2006年5月25日
琵琶湖南湖に発生した上位蜃気楼

| 逆Z字型になる琵琶湖大橋西側 | | Z字型になる琵琶湖大橋東側 | | 蜃気楼化して水平線下から姿を見せだしたフーチング |

| 蜃気楼化したフーチング | | 板塀状化する東岸の守山市方面 | | まゆ毛状に変化する琵琶湖大橋 |

| ホーム | |琵琶湖の過去の発生記録| |琵琶湖南湖の蜃気楼最新情報| | 北湖の蜃気楼最新情報 | 

 | 琵琶湖の上位蜃気楼映像MENU |


■ 2006年5月25日(木)、琵琶湖南湖に発生した上位蜃気楼について
  
  この日は、非常にクリアーな蜃気楼が観察できました。おそらく、今年で一番大気の透明度のよい
 状態で蜃気楼が発生した日となるでしょう。琵琶湖上にはヘイズが少なからず発生して(九州や本州
 南側でも同様なことだと思いますが…)しています。蜃気楼の発生日も例外なくヘイズの影響を受け
 ます。人間の目は優秀なので双眼鏡で蜃気楼が見えていても、ビデオや写真には目で見たように写っ
 てくれません。琵琶湖では年々湖上の視程が悪化しているような気もします。大気汚染の影響がある
 のかもしれません。今年は特に黄砂の影響が酷く、遠方の湖上が双眼鏡でも見えない日が何度もあ
 りました。
  今回の蜃気楼の特徴は、琵琶湖大橋の東西が通称Z字型と呼んでいる3像型の蜃気楼になったこ
 とや、本来は観測地点から水平線下に隠れて見えないはずの琵琶湖大橋の“フーチング(橋脚支持
 台)”やはるか遠方の高島市地域の陸地が上方倒立して見えたりしたことです。デジタルカメラで沢
 山撮影した中から、6点を掲載しました。

 

 

 

 

■ 逆Z字型になる琵琶湖大橋西側
 
KatataZ51m_13h37.jpg (41450 バイト)
 琵琶湖大橋が細くなり、水平一直線状に変化し西側の橋梁が逆Z字型(3像型)の蜃気楼になっています。また、西詰周辺の湖岸(大津市堅田)は高さがそろってきています(板塀状化)。この時の蜃気楼は、水面付近の陸地や建造物は変化がなく、それより上部が蜃気楼化しています。水平一直線状に変化しています。

撮影者:房 英夫会員(13:12頃撮影/焦点距離900mm相当の望遠レンズで撮影)

▲Top▼

 

 

 

 

■ Z字型になる琵琶湖大橋東側
  
Z55m_13h42.jpg (34887 バイト)
 琵琶湖大橋の東側(守山市側)の橋梁がZ字型(3像型)の蜃気楼になったようすです。Zの部分の右側の赤い細長い物は走行する車が蜃気楼化したものです。

撮影者:房 英夫会員(13:42頃撮影/焦点距離1200mm相当の望遠レンズで撮影)

▲Top▼

 

 

 

 

■ 蜃気楼化して水平線下から姿を見せだしたフーチング
  
Footing90m_15h01.jpg (38993 バイト)
 橋脚の下にみえる台上のものはフーチング(橋脚支持台)です。フーチングは、観測地からは水平線下に隠れているので決して見えるはずがないのです。しかし、上位蜃気楼となってその姿を現し、左の橋脚にはフーチングが上方倒立して重なっている様子が、左から2本目の橋脚も蜃気楼化したフーチングの上にも上方倒立像を作りかけようとしている様子が見えます。2像目のフーチング周辺の黒っぽい筋状のものは湖面が蜃気楼化したものです。そして、橋の後方の山の水面付近の稜線(高島市高島〜安曇川町方面)が蜃気楼化して現れ、上方倒立像を伴って見えています。観測地から30〜40Km以上離れた陸地が蜃気楼化して鮮明に見えていることは、珍しいと思われます。

撮影者:房 英夫会員(15:01頃撮影/焦点距離1200mm相当の望遠レンズで撮影)

▲Top▼

 

 

 

 

■ 蜃気楼化したフーチング
  
FootingU98m_15h15.jpg (34025 バイト)
 前出の水平線下から見え出した“フーチング”全てが上方倒立像を伴った2〜3像型の蜃気楼になりました。左端の橋下の造船所もまだら模様の板塀状になっています。橋の後方の山湖面付近の稜線は高さがそろい一直線状に変化しています。

撮影者:房 英夫会員(15:15頃撮影/焦点距離1200mm相当の望遠レンズで撮影)

▲Top▼

 

 

 

 

■ 板塀状化する東岸の守山市方面
 
MoriyamaItabei01m_15h20.jpg (39449 バイト)
 琵琶湖大橋東詰付近の守山市の湖岸が板塀状化した様子です。ただ、伸びているだけでなく、板塀状の中には2像目、3像目などが複合されていることが写真右の湖岸の変化から分かります。

撮影者:房 英夫会員(15:20頃撮影/焦点距離1200mm相当の望遠レンズで撮影)

▲Top▼

 

 

 

 

■ まゆ毛状に変化する琵琶湖大橋
 
Mayuge23m_15h48.jpg (41798 バイト)
 琵琶湖大橋の最高部周辺の橋梁が同時に太くまった(伸びた)状態です。まるで、まゆ毛のようです。また、橋の後方の山の水面付近の稜線が蜃気楼となって見えていたものは消滅し、右から数えて5本目の橋脚の左の山の稜線が2段に変化しています。

撮影者:房 英夫会員(15:48頃撮影/焦点距離1200mm相当の望遠レンズで撮影)

▲Top▼

 

 

 

 

| ホーム | |琵琶湖の過去の発生記録| |琵琶湖南湖の蜃気楼最新情報| | 北湖の蜃気楼最新情報 | 

 | 琵琶湖の上位蜃気楼映像MENU |