilling at the time. And, I took off the ring and I said I like the way this looks on you, and I put it on his finger. And he had the most hurt look in his eyes because if he gave you a gift, he didn't want you to return it. Because he didn't know how to say I'm sorry about anything. It's hard for him to say "You know what, I'm really sorry I did that." But he gave all the girls gifts, y'know, a couple of nights later because they missed a couple of nights. And, the next night he took that ring, threw it in the audience.

And a couple of weeks later I guess it was, I was at the house and he'd bought all these cars. I think 11, 12, 14 cars for the guys and all and himself. And I heard him ask Jerry "Come -- Jerry, I want to ask you a question?" Jerry went. And the question that he wanted to ask Jerry was "Is it all right if I buy Myrna a car?" And Jerry said sure. But he didn't tell me. He asked me if I would go with him to the Cadillac dealer to pick out a car for his dad because he's forgotten to buy his dad a car. I said sure. So I go and we pick. I pick out this brown, I don't know what it was, but a nice brown big Cadillac for his dad. And, it's nighttime. The place is closed. We're in the lot. Takes his flashlight out and goes looking, asks me what my favorite color was first. And goes looking around til he found a blue El Dorado and said, "There's your car." And, y'know, how do you respond. You're like What? What? But it was because he had to give me something. If I didn't accept the ring, I had to accept the car, y'know, or he would have just kept doing something like that. But I really appreciated it.

Q : Elvis did have a tender heart?

A : Very. He was easily embarrassed and easily hurt and very forgiving because I've seen people do things to him and -- y'know, he'd be angry at first, really angry. Then he'd calm down gradually and then he'd show them nothing but love. Buy 'em some incredible house or whatever.

マーナ・スミス・インタビュー

Q : エルヴィス・プレスリー・ショーで 歌うことになった きっかけは 何だったのですか?

A : 1967年に、 私たちはマッスル・ショールスで レコーディングしたの。 アトランチック・レコードに そこに行かされたんだけど。 それで、 セッション自体はうまく行ったんだけど、 特に良い曲って無かったのよ。 それで、 2人の男性が別室に消えて、 40分後に、 私たちの名前の曲 "Sweet Inspiration" を書き上げて、 出てきたの。 それがアルバムになり、 私たち最大のヒット曲になり、 エルヴィスが曲を聴いて、 気に入ったんでしょうね。 そして、 彼の側の人から 連絡してきたのよ。 私たちには オーディションは無かったの。 エルヴィスは 私たちが彼の求めるグループと分ってたのよ。 だって、 彼はソウルフルで、 R&Bで、 ゴスペル・サウンドの女性コーラスと、 男性ゴスペル・グループを探してたの。 全て計画されてたのよ。 それで、 私たちは オーディションの 必要が無かったって訳ね。 エルヴィスは 私たちのレコードを 気に入ってたから、 "Suspicious Minds" でも使ったの。 まあ、同じ作家で、 同じベース奏者でもあったんだけど。

Q : 何処で、エルヴィスと 初めて会いましたか?

A : 1969年の7月に リハーサルを始めたの。 当時、 インターナショナルと呼ばれてた ホテルのステージに 全員が集まっていたんだけど、 エルヴィスも、 彼のグループも まだ来てなかったの。 彼の到着を待っていると、 突然、ステージに現れて、 まっすぐに 私たちの方にやってきて、 ひとりひとりにキスしたのよ。 そんな風に会ったの。

Q : リハーサルはどうでしたか?

A : 彼は 私たちにとても自由に やらせてくれたわ。 こんなのだったの。 彼から多分 全てのアルバムが送られてきて、 私たちはリハーサルを しようとしたんだけど、 上手く行かなかったの。 私たちは あの当時のエルヴィスの作品を よく知らなかったし、 多すぎたのね。 それで、 ラスベガスに行ってから 練習すればよいと考えたの。 そして、 リハーサルをしていくと、 「あら、これ、知ってるわ」 ってことになるの。 私たちのバックグランドと レコードは、 時には同じじゃなかった。 でも、彼は 私たちの自由にさせてくれたの。

Q : インターナショナル・ホテルの オープニング・ナイトについて お聞かせ下さい。

A : エルヴィスは とても緊張してたのを覚えてるわ。 そして、 私は良い観客であれと願ったわ。 彼は長い間、 10年もライブ・コンサートを やってなかったのを知ってたので、 きっとそう願ったのね。 彼のことを心配してたんだけど、 そんな必要はなかったわ。

Q : エルヴィスと観客との関係について お聞かせ下さい。

A : 彼は観客とのやり取りを好んだの。 彼はファンのことを考えてたと思うわ。 彼は良いショーを見せたがっていたんだけど、 時には困ってたこともあったわ。 というのも、 ショーの音がうるさかったのよ。 耳に指で栓をしてる人を見ることもあったわ。 彼は「年寄りの耳には困ったもんだ」 と言ってた。 ステージの私たちが聴く モニターの音と 観客の聴く音とは 全く違うのね。 でも、 音が大きかったのは確かで、 それがロックン・ロールというものなのよ。

Q : 初めての地方公演は ヒューストン・アストロドームでした。 その時の裏話がありましたね。

A : ええ。 ヒューストンのロデオ組合は 私たちを歓迎しなかったの。 黒人の女性を連れてくるなっていう メッセージが届いたの。 彼らは黒人の女性を嫌ってたの。 それで、 エルヴィスの返答は 「彼女たちが行けないのなら、 僕も行かない」って。 でも、 実際のエルヴィスは その事にとても困惑してたの。 そのメッセージを送った人物がいて、 私たちがアストロドームに到着した時、 ブロンド女性の運転する コンバーチブルで 場内を一周したたんだけど、 その女性が彼の娘だったの。 エルヴィスは おあいこだと思ってた。 彼は「あなたの娘さんに 運転をお願いします」 って言ったの。 でも実際は、 その時には 私たちはその事を知らなくて、 後で知ったのよ。

Q : エルヴィスの気前良さについて 話して頂けますか?

A : 良すぎるのよ。 エルヴィスは気前が良すぎたと思うわ。 彼は生存中に 全財産を分け与えていたの。 彼は与えることで 気分を良くしてたのよ。 そして、 何かある度に、 贈物をしてたわ。 彼の家では いつでもディナーが食べられた。 彼が2階から出てこなくても、 グレイスランドでは ディナーが用意されてたの。 彼が降りてくるのを、 雑談しながら待って、 映画にでも行くの。 よく宝石も貰ったわね。 指が隠れるほどの 大きなリングよ。 私は車のエルドラドも貰った。 彼はよく知らない人にまで あげてたのよ。

Q : 何か特別な贈物はありましたか?

A : 金の財布を貰ったわ。 四角い小さな金の財布だった。 彼からもらった時、 銀の1ドル硬貨が詰められていて、 中に "Love Elvis" って 彼のサインが書かれていたの。 私にとって高価な物だったわ。 そして、 彼が私に車を贈る理由も、 私にとって 車は高価だったからなの。 彼はそんなことする必要は なかったんだけど、 したの。 ちょっとした行き違いがあって、 しなければならないと 思ったのでしょう。

(75年のアシュビルでのコンサートで) 何人かの女の子が ステージから降りたでしょ。 みんなステージを降りちゃったの。 キャシー、 エステルにシルビア。 しかし、 私は前夜 キャシーと一緒だったので、 勘違いだと知ってたの。 私は事情を知ってたんだけど、 シルビアとエステルは 知らなかったのよ。 ショーの前に エルヴィスにつまらない事を言っちゃ ダメなの。 彼はキャシーの紹介を ちゃんとするように言われたの。 それで、 逆に彼は みんなの紹介をふざけてやったの。 それで、 みんながステージを降りたのよ。 私だけが残ったので、 エルヴィスは指輪を外して、 私の指に嵌めようとしたので、 私は断わったのよ。 2人で指輪をあげる、 いらないと言ってたのでは ショーが進まないので、 私が一旦 その指輪を預かったの。 そして、 私は飛行機で エルヴィスとリサ・マリーと一緒だった。 あの時、 私はジェリー・シリングと 付き合ってたからよ。 それで、 私は指輪を外して、 「これはあなたのほうが似合うわ」って、 彼に返したの。 あの時のエルヴィスって、 それまで見たことも無い 悲しそうな目をしてたわ。 彼は贈物をして、 返されるのがイヤなのよ。 彼は謝ることを知らないの。 彼って「僕が悪かった」の 一言が言えないのよ。 それで、 2日後に みんなに贈物をしたの。 2日間 戻って来なかったので 会えなかったからよ。 あの指輪は、 次の日に 彼が客席に投げちゃったわ。

そして、 2週間後だったと思うわ。 私が彼の家にいた時、 エルヴィスがみんなに車を買ったの。 11、12、14台ぐらいかしら。 全員によ。 彼自身のも。 彼がジェリーに 「ジェリー、こっちに。 ちょっと尋ねていいかな。 マーナに車を買ってやっても良いかな?」って。 ジェリーはうなづいたんだけど、 私には直接言わなかったのよ。 それで、 彼は父親の車を買うので 私に一緒に キャデラックの販売店に行って欲しいと。 彼は父親の車を買うのを忘れてたのよ。 私は「いいわ」って。 それで、 選びに行ったの。 私はよく知らないんだけど、 ブラウンの大きなキャデラックを 父親用に選んだの。 あの時は夜で、 店は閉まってたの。 私たちは懐中電灯を照らして 探したのよ。 彼は最初に、 私に好きな色を訊いてきたわ。 やっと、 ブルーのエルドラドを見つけて、 「あれは君の車」だって。 どう返事すればいいっていうわけ? 「何なの? 何なの?」 って感じなのよ。 彼はとにかく 私に贈物をしたかったのよ。 私が指輪を受け取らなかったものだから、 車を受け取らないことには 済まないのよ。 でなければ、 何か受け取るまで 彼は贈物を し続けたわ。 でも、 有難かったんだけどね。

Q : エルヴィスは 優しい心の持ち主でしたか?

A : とてもね。 彼は神経が細やかで、 とても傷つきやすかったんだけど、 根に持たない人だったの。 何度も見たことがあるのよ。 その人の行動に対して、 最初、 エルヴィスは怒るんだけど、 だんだん冷めてくると、 好きになって、 家とか買い与えたりするのよ。


Q : Can you explain Elvis sense of humor?

A : Sick. We used to call him squirrelly. Cause he knew we didn't like guns and he loved them. And every night he would come into our dressing room because we were right across from him. After he changed clothes from his show clothes, he'd come into our dressing room, especially if he had a new outfit he wanted us to see. And, he would always take out the gun just because we were scared of it, and start laughing. But, he liked to play with water guns. Y'know, he'd shoot us onstage. We got water guns. He'd come with bigger with machine water guns. So he was very playful.

Q : Were there a lot of hijinks backstage?

A : Not before show. Mostly it was, he would do it onstage. He would do things onstage. But we would do things to him too, like take black tape and put it on our teeth and then when he looked over we'd smile. Do things to crack him up. But he was so nervous before a show that he wasn't ready to play around.

Q : Can you think of one practical joke on the girls?

A : Oh, on us? Elvis really cared about our feelings a lot and he never let anybody disrespect us except for him. Y'know, but he did it playfully. I can't think of any practical joke that he played on me, but yeah, I can. I don't know if it was a joke or not. He took me for a ride in his, let's see, it was a yellow Pantera. He had this little sports car and he asked me if I would take a ride with him. He was so proud of this little car. It was a two-seater. And so I got in the car with him and we'd go down -- leave Graceland, go through the gates and he must have been doing 130 miles an hour. And I knew he was trying to frighten me so I'm just sitting there, y'know, trying to be cool, just sweating. But he kept looking over at me. As we got back, he pulls up to the front. I got out and he said, "How do you like it?" I said, "Oh, it's O.K." And because he didn't frighten me, he took a gun and he shot the car! He just shot the dashboard. And I think that's pretty expensive car, isn't it?

Q : Oh yeah.

A : But I remember, it was Vale, Colorado. And, we couldn't go out during the day so we would go out at night. And all the guys were there and their girlfriends. We'd go out at night, but we wouldn't ski. We would take little, like garbage can tops, just little things, and go down, slide down the hill or he had a ski bike like, and the police came, y'know, security or whatever, came and because they had all ready smoothed out the slopes for the next morning and we were messing it all up. And Elvis has on this ski hat, it was covering this part of his face and his whole head and they said "You guys, y'know, you can't do this. You have to leave." And Elvis walks up and says "Don't you know who I am?" Guy says, "No, I don't know who you are, I'm Elvis Presley. Sure!" And he shows him his face and says, "Oh, we'll have fun." So he takes me up on one of those bikes. I'm sitting on the back and he's driving and we just tumble all in the snow and tear it up. But it was fun. None of us got hurt. He was a daredevil. He drove fast. But he's a very good driver. He'd take out his little siren and put it up there. Stop people if they were speeding. Walk up to their car. But can you imagine being pulled over and Elvis Presley walks up to your car and says I want you to slow down. He didn't give you a ticket.

Q : Tell us about rehearsals with Joe Guercio.

A : When Joe Guercio became conductor for the orchestra at the Hilton and we had to open the show. We did like 20, 22 minutes before the comedian. Before Joe we kinda put our show together ourselves and Joe thought that we could be more Vegas, more slick. And so he put together with our input, and sometimes his ideas overpowered ours because they were better, he'd come up with three or four songs that we should do in our set. And then he would rehearse us. He would have our charts done and he would rehearse us with Ron Feur who's a great audio player. And then we'd have, I mean, the whole orchestra would have parts. And we had our own rhythm section that we took with us. And he'd make sure that our rhythm section couldn't read music, they just played. So he'd make sure that they knew what they were doing. So I think our show really improved when Joe became conductor.

And a lot of times people aren't given credit. But I'd just like to give Joe credit because, y'know, he's put together lots of things for lots of entertainers. He's worked for Gladys Knight. He put together things for her that he's never gotten credit for. He worked with Natalie Cole. And, you know the thing that David Foster with her and her dad? Well, Joe's never been given credit for that. But that was Joe's idea. Y'know, he just wants the credit. And I hope that this stays in so he'll get credit for that. Because he did it long before David Foster ever put it on a record. He's a wonderful man and Elvis loved him because he's a jokester. I hated Joe when I first met him.

Q : Why's that?

A : Because he just walked up to me and just pinched me on the butt! I went like "How dare you?" and he laughed. I said this is a crude man. But then his wife was around, he did it around his wife. I says "Oh, that's just Joe."

Q : How did you prepare for the Aloha concert?

A : Well actually we didn't have to do any more preparation than normal. That was all in the hands of directors and producers and the Colonel. Elvis had to look gorgeous and he did. He looked absolutely stunning on that show. He was down to a good weight. He was down to the weight that he was when I first met him in 1969. And when he came on that stage he had on a chocolate brown suit and no shirt and he was dark, tan and most gorgeous man I've ever seen. And, he wanted to look good for the Hawaii thing. But actually, I don't think we really knew what was going on. They said satellite, y'know. And it didn't click with me. It was just a TV show as far as I was concerned. I think we were informed that it was gonna be satellite, but that was so new to me, and I'm not technical at all. So I didn't know that it was going to be shown the way it was.

Q : Why did Elvis want to record at Graceland only?

A : Well, I only remember one time that he recorded at Graceland. That was the last album, cause I was there on that one. But, I remember going to sessions at RCA when he was recording. And, we were supposed to do a session on Nashville that I was at, but he didn't make it to that one. He cancelled at the last minute and we all had to go home, but he paid us. But he didn't feel, that's when he was not feeling very sure of himself. And he was tired of doing the same thing. He wanted to start branching out and doing other things. He wanted to act really badly, but not the kind of movies he was acting in. He wanted to be a dramatic actor. And, he was very hurt when a couple of things that were offered him he couldn't do because of, y'know, ego problems.

Q : Like "A Star is Born," for example?

A : Yeah. Well, the Colonel told him that it would be a problem because, there would be a problem with billing because who was gonna get top billing? Elvis or Barbra Streisand? And, of course, Barbra Streisand had brought the idea to Elvis. She and Jon Peters came to the dressing room one night and they were down there until about 5 o'clock in the morning and they were talking to Elvis and he was so excited. They explained the concept. So excited. And then, next night he came down to do the show and it was just like somebody had pulled the rug from under him. He was just real down because the Colonel had talked him out of it for professional reasons. And, Elvis really wanted to do it and he would have been great in it.

Q : Is there a story about Priscilla and Elvis?

A : A story about Elvis and Priscilla. Just that they were great parents. And they both have hearts of gold. Elvis had a heart of gold. Priscilla has a heart of gold still. I mean, I had some personal problems and recently, and I get a phone call and she says, "Myrna, you know, if there's anything you need, you can call me." And I know she means that, y'know? And her mom was trying to help me with my house. Y'know, I was trying to buy this house that I already bought and I was having some problems and her mom is in real estate. She was helping me. Priscilla was helping me. Her sister, Michelle, Gary. I mean, they just, it's a wonderful family.


Q : エルヴィスのユーモアのセンスについて 話して頂けますか?

A : ひどかった。 私たちは彼のことを 「(リスのような)おバカさん」 と呼んでたの。 というのも、 彼は私たちが 銃が好きでないのを知りながら、 銃を楽しんでたの。 毎晩、 彼は私たちの楽屋に来たわ。 私たちの楽屋が 彼の楽屋の前だったからでも あったんだけど、 彼はショーが終わって 着替えてから、 私たちの楽屋に来たの。 特に新しい衣装が届いた時は、 私たちに見せたがったのね。 そして 彼はいつも 銃を持って来たのよ。 私たちが恐がるのを見て、 喜ぶの。 そして、 水鉄砲も 彼のお気に入りだったわ。 ステージ上で私たちに向って 撃ったのよ。 私たちも水鉄砲を持ってたわ。 彼のは大きくて 機械仕掛けだった。 彼って冗談好きだったのよ。

Q : バックステージで 悪ふざけをしましたか?

A : ショーの前にはしなかった。 ほとんどが ステージ上だったわ。 彼がやるので、 私たちもやり返したの。 前歯に黒テープを貼って、 彼が私たちの方を見た時に 笑うのよ。 彼を笑わせようとしたの。 ショーの前は 彼はナーバスになってたので、 お遊びどころじゃなかったの。

Q : エルヴィスは どのようなイタズラをしましたか?

A : 私たちに? エルヴィスは 私たちの感情を 気遣ってくれてたので、 誰にも私たちに 無礼な真似はさせなかったの。 彼以外の人にはね。 彼はイタズラ好きだったの。 特に彼が私にしたイタズラって 思い出せないんだけど。 そうだ。 これって イタズラとは言えないんだけど、 ある時、 私をドライブに誘ってくれたの。 彼の車、 黄色のパンテラだったわ。 あの小さなスポーツ・カーで、 私にドライブに行かないかってね。 あれはエルヴィスの お気に入りの車だったの。 2人乗りでね。 彼の横に乗って出かけたわ。 グレイスランドからよ。 門を出ると、 時速200キロは出してたわね。 彼は私を恐がらせようとしてると 分ってたから、 私は何でもないように 装ってたんだけど、 汗びっしょりだったわ。 彼は私のほうを チラチラ見てた。 家に着くと、 彼がドアを開けて、 私が車から降りると、 「どうだった?」と 尋ねてきたの。 私は「楽しかったわ」 と答えたの。 すると 彼は、 私を恐がらすことができなかった と分って、 銃を取出して、 あの車を撃ったのよ。 ダッシュボードのところだったわ。 あの車って 高価だったと思うんだけど、 そうでしょ?

Q : そうですよ。

A : また思い出したわ。 コロラド州ベイルに 行った時のことよ。 私たちは 日中には出られなかったので、 夜に出かけてたの。 男たちも皆な いたわ。 ガールフレンド連れでね。 夜しか出ないので、 スキーは出来なかったの。 私たちは小さな、 ゴミ箱のフタのようなので 滑ってたの。 ジェット・スキーもあったわね。 すると 警察がくるのよ。 警備員だったかもしれないけど、 彼らはゲレンデを 次の朝までに 綺麗に均しておくのよ。 そこを私たちは 台無しにしちゃったってわけ。 エルヴィスは あのスキー帽を被ってたの。 顔をすっぽり覆う 目だし帽よ。 彼らが 「君たち、 ダメだろう。 あっちに行きなさい」って。 エルヴィスは 彼らに向って 「君は私を誰だと思ってるんだ?」と言うと、 ひとりが 「さあ、知らないね。 エルヴィス・プレスリーだとでも 言いたいんだろう。 きっと」 と言ったんだ。 エルヴィスはスキー帽をとって、 顔を見せて言ったんだ。 「楽しくやろうじゃないか」 ってね。 それで、 エルヴィスは私を 1台のジェット・スキーに乗せたの。 私は彼の後ろに乗って、 飛び出して行ったの。 雪の中で転んで、 メチャクチャだったけど、 楽しかったわ。 誰も怪我しなかったしね。 彼って 向こう見ずなところがあったの。 スピード狂だったしさ。 でも 運転は上手だったわ。 小さなサイレンを屋根に載せて、 スピード違反の車を止めて、 注意しに行くのよ。 想像できる? 車を止めると、 エルヴィス・プレスリーがやってきて、 「スピードを落しなさい」 なんて言いに来るのよ。 違反チケットを 切ることはなかったけどさ。

Q : ジョー・ガーショとのリハーサルについて 話してください。

A : ジョー・ガーショが ヒルトンのオーケストラの 指揮者になった時、 私たちはショーの前座で、 20、22分間歌ったあとに、 コメディアンが出てきてたの。 ジョーが来る前は、 私たち自身で考えて やってたんだけど、 ジョーは もっとベガスらしいもの、 洗練されたものを やるべきだと 考えたのね。 私たちの意見も参考に、 彼がまとめてくれたんだけど、 彼のアイデアのほうが 私たちのより良かったのよ。 それで、 彼の薦める曲を 3、4曲、 私たちのレパートリーに 入れたりしたの。 それで、 彼とリハーサルをしたの。 彼が楽譜を書いてくれて、 優れた演奏家のロン・ファーと リハーサルしたのよ。 オーケストラに 私たち専属の リズム・セクションがいたのよ。 私たちのリズム・セクションは 楽譜が読めなくて、 ただ弾くだけだったから、 うまく演奏できるか 確認したかったのよ。 ジョーが指揮者になってから、 私たちのショーは 本当に良くなったと思うわ。

その人の功績が認められないケースって 多々あるんだけど、 私はジョーの功績を 認めてあげたいわ。 彼は多くの歌手の為に いろんなことをしてきたのよ。 グラディス・ナイトにしたことも 認められてないわ。 ナタリー・コールのもそうよ。 デビッド・フォスターが 彼女と父親のナット・キング・コールの デュエットをやったのは知ってるわね? あれって ジョーの功績なの。 ジョーのアイデアなのよ。 彼は権利を主張すべきだわ。 あのショーが続くかぎり、 彼の名前がクレジットされるべきなの。 デビッド・フォスターがレコードにする ずっと以前から ジョーがやってたのよ。 彼はすばらしい人で、 エルヴィスも気に入ってたわ。 冗談家だったからよ。 でも、 初めて会った時、 私は嫌いだったわ。

Q : どうして?

A : 彼は私に近づいてきて、 私のお尻をつねったの。 「何すんのよ」って 言ってやったわ。 彼はニヤニヤしてた。 スケベ親父よ。 でも、彼の奥さんにも、 同じようにしてたのよ。 「全く、ジョーったら」ってね。

Q : ハワイ・コンサートでは、 十分な準備をしたのですか?

A : 実際は、 普段以上のことはしなかったわ。 全ては ディレクター、 プロデューサー、 大佐に委ねられてたの。 エルヴィスは ゴージャスに見せる必要があったけど、 あのショーのエルヴィスは 全く素晴らしかったわね。 身体も引き締まってたし、 体重を落して、 まるで 1969年に初めて会った時の 彼のようだったわ。 あの時は チョコレート・ブラウンのスーツを 素肌に着て、 ステージに出てたの。 日焼けして、 浅黒くて、 あんなゴージャスな男性は 見たことがなかったわ。 彼はハワイでも 良く見えるように望んだの。 しかし、 本当のところは、 私たちは何も知らなくて、 衛星中継と言われたってね、 ピンと来なかったわ。 私にとって 他のTVショーと 違わなかったの。 衛星中継されるとは 教えられたけど、 初めてだし、 技術的なことは知らないし、 あんなことになってたなんて 知らなかったのよ。

Q : 何故、エルヴィスは グレイスランドでしか レコーディングしたがらなかったのでしょうか?

A : グレイスランドで レコーディングしたのは 1度だけよ。 最後のアルバムで、 私もその場にいたの。 こんなこともあったわ。 ナッシュビルのRCAでの セッションに行ったんだけど、 エルヴィスは現れなかったの。 間際になって キャンセルされて、 私たちみんな家に帰ったの。 でも、 お金は貰ったわ。 彼は体調が優れなくて、 きっと自信が無かったんでしょう。 彼は 同じことの繰り返しに 飽きてたのよ。 別のことをやりたがってたわ。 映画をやりたがってた。 かといって、 昔のような映画じゃないわよ。 彼は演技派俳優になりたがってたの。 2件ほど オファーがあったのに、 出られなくて 彼はガッカリしてたの。 プライドの問題だったのよ。

Q : 「スター誕生」のことですね?

A : ええ、 大佐が彼に 問題があると言ったのよ。 名前の順番の問題よ。 トップは誰かってことなのよ。 エルヴィス? バーブラ? もちろん、 バーブラが エルヴィスに持ってきた アイデアだったでしょ。 彼女とジョン・ピータースが ある晩、 ドレッシング・ルームにやって来て、 そこで 朝の5時まで エルヴィスと話してた。 彼は興奮してたわ。 コンセプトを聞いて、 非常に興奮してたの。 そして 次の夜、 エルヴィスがショーのために 降りて来た時、 彼はまるで 誰かに足元をすくわれたって 感じだったの。 彼はすごく落ち込んでたの。 大佐が 専門的な立場から 止めるように彼に言ったのよ。 エルヴィスはやりたがってたし、 きっとうまく行ったでしょうに。

Q : プリシラとエルヴィス、 2人の話ってありますか?

A : エルヴィスとプリシラのことって。 本当に、2人は 良い親だったってことね。 2人とも 黄金の心の持ち主だった。 エルヴィスは黄金の心を持ってたし、 プリシラは今も 黄金の心を持ってるわ。 最近、 私に個人的なトラブルがあって、 プリシラから 電話がかかってきたの。 「マーナ、 困ってることがあるなら、 私に電話してくれなくちゃ」 と言ってくれたの。 彼女の言いたいことが 分ったわ。 彼女の母親が 力になってくれたのよ。 私は家のことで トラブルがあったの。 私の家なのに、 買わなくてはならなくなったのよ。 彼女の母親は 不動産の仕事をしてるから、 私を助けてくれたの。 プリシラも助けてくれた。 ミシェルもゲィリーも。 彼らって、 素晴らしい家族だわ。


Q : How was he the last couple of years?

A : I don't know what they saw, but he wasn't depressed when he was around us because we kept him laughing. When I would be around him when the other girls were not, he didn't seem to be, I mean he would have days when he wasn't up to par, just like the rest of us. But I had no idea that, I mean I'd seen him in the hospital with liver problems, with sleep problems and just staying awake for weeks without sleep. And he was all turned around. Like I am, y'know. I go to bed at five o'clock in the morning. Sometimes, y'know. But, I can't go to sleep before three because it's just from the lifestyle. But I've learned not to take anything to come. I go to sleep when my body finally gets tired because, y'know, taking medication to make you go to sleep means you're gonna have to take medication to wake you up. And then you have to take medication to keep you even. So, if I don't sleep, I just don't sleep.

Q : There was no air-conditioning in Rapid City?

A : I don't remember it, no air conditioning?

Q : There was a new building.

A : Oh yeah!

Q : Elvis make-up looked smeared.

A : Well he didn't actually wear that -- oh well, because they were filming, yeah. Yeah. When they did that special I thought Elvis looked great. When you're around somebody a lot, you don't notice that they've put on weight. Plus I had seen him heavy before and he lost it. But, he had been so much heavier before that, that when I saw him I thought he looked fabulous. Jerry called me after we had done the taping and said, "Well how did Elvis look?" I said, "He looked great". And then when I saw the show after Elvis died, I went like "Oh, my God. He didn't look like that to me". But, y'know, when you love somebody I guess, you know, you want them to look good, so they do.

Q : Were you on the way to Portland when you found out he passed away?

A : Yeah, we were in the air. And, I guess the pilot got information for us to turn around and go back to Burbank, because we were on the show plane. And, we thought probably we had left somebody and so we landed so we could tell them to tell the person we left to take a commercial flight, or whatever. And to find out what was wrong. And I don't remember where we landed. I think it was Utah. I'm not sure. Because, Marty Harrell is the one that went into -- it seemed like a small airfield, but I didn't get off the plane cause -- everybody got off and I was just sick of it, y'know? And Marty came back on the plane and said "Myrna, why don't you get off because what I have to say I can only say one time." So I get off and Marty had called, I don't know if he talked to Joe Esposito or Colonel Parker. But, he found out that something had happened and he got us all in a circle, the TCB Band, the ones from California and the singers that were from California because we were the ones taking that plane. And when he said, "Alex says Elvis is dead." And it's like, "Elvis!" You didn't expect him to -- you never thought about death with him, that it would happen to him. It just seemed like he was immune to it. Y'know, because he had been sick. He'd been through a lot and he was crazy. So you don't expect it to happen -- it's like thinking about, Oh my goodness. What's gonna happen when I die? And you don't really think about something like that. Where am I gonna go when I die? And what's in gonna be like? I didn't want to think about stuff like that. So, I just, I lost it. And, they had to sedate me. But I had enough sense, as soon as the plane landed back in Burbank and I got home, I immediately got on the phone and made a plane reservation. And it's lucky that I did because an hour later I couldn't have gotten one. I forgot to make a hotel reservation, but I made a plane reservation. So, I flew out and I was there for the funeral.

Q : Do you have special memory of Elvis?

A : Yeah, it's kinda corny, but one night we were all in the penthouse. This is when we first met him, y'know. He had us up at the penthouse and he was playing 45s. We were having a little party, a little get-together, drinks at the bar and stuff. And, Elvis came up to me and said "Do you wanna dance?" It was a slow record. So I said, "O.K." And I don't think that Elvis had ever danced with a black woman before because he started dancing with me, his whole body, I felt like just grabbing him and holding him cause his whole body was trembling. And, but he was, y'know, he was shy anyway. But all these girls, y'know, that he'd been around and he's this macho lover, whatever, and he was just a little boy then. But that's what he was, y'know. I looked upon him, a part of my family, like. My mother, when he died and I was screaming, my mother said, "He's not in the family. What are you cry, what are you breaking up?" Because I love him, he's like a brother. You already got a brother. She didn't understand then, but she does now.

Q : Tell us about "Elvis the Concert."

A : Oh, it's a fabulous show, I wish it could go on forever. The concept is there is a screen on the stage with Elvis image with certain parts of the concerts that he's done and his voice. And the band, the TCB Band, is taken out. The voices are taken out and the orchestra is taken out. So all that's on that screen is Elvis image and his voice. So, everybody else, the TCB Band, Sweet Inspirations, the Stamps and Imperials, Joe Guercio and Ron Fuhrer were all people that played with Elvis when he was alive. And there's a click track that Joe Guercio listens to, and Ronnie Tutt, so they can make sure that everything goes -- so Elvis is not in one place and we're in another, cause that has happened a couple of times. But, it is fabulous. Audiences actually scream, they take pictures, it's like he's there. But if you've never seen Elvis in person, y'know, when he was alive. I mean I get excited every night about it. I have fun. First it was kinda eerie for me, but now, we work harder on this show than we did when he was alive. Because we know he's not really there, y'know. So, cause when he was there we pulled for him and he looked at us for support. Y'know, he was always looking over. If he hit a run, a really nice note or something, he'd look at us, y'know. We'd give him the high sign. But, without him there, y'know, you have to put a little more energy into the show. But audiences, especially in Europe, I don't know why it's not such a big thing in the United States. But I don't think they grasped the concept. They think that we're gonna have an Elvis impersonator I think, because the promoters don't really sell the show.

The good thing about "Elvis, the Concert" is, I mean, I don't know if it's good or not. They had footage of us in the 70s which they'd show on the side screen and sometimes in the middle. And then they have us, they'll show like, the cameraman will have a camera on me and then you'll see me in the 70s. And people go like, you can see 'em going, like that, I believe, that's her. That's her. And one guy said to me, cause I had a big afro then. He said, "You look exactly like your mother." I said, "What are you talking about?" He said, "In that film, is that your mother?" I said, "No, it's me." But, it's a lot of fun.

Q : What is the most popular country that "Elvis the Concert" has played?

A : Let's see, most popular. We've been to England a lot. We've been to Germany. We did a lot of shows in Germany. Scotland. The most popular? Japan, maybe. Cause, y'know, Japanese audiences are very quiet and the women are very, y'know, coy. But they just got up and started screaming. I worked for Tom Jones from 82 to 84 and, y'know, he interacts with his audience like Elvis did. And, when I was in Japan with him, the Japanese women will come up to the stage and as Tom would bend down to give 'em a kiss, they'd back away. And so, well in 82 -- they've changed a little now. But in the 80s, Japanese women were more reserved than they are now. But, when we were there with the concert, they were screaming. I mean it's a new thing with Japanese now. They're more loose, y'know.


Q : エルヴィスの最後の年は どうだったのですか?

A : 一般には どのように見られてたか 分らないんだけど、 私たちと一緒の時のエルヴィスは 元気がないことはなかったの。 いつも笑いが絶えなかったしね。 他のメンバーがいなくて 私とだけの時、 元気なさそうに見えた時もあったわ。 彼だって、 調子の悪い時もあったの。 私たちと同じようにね。 でも、 それほど悪いとは 考えもしなかったの。 入院した彼も知ってるわよ。 肝臓障害や 睡眠障害でね。 彼って 何週間も眠れなかったことがあったの。 彼って遅くまで起きてたのよ。 私も同じよ。 時には5時に寝ることもあるのよ。 3時前に寝ることはないわね。 これって 生活習慣なのよ。 でも 私は薬を摂ることはないわ。 眠くなった時に寝るの。 薬で眠ると、 起きるのにも薬が必要となるの。 それで 薬が習慣になるのよ。 私は眠くない時は、 眠らないだけなの。

Q : ラピッド・シティの会場は エアコンが無かったのですか? (ラピッド・シティで "Elvis in Concert" TV Special が収録された。)

A : 覚えてないわ。 エアコンなかったの?

Q : 新しい建物だったよ。

A : そうだわね。

Q : エルヴィスのメイクが 汗でにじんでるように見えました。

A : 普段の彼は 何もしてなかったんだけど。 ああ、撮影があったから、 そうかもね。 あのTVスペシャルの時のエルヴィスって 元気だと思ってたの。 その人のそばに ずっといると、 肥ったとか 気付かないものなのよ。 それに、 彼って以前にも肥って、 痩せたでしょ。 あの時のほうが ずっと肥ってたわ。 TVスペシャルの時は 良く見えたものよ。 収録のあとで、 ジェリー・シリングから電話があり、 「エルヴィスはどうだった?」 と訊いてきたので、 「良かったわ」 と答えたの。そして、 エルヴィスが亡くなってから、 TVスペシャルを見た時、 「何てことなの。 彼ってあんな風ではなかったのに」 と言ったものよ。 好きな人は、 良く見えて欲しいものなのよ。 だから、 そう見えたのね。

Q : ポートランドに向ってた時に、 彼が亡くなったと知ったのですか?

A : ええ、飛行中だったの。 パイロットに情報が届けられたんでしょ。 バーバンクに引き帰すことになったの。 私たちが乗ってた飛行機は コンサート用のチャーターだったから、 てっきり誰かを 置いてきぼりにしたと思ったの。 だから 何処かに着陸して、 乗り遅れた人に 一般の飛行機で来るように言ってよと 頼むんだと思ってたの。 でも違ってたの。 何処に着陸したのか 覚えてないんだけど、 ユタだったかも。 マーティ・ハーレル (ジョー・ガーショの代理指揮者) が仕切ってたの。 小さな空港だったんだけど、 私は飛行機を降りなかったの。 みんなは降りたんだけど、 私はもう うんざりだったのね。 そしたら、 マーティが戻ってきて 「マーナ、 どうして降りないんだ。 2度と私に 同じことを言わせないように」 と怒ったの。 それで降りると、 マーティはどこかに電話してたわ。 ジョー・エスポジトか パーカー大佐か 分らなかったんだけど、 やっと何が起こったのか 分ったのね。 全員、 TCBバンドに私たち、 カリフォルニアから乗った人たちを集めて、 彼が「エルヴィスが死んだ」 と言ったの。 「エルヴィスが」って 感じだったわ。 彼が死ぬなんて 考えられなかったの。 彼だけは 死とは無縁だと思ってたのよ。 彼は何度も病気になってたんだけど、 彼ってクレージーだったの。 だから、考えられなかったわ。 あの時に思ったの。 「私はどのように 死ぬのだろう?」ってね。 それまで 考えたこともなかったのよ。 私は 「死んだら何処に行くんだろう? どうなるんだろう?」 って考え始めて、 気が変になってきたの。それで、鎮静剤を与えられたわ。 でも、 しっかりしたところもあって、 バーバンクに引き返して、 家に帰るやいなや、 すぐに飛行機の予約の電話を入れたのよ。 ラッキーだったわ。 1時間遅れてたら 予約がとれなかったのよ。 ホテルの予約は忘れてたんだけど、 飛行機の予約は出来たので、 メンフィスに飛んで、 お葬式に出ることができたの。

Q : 特別なエルヴィスの思い出って ありますか?

A : そうね。 純朴っていうのかしら、 ある夜、 私たちみんな 彼のペントハウスにいたの。 これって 彼に初めて会った時だったわ。 私たちは 彼のペントハウスに 招待されたのよ。 彼はレコードをかけていた。 ちょっとしたパーティのような集まりで、 バーでドリンクを飲んでたの。 すると、 エルヴィスが私のほうにやってきて、 「踊りませんか?」と言ったのよ。 スローな曲がかかってたの。 私は「OK」と言ったわよ。 エルヴィスは 黒人の女性と踊るのは 初めてじゃなかったかしら。 彼と踊り始めて、 彼の全身が震えてたのが分ったわ。 彼がシャイだった ってこともあるけどね。 彼って 廻りに多くの女性をはべらせたりして、 男っぽさを強調してたけど、 あの時の彼って 少年のような初々しさだったわ。 でも、実際の彼って ああだったの。 私は彼を家族のように見てたの。 私の母は、 エルヴィスが亡くなった時、 私が泣いてるのを見て、 「彼は家族でもないのに、 何故、泣くの? 何が悲しいの?」 って言ったのよ。 私は彼が好きだったし、 兄弟のように思ってたのよ。 母は その時は分ってなかったんだけど、 今は理解してるわ。

Q : 「エルヴィス・ザ・コンサート」について 話してください。

A : ああ、 これは良いショーよ。 永遠に続くことを願うわ。 簡単に言えば、 ステージ上にスクリーンがあって、 エルヴィスのコンサート映像が 映し出されるの。 そして、彼の声。 TCBバンドの音は 取り除かれて、 コーラスも オーケストラの音も 取り除かれて、 スクリーンには エルヴィスの姿と声だけなの。 そして、 他のみんな、 TCBバンド、 スウィート・インスピレーションズ、 スタンプス、 インペリアルズ、 ジョー・ガーショに ロン・フラーは、 全員 エルヴィスが生きてた時に、 一緒に演奏したことがある人たちなの。 ガイド・トラックを ジョー・ガーショと ロニー・タットが聴いていて、 全てを うまく合わすことができるの。 エルヴィスと私たちが 全く噛み合わなかったときも 2度ほどあったけど、 素晴らしいショーよ。 観客は声を上げるし、 写真を撮ったり、 まるでエルヴィスがそこにいるみたいなの。 生のエルヴィスを見たことが無くても、 楽しめるわ。 私自身、 毎晩、興奮したりして、 楽しいの。 最初は変に思ったんだけど、 今は、 彼が生きてた時より 一生懸命やってるわ。 実際には 彼がいないからよ。 彼がいた時は、 私たちが彼を助けることもあったの。 彼は私たちのサポートを求めるように見たの。 彼は私たちを よく見たのよ。 逆に彼が上手くやった時、 良い声が出た時とかにも、 彼は私たちを見たので、 そんな時は 彼にVサインを送ったものよ。 でも彼がいないので、 ショーに もっとエネルギーを注ぐ必要があるのよ。 でも、 ヨーロッパと違って、 理由は分らないんだけど、 アメリカでは受けてないの。 コンセプトが理解されてないのよ。 ソックリさんのショーとでも思われてるのか、 プロモーターは ショーを売るのに苦労してるのよ。

「エルヴィス・ザ・コンサート」の 良いところは、 良いかどうか分らないんだけど、 70年代の私たちの映像も サイド・スクリーンや、 時にはセンター・スクリーンに映るの。 そして、 カメラが 私たちを撮ったりするので、 今の私たちも 同時に見えるの。 すると、 人々は、 「あれが彼女だ。 あれが彼女だ」ってね。 ひとりの男性が 私に言ったのよ。 「あなたはお母さんに ソックリですね」って。 当時の私は 大きなアフロ・ヘアだったの。 私が「何のこと?」 って言ったら、 彼は「映画の中の人、 あなたのお母さんでしょ?」 ってね。 「違うわ。私よ」って 言ってやったわ。 でも、とても楽しいわ。

Q : 「エルヴィス・ザ・コンサート」は どの国で最も人気がありましたか?

A : さあ、 人気があったのは・・・。 英国に行ったし、 ドイツにも行った。 ドイツでは沢山のショーをやったわ。 スコットランドも。 最も盛り上がったのは 日本かしら。 日本の観客って とても静かで、 女性は恥ずかしがりやなの。 でも、あの時は 立ち上がって、 叫び始めたの。 私は82年から84年に トム・ジョーンズの仕事をしてたの。 彼って エルヴィスと同じように 観客と交じあうでしょ。 トム・ジョーンズと日本に行った時、 日本女性は ステージに近寄って来るんだけど、 トムがかがんで、 キスしようとすると、 彼女らは後ずさりしたものよ。 82年はそんな風だったの。 今は少し変わったみたい。 80年代の日本女性は 今と違って、 遠慮勝ちだったの。 でも、 私たちが 「ザ・コンサート」で行った時、 彼女らは叫んでたわ。 日本の新しい傾向ね。 彼女らは より自由になったってことよ。


Q : Any instances that came in mind, fans made him things.

A : Yeah. They would give him gifts. They liked to give him crowns because they thought of him as the King of Rock n' Roll. And he didn't like that title because, y'know, a spiritual thing. He felt there's only one king. But he would graciously take the gifts, but, as he said, he would tell us, y'know, there's only one king. But he didn't adopt that name himself, y'know.

And he gave Sammy Davis Jr. a black pearl. One time he gave this other man, this man kept saying Elvis, gimme that ring. Gimme that ring. And he was annoying us because he was sitting on the side. And we were looking at Elvis like "You better not give him that ring." And, the guy kept asking for it. Elvis goes over there, gives the man the ring. And we was just so mad at him that when he got changed out of his show clothes into his white velvet suit and came into our dressing room, we just jumped on him, knocked him on the floor. It was carpeted. And we just jumped up and started punching him. Come to find out this guy was a millionaire who let Elvis later use his plane. But he just laughed when we beat him up. We didn't hurt him.

Q : Elvis used Hugh Hefner's plane, the Big Bunny?

A : Oh yeah, the Playboy Bunny plane.

Q : Do you have any memories of that?

A : Oh, you don't want to hear those. You dont want to hear, but when you talk to Jerry Schilling ask him about it. No. Jerry liked one of the flight attendants when he was my boyfriend. But I found out about it.

Q : We'll talk to Jerry about that. How about Elvis at Graceland?

A : Yeah. He had one of first big screen televisions, but it wasn't a screen. It was like -- you know how you show home movies on those kinds of screens, it was something like that. And he was proud of that. That was in the Jungle Room.

And, on his 40th birthday, we were somewhere where there was snow. I think it was Vale. And he didn't want to celebrate his birthday. At first he did. Y'know, we thought he was gonna celebrate his birthday. Linda was gonna make a cake and everything. And I guess he started thinking about turning 40, so he told the guys nobody come over, just he didn't want to be bothered, didn't want to celebrate his birthday. So Jerry and I, we had, all of us had condos, y'know, and we get this call from Elvis and he asks if Jerry and I would come over to the house where he was staying. And so, we go over, he's there and Linda's there and it's his birthday. And, so he had decided he wanted to spend it with some people, but it was just the four of us. And, he started telling me stories. He asked me if I had ever seen a movie called "Across 110th Street" , which I hadn't seen and he'd seen probably 50 times. And I remember I told him no, he proceeded to narrate all of the dialogue. It took him as long to tell me the story as the movie was. And, but we had a lot of fun. And he laughed a lot that night and I figured it took his mind off of, I don't think he cared so much about getting older as he cared about -- why I guess when you're a sex symbol it must matter to you. Because when you lose that what do you have, y'know? But he had a lot more going for him than that. But we had a ball that night. Linda did bake the cake and I think he had a happy birthday on his 40th birthday. That's the last one I remember celebrating with him.

Q : Was the Indianapolis show the last time you saw Elvis?

A : Yeah.

Q : Was he still joking around a lot?

A : Anytime I saw him, with me around, I don't know how people, other people reacted to him, but with me around he was on an even keel most of the time. If he didn't feel like talking, he would talk to me. When I used to stay at his house in Beverly Hills, he would come down, he would get dressed, come down. He didn't smoke or drink, but he would, when he did smoke, he smoked the same brand that I did, Tarryton. And, he could smoke that whole pack in an hour and then if he poured himself a drink, he could drink that whole bottle. Because that's why I guess he didn't drink, because he had that kind of personality. That once he starts, y'know, that addictive personality. That take one drink. So then he didn't drink at all. Y'know, he wasn't a drinker. And he liked to smoke cigars, but he didn't smoke cigarettes, but he didn't care if you did around him. Y'know, he wasn't one of those fussy people.

Q : He liked his meat well done.

A : Elvis hardly ever ate around anyone. Cause I guess he was so used to eating alone that he was unsure of his table manners, y'know. So, he hardly ate around anybody. But he liked his food, well done. Burnt.

Q : Joe Esposito, what did his duties entail?

A : Joe Esposito, he was road manager. But he was more like a personal assistant to Elvis because Joe carried the checkbook. And, sometimes Elvis would feel generous and he'd tell Joe. Elvis didn't carry any money. I remember one time he asked me for a dime. A dime! And then he'd tell Joe, "Go get the checkbook." And Joe would get the checkbook and he'd tell Joe, "Write the girls checks for a thousand dollars." Y'know, he just was like that. Joe would make sure that things, his schedule was kept, that he was where he was supposed to be when he was supposed to be there. Because the Colonel managed him, but Joe made sure, y'know, he coordinated with the Colonel to make sure that Elvis did things when they were supposed to be done. Cause Elvis liked to sleep until just about showtime! So, sometimes when he was on his way downstairs, a show, he wasn't quite awake yet, y'know. So, but Joe had gotten him up and down there. He had a lot of duties, Joe did.

Q : What are your memories of Colonel Parker?

A : I remember Colonel Parker. I didn't like him at first because I'd go to the dressing room early and he would already be in Elvis dressing room and nobody else would be downstairs. So as he was coming out of the dressing room, he'd leave before Elvis got there, I would say, "Good Evening," and he'd walk right past me without saying anything. So he must not have heard me. So, I tried this a couple of more times, I'd pass him in the hallway, "Hello Colonel." Oh, he's doing that deliberately. He liked to make you the under. I've seen him make people bark like a dog on the floor. I said, I'm not going for this. Next time I walk pass him, I'm not gonna say anything. So I, about four times, he looks at me to see if I'm gonna say hello and I walk past him like I don't see him. And I guess he got the message because next time, about third of fourth time I'm walking past him down in the dressing room area and I turned my head, he says, "Good evening!" And I make believe I don't hear him. He says, "Good evening!" "Good evening, Colonel." From that time on, he spoke and then after, y'know.

After Elvis died, he and his lady would call Jerry and me. We'd go to dinner with them, go up to his suite, his penthouse up on Wilshire. And I started working for Tom Jones. He'd call me as soon as I got to Vegas. He'd come to Tom Jones show and take me out to dinner. And I found that he was, all that stuff was just, y'know, bluff. He liked to bluff people, see how scared you'd be of him. But then when you weren't, then, y'know, he'd say "Oh well, this is one that won't take my bluff."

Q : What are your memories of Linda Thompson & Elvis?

A : Oh, Linda's a great person. She was very good for Elvis. She kept him, y'know, up, his spirits up because she's a Gemini like I am. Full of energy, intelligent, we were both English majors and, so we had a lot to talk about. She's intelligent. She's beautiful. She cared about Elvis. She'd make sure that he didn't fall asleep and, y'know, not wake up. She made sure of that. And, because that was the first time that Elvis, y'know, had an accident, fallen or something like, but she would make sure he would recover. And, she's just a wonderful person. I saw her not too long ago. We promised we'd keep in touch. I'm supposed to call her. She's great.

. Q : Do you think Elvis was serious about Ginger Alden?

A : No, not according to what he told me, but I'm not gonna say. He was just, no, he wasn't serious about her. But, his ego was bruised when she didn't do what he wanted her to because he was so used to, if he told you, "I'd like you to come to Nashville with me," then you went to Nashville with him. And so when she refused to do that, it was more, it wasn't like he was crushed because it was love, it was just "How dare you tell me no." He was so used to having people say yes all the time. "Yes, yes Elvis. You want this, you want that." I'll laugh at your jokes even if they're not funny. He was used to that.

Q : Do you think she was too young and naive?

A : No, she wasn't naive at all. She may have been young, but she wasn't naive.

Q : Why do you think Elvis is so popular now?

A : I don't know about the people that were not around when he was alive. But I know that when my son was five years old, or younger than that because I started working with Elvis when my son was six months old. So my son had a white jumpsuit, guitar. And he has the TCB Elvis gave him, a real gold one. It was a little teeny one, still has that. And I think that the people -- the children today, 'cause we get kids in the audience six years old and they're out there dancing, doing, imitating Elvis and they didn't know, I mean they don't know what he was like. But their parents have played the music and he's just a phenomenon, that's all. There is no way to explain it except that he was one of a kind. And I don't know if he'll live forever, but it seems so to me.

Q : Would it surprise him?

A : He'd be embarrassed probably. I think he'd be proud to know that he left his mark on the world, y'know.

Coming soon:
Dr. Lester Hoffman interview


Q : ファンの人がエルヴィスにしたことで、 思い出すことはありますか?

A : ええ。 よく贈物をあげてたわね。 王冠が多かったかしら。 彼って キング・オブ・ロックンロールと 呼ばれてたでしょ。 でも、 エルヴィスは キングと呼ばれることを 喜んでなかったわ。 宗教的に キングはひとりしかいないと 思ってたからよ。 丁重に贈物は 受け取ってはいたけど、 キングはひとりだけだと 私たちには言ってたの。 彼自身が キングという称号を使うことは なかったわね。

また、 エルヴィスは サミー・デイヴィス・ジュニアに 黒真珠をあげたわね。 そういえば、 ほかにもあったわ。 ある日、 ある男性がエルヴィスに 「僕にその指輪をくれ。 その指輪をくれ」って、 しつこく言ってたの。 ホント、 あの男には 頭に来たわ。 ステージ端に座ってたの。 そいつは エルヴィスに「くれ。くれ」って 言い続けてたんで、 私たちは 「彼には指輪をあげないで」 って気持ちで、 エルヴィスを見つめてたの。 ところが エルヴィスは その男のところまで行って、指輪をあげたのよ。 それで、 私たちは頭に来て、 ショーが終わって、 エルヴィスが 白のベルベットのスーツに着替えて、 私たちの楽屋にやって来た時に、 私たちは彼に飛びかかって、 床に押し倒して、 床はカーペットだったんだけど、 馬乗りになって、 彼にパンチを浴びせたの。 あの男って百万長者で、 後に エルヴィスにジェット機を 貸したこともあるのよ。 エルヴィスは 私たちに叩かれながら 笑ってたんだけどね。 怪我はさせなかったわよ。

Q : エルヴィスは ヒュー・ヘフナーのジェット機 「ビッグ・バニー」を使ってましたね。

A : ええ、 プレイボーイのバニー機ね。

Q : その思い出はありますか?

A : おぉ、 聞かないほうがいいわよ。 でも、 ジェリー・シリングに会った時に、 彼に聞けば。 ダメ。 ジェリーって、 私と付き合ってた時に、 乗務員のひとりが好きになったのよ。 でも、 私にばれたの。

Q : この件はジェリーに聞くとして、 グレイスランドのエルヴィスは どうでしたか?

A : エルヴィスは最初の 大画面テレビを持ってたの。 ホーム・ムービーを映すような スクリーンだったわ。 エルヴィスはそれが自慢で、 ジャングル・ルームに置いてたわ。

それから、 彼の40才の誕生日には、 私たちは雪が積もってた所にいたわね。 ベイルだったと思うんだけど、 彼は誕生パーティを やりたがらなかったの。 最初はやってたので、 私はてっきり 誕生パーティをやって、 リンダがケーキを作ったりすると思ってたの。 ところが、 彼は40才になることを考え過ぎて、 落ち込んで、 みんなに来るなと言ったのよ。 煩わされたくなかったんでしょ。 誕生日も祝いたくなかったの。 そして、 ジェリーと私は 別のコンドミアムにいたんだけど、 エルヴィスから電話がかかってきて、 私たちに彼が泊まってた家に 来るように言ったの。 それで、 行くと、 彼とリンダのふたりだけだったわ。 そして、 誕生日の用意がされてたの。 彼の気が変わって、 小人数でも やることにしたのね。 でも 私たち4人だけだったのよ。 そして、 彼は物語を話し始めたの。 彼は私に 「映画『110番街交差点』 は見たか?」 って訊いたの。 私は見てなかったけど、 彼は多分、 50回は見てたんじゃないかしら。 私は彼に 「ノー」と答えたら、 彼は映画のセリフを全て 語り始めたのよ。 まるで映画を再現してるようだったわ。 でも楽しかった。 彼はあの夜は楽しそうだったし、 吹っ切れたんじゃないかしら。 あの時以降、 年をとることを 気にしなくなったわね。 セックス・シンボルだったからって、 それがどうだっていうのよ。 それを失ったからって、 変わりはしないわ。 エルヴィスだって 他にいっぱいのものを持ってたの。 でも、あの夜は大騒ぎしたわ。 リンダがケーキを焼いて、 彼は40才の誕生日を祝ったの。 彼が祝い事をしたのは あれが最後だったわね。

Q : エルヴィスに最後に会ったのは インデアナポリスの コンサートだったのですか?

A : そうよ。

Q : その時も 彼は朗らかでしたか?

A : 私の知ってる彼は、 他の人がどう言うか知らないわよ。 でも、私と一緒の時は、 彼はいつも平常心だったわ。 彼が話したくない気分の時でも、 私とは話したの。 ビバリー・ヒルズの彼の家に よく行ってた時、 彼が降りてくることがあったの。 もち、着替えてよ。 普段の彼は お酒も飲まないし、 タバコも吸わないんだけど、 たまにはあったの。 私と同じタリトンを 吸ってたんだけど、 彼がタバコを吸うと、 1時間に1箱全部 吸っちゃうのよ。 そして、 お酒は 1瓶空けちゃうのよ。 それが 彼が飲まなかった理由だと思うわ。 そんな性格だったのね。 一口お酒を飲めば もう止まらないの。 それで、 全く飲まなくなったのよ。 彼は酒飲みではなかったわ。 葉巻は吸ったけど、 タバコは吸わなかったの。 でも、 廻りの人が吸ってても 彼は気にしなかったわ。 彼って 口うるさい人じゃなかったのよ。

Q : 彼は よく焼いた肉を好みましたね。

A : エルヴィスは 他の人と一緒に食事することは ほとんどなかったの。 私の推測では、 いつもひとりで食べてたのは、 テーブル・マナーに 気を使いたくなかったからね。 それで、 人と一緒に食べなかったの。 彼の好みは、 焦げるほどに よく焼かれたものだったわ。

Q : ジョーの仕事って 何だったのですか?

A : ジョー・エスポジトは ロード・マネージャーだったの。 でも、 エルヴィスの個人秘書に近かったわね。 ジョーが小切手帳を持っていて、 エルヴィスの気前が良くなったときなど、 ジョーに言うの。 エルヴィスは1銭も持ってなくて、 1度、私は 10セント貸したことがあったのよ。 10セントよ。 そして、 ジョーに 「小切手帳を取って来てくれ」と言って、 ジョーが小切手帳を持って来ると、 「彼女たちに 1000ドルの小切手を書いてやってくれ」って。 彼って いつも こんな調子だったの。 ジョーは そんなことをしたり、 彼のスケジュールを 管理してたの。 彼がいつ、何処そこに行けばよいとかね。 大佐がマネージャーだったんだけど、 ジョーが大佐と打合わせして、 エルヴィスのスケジュールを 管理してたの。 エルヴィスって ショーの間際まで眠りたがったので、 ショーの時間に 下に降りてきた時も 寝ぼけてることがあったの。 それで、 ジョーが彼の面倒をみてたのよ。 彼の仕事は たくさんあったのよ。

Q : パーカー大佐の思い出は ありますか?

A : パーカー大佐って 最初は好きでなかったわ。 というのも、 私は楽屋に早く入ってたの。 そして、 大佐はエルヴィスの楽屋にいたのよ。 他には誰もいなかったわ。 そして、 エルヴィスが来る前に、 大佐は楽屋を出るんだけど、 私が「こんばんは」と 挨拶しても、 大佐は返事をしなかったの。 聞こえてる筈なのにね。 こんなことが あと2度ほどあって、 廊下ですれ違って、 「大佐、こんにちは」と言っても、 わざと無視してたのよ。 彼って 人を見下すのが好きだったの。 彼が人を犬のように 吠えさせてるのを 見たこともあったわ。 私だったら あんなことしないわ。 次に彼とすれ違った時、 私は挨拶しなかったの。 4度ほどあったかしら。 大佐は、 私が挨拶するか、 見て見ぬ振りして 通り過ぎるか確かめるように見てたの。 私のメッセージが伝わったのね。 次に、楽屋に行く途中で 彼とすれ違って、 振り返った時に、 彼が「こんばんは」って言ったのよ。 私が聞こえてない振りをしたので、 彼は もう1度「こんばんは」って言ったの。 それで 私も「こんばんは、 大佐」ってね。 それから、 彼と話すようになったのよ。

エルヴィスが亡くなった後で、 大佐と奥さんから ジェリーと私に電話がかかってきて、 ウィルシャー・ホテルの 彼のペントハウスで 食事をしたの。 その時に トム・ジョーンズの仕事を紹介されたの。 私がベガスに着いた時に、 大佐から電話がかかってきたの。 大佐はトム・ジョーンズのショーを見に来て、 私を食事に連れてってくれたの。 彼のやってたことって ただのこけおどしだと分ったのよ。 彼は脅かして 人が恐がるのを見るのが好きだったの。 でも、 通じない人には 「脅かしの効かない奴だ」 とぼやいてたわ。

Q : リンダ・トンプソンとエルヴィスで 何を思い出しますか?

A : おお、リンダって凄い人よ。 エルヴィスにも尽くしてたし、 彼を精神面で 元気にさせてたの。 彼女は私と同じ双子座で、 エネルギーの塊よ。 賢くて、 私と同じ英文学の専攻だったから、 話が合ったわ。 彼女は賢くて、 美人で、 エルヴィスの面倒をみてたの。 彼女が世話をしてたの。 エルヴィスは眠れなくて、 起きれなかったでしょ。 彼女が世話をしてたの。 エルヴィスが初めて倒れたことがあったでしょ。 彼女が看病したのよ。 彼女は素晴らしい人で、 最近も会ったことがあるわ。 連絡を取り合おうって 約束したの。 電話することになってるの。 彼女って凄いわね。

. Q : エルヴィスは ジンジャー・アルデンに 真剣だったと思いますか?

A : ノーよ。 私がエルヴィスから 直接聞いたって訳でもないから、 言えないんだけど、 エルヴィスは 彼女に真剣じゃなかったわ。 彼女はエルヴィスの望みどおりにしなかったから、 彼の自尊心が傷つけられたのね。 というのも、 彼の廻りは、 彼が「ナッシュビルに 一緒に来てほしい」と言えば、 ナッシュビルに行くような 連中ばかりだったから。 ところが、 彼女が断わったので、 彼は落ち込んだのよ。 好きだったからでもあるんだけど、 「どうしてノーなんだい」 ってなもんよ。 彼はイエスマンに 慣れすぎてたからね。 「イエス、イエス、 エルヴィス。 これがいいよ。 あれがいいよ」ってね。 可笑しくもないジョークに 笑うようなものよ。 彼はそれに慣れてたからよ。

Q : ジンジャーは 若くてナイーブだったと思いますか?

A : 彼女はナイーブでは 全くなかったわね。 ただ若かっただけで、 ナイーブではなかったわ。

Q : 今でもエルヴィスの人気があるのは 何故でしょう?

A : エルヴィスに会ったことがない人たちのことは分らないんだけど、 私の坊やが5才だった時に。 もっと小さかったかしら。 私がエルヴィスの仕事を始めた時、 まだ6ヶ月の赤ちゃんだったの。 坊やはジャンプスーツを着て、 ギターを持って遊んでたわ。 TCBネックレスも エルヴィスから貰ったのよ。 本物の金のやつよ。 小さな子供用のやつだったけど、 まだ持ってるわよ。 今の人々は、 子供を コンサートに連れて行ったりするでしょ。 6才の子供なら踊ったり、 何も知らなくても、 エルヴィスの真似をしたりするわ。 彼が何者か知らなくても、 親がかける音楽を聞けば、 彼の非凡さはわかるわね。 それで十分よ。 どう説明していいか 分らないんだけど、 彼って 一種独特だったでしょ。 彼が永遠に生き続けるかは 分らないけど、 私はそう思うの。

Q : これには エルヴィスは驚くでしょうかね?

A : 多分、エルヴィスは どうしていいか 分らないでしょうね。 きっと彼は 世界中に軌跡を残せたことを 誇りに思うでしょう。

(次回は 歯科医、 レスター・ホフマンのインタビュー)



(Aug.24, 2005)

Johnny Tillotson Interview
 私が最初に覚えた英語のポップ・ソングは 多分ジョニー・ティロットソンの 「ポエトリー・イン・モーション」だったと思う。 ジョニー・ティロットソンは 60年代の中頃、 日本でも人気があり、 浜口庫之助のペンによる 「涙君さよなら」は 大ヒットしました。 他にもゴールデン・ハーフがカバーした 「キューティ・パイ」も彼の作品です。
Johnny Tillotson Interview

Q : Tell us a little bit about your career, how you got started.

A : I'm originally from Jacksonville, Florida. And there was a schoolteacher that lived in Jacksonville, Florida, that wrote songs. And her name was Mae Axton. And Mae Axton would later write, along with my steel guitar player Tommy Durden, a song called "Heartbreak Hotel." And I had a local television show, and I'd heard so much about how nice Mae was as far as lending a helping hand to singers that had dreams. And Mae said, "You know what would be great? This television show is great that you're doing, but," she said, "would you like to be the opening act on every big show that we bring to Jacksonville? That would be every big country show, every big rock-n-roll show. There won't be any money in it, but I think you could learn a lot." So I would open up the shows, and, sometimes there would be shows starring Faron Young or the Wilburn Brothers, and, some of the great rock-n-roll shows that would come to Jacksonville.

And Mae came to me one day and she said, "Now Johnny, there's a big show coming to town, and unfortunately we won't be able to use you as the opening act." I said, "Well why is that, Mae?" And she said, "Well, there's this new fellow, he's from Memphis, his name's Elvis Presley." And I said, "What kind of a name is that?" I'd never heard of a name quite like it. "And so he's gonna be the opening act. And this tour, by the way, that's gonna come to Jacksonville is gonna start in Texas. So he's gonna open up, he's gonna do like, three or four songs, and so we won't need you. And... you gotta understand we're paying Elvis and the band. So we have to use him." I said, "Well, if you're paying him, sure." And they were paying him 50 dollars. And that had to cover everything: the hamburgers, the Krystal hamburgers, the gas for the pink Cadillac and everything. But I did get to meet him. And from that very moment of meeting him, our friendship began. So I started, really wanting to do very much like Elvis. We both had country music backgrounds, and we both loved gospel music, and we were accepted by rock-n-roll and country audience as well. So I started there and haven't stopped.

Q : Tell us about your first meeting with Elvis. What was it like?

A : The meeting that I like the most, I had a radio show, a high school radio show. In those days you would play songs for teenagers, okay. And then the other disc jockeys, they would play more adult songs, but these were our songs. And, um, so let's see, "That's Alright Mama" had come out and "Blue Moon of Kentucky" and "I Don't Care If the Sun Don't Shine." And Elvis was going to be in Jacksonville, so I, without thinking, told my audience that I'd get an interview with Elvis. By that time, "Baby Let's Play House" had come out. And Elvis wasn't quite that accessible, because the press was all around him. So I was in a jam. And he knew me and I knew him, and I said "How can I get his attention?" 'Cause I'd promised my audience an interview on tape. In those days you had a little tape machine. And so while he was doing his interview with the press, the journalists, I caught his eye and I went "Whoop baby baby ba-ba-ba-babee, baby baby baby boom-boom-boom-boom." And he said "Ho-ho-ho-hold it. Johnny. Whaddaya need?" I said "I need just a short interview," he said "Lemme get finished here and we'll do it." And, he was always that way to me. Courteous. Full of fun. That's one of the early meetings.

I also used to like with Elvis, like at the Florida Theater we took a great picture together. And that picture we put in my Johnny's Journal, which was a fan club magazine, and we used to do it on our dining room table. And I was very proud of that, because if you can picture the time period, Elvis had his cool comb right in his pocket, his little thin belt, and his pink shirt. And, kinda that pouty look, ya know. And then after the show at the Florida Theater, there are pictures of me behind Elvis as he's playing gospel songs. And my whole theory was, the closer I got to Elvis, the more joy I felt and the more inspired I was. And that's the way it was all through my life. He recorded one of my songs, "It Keeps Right On a Hurtin'," and I'll never forget that.

Q : When you recorded "It Keeps Right On A-Hurtin'," did you hear any feedback from Elvis about the song?

A : Well, I wrote "It Keeps Right On A-Hurtin'" and it was a very personal song and I really wasn't gonna record it. Maybe I was just a little too close to the song. But Archie Blyer, my producer and the Everly Brothers' producer, he heard me play the song and he said, "Now that's a real song." And so we cut in Nashville just like Elvis, and also, we used a lotta the same players. And it was always exciting cutting with the Jordanaires and Floyd Cramer and all those particular players, because they were so enthusiastic and so supportive. And the way the song got to Elvis, Elvis was in Germany and he'd heard them play my version on the radio when he was shining up those tanks and all that stuff. And I met with George Klein, who's always been a buddy of mine, and I sent an album, over to George to send to Elvis. It had a song on there called "Dreamy Eyes." And as you know, Elvis liked the Ink Spots, especially Bill Kenny. For example, when Elvis sang "Are You Lonesome Tonight," he would say, "I wonder if you're lonesome--" Well that's kinda from "If I Didn't Care." Ya know? Everybody has heroes; Elvis was always my hero. And so, I had sent him "Dreamy Eyes" because Priscilla had the prettiest eyes. I just thought, fall-down beautiful eyes. And he did too; he liked the song. And I heard him singing it kinda like "Dreamy Eyes" which would work.

But he had, he'd always heard "It Keeps Right On A-Hurtin'." So when he went to Memphis to do "From Elvis in Memphis," he just decided he wanted to do it. And 112 people recorded the song, and I love every one of them, but when I got the news that Elvis had recorded "It Keeps Right On A-Hurtin'," I was ecstatic. And one of the nice things, when I'd be appearing in Las Vegas, for example, Joe Esposito, his right hand man, and sometime the Colonel and all the guys, they would extend every courtesy to me and they would always tell Elvis "Johnny's in the audience." And Elvis would be nice enough to introduce me sometime, he'd go "Well it-- James. Well it keep right on hurtin', as you gone..." And, so, that meant a lot.

Another thing about Elvis Presley is. I never saw anyone that had such joy and passion for music, and had such a good time, and didn't take himself terribly serious on stage. I think that's why so many of the men could relate to him as well, you know, as well as all the ladies. But he was also always so courteous. I would take friends up and he would all say, and I don't think this every goes outta style, "Yes ma'am, no ma'am." He gave my daughter, Kelly, gave her one of the teddy bears. And, one of my favorite treasures from Elvis is a signed picture that says "To Johnny with love and respect, Elvis Presley." And, so it was just a great thing. They have a thing now called "Elvis, The Concert," which I really enjoy. And I can't say enough about that, because if you didn't have the opportunity to see Elvis live, and there are a lotta people that didn't on stage, with that tremendous orchestra and that rhythm section and the great singers, if you go see "The Concert," you feel it. You feel that same feeling because the music isn't all sanitized and totally just perfect beyond spontaneity. It's just great. So I always talk about that as well, 'cause his live performances were, there's no words to describe them. And then his record performances were always so honest. And he used his voice like an instrument, just like a musical instrument.

Q : So with Elvis, did you talk mainly about music when you would get together? Do you remember any funny things that Elvis did?

A : Well, Elvis always took time in the dressing room, I usually let him just talk about whatever he wanted to talk about. Sometime he would talk about karate. Sometime he'd talk about his stage clothes. One time we were sitting next to each other, I think in the dressing room, and he had a great sense of humor and I accidently kept hitting his leg. And he thought that was funny. I was embarrassed. But he was just the nicest person. He's everything you'd want your hero to be.

Q : Do you have any memories of the Singer '68 special with Elvis?

A : Oh, the Singer special? That Steve Binder did? I sure do, because I was appearing at the Riviera Hotel. And I think they were shooting a movie "Bob, Carol, Ted and Alice" And, and my suite was gonna appear, and they were shooting an outdoor scene right down in, I could see it. And, there was a moment in time that everything stopped. And what it was Natalie Wood knew this special was coming on. She really wanted to see the special, so the movie stopped and everybody came into the Riviera, turned on the TV, and we all sat there and watched Elvis on the Singer Special, which was a very exciting special.

Q : What other memories do you have of Elvis in Vegas?

A : Elvis in Las Vegas, I had a chance to see the first performance of Elvis in Las Vegas. That's when he had the karate outfits. And it was just such an exciting, his shows were always exciting. And they were spontaneous, and they were in the moment. And he sang great. And he had so much fun. And I never missed an Elvis Presley show, ever. Because they were never the same. He just had a great sense of timing and how to make people happy and how to make people sad. And I think he's the consummate showman. He was a great recording artist, great song picker, you know, 'cause it's in the song. And live he was on stage he was unique, and even when he walked into a room he was unique. He's magic.

Q : When was the first time you saw Elvis on television?

A : The first time I saw him on television was on the Dorsey Brothers show. And I wanted the sound to be better, because I was used to the Scotty and Bill sound. And I'm trying to think. Didn't they use an orchestra with that as well? Yeah. So, now you can use an orchestra with that kind of a sound, but you can't have them playing too much stuff. You know it's just gotta be just the right stuff, it's gotta, it's like on records, if you're gonna use horns as you play the string parts or, you know, I shouldn't get too out of what the original sound was. But I loved the original Sun sound, and then I loved the Nashville sound. I'll never forget my bass player, Ken Hodges and we had seen Elvis and we were curious how Scotty and Bill, well actually how Bill Black got that hums tune, because most people played bass hums tune. And Elvis and Scotty and Bill had already put the bass up on the pink Cadillac and strapped it down, and we, Ken and I, we went over to talk to them and we asked 'em how it was done and this is how people did things in those days. They took the bass down, unzipped it, and Bill said, "Well, you slap it with the back of your hand." He said, "Now real purists will probably say that that's not the way to play bass, but that's how we get Elvis's sound." And I liked the excitement of Elvis when he'd break strings, and, he had a good time. And of course Scotty Moore. And then after that, I've been a James Burton fan forever. And, the wonderful rhythm section they used in Las Vegas was just a terrific one as well.

Q : What were your favorite Elvis films?

A : Now see if I say I liked them all, nobody's gonna believe that. But I liked a lotta the fun musical ones. I liked "Blue Hawaii." I liked "Viva Las Vegas," "G.I. Blues," I liked "King Creole." I liked his very first movie, which was critical, "Love Me Tender," because up until that point people weren't convinced that, it's weird, they didn't think he could sing ballads, remember? I mean they knew he could do all the other stuff. "Love Me Tender." But he could. Always sang real.

Q : The last meeting that you had with Elvis, is there anything that comes to mind that was really special about that?

A : The last meeting I had with Elvis was in the suite upstairs. And he invited me to come up after the show and, hang out, and Get Low was there. And I loved Get Low. Get Low was Elvis's chow dog. And I don't know who created the most attention, Elvis or Get Low, but when you put 'em together it was really something. But Get Low was great and Elvis and I had a chance to talk about music and just it was very relaxed. It was always fun.

Q : Where were you when you found out Elvis had passed away?

A : I was in London, England. And I had walked back into my hotel room and turned the BBC on. And at the same time, a bulletin came across on TV. And I wasn't sure... it was just, it wasn't confirmed, exactly. But when they played Old Shep on the radio, that kinda did it for me and I said, "Oh, this, this, this is... this could be... the real deal." Very sad.

Q : What do you think there is about Elvis that made him so unique?

A : The fact that he was unique. He was just himself. And God gave him a very rare gift. And, not only was he talented, he was great looking. Y'know. You never saw anyone that looked like Elvis. I liked a lot of his movies, by the way. Because they make you feel good. And sometime today some of the movies don't always make you feel good.

Q : What is it about Elvis that you'd like to tell his fans? Do you have a message?

A : I never know exactly what I'm gonna say about him. But his fans, and I am one of his fans, very loyal. And his music never ever is outdated. Because he was an innovator on so many levels. Whether it be "Crying in the Chapel," a gospel song, some of the big gospel songs that he used to do on stage, "How Great Thou Art," or "That's Alright Mama," or the thing about Elvis Presley that communicates with his fans is his longevity and the way he impacted all of our lives on every level. I can remember at a New Year's Eve party, there was a girl I wanted to dance with and it'd have to be a slow dance. Matter of fact, I sent away to Arthur Murray to get these little steps, you'd put 'em on the floor. And they didn't arrive until the day, before the dance. So I couldn't do any fast dancing or anything fancy. But the slow ones I kinda got, so I loved dancing to "I Was the One." And so I think he impacted our lives on all kinds of levels. So that's why the fans always love him. And that's why we all love Elvis.

Q : I know Elvis's fans love you too, and thanks a lot for being here and sharing your memories about Elvis.

A : It's my pleasure.

Coming Soon;
Interview with Myrna Smith (the Sweet Inspirations).

ジョニー・ティロットソン・インタビュー

Q : あなたの経歴を お聞かせください。 どのようにして この世界に 入られたのですか?

A : 僕はフロリダ州 ジャクソンビルの出身なんだ。 そのジャクソンビルに、 曲を書いてた学校の先生がいた。 名前がメー・アクストンと言ったんだ。 のちに、 僕のスチール・ギタリストだった トミー・ダーデンと組んで "Heartbreak Hotel" を書いた女性だよ。 そして、当時の僕は 地元のTV番組を持っていて、 メー・アクストンの良い噂を聞いていたんだ。 彼女は 夢を抱いた若手歌手に 協力的だったんだ。 そして、 その彼女に僕は誘われたんだ。 彼女は言ったよ。 「何て言ったらいいかしら。 あなたの番組って良いわね。 ジャクソンビルの私の公演で、 前座をやってみない? カントリー・ショーや ロックン・ロール・ショーなのよ。 たいしたお金は上げられないけど、 勉強にはなるわよ」と。 それで、 僕は彼女がプロモートする ショーの前座を始めたんだ。 ファロン・ヤングや ウィルバーン・ブラザース、 ジャクソンビルで行なわれた いくつかの ロックン・ロール・ショーに出たよ。

そして、ある時、 メーがやって来て、 僕に言ったんだ。 「ねえ、ジョニー。 大きなショーが来るんだけど、 残念ながら 今回はあなたを前座に使えないのよ。」 「メー、どうしてなんだ?」 と訊くと、 彼女は「新人が来るの。 メンフィス出身で、 エルヴィス・プレスリーって名前なの」 と答えたんだ。 僕は「何て名前なんだ?」 と言ったよ。 聞いたことのない名前だったからだ。 「それで、 彼が前座をやることになったの。 このツアーは、 ジャクソンビルに来る前に、 テキサスを廻ってから 来るのよ。 彼がオープニング・アクトで、 3,4曲歌うってことなの。 それで、あなたが 必要でなくなったの。 既にエルヴィスとバンドには ギャラを払ってるから、 使わなくてはならないのよ。 そこを分ってね。」 僕は「ギャラを払ったのなら、 仕方ないや」と 言ったんだ。 彼のギャラは 50ドルだったよ。 それだけで、 全てをカバーしなければならなかった。 ハンバーガー代に、 ピンク・キャデラックの ガソリン代だ。 でも、僕は 彼に会いに行ったんだ。 その時から、 僕たちは友だちになった。 それで、 僕もエルヴィスの真似をやりたくなって、 始めたんだ。 僕たちは、 カントリー音楽のバックグランドも、 ゴスペルが好きなところも 似ていた。 僕たちは ロックン・ロールとカントリーの 両方の観客に受け入れられたんだ。 ジャクソンビルで始めたことを、 今も続けてるんだよ。

Q : エルヴィスと初めて会ったときの事を お聞かせ下さい。 それは どのようなものでしたか?

A : あの時は最高だったなあ。 僕は当時 ラジオ番組を持っていたんだ。 高校生向けの番組だった。 ティーンエイジャー向けの曲を かけてたってことだ。 他のDJは 大人向けの曲をかけていた。 それで、 こうなんだ。 "That's Alright Mama" が出て、 "Blue Moon of Kentucky" に "I Don't Care If the Sun Don't Shine" が出た。 そして エルヴィスがジャクソンビルにやって来ると。 そして 僕は深く考えずに、 エルヴィスのインタビューを取ってくると 聴取者に約束したんだ。 丁度、 "Baby Let's Play House" が出た頃で、 エルヴィスには なかなか近づけなかった。 記者たちに取り囲まれていたからね。 僕は困ってしまった。 でも 彼と僕は顔見知りだったんで、 どうすれば 彼の注意をひくことができるか考えたんだ。 インタビューをテープに取ると 約束したからね。 あの頃すでに 小型のテープ・レコーダーが あったんだ。 それで、 エルヴィスが 記者のインタビューを受けている時に、 彼と目があった。 そこを逃さず "Whoop baby baby ba-ba-ba-babee, baby baby baby boom-boom-boom-boom" と "Baby Let's Play House" の出だしの部分を 歌ったんだ。 エルヴィスは 「ジョニー、止めてくれ。 君は何がやりたいんだ?」 と言ったので、 僕は「簡単なインタビューがやりたい」と。 彼は「こっちを終わらせたら、 そっち行くから」と。 彼は いつも僕にはこんな調子だった。 丁寧で楽しい奴だったよ。 最初はこんな出会いだったんだ。

僕はいつも エルヴィスに接近してたんだ。 フロリダ・シアターでは 彼と写真を写した。 その写真は ジョニーズ・ジャーナルという ファン・クラブの会報にも載せたし、 我が家のダイニング・ルームの テーブルをいつも飾っていた。 僕はその写真が自慢だったんだ。 というのも、 その写真は 時代を的確に表わしたからだ。 エルヴィスは ポケットにクシを入れ、 細いベルトをし、 ピンクのシャツを着て、 ふてくされたような表情をしてるんだ。 フロリダ・シアターのショーの後で、 ゴスペルを歌ってた エルヴィスの後ろにいた僕が 写ってる写真もあった。その頃の僕のセオリーは、 エルヴィスに近づく程、 楽しいことも、 得ることも沢山あるってことだったんだ。 それは、 一生を通じて変わらなかったやり方だ。 彼は僕の曲、 "It Keeps Right On a Hurtin'" をレコーディングしたんだ。 忘れられないよ。

Q : あなたが "It Keeps Right On A-Hurtin'" を録音されたとき、 エルヴィスがその曲について、 何か話したことがありましたか?

A : "It Keeps Right On A-Hurtin'" は僕が書いたんだが、 とても個人的な曲だったんで、 僕自身は 録音するつもりでなかったんだ。 しかし、僕や エバリー・ブラザースのプロデューサーだった アーチー・ブライヤーが 僕の演奏を聞いて、 「これこそ本物の歌だ」と言って、 ナッシュビルで録音することになった。 エルヴィスと同じスタジオで、 同じプレイヤーたちだった。 いつもながら、 ジョーダネアーズ、 フロイド・クレイマーや あの有名な連中と仕事をすると、 興奮したもんさ。 彼らは仕事熱心で、 協力的だったからだ。 あの曲をエルヴィスが聴いたのは、 彼がドイツにいた時で、 戦車を洗車でもしてた時に ラジオから僕の歌が流れたのを 聞いたのだろう。 そして、 僕はジョージ・クラインに会った。 彼はいつも僕らの仲間だった。 そして 僕はアルバムを ジョージを通して エルヴィスに送ったんだ。 そのアルバムには "Dreamy Eyes" という曲が入っていた。 知っての通り、 エルヴィスは インク・スポッツが好きで、 特にビル・ケニーのファンだった。 例をあげれば、 エルヴィスの歌う "Are You Lonesome Tonight" の中のセリフ "I wonder if you're lonesome--" は彼らの "If I Didn't Care" から取ったようなもんだ。 知ってるかい? 誰にだって ヒーローはいるもんさ。 僕にとってのヒーローは エルヴィスだった。 それで、 僕は彼に "Dreamy Eyes" を送ったんだ。 プリシラの瞳が とても美しかったからだ。 人を虜にしてしまうような瞳だった。 彼の目もそうだったね。 彼は曲を気に入って、 歌って聴かせてくれた。 全く "Dreamy Eyes" にピッタシで、 うまく行くと思ったもんさ。

ところが、彼はいつも "It Keeps Right On A-Hurtin'" の方を聴いてたんだ。 それで 彼がメンフィスで "From Elvis in Memphis" のアルバムを作る時に、 これをやろうと決めたんだろう。 112人の歌手が この曲をレコーディングしており、 僕はそのどれもが好きなんだが、 エルヴィスが "It Keeps Right On A-Hurtin'" をレコーディングしたと 聞いたときは、 跳び上がって喜んだもんだ。 そして また、嬉しかったことは、 僕がラスベガスに出てた時は、 例えば、彼の右腕のジョー・エスポジトか、 時には パーカー大佐が 僕に最善の礼を尽くしてくれたことだ。 僕が客席にいると、 そのことは いつもエルヴィスに伝えられた。 それでエルヴィスは 親切に僕を紹介した。 彼はこんなことを 言ったこともあった。 「ジェームス、 君が行ってしまうと、 僕は落ち込むんだ。 (it keep right on hurtin', as you gone)」って。 僕にとっては大きな事だったよ。

もうひとつ エルヴィス・プレスリーについて、 彼ほど 音楽に対して 喜びと情熱を抱いてた人に 会ったことがない。 彼自身 音楽を楽しんでたし、 ステージで大物ぶることもなかった。 それが全ての女性だけでなく、 多くの男性も 彼と関わることができた理由だろう。 また、彼は いつも礼儀正しかったんだ。 僕が友だちを連れて行っても、 彼はいつも敬語だった。 それは誰もがやることじゃないと思うよ。 僕の娘、ケリーは テディ・ベアをもらった。 僕のお気に入りの エルヴィスの宝物は 彼のサイン入りの写真だ。 「ジョニーへ、愛と尊敬をこめて。 エルヴィス・プレスリー」 と書かれてあるんだ。 僕にとっては すごいお宝だよ。 今、彼らは 「エルヴィス、ザ・コンサート」 というのをやってるだろう。 あれは楽しいよ。 言葉で言い表すのは難しいんだが、 生のエルヴィスを見たことのない人には 分らないだろうが、 あれほど多くの人が ステージにいることはないんだ。 大オーケストラに、 リズム・セクションに、 大コーラスだ。 「ザ・コンサート」を見れば、 感じることができるよ。 同じ感じだよ。 音楽は褪せてしまうことはないし、 全て 自然発生的という以上に 完璧なんだ。 凄いんだよ。 どこでも同じ事を言ってるんだ。 エルヴィスのコンサートは うまく言い表す言葉が見当らない。 それに、 彼のレコードも純粋なんだ。 彼はまるで楽器のように歌ってたよ。

Q : エルヴィスと一緒だった時は、 主に音楽について 話されたのですか? エルヴィスが突飛な行動を とったことがありましたか?

A : エルヴィスとは いつもドレシング・ルームで 会ったんだ。 僕は彼の話に合わせていたよ。 空手の話だったり、 ステージ衣装の話だったりした。 ある時 僕たちは並んで座ってたんだ。 ドレシング・ルームだったよ。 彼が可笑しな事を言ったんで、 僕は思わず 彼の太ももを叩き続けてしまったんだ。 エルヴィスはそれを 変な行動(オカマチック)と 思ったんだ。 僕は困ってしまったよ。 でも 彼は良い人間だったよ。 彼はヒーローが持つべきもの 全て兼ね備えていたね。

Q : エルヴィスの68スペシャルについて、 何か思い出話はありますか?

A : えっ、68スペシャル? あのスティーブ・ビンダーのやつかい? もちろんだよ。 あの時、僕は リビエラ・ホテルに出演してたんだ。 そして 映画「ボブとキャロルとテッドとアリス」 の撮影が行なわれていて、 僕の部屋が 撮影に使われていたんだ。 下で屋外の撮影が行なわれていて、 僕は見学してたんだが、 ある時、全ての撮影がストップした。 原因は 主演のナタリー・ウッドだったんだ。 (ナタリー・ウッドはエルヴィスの昔のGF) 彼女は68スペシャルが 放送されると知っていて、 とても見たがったんだ。 それで、 撮影は中止され、 全員がリビエラ・ホテルに戻ってきた。 TVをつけて、 みんな一緒に座って、 エルヴィスのスペシャルを見たんだ。 大変にエキサイトなスペシャル番組だったよ。

Q : 他にベガスのエルヴィスについて、 思い出話はありますか?

A : ラスベガスのエルヴィスといえば、 僕は彼の最初の公演を観ることが出来たんだ。 あの空手着を着た時のやつだよ。 あの熱狂ぶり、 彼のショーはいつだって エキサイティングだったよ。 それは自然発生的なやつで、 時代に合ってたんだろう。 すばらしい歌いっぷりだったし、 とても楽しそうだった。 以来、 エルヴィス・プレスリーのショーは 欠かさず観たよ。 彼のは どれひとつとして 同じショーは無かったんだよ。 彼の間の取り方や、 人々を楽しませる方法。 また、悲しませ方のセンスも抜群だった。 彼は完璧なショーマンだったんだ。 彼は偉大なレコード歌手であり、 選曲も良かった。 曲の内容だよ。 ステージ上の生の彼は ユニークだったよ。 彼は部屋に現れただけで ユニークだったんだ。 あれは魔術のようだった。

Q : エルヴィスをTVで初めて見たのは いつですか?

A : 初めてTVで 彼を見たのは ドーシー兄弟のショーだったよ。 もっと いい音をだしてくれないものかと 思ったよ。 だって 僕たちは スコティ&ビルの音に 慣れていたからね。 思い出してるんだが、 彼らはオーケストラを使ってたよね? 今ではロックにもオーケストラを 使うようになったが、 過ぎたるは及ばざるの如しで、 程々が良いんだよ。 レコードのようにね。 ホーンやストリングスを使うにしても、 オリジナル・サウンドを見失ってはダメだ。 僕はサン・サウンドが好きだった。 それから、 ナッシュビル・サウンドが好きになった。 こんなことがあったよ。 僕のベース・プレイヤーだった ケン・ホッジスと エルヴィスを見た後で、 僕たちは スコティ&ビルの演奏方法を 知りたくなったんだ。 実際は ビル・ブラックのベースの ボンボンという音だったが。 当時みんな あのような音を出していたんだ。 そして、 エルヴィスとスコティ、ビルは、 既にベースを ピンクのキャデラックの屋根に積んで、 紐で縛っていたんだが、 僕とケンが彼らの所に行って、 演奏方法を尋ねた。 みんなそうしていたものさ。 彼らは親切にも ベースの荷を解き、 下に降ろして、 ビルが説明してくれたんだ。 「手の甲で叩くんだ。 これは本当のベースの弾き方じゃないという お堅い人もいるんだが、 これで エルヴィス・サウンドを出してるんだ」 ってね。 激しく弾き過ぎて、 エルヴィスがギターの弦を 切るのも楽しかったよ。 彼も楽しんでたからね。 もちろん、 スコティ・ムーアもだよ。 その後では、 僕はジェームス・バートンの大ファンなんだ。 ラスベガスのリズム・セクションは 良かったねえ。 素晴らしいの一言だよ。

Q : エルヴィスの映画では 何が好きですか?

A : 全部が好きだと言っても、 誰も信じてくれないんだ。 しかし、僕は 楽しい音楽映画が好きだったんだ。 「ブルー・ハワイ」 「ラスベガス万歳」 「GI・ブルース」 「闇に響く声」、 彼の最初の映画も好きだ。 評判は良くなかった 「やさしく愛して」だよ。 あの時点まで、 おかしな事なんだが、 人々は エルヴィスはバラードは歌えないと 思ってたんだ。 覚えてる? 言いかえれば、 彼はバラード以外は 何でも歌えると思われてたんだ。 「やさしく愛して」。 しかし、 彼はバラードも歌えたんだ。 本物だったんだ。

Q : エルヴィスに最後に会われた時、 特に印象に残るようなことが ありましたか?

A : 最後にエルヴィスに会ったのは 上のスイートだったよ。 ショーの後で彼に招待されたんだ。 ぶらぶらしてたんだが、 ゲットローがいた。 ゲットローはエルヴィスの犬で、 可愛かった。 エルヴィスとゲットロー、 どちらも注目を集めてたんだが、 彼らが一緒だと、 また特別だったね。 ゲットローは大した犬だったんだ。 エルヴィスと僕は 音楽の話もしたことがあった。 堅苦しいもんじゃなかったよ。 いつも楽しかったよ。

(Elvis & Get Low)

Q : エルヴィスが亡くなった時は 何処にいましたか?

A : 僕は英国のロンドンにいたんだ。 ホテルに帰ってきて、 TVをつけたと同時に 臨時ニュースのテロップが 流れたんだ。 その時は 正確に把握できなかったんだ。 暫らくして、 ラジオから "Old Shep" が聞こえてきた途端 込み上げてくるものがあった。 「エッ、こっ、これは、これは 本当なんだ。」 悲しかったね。

Q : エルヴィスのユニークなところとは 何だったのでしょうか?

A : 実際に彼は ユニークだったんだ。 彼は彼だった。 神様が与えた贈物さ。 彼の才能だけでなく、 外見の美しさ。 エルヴィスのような人間は見たことがないよ。 僕は彼の映画も好きなんだ。 気分を良くさせるだろう。 今の映画は必ずしも 気分を良くさせないからね。

Q : エルヴィスについて ファンに伝えたいことは何でしょう? メッセージはありますか?

A : 彼について 何といったらいいか分らないが、 彼のファンなら、 僕も忠実な彼のファンなんだが、 エルヴィスの音楽は 決して時代遅れにならないんだ。 なぜなら、 彼は多くのレベルにおいて 革新的だったからね。 "Crying in the Chapel" であろうと、 彼がステージで歌っていた ゴスペル・ソング "How Great Thou Art" や "That's Alright Mama" も。 彼のファンと エルヴィスについて話すならば、 それは 彼のおとろえない人気や、 我々の生活のあらゆるレベルにまで 彼が影響を与えてる ということだね。 昔の話なんだが、 大晦日のダンス・パーティで、 踊りたい女の子がいたんだが、 スロー・ダンスでなくては ダメだったんだ。 実は、 僕はアーサー・マレーの ダンス教室に通ったんだ。 だけど パーティーには間に合わなくて、 ファースト・ダンスや 華麗なステップは出来なかった。 スロー・ダンスだけだった。 それで、 エルヴィスの "I Was the One" に合わせて 踊るのが好きだった。 このように 彼は我々の生活の あらゆる面に関わってくるんだ。 それが、 彼が愛される理由であり、 我々がエルヴィスを愛する理由なんだ。

Q : エルヴィスのファンも あなたのことが好きでしょう。 エルヴィスの思い出をお話し下さり ありがとうございました。

A : 楽しかったです。

(次回は スウィート・インスピレーションズの マーナ・スミス)


www.ElvisWorld-Japan.com

More Interviews

Go to: Previous Elvis News(Aug.1-18, 2005)
Go to: Previous Elvis News(July 14-31, 2005)
Go to: Previous Elvis News(July 1-13, 2005)
Go to: Previous Elvis News(June 21-30, 2005)
Go to: Previous Elvis News(June 9-20, 2005)
Go to: Previous Elvis News(May 24-June 8, 2005)
Go to: Previous Elvis News(May 11-23, 2005)
Go to: Previous Elvis News(May 6-10, 2005)
Go to: Previous Elvis News(Apr.28-May 5, 2005)
Go to: Previous Elvis News(Apr.7-27, 2005)
Go to: Previous Elvis News(Apr.1-6, 2005)
Go to: Previous Elvis News(Mar.25-31, 2005)
Go to: Previous Elvis News(Mar.17-24, 2005)
Go to: Previous Elvis News(Mar.7-16, 2005)

And much more "Previous Elvis News" since 1996.
www.ElvisWorld-Japan.com