the World of STUTTERING
( 吃音症 − どもる症状 )

【 はじめに 】
 吃音症(ドモリ)は、
人口の1%以上に存在すると言われるポピュラーな障害です。また、ひとくちに吃音症といっても、その重症度はさまざまです。また最近では、吃音症の亜型と表現すべきケースも見られます。たとえば、職場で電話を受けるときに、「・・・会社です」というマニュアルどおりの受け方の最初の一言だけが言いにくく、それ以外の状況では、全くどもることがないという方がおられます。これを吃音の難発現象と呼ぶには、あまりにも困る状況が限定され過ぎています。本人はそれが苦痛で来院されてはいるのですが、一般的な吃音者と比較すると、いわゆる吃音の軽症者ともタイプが異なるようです。重症例から軽症例や亜型も含めて、吃音はいくつかの要因が重なった「症候群」として捉えられる障害なのかもしれません。
 過去の多くの偉人や有名人(タイガー・ウッズ、清水宏保(スケート選手)、アリストテレス、ダーウィン、ニュートン、チャーチル、マリリン・モンロー、サマセット・モーム、大江健三郎、重松清、金鶴泳(キム ハギョン;作家)、江崎玲於奈、井上ひさし、寺山修司、羽仁進、水森亜土、木の実ナナ、徳川家康、三遊亭歌奴、田中角栄、ルイス・キャロル、ローマ皇帝クラウディウス(米国の奴隷解放にまで影響を及ぼしたとされる名碑文のある学際的皇帝)、その他大勢)が吃音症であることが知られていますが、一方で吃音ゆえに就職や進路で人生の損な選択をせざるを得ない人達も数限りなくおられます。しかし、すべての障害や疾患がそうであるように、吃音者であることは単に「不幸の側にいる」ことではないでしょう。

【 過去の医学的治療

 吃音の医学的治療の歴史は、紀元前400年頃にヒポクラテスが、「吃音は舌の乾きが原因」として治療を始めたのが最初と記録されています。以後、1940年ごろには二酸化炭素吸引療法という奇抜な方法(意識の低下後に精神運動の興奮が生じる)が試され、メタフェタミンなど種々の化学物質が用いられた時期がありました。一方、精神分析の領域においては、吃音は乳幼児期の「口唇期から肛門期」における無意識の葛藤課題によると考えられ、それなりの分析治療が行われましたが効果は不明瞭です。その後、現代になって、抗不安薬、抗精神病薬、抗てんかん薬、βブロッカー(循環器系の薬)等も用いられてきましたが、それらの有効性もまだ混沌として明確にされていません。それらの治療においては、効果のある人も居れば効果のない人もいたと記録されていますが、プラセボ効果(偽薬効果)や雑多な治療要素が混在しているようで、また症例数も少ないため、どのような吃音症例にどのような治療薬が有効であるかは、殆ど闇の中です。最近になって、吃音者には、環境・養育の問題よりも、中枢神経のハード面の問題や脳の神経伝達物質の不調和が発症に絡んでいるのではないか、という報告が脳の詳細な生物学的研究を基盤にして疑われるようになってきました。一方、吃音は状況依存性の障害ですから、生まれ持っての中枢神経系の問題のみに注目するのも不自然であると考えられます。
 すなわち医学的なことを言うならば、残念ながら、吃音の原因究明や治療方法は、まだあまり進歩らしい進歩が見られないのが事実のようです。これまで、音を引き伸ばす話声や種々の吃音治療プログラムの治療報告がありますが、それほど一般化しておらず治療成績も不明瞭です。
 そして巷では、吃音治療に関して、客観的に見て過酷と言わざるをえない精神主義的な治療法がまだ強調されすぎている感があります。結局は吃音者の人生観に帰してしまうというアプローチに偏っている印象がぬぐえず、自らの吃音症状とどう向かい合うべきであるのか、自らの心の不全感に陥らざるを得ない形になってしまう場合が少なくないと思われます。たとえば、全国的な吃音の自助組織である「全言連」の『吃音者宣言』のなかでも、『どもりを治そうとする努力は、古今東西の治療家・研究者・教育者などの協力にもかかわらず、充分にむくわれることはなかった。それどころか、自らのことばに嫌悪し、自らの存在への不信を生み、深い悩みの淵へと落ちこんで行った。』と語られており、過去における吃音治療の困難さがうかがわれます。

【 現在の状況 】
 では実際の臨床現場で吃音症の診療はどうなっているのでしょうか。言語療法士さん達による吃音治療については、詳細はよく知りませんが、近年はそれなりの成果をあげていると耳にします。しかし悲しいことですが、日本・海外の医学関連雑誌の集積である「中央医学雑誌」や「Pub Med」を閲覧しても、近年は吃音に関してこれといった音沙汰が殆どありません。多くの吃音者がおり、疾病の国際分類に吃音はきちんと定義記載されているのに、不思議な現象です。現況では種々の理由で、吃音研究に対して国家予算が配分されにくいのかもしれません。ちなみに、厚労省の
発達障害者支援に係る検討会(平成17年1月18日、厚生労働省 社会・援護局第2会議室)の「発達障害の定義について」のなかで引用資料としても、小児<児童>期及び青年期に通常発症する行動及び情緒の障害(ICD-10)に吃音が含まれており、吃音は基本的には医療機関で受診可能な健康保険適用の疾病として分類されていいます。しかし実情では、吃音症は厚労省からまだ黙殺されている感がありますね。
 当院においては、吃音を第一の主訴にして来院される人達は多くありません。うつ病や社会不安障害として受診されることが多く、診療の問診のなかで、あたかも追加事項のように「実は吃音にも悩まされているのです」と語られることが多いのです。当然ながら、吃音に悩んでうつ病になられることもあれば、吃音以外のストレスによってうつ病にかかられることもあるでしょう。そして一般的な現象として、心がうつ状態に陥るほど、吃音症の症状は悪化する傾向がみられます。また、社会不安障害では、吃音以外にも動悸・緊張・発汗・手足のふるえなどを伴いやすく、あえて吃音のみを強調して受診されることが少なくても不思議ではありません。おそらく重症の方と軽症の方では、受診の形も異なっているのでしょう。いずれにしても、吃音の方が医療を求めて来院されることは、まだまだ少ないように思われます。その理由として、本人自身や社会の吃音治療に対する理解が不十分なことや、治療についての情報の混乱がみられることがあげられます。吃音が持続するのは、決してご本人の性格や気の持ち方の問題として捉えられるものではありません。まして吃音を、吃音者の「心の弱さ」などと自己卑下的に捉えることは治療上マイナスです。
 追加ですが、有名な心理学者、教育学者、哲学者、文学者、詩人、宗教家、自然科学者などでさえ、自らの吃音をうまく治療できないのが実情です。このことからも吃音を自身の心の問題として自責の念に囚われる必要はないのだということを明記しておきたいと思います。


【 当院の吃音治療について 】
 当院では現在、うつ病や社会不安障害の人達と同じ様に、吃音の方にも薬物療法を行うことにしています。これまでの数少ない報告では、SSRIなどの精神薬の効果について意見が一定しておらず、各薬剤についてのまとまった統計的なデータは存在していません。(たとえば、三環系抗うつ剤で吃音が悪化したという報告があり、SSRIに関しては軽快するという報告に対して稀に悪化という相反する報告も認められています)
 吃音症に対する薬物の効果は、吃音そのものの症状軽快の有無、吃音による社会生活の(行動上の)改善の有無の2面に分けて評価していく必要があると考えられます。今後、脳生理学がさらに発達し、脳の機能が一層明らかになり、吃音症に有効な薬剤が解明・開発されていくことも期待していくべきでしょう。

  当院では目下、濃厚な心理学的アプローチは回避し、あえて薬物療法(SSRIなど)中心の治療をすすめています。その効果についてはまだ検討中ですが、当初予測していたよりも治療効果はあるのではないかと、現段階で感じています。吃音に悩まれ、薬物の効果を一度試したいと思われる方は、お住まいの近くの心療内科や精神科、メンタルクリニックにて、薬(SSRIなど)を処方してもらって試されればよいと思います。 吃音の患者さんを診療するなかで特に薬物療法の効果について、実際はどうなのか実証的な点から検討をしたく考えていますので、当院の薬物中心の治療について、ご理解を御願いいたします。
  なお当院の受付窓口では問診表を手渡しますので、ご自分の名前を受付で発声される必要などはございません。吃音者は電話が苦手の方も多いので、電話予約も不要です。(なお当院では、他の疾患と同様に、吃音症も保険診療の対象にしておりますので、初診時には保険証をご持参ください)

【追記 1: 大きい声で唄う自己治療法もあるようです 】
 ある吃音患者さんの話によると、自宅で大きな声で歌を唄う練習が、吃音の改善に役立っているとのこと。
この患者さんの話によると、毎日30分〜1時間、音楽を部屋中に響かせて、それに合せて一緒に唄う練習をするということらしい。これは音楽に合わせた発声練習とも言えますが、効果はかなりあるとのことで、ぜひ他の吃音患者さんにも教えてあげて欲しいとの事でした。(実際の効果については、統計をとっていないので、残念ながら現段階で医学的になんとも言えませんが)
 この患者さんは、仕事から帰宅したあと、夜9時ごろから自室でひとりで練習を始められるそうです。音楽を大きめにかけておくと、発声が恥ずかしくなく出来るそうです。ただし近所迷惑になるといけないので、夜11時以後はしないとのことでした。吃音のいい治療法がないと悩む方、一度この方法をトライされてはいかがでしょうか。

【追記 2: 小説「ノルウェイの森」と吃音症 】

   村上春樹氏の世界的なベストセラー小説「ノルウェイの森」のなかで、主人公「僕」の寮の同室者である「突撃隊」なる人物が、吃音症かつ発達障害的な人物としてその行動が描写されています。舞台は、1970年前後の東京、全共闘による大学紛争が日本中に吹き荒れていた時代です。物語のなかで、この「突撃隊」の内的な苦悩は一切描写されず、彼の殆どすべての行為が他の登場人物にとって滑稽なものとして捉えられ、ほほえましい笑いの素材として扱われています。主人公や他の登場人物の苦悩が様々な角度から細かく描写されていくなかで、突撃隊だけがひとつの風景であるかのように行動を中心にして描かれています。この小説がハードボイルド系であるという点を割り引いても、「突撃隊」の単調な描写は腑に落ちません。「突撃隊」は、通常の吃音者と異なり、近親者でもアカの他人でもない中間距離の「僕」に、臆面なく吃音を連発します。青年期の吃音は連発から難発に移行するものですが、この臆面のなさと連発の行動は、逆に「突撃隊」にとっても、他者が風景のごとき存在であるかのような印象を受けます。そのこともまた「突撃隊」の発達障害的な部分を一層形作っているかのようです。一方、村上氏はある紙面で、この「突撃隊」の特質を、吃音を克服した人の姿として、解釈を加えているようですが・・・・・・。
  村上氏は「突撃隊」の人格を発達障害的に描くうえで、何故に吃音という障害を付加する必要があったのか。おそらく村上氏の脳裏には、発達障害というまとまった概念は存在しておらず(本小説が書かれたのは1987年、発達障害の概念が社会に浸透するのは1990年以降である)、氏のオリジナルな感性に頼って、吃音を加味することで世論的に分かりやすい「突撃隊」なる人物像に仕立て上げたかったのでしょうか。小説のなかで、「突撃隊」は言うまでもなくナチスの残虐な突撃隊(SA)を指しており、ナチス・・発達障害・・吃音の三項が、あたかも親和的な人格フラグメントであるかのように仕組まれています。「突撃隊」は、村上氏の忌み嫌う原理主義者と紙一重のような危うい印象すら受けます。この小説のなかには現代風の病や悩みを抱えた多彩な人物が登場し、類似の感性を抱えた読者(少し幼いモラトリアムの読者層?)の共感が得られやすい設定になっていっるようです。
  この小説は、近々映画化される予定であり、ヴィジュアル化によってひとつの吃音症イメージを世界中に漏電させることになるかもしれません。吃音者や非吃音者が、この小説を読み、きたるべき映像をみることによって、どのような心像風景としてこの「突撃隊」を味わうのでしょうか。そして、村上氏の吃音理解が、小説全体に貼られたレッテルのように現代の進歩的鏡像といえるものであるのか否か、いつの時代か分かることになるのでしょう。小説の「僕」は、他の登場人物にとってカウンセラー的役割を担った存在であるという論評をどこかで目にしましたが、それなりに精神医療を勉強している村上春樹氏の抱く吃音者像が、時代考証をへて、今後修正されていくものであるか関心がもたれます。イスラエル賞を得て、ノーベル賞に一歩ずつ向かっている村上氏のことでありますから、ひとこと書いておきたくなりました。
【追記 3: 読書によって吃音の情報収集を 】 
 2011年2月に発売された「ボクは吃音ドクターです」(菊池良和著)の一読を、吃音者および吃音治療に関係する人たちに是非おすすめしたいと思います。医師である著者の苦悩する体験と、そこから体得された爽やかな吃音の捉え方は、あたかも煎じ詰められた漢方薬のようにジワジワと吃音者の悩みを癒してくれるものと思います。作家の重松清さんも絶賛されているようです。

  
                        ホーム(TOP)に戻る