私立極道高校はめっちゃ面白い!!

今から25年前、珠玉の名作『私立極道高校』の連載が開始されました。当時の週刊少年ジャンプには、『さわやか万太郎』、『ドーベルマン刑事』、『サーキットの狼』、『リングにかけろ』、『キン肉マン』、『コブラ』、『こち亀』、『東大一直線』などが連載されていましたが、そんな中にあって私立極道高校(しりつ・きわめみち・こうこうと読む)は、一際異彩を放ちしかもダントツに面白かったのです!!
学帽政を筆頭とする主要メンバーの多くは、後の連載作品である『激 !! 極虎一家』にも引き続き登場しますし、読みきり作品である『嗚呼 桜田門』や『学帽政<放浪編>』、それに『菊一輪』にも顔を見せますので、漫画好きな輩にはお馴染みのキャラクターといったところでしょうが、私立極道高校の概略を聞かれて答えられる人は、果してどのくらいおられるでしょうか?
一応、1980年に1巻の初版本が発行されましたので、古本屋を念入りに探せば発見することができるかも知れません。しかしそれだけでは私立極道高校を語ることはできません。
何故なら私立極道高校の連載は1年近く続いたにも関わらず、単行本に掲載されたのは最初の6話分。すなわち全41話中35話分のストーリーが闇へと葬られてしまったことになります。私はこの漫画史に残る大傑作の歴史上から抹殺された部分に興味を持ち、失われた大半部分を埋めようと、このサイトを立ち上げました。



ホームへ戻る