◆ てる爺の つれづれ日記 (2013年09月)  No.110
  若い人も 歳をとった人も    健康な人も 調子を崩している人も       健康で快適な生活ができるように    ゆったりと 気長に 健康体操を続けてみてはいかがですか
   ↑健康体操のコーナーを始めました。     ご興味のある方はこちらをご覧ください。
  ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ** 前号の(トーモロコシ)クイズの答えは末尾をご覧ください **  煎茶を楽しみました  ヨーガ同好会の仲間に煎茶の師匠がいます。 ヨーガの後で師匠のたててくれた煎茶を呼ばれました。煎茶の作法としては、 お菓子はお茶を飲む途中で食べることなど、抹茶と違っているそうです。 20130909 tea ceremony (1).jpg ←煎茶の道具を揃えて  ↓ 20130909 tea ceremony (2).jpg  工事現場を見学しました    我が家のすぐ近くで、ガソリンスタンドとコンビニの建設工事が始まってい ます。コンビニは10月から、ガソリンスタンドは12月から営業開始予定で す。市内のガソリンスタンドは次々と廃業に追い込まれていますので、近くに できると便利になります。 s-20130910 construction (1).jpg ←ガソリンスタンドの工事  ↓隣りではボーリング s-20130910 construction (2).jpg  ボーリング作業はどうやるんだろうか? 近くに行って見学させてもらい、およその要領が分かりました。 s-20130910 construction (3).jpg ←二人でボーリング作業         ↓       s-20130910 construction (4).jpg  人の鎖が400キロメートルに及びました    約160万人が手をつないで400キロにおよぶ人の鎖を作ったそうです。 バルセロナの友人からの連絡で、その様子を動画などで見ました。  バルセロナ(スペイン)のあるカタルーニア州は、スペインからの独立を求 める運動が続いています。来年(2014年)9月11日は、カタルーニアが スペインに敗れて統合されてから300年になります。 s-20130915 catalan (1).jpg ←手をつなぐひとびと  ↓カタルーニア州旗を掲げる群衆 s-20130915 catalan (2).jpg    ご参考:スペインの旅エッセイ  近江は大雨に浸かりました    滋賀県は自然災害が少ない土地です。 台風18号は本州を逸れたので、滋賀県は問題なし、と思っていました。 ところが、記録破りの大雨に見舞われました。 s-20130917 typhoon No 18(2).jpg  我が家の近くの野洲川は、河川敷にか  かるまで増水しました。   現在は深く掘り下げられ、川幅が広く  なっていますが、昔のような天井川のま  まだったら、間違いなく大きな被害が発  生したでしょう。   ご参考:消えゆく天井川   私が作陶に通っている信楽への道は、  3本のうち2本が通行止めになり、再開  のメドが立っていません。   高速道路を使って遠回りしているので  大損害です。   ↑大雨の翌日の野洲川       ↓水が引いた野洲川   ↓(河川敷近くまで増水)      (向かって左端に僅かに水) s-20130917 typhoon No 18 (1).jpgs-20131004 yasu-river.jpg    中秋の名月を楽しみました  多賀大社の観月祭に参列させてもらいました。 去年は台風で中止でしたが、今年は台風通過後の素晴らしい天気に恵まれまし た。参加者には無料で抹茶(お菓子付き)が振舞われたのに感激しました。  多賀大社は屈指の神社なので、財政的にもゆとりがあるようです。 s-20051125 taga.jpg ←多賀大社      ↓休憩所     s-20130919 moon festival (1).jpg  まずは琴の演奏から始まりました。 神職による祈りの後、公募した短歌の特選作が、平安時代からの伝統的な作法 による朗詠で披露されました。 s-20130919 moon festival (2).jpg ←琴の演奏  ↓神職による祈り s-20130919 moon festival (3).jpg  雅楽に合わせた舞も披露されました。 雅楽の奏者は、楽譜の読みにくい暗い場所に陣取っていました。いずれは私も 演奏に加わりたいものだと思っています。 s-20130919 moon festival (5).jpg ←伝統の舞  ↓雅楽の演奏 s-20130919 moon festival (4).jpg  陶芸作品展を開きました  陶芸仲間と恒例の作品展を開きました。 今年は第9回目で、会場は例年のようにびわ湖大津館(旧・琵琶湖ホテル)で した。 s-20130926 exhibition (1).jpg ←会場からの眺め   秘かに人間国宝を目指している?!   ↓ 友人のオブジェ(失敗作?!)  s-20130926 exhibition (6).jpg s-20130926 exhibition (5).jpg ←会場内の眺め  ↓ s-20130926 exhibition (4).jpg  ベトナムへ嫁ぐとは スゴーイ!  琵琶湖大橋の西側に、イーゴスという巨大な観覧車があります。 イーゴスとは、スゴーイ!をもじった命名だそうです。多くの人に親しまれて きましたが、10年余り前から休業していました。  この度、ベトナムへ再婚することになりました。 現在、解体作業が進み、既に観覧車は取り外されています。ベトナムでの命名 は知りませんが、願わくは、スゴーイ!!と名付けてもらいたいものです。 s-20130927 iigosu (1).jpg ←琵琶湖大橋  ↓解体中のイーゴス s-20130927 iigosu (2).jpg    ヨシ灯り展をたのしみました  信長が築いた安土山城は、麓まで湖が迫っていました。 現在、安土山の周囲は埋め立てられていますが、近くには西の湖があります。 その西の湖の湖岸には、ヨシ(葦)が繁っています。  西の湖の近くでヨシの灯り展があったので見学しました。 s-DSCN0935.jpg ←西の湖に繁る葦(2月)  (中央手前の黒い山が安土山)  ↓仮設展望台から見た灯り s-20130929 azuchi (1).jpg  付近の小・中学生が中心になって作った沢山の灯りが、夜の闇の中に映えて いました。 s-20130929 azuchi (2).jpg ←アシの灯り作品の列   ↓ s-20130929 azuchi (3).jpg  * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *    先月号のクイズ(とうもろこしのひげ)の正解(赤字)です!   Q1:トウモロコシのヒゲは何のためにあるの?         答: ヒゲは「めしべ」で、受粉した花粉の通路となります           (ヒゲの数=ツブの数)   Q2:トウモロコシのヒゲは何本位あるの?        答: A=約400本 B=約700本 C=約1000本   Q3:トウモロコシの実の列は決まっているの?        答: A=偶数列 B=奇数列 C=決まっていない   Q4:トウモロコシの実は何列位あるの?        答: A=約13列 B=約18列 C=約23列   Q5:トウモロコシの実は何個位あるの?        答: A=約300個 B=約500個 C=約700個        (以上 標準的なとうもろこしの1房について)  * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *                        (2013−9−30) ------------------------------------------------------------------                日記メニューへ   トップページへ