漫画レヴュー

好きな漫画の書評を掲示板で投稿してね。
作品に対する意見、エピソード、思い出話しなど、どんな内容でも結構です!



内閣権力犯罪強制取締官財前丈太郎 - 北芝健・渡辺保裕
投稿者:岩瀬
コミックバンチで連載されている作品。バンチ編集部が過剰なまでにプッシュしているが内容が明らかにダラダラで作者が嫌々描いてるのが見え見えの作品。原作者はまだ盛り上げようとしているようだが、作画者の渡辺さんは最早やる気ゼロの様子。むしろ別冊漫画コラクで連載している「火の球」の方に精力を注いでいるようだ。もうこれは潔く完結させるべきでしょう。バンチ編集部は無駄なプッシュを止めて英断を下して頂きたいですね。


泣くようぐいす - 木多康昭
投稿者:しあぶら
ジャンプを離れた木多康昭氏がマガジンにて始めた野球マンガ。基本的に「幕張」のような千葉の高校の野球部を舞台にしたシモネタ、芸能ネタをふんだんに盛り込んだギャグマンガであった。「幕張」と違うのは内輪ネタが少なくなっていることと、主人公たちがちゃんと野球をやっているところだが、打順を飛ばす、ユニフォームのロゴを間違える、かなり勘違いしている「ザトペック投法」など、単なるミーハーであることを露呈する結果に。最後は夢オチで完全に読者を裏切った(幕張のラストも似たようなもんだったが)


NANA - 矢沢あい
投稿者:学帽番長
映画のNANAを観ました。ストーリーは原作に忠実で、セリフなんかもまんまでした。でもやっぱり漫画のキャラと役者にはかなりギャップがありますね。特にノブとシンがちょっと・・・、という感じがしました。でもナナとレンが駅で別れた後、ナナが両膝ついて崩れ落ちるシーンは完全に映像の勝ちですね。参考までにあちこちのファンサイトも覗きにいったのですが、案の定キャスティングがダメだという意見が目立ちました。そういう意見を聞くと原作を読みたくなるのが僕の性分なんです。幸い職場の本棚にNANAが揃ってあるので今日は読みふけってしまいました。実は少女マンガというものを生まれて初めて読んだのですが、これが意外と読める!というか面白い。矢沢あいのオシャレで細かい描写もさることながら、やっぱりこの漫画は登場人物の設定もしっかりしていて個性が光ります。そしてこの後どうなるのか予測のつかない展開が読者の心をわしづかみにして離さない理由でしょう。主人公の大崎ナナは不幸な生い立ちだが、ブラストのボーカルとして夢を追い続ける様は男からみてもかっこよくストーリーに合ってると思います。しかしもうひとりの主人公の小松奈々(ハチ公)は好きになれない。恋愛至上主義で自分では何も考えられないし、なにより尻軽すぎなんだよなあ。


七色いんこ - 手塚治虫
投稿者:岩瀬
手塚治虫がチャンピオンで連載した作品。代役専門の舞台俳優しかし、その実態は宝石専門の泥棒・七色いんこが大活躍する。若干ラブコメの要素も入れて読みやすく展開されていた。最後は思いっきり尻切れトンボだったのは拍子抜けでした。


ナニワ金融道 - 青木雄二
投稿者:県人
こわ〜い金貸しの世界を垣間見れる傑作漫画。主人公の灰原が金融屋に入ってから成長していく姿を描いた漫画です。文庫本で出てますが、はっきり言って読むのに体力を必要とされます。最終回はハッピーエンドな展開では決してなく、非常に「らしい」終わり方です。


NUMBER10 - キユ
投稿者:しあぶら
かの「ロケットでつきぬけろ!」で一部に名をはせたキユ氏の2作品目はワールドカップに便乗したサッカーもの。「ホイッスル!」の後釜狙いだったのだろうが、内容が前作からあまり進歩しておらず。また一部の読者に期待された目次の電波コメントも押さえ気味だったためあまり話題にもならず、2作品連続10週打ち切りに。これはかの次原隆二氏もなしえなかった偉業(?)である。コミックスの「また 行きたいな ワールドカップ」というコメントが哀愁を漂わせる・・・。


成恵の世界 - 丸川トモヒロ
投稿者:風原
99年から月刊少年エースで連載されているラブコメ漫画。ある雨の日の放課後、飯塚和人は子犬を拾おうとするが、背後から現れた女の子がバットで子犬を撃退する。その子は子犬は地球外生物兵器で危険であったといい、和人の身を案じながら去っていく。和人はバットにある名前から彼女が七瀬成恵だとわかり、家に訪ねに行く。成恵は宇宙人と地球人のハーフであるらしく、その能力の影響か成恵と和人の周りでいろんな出来事が起こる。はたして2人はどうなっていくのか。
普通のラブコメにSF的要素を加えたもので、派手なアクションが加わってなかなか和人と成恵の関係は微妙な状態である。ジャンプで連載していた「きまぐれオレンジロード」と似たような関係でそれにSF的アクションを加えたもの。まだ連載中なので今後の展開が注目される。03年にはアニメ化された。


なるたる - 鬼頭莫宏
投稿者:イチロー・ハリー・田中
アフタヌーンで連載されていたSFドラマ。小学生の天真爛漫な少女、玉依シイナが父の実家の島で星形の不思議な生物・ホシ丸に出会った事からシイナの運命は大きく変わるのだった…。ファンシーな絵柄で序盤はメルヘンチックな雰囲気を見せつけますが巻を増す毎に非常に陰惨で切ない話になっていきます。とにかく軍事関係の緻密な描写、伏線の張り方と絵・台詞に隠されたメッセージが功名で作者は才能が有る人なんだなぁと思います。ただ、この作者明らかにアレで(読めば分かると思います)そういう趣味の無い人には少々取っ付きにくいかもしれません(笑)。
最終話はあまりにも唐突で無情な上「この漫画はエヴァンゲリオンのパクリ」とまで言われる程賛否両論でしたが、僕個人的には第一話からの伏線も回収されて、この作品らしい終わり方だと思いました。最終巻の扉のシイナがホシ丸を抱きしめている絵が本当に切なかったです…。


NARUTO - 岸本斉史
投稿者:我愛羅
このNARUTOというマンガに出会った時、自分はものすごい感動した。忍者というとなんか手裏剣なげたり暗殺したりと、そんなイメージしかなく、術といっても水に潜るとか煙だす位のものだと思っていた。しかし!!このNARUTOでは豊富な術に大人の忍者だけではなく、子供でも強い忍者がいるのだ。まさにこのマンガは忍者のイメージを根底から覆す、まさに忍者の革命(笑)だと思った。ぼくはこのマンガはまたジャンプの黄金時代を築きあげるものなのではないかと期待している。


NARUTO - 岸本斉史
投稿者:サクラ
読む価値ありーーーーーーーーーーーーーーーーーー。ナルト絶対みてね。おもしろいよ。 しゃーんなろーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー。内なるサクラです。あはは。スミマセン・・・・・。ぜひ、ナルトをよろしくおねがいしますってばよーーーーーー。特にサクラがすきです。全巻持っていて一番お気に入りは、中人選抜試験編です。ナルトが五行封印でやられるところがかわいそうでした。サクラが、音の三人と戦っているところが、「感動ーーー。」私は、カードを持っています。誰かと、戦えるといいな。


NARUTO - 岸本斉史
投稿者:アムロン
ご存知大人気忍者マンガ。連載当初は新鮮な感じがした。というのも当初は忍者小隊で任務などを行う姿が描かれており、特に波の国編では初めて「面白い」と思えた。だが中忍選抜試験から一変し、ジャンプらしいと言えばらしいがバトル路線に走った。キャラも急激に増え、「最強の敵」まで出てきてしまったからには僕の期待がじょじょに薄れ始めてきてしまった。今のも嫌いではないけれど当初の頃のほうが僕は好きでした。


NARUTO - 岸本斉史
投稿者:光
赤マルジャンプに載せた読み切りが好評で1999年に連載された忍者漫画。現在はワンピースと並ぶジャンプの看板漫画となる。九尾という尾獣を封印された主人公うずまきナルトがこの葉隠れの里の里長、火影を目指す。ライバルうちはサスケや春野サクラと共に師であり上司のはたけカカシの試験で下忍となり、そして中忍試験の際、最大の敵大蛇丸の計画に巻き込まれ…。その後大蛇丸率いる音の里の木の葉の里への襲撃、砂隠れの里の我愛羅の攻撃、サスケの兄イタチのナルトへの陰謀、ナルトの修行、綱手への五代目火影の要請、大蛇丸のサスケへの誘い、そしてナルトとサスケの戦い…。その三年後、ナルトは仙人自来也のもと修行をした後木の葉の里へ帰還し、綱手のもとで修行したサクラと共にサスケを取り戻そうとする。最近のジャンプしか知らないので、ナルトを投稿してみました(^_^;)


虹色とうがらし - あだち充
投稿者:サンデー好き
1990年から1992年まで少年サンデーで連載された作品。あだち充先生の最高傑作と謳われる「ラフ」と野球マンガとして大人気だった「H2」の間の作品なので印象が薄いかもしれない。江戸時代を舞台とした「時代劇に名を借りたラブコメ」で、腹違いの七人兄弟が自分たちの父親を捜しに出るという話だった。兄弟では氏の得意な恋愛描写も不発ではないかと思われるが、その道中で兄弟で一人だけ父親も違う子がいるという事実が判明する。それが七人兄弟の紅一点、菜種だったのだ。あまり世間では評価されていない作品だが、これはこれで独特の味があって面白い。ただしコミックス9巻で省吾が出てきた辺りからは少し急ぎすぎのような気がした。しかし主人公が敵の催眠術にかかって兄弟の一人と戦うなど、珍しいシーンも多く見られた。ギャグも他の作品よりもさえていたように思われる。登場人物の一人一人に味があるのも良かった。ぜひ一度読んでみては、とお勧めする。


虹のランナー - ちば拓
投稿者:風原
88年に連載されたちば拓先生の陸上漫画。紫村治郎は名陸上選手・紫村一郎の弟だが、家では一郎ばかり待遇されるのでグレてしまっていた。だが治郎の学校に兄一郎の後輩だった速水陽子が陸上の顧問に就任、治郎に陸上をやるように勧めた。始めは嫌がっていた治郎も陽子先生の熱意に次第に動かされ、治郎の新たなランナーとしての人生が始まる。
‘キックオフ’以降、野球・ラグビー等のスポーツに取り組んできたちば先生だったが人気を得られず、本作品もあまり沸くことはなかった。最初の‘キックオフ’で恋愛モードが確立してしまったために、熱血スポーツには水が合わなかったようだ。ジャンプでは数少ない陸上漫画だが、如何せん絵がスポーツで戦うのに合わなかったために、途中で打ち切られてしまう。その後ちば先生はジャンプを離れて行ってしまう。


20世紀少年 - 浦沢直樹
投稿者:学帽番長
「YAWARA!」や「MONSTER」でお馴染み浦沢直樹の代表作。単行本は「20世紀少年」が全22巻に、続編の「21世紀少年」が上下巻で計24冊完結となっている。
物語は主人公のケンヂ達(オッチョ、ユキジ、ヨシツネ、マルオ、モンちゃん、ケロヨン、コンチ、ドンキー)が子供の頃に秘密基地で想像した”よげんの書”が世紀末に実際の出来事として発生し、ケンジ達は数々の謎を解明しながら地球の危機を救おうと立ち上がるSFサスペンス。作品の完成度や物語の素晴らしさは言うにおよばず、大阪万博やT・REXなどの同世代感も手伝って深い親近感を覚えました。
この作品は2008年の夏に主演唐沢寿明で第一章が映画化され、全三部作として制作が進められています。私事になりますが、来年夏公開予定の第三章にエキストラとして出演してます。今の段階では当然内容の詳細はオミットということになりますが、目立つところに居ますからかなりの確率で映ってると思います。


弐十手物語 - 小池一夫・神江里美
投稿者:岩瀬
週刊ポストで神江里美が連載した時代劇漫画。原作は小池一夫である。岡っ引きの鶴次郎が毎回発生する様々な事件に挑むという作品。かなり癖のある絵柄に最初はとまどったが、後半から気にならなくなった。そして連載は25年くらい続いたのだ。コミックス全110巻にも及ぶ大長期連載である。読む勇気がある人は相当な覚悟をして読んだ方がいいかも。


ニニンがシノブ伝 - 古賀亮一
投稿者:しあぶら
古賀亮一氏が電撃大王で連載されている忍者ショートギャグマンガ。可愛らしいキャラクター、7ページという短さを感じさせない膨大な量のボケの応酬、天才的としか言えない台詞回しで人気をつかむ。見所といえば主人公のくのいちの忍のダメっぷりをさらに越える同じ顔ばかりな忍者面々のダメダメっぷり。難を言うのならば、月刊連載で7ページという短さなので単行本が年に一度出るか出ないかといった状態なことでしょうか。ちなみにアニメにもなってます。


日本国大統領 桜坂満太郎 - 吉田健二
投稿者:岩瀬
コミックバンチで連載中の問題作。一応は政治色の強いシミュレーション戦争漫画であるが、通信衛星が破壊されてる状態で携帯電話が使えたり「核」という最終兵器を持ってる中国軍がさっさと使わずに時間のかかる焦土作戦に出たりとおかしな描写が多いので素直に感情移入できない困った作品。政治漫画としても戦争漫画としても完全に駄作だが取締役の次原が昔描いてた漫画の続編的な位置付けにある為ちっとも終わってくれない。主人公の無能ぶりがただでさえむかつくのに全く終わる気配がないので余計にストレスがたまる。これ以上続けてもメッキがはがれるだけだから「財前丈太郎」共々さっさと終了にした方がいいと思うんですがねえ。


にらぎ鬼王丸 - 荒仁・坂本眞一
投稿者:イチロー・ハリー・田中
ジャンプで「ブラッディソルジャー」等の読み切りや「モートゥルコマンドーGUY」を連載していた坂本眞一氏によるヤングジャンプでの原作付きの熱血刀匠時代劇。刀鍛冶の主人公という変わった設定と坂本氏の緻密な描写で中々人気があったが第4巻で第一部完にされてしまうという不幸な作品。敗因はやはり少年漫画の様な王道的な話運びの原作が弱かったせいでしょう。この荒仁(あらじん)という人は恐らく編集者なんじゃないでしょうか?。しかし坂本氏の絵と演出がそれを補いながら作品を引っ張っていた事と安易にヒロイン等を出さない硬派な姿勢には好感を持てます。この漫画僕は結構好きです。


任侠沈没 - 山口正人
投稿者:岩瀬
別冊漫画ゴラクで山口正人が短期連載した作品。某暴力団の若頭・大紋寺は組の金を着服し、私腹を肥やした組長の1人息子をみせしめとして粛清する。しかし息子を奪われた怒りがそう簡単に収まるはずも無く、大紋寺の留守中に彼の妻と娘を組員に命じて粛清してしまう。激怒した大紋寺は組長を消す事を決意し、何人かの部下と組へ向かうが、その時に天変地異が発生し日本は荒野と化す・・。かくして荒廃した日本を舞台に大紋寺と部下達のはてしない旅が始まる・・。当初は全3回の集中連載だったが、話が大きくなってまとめきれなくなったのと、読者の人気が結構高かった為に2006年10月から本格連載がスタートする。どんな展開になるのか非常に楽しみだ。


人形佐七捕物帳 - 田中つかさ
投稿者:岩瀬
月刊コミック乱ツインズで田中つかさが始めた時代劇。江戸のお玉ヶ池の近くに住む岡っ引きの佐七親分。その人形のような端正な顔立ちから彼は人々から「人形佐七」の異名で呼ばれている。そんな佐七親分が今日も大江戸八百夜町を駆け回る!横溝正史の傑作時代小説が原作なのだが、原作の持ち味を殺さず、なおかつ自分の世界観も壊すことなく漫画にしている田中つかさの力量に感服。さすがである。


人形草紙あやつり左近 - 写楽鷹・小畑健
投稿者:しあぶら
俗に言う「ジャンプ打ち切り探偵四部作」と呼ばれている中では一番評判がいい作品。人形遣いの左近と明治に作られた左近が操ると意思を持つ人形、右近が目の前で起こる殺人事件を解決していくもの。小畑健氏の端麗な絵柄もあって結構人気があったらしい。1995年48号ではW表紙の裏側の表紙も勤めた。また、打ち切りマンガでは珍しくWOWOWにてアニメ化されている。


忍空 - 桐山光侍
投稿者:清原
忍空はセカンドステージというのがあります。でも、僕はファーストステージの方が好きなので、今回はファーストステージについてレビューします。初めは元忍空隊一番隊隊長子忍の風助敵を倒していく漫画でしたが、元忍空隊隊長酉忍の藍眺や元六番隊隊長巳忍の橙次や、橙次の妹の里穂子やペンギンのヒロユキなどと出会い旅を続けていく漫画になって、忍空狼と戦ったりしました。僕はその忍空狼と戦っているところが好きです。キャラでは主人公の風助が好きです。僕は忍空が好きです。


忍空 - 桐山光侍
投稿者:中岡一久
ジャンプの黄金時代絶頂期に連載された作品。忍術と空手を混合され忍空という意味であり、キン肉マン・北斗の拳・ドラゴンボールなどのジャンプ色が非常に入った作品。初期は読者からは内容が幼稚だという批判もあったが、人気があったのだが、連載1年で中断。当時のジャンプの連載中断は今では常識的考えられないが人気があっただろうか。また、幽☆遊☆白書が連載終了し後釜として連載再開とアニメ化決定。しかし、ジャンプの顔であるドラゴンボールの連載終了。同じころに作者がネタ切れとプレッシャーに耐えられず、失踪してしまい。2度も3度も連載中断してしまった(10年後にウルトラジャンプで連載再開)。その中断休載が冨樫義博の休載の遠因になる。結局、忍空が時代を支える名作には至らなかった。


人間凶器カツオ! - 刃森尊
投稿者:岩瀬
刃森尊が97年から99年までマガジンに連載した作品。例によって例のごとく、いつもの刃森ワールドが展開される。内容的にはどうって事ないが時間つぶしに読むには丁度いい作品で全10巻分があっという間に読めた。ただラストはどう見ても打ち切り。やはり、この人は原作がないとダメなのかな?


ネイチャージモン - 寺門ジモン・刃森尊
投稿者:岩瀬
別冊ヤングマガジンで連載されている作品。原作・寺門ジモン、作画・刃森尊。TV番組の同名コーナーを漫画にした作品だが、今回は原作付きの為か、いつものハモリズムがなく、ネタにすらならない糞漫画になっています。2回目以降でいつもの調子が出れば文句ないのですが、どうなのかな。


ネコなび - 杉本ぺロ
投稿者:岩瀬
杉本ぺロがサンデーの巻末で連載している猫漫画。杉本がメス猫の姫ちゃんを飼い始め、その様子をレポート漫画にするというもの。はっきりいって商業雑誌に掲載するような作品ではありませんが、軽く読み流すのならアリな作品。まともに読んでも、ちっとも面白くないので先入観無しで気楽に読みましょう。


眠狂四郎 - 柴田錬三郎・柳川喜弘
投稿者:岩瀬
柴田錬三郎の最高傑作である時代小説を「シティーハンター」のアシスタントだった柳川さんが劇画化したもの。基本的に「眠狂四郎無頼控」シリーズをベースにして判りやすく展開。原作付きのおかげで安定したクオリティを保った状態でコミックス10巻分続いた。個人的にはもっと続けてほしかったんですが・・。まあ仕方ないか。


KOマサトメ - 園田辰之助
投稿者:岩瀬
「KO(ノックアウト)マサトメ」96年にジャンプに連載されたボクシングギャグ漫画。タイトルからしてコケそうな雰囲気が漂っていたが案の定コケた。ただ初期の頃はくだらないながらも結構笑える内容でした。なおコミックスの2巻では大幅な加筆訂正が施され連載当時と少し印象が変わった。ちなみに作者はこれ以降は連載を持つ事はなくアイシールド21のアシスタントをしたりして何とか生活しているようだ。


野武がゆく - 門馬もとき
投稿者:風原
82年に連載された門馬もとき先生の剣道漫画。北辰一刀流戸倉道場の子・野武は剣道一筋の明るい中学生。剣豪だった亡き父を目標に、低迷した母校・明倫館中学剣道部を再び盛り上げるために野武の竹刀がうなる。
ジャンプでは以前「さすらい騎士道」(中島徳博作)という剣道漫画があったが、それを少子化しテンションを上げたのが本作品である。門馬先生はそれまで‘ビックガン’‘魔剣士’といったシリアスな展開の作品でコケてしまったために、本作品ではハイなテンションの展開で臨んだようだが、返って雰囲気が削がれてしまい、剣道(武道)漫画としてはあまり相応しいとはいえない形になってしまう。案の定10週で終了。主人公の野武はよかっただけに設定をもう少し検討して欲しかった。


のら猫ホシ! - 小栗かずまた
投稿者:岩瀬
オースーパージャンプ2006年4月号に掲載された小栗かずまたの読みきり。「にゃんタロー」に未練でもあったのか、またしても猫を主人公にした4コマ漫画であったが、他の連載陣が円熟した大人向けの作品ばかりの為か、この作品だけ幼年テイストで描いてあったので非常に浮いて見えた。少年誌で通用しなくなって青年誌へ移籍したのだろうが、それなら少しは作風を大人向けにしないとダメですね。まあ内容はジャンプで連載していた頃と作風が変化してないので、特に語るような事もないですね。






ホームへ戻る