つぼイノリオを一概に凄いと言ってしまうのは実にもったいない。彼には様々なすごさがある。浅く?はあるが豊富な知識、その知識を最大限に表現しうる独特の話術。ラジオを聴く者の多くはその迫力に圧倒されるはずである。そしてその迫力を産み出している源は、この世に存在するありとあらゆる欲望に他ならない。誰もが必ず持っているに違いない欲望を包み隠さず表に出すことによって、本音のものすごさを発揮するのである。
つぼイノリオの番組を聴きだした者は必ずといっていいほどヤミツキになってしまう。タテマエだけに飾られた番組が多い中、自分と同じように考えている者がありのままをラジオで読まれ彼の代弁によって世に堂々と訴えかけられているのである。ちょっと自分の周りを探せばいくらでも転がっているようなごく些細な話題さえも、さも重大なことかのようにこれでもか、これでもかと畳みかける。リスナーもまたこれに応える。さらにまた他のリスナーがそれに対して応酬してくる。そこにはじめてラジオを通じてのコミュニケーションが成立する。つぼイノリオの凄さのひとつは、このコミュニケーションにとことんまで付き合うことである。駄洒落から極めて専門的な内容のハガキまで何でも受け入れてしまうのである。これは並みの力ではとてもできることではない。しかしリスナーにとってはこれほど参加しがいのあるDJはいないに違いない。そしてつぼイノリオの番組ほど毎回毎回グレードアップされていくものも他にないに違いないと思う。ところがその基本が最初に書いたように誰もが持ち合わせている欲望にあるため、誰でも簡単に参加できてしまうのだ。彼の放送態度を見ていると、人間と人間の結びつきの根元が感じられる。お互いが自分と正直に出し合いさえすれば、どんな立場の人間でも共感するものである。つぼイノリオの一番のすごさは彼自信の人間くささにあるものと思っている。


つぼイチルドレン


A side


B side


別れてもできる人 ダイカーン
悲しい色やね 小さな世界の日溜りで
マラをなめる少女 三人目のヨット
ゴムとゼリー 世間噂のあの歌
高血圧ガール 熱闘甲子園
女子大生 がんばれタイガース
街の変質者 放禁用語の乱れ消し
戸惑いのDOTE よい子の学習法
コンピューター悪テープ キャンディーキャンディー
汽車ポッポ改めオナピュッピュッ 森の熊さん
もしも女とできたなら 泳げスペルマ君
チャパネカス こらの木陰で
ラジオ体操の歌
まら
8時15分のお慎




近代映画や写真時代を喰い入るように見つめていたかと思うと、突如C新聞のバカヤローと古い怒念を吐き出し、650円のトンカツ定食をかき込んだ後「俺はマシンと一体になるんだ。ストーリーを風になって駆け抜けるぜ。俺の前には何も邪魔者なんかないんだ。」などとのたまう。普通こんな言動を行う男は単にデイドリーム症候群として片付けられてしまうか真剣に治療を勧告されるかのタイプだと思われるであろう。しかしつぼイノリオは違う。嫌味なく様になっているのだ。キザをキザとしてでなく、シャレをシャレとしてでなく誰もが思っていながら言えないことをも素直に口に出しているだけに聞こえるのだ。そんな彼の足元に寄り集うつぼイ族の輩も、当然の如く類似した人種が多く、世間一般からは前述の2タイプに別けられてしまう者ばかりだ。即ち奇人、あるいは変人と。つぼイ症候群は下卑た事実を直視し、ノーマルな社会を色眼鏡で見、しかも自己の足元を踏み外すこともなく、のらりくらりと泳ぎまわることのできる者に限定して表れる。そんな彼らに本当の歌を唄わせる事をつぼイは喜んでいる。ホモの真情を理解しようとし、レズの道理をも極めようと努力し、落ちこぼれの道徳を説き、やらせなしで聞く者を興奮させるつぼイノリオ。マイクに対してこれでもか、これでもかと毒をツバと一緒に投げかけている彼を調整卓越しに見ている私にはゴーストタウンのストリートライダーとして思えるのだが。


つぼイチルドレン No.2


A side


B side

完全無欠のハイ水DJ 水に落ちた絵のぐ
時をかける少女 とっても金持ちおとおさん
裏銭湯のはいり方教えます 涅槃への遁走曲
マスかきの歌 伝統工芸博イメージソング
夢のお馬車 にぎりの渡し
探偵物語 ゲイの花
ダッチワイフこわしちゃった 名犬ジョリイの歌
ふたりの学校 今日の料理
母の愛のうた クラシカルマーチ
母さんの唄 便秘の歌
こまっちゃうな リベラ1984
やさしいお父さま 吉本新喜劇のうた
ハイヤン数え唄・その一 ないしょ話
奥の細ミンチ 快楽のサンバ
快感が止まらない 夢のBIGミュージシャンオリンピック
羊と犬と猫の乱れなきと
蚊のドップラー効果
文部省唱歌
禁止用語の乱れうち スマイルフォーミー
エリーゼの木魚 快楽まつり
CHPRICIOUS HURRICANE なかよしこみち
通りゃんせ
祗園ばやし