チェンソー(伐木等の業務に係る特別教育)

1.特別教育受講対象者
労働安全衛生規則第36条8号及び8号の2により、特別教育を修了した者でなければ就かせることができない業務は次のとおり。
(1)胸高直径70p以上の立木を伐る業務
(2)胸高直径20p以上の偏心木を伐る業務
(3)胸高直径20p以上のかかり木を処理する業務
(4)チェーンソーを使用して立木を伐倒、玉切をする業務
  またはチェーンソーを使用してかかり木を処理する業務

*上記いずれかの業務に就労される場合が対象となります。

2,講習日時、場所  平成30年3月8日(木)〜9日(金) 9:00〜17:30  
              林業普及センター(旧:滋賀県森林センター)


3,.受講料等
  林災防支部会員 8,640円   非会員 12,528円    テキスト代 2,700円  いずれも税込みです。

4,講習実施団体
  林業・木材製造業労働災害防止協会滋賀県支部
  〒520-0801 大津市におの浜四丁目1-20 林業会館内
  TEL 077-524-3827  FAX 077-522-4258

5,申込方法
 (1)申込先   林材業労災防止協会滋賀県支部(上記)
 (2)申込方法  申込み用紙を1週間前までにFAXもしくは郵送してください。

6,受講料の支払い方法
  受講料は口座振込でお支払いください。
  振込口座 滋賀銀行県庁支店(普通)145223
  振込先:林業・木材製造業労働災害防止協会滋賀県支部
   (略称でも振り込めます。「林材業労災防止協会滋賀県支部」)

3.講習カリキュラム
科目 範囲 時間
1日目 伐木作業に関する知識 伐倒の方法、伐倒の合図、退避の方法、かかり木の種類及びその処理
チェーンソーに
関する知識
チェーンソーの種類、構造及び取扱い方法 0.5
チェーンソーの点検及び整備の方法
ソーチェーンの目立ての方法
1.5
振動障害及びその予防に関する知識 振動障害の原因及び症状、予防措置
関係法令 法令及び安衛則中の関係条項
2日目 伐木の方法 大径木及び偏心木の伐木方法、かかり木の処理方法
チェーンソーの操作 基本操作、応用操作
チェーンソーの
点検及び整備
チェーンソーの点検及び整備の方法
ソーチェーンの目立ての方法
   注: 2日目は実習を行いますので、お使いのチェーンソー、目立ヤスリ、防護衣、防振手袋、
 防じんメガネ、ヘルメット及び分解工具を用意し、作業着で来て下さい。