◆ てる爺の つれづれ日記 (2013年11月)  No.112
  若い人も 歳をとった人も    健康な人も 調子を崩している人も       健康で快適な生活ができるように    ゆったりと 気長に 健康体操を続けてみてはいかがですか
   ↑健康体操のコーナーを始めました。     ご興味のある方はこちらをご覧ください。
  ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆   吟行を楽しみました。  吟行で湖南市にある善水寺と長寿寺を訪ねました。 善水寺も長寿寺も奈良時代に創建されたという古刹です。 20131102 zensuiji.jpg   善水寺の名前は、桓武天皇が 病に伏せったとき、この寺に湧き 出ている水を飲んだところ快癒し た、といういわれによるそうです。  今でも水が湧き出ています。  伝承の善き水汲むや秋深む             てる爺 ←善水寺 20131102 chojyuji (1).jpg ←長寿寺   ↓至福の秋(本堂前)  20131102 chojyuji (2).jpg  句会は長寿寺でした。 意外にも拙句に票が集まり、般若水の賞品をいただきました。家に持って帰っ たら主人が取り上げて飲んでしまいました。私は涙を飲みました。 20131102 chojyuji (3).jpg ←句会会場(長寿寺)  ↓ 20131102 chojyuji (4).jpg  消防署が移転しました。  我が家の近くにあった消防署が図書館の隣に移転しました。 畑仕事をしているときに聞こえてきた若い署員が訓練に励む声を、もう聞くこ とがなくなりました。旧消防署は我が家の裏庭位の至近距離でしたが、新消防 署は1キロほど遠くになりました。 20131102 firestation (2).jpg ←新消防署  ↓旧消防署 20131102 firestation (1).jpg  秋の夜、神社で祭祀舞を楽しみました。    野洲市のびわ湖近くに「兵主大社」という由緒ある神社があります。 この神社の宮司さんは色々なアイデアを実践しておられる人です。ここでは雅 楽の祭祀舞を習っているグループがあるそうで、今回は一般の人たちに披露し てくれました。 20131116 hyozutaisha (1).jpg ←兵主大社    ↓浦安の舞   20131116 hyozutaisha (3).jpg  参集殿で舞を披露してくれたのは数人の若い女性でした。 演目は「浦安(うらやす)の舞」(扇舞、鈴舞)、「豊栄(とよさかえ)の舞」 (乙女舞)、「朝日(あさひ)舞」(宮司舞)でした。 20131116 hyozutaisha (2).jpg ←浦安の舞  ↓豊栄の舞 20131116 hyozutaisha (4).jpg  グラウンドゴルフを楽しみました。    陶芸仲間とグラウンドゴルフを楽しみました。 ゴルフ場は起伏の激しいコースが多く、打った球が逆戻りしてさらに遠い所か ら打ち直しすることも度々起こりました。 20131120 ground golf (1).jpg ←かもしか荘  ↓ 20131120 ground golf (3).jpg。  場所は三重県との県境に近い甲賀市土山町で、野洲川の水源に近い山の中で す。10月に全面的に改築した「かもしか荘」という宿で、ここは国民宿舎だ った施設を民間業者が引き継いで営業を開始しました。 20131120 ground golf (2).jpg ←グラウンドゴルフ場  ↓ 20131120 ground golf (4).jpg  モンゴルの馬頭琴の演奏を楽しみました。  モンゴルの伝統音楽のコンサートがある、と知人に教えてもらいました。 数年前、モンゴルから来ていた青年に日本語の手ほどきをしたことがあったの で、いい機会だと思いました。モンゴルへ乗馬に行ったことのある陶芸仲間も 二つ返事で前売り券を買いました。  楽団は30年前に結成された「モンゴル国立馬頭琴交響楽団」です。 来日演奏は今年で10回目だそうです。 20131123 mongolian concert (1).jpg ←オーケストラでの演奏  ↓(守山市民ホール) 20131123 mongolian concert (3).jpg  馬頭琴の演奏を、意識して聞いたのは初めてです。  甲高い音だろう、という先入観を持っていましたが、柔らかい音色、ゆったり した草原を思い起こさせる音色でした。  私が一番感動したのは横笛でした。 リンべという横笛を独特の演奏法で吹いた曲には驚きました。1曲の初めから 終わりまで、2、3分だったと思いますが、息継ぎなしに吹き終わったのでし た。横笛を吹くとき、息継ぎは口で素早く息を吸いますが、口で息継ぎをしな い循環呼吸法という方法で演奏したということでした。ユネスコの無形文化遺 産に登録されているそうです。篠笛を吹くときに息継ぎで苦労していますので、 あの奏法を習ってみたいものだと思いました。 20131123 mongolian concert (4).jpg ←横笛の演奏   ↓楽器の紹介  20131123 mongolian concert (2).jpg  神宮を訪ねました。  歴史教室の館外研修として神宮(=伊勢神宮)を訪ねました。 神宮の式年遷宮は20年毎で(住吉大社は30年毎、出雲大社はおおむね60 年毎)、今年は10月2日に内宮、10月5日に外宮の遷宮が終わりました。   お参りのしきたりに従い、まず外宮を参拝しました。  外宮の「せんぐう館」には遷宮にまつわる解説資料や模型などが展示されて いました。 20131129 ise jingu (1).jpg ←外宮  ↓せんぐう館 20131129 ise jingu (2).jpg  20年毎の遷宮は、建築やしきたりなどを伝承するのに適切な期間かもしれ ません。木造建築が千年以上に亘ってそっくり再現されている、というのは世 界でも例がないでしょう。  似たような事例は雅楽にも見られます。韓国などを経て日本に伝わった雅楽 は、韓国では途絶え、日本では伝来当時のままに千年以上も伝えられてきたそ うです。(それがユネスコでの無形文化遺産に指定された理由の由)  神宮のホームページによれば、遷宮の費用は550億円で、税金に頼らない 浄財だそうです。全国の神社などからの寄付によるのでしょう。 20131129 ise jingu (3).jpg ←五十鈴川  ↓内宮 20131129 ise jingu (5).jpg  当日は快晴に恵まれ、気持ちの良い空気を味わえました。 参拝の後は神楽殿で巫女舞を見学し、その後おはらい町でぶらぶら散策しまし た。 20131129 ise jingu (4).jpg ←神楽殿  ↓おかげ横丁にて 20131129 ise jingu (6).jpg                         (2013−11−30) ------------------------------------------------------------------                日記メニューへ   トップページへ