てる爺の つれづれ日記(2014年9月) No.122    古例祭を見学しました  多賀大社の古例祭を見学しました。 多賀大社では春(3月22日)に古例大祭、秋(9月9日)に古例祭が行われ ます。古例祭は豊作を祈願するための祭りで、多賀祭りとも呼ばれる古例大祭 ほどの規模ではありませんが、古式に則った見ごたえのある祭りです。  豊凶を占う相撲神事の後、お渡りの行列が出発しました。 多賀大社 ←多賀大社  ↓古知古知(こちこち)相撲 s-20140909  taga festival (2).jpg s-20140909  taga festival (3).jpg ←お渡り行列  ↓ s-20140909  taga festival (4).jpg  多賀大社では雅楽講座を開いています。 私は多賀大社の神職の方から龍笛を教えていただきました。ときどき伊勢神宮 からも先生がお越しになり、指導していただきました。 参集殿 ←雅楽を習った参集殿  ↓ 参集殿  血圧を確認しました  主人(妻)の通院で病院に行きました。 私は運転手なので、待ち時間はロビーで過ごしました。読書をした後、ロビー に近い1階の一角にあった血圧計Aで血圧を測ってみました。測定値が意外に 低いので、2階の血圧計Bでも測ってみました。1階から2階までゆっくり歩 いた割には数値の違いがやや大きいと思いました。   血圧計A(1階)    血圧計B(2階)     ↑血圧計A(1階)          ↑血圧計B(2階)         最初 15分後         最初 15分後  最高血圧 109⇒150 (+41)   120⇒137 (+17)  最低血圧  79⇒ 91 (+12)    73⇒ 88 (+15)    脈拍  68⇒ 76 (+ 8)    70⇒ 81 (+11)  今や病院の敷地内では禁煙になっています。 コーヒーを買って敷地の境界まで歩き、ブラックコーヒーを飲みながら一服し ました。コーヒーと煙草がどの程度血圧に影響するのかが気になりました。 そこで15分後に再び1階の血圧計Aで測ってみました。最高血圧が異常に上 がっていました。これはおかしいと思い、2階まで階段を2段づつ駆け上がり、 血圧計Bでも測りました。その結果は上の表の通りです。  これをどう評価すべきか。 ・コーヒーと煙草は(両者の有意差は不明ながら)、血圧を上げる。 ・測定値は機器によってかなりバラツキがありそう。 ・同一機器で毎日測るのであれば、変化に注意するのは意味があるだろう。  大阪に行ってきました  久しぶりに大阪に行ってきました。 阪神高速が突き抜けているビルです。速読日本一に輝いたことのある人が開催 する速読セミナーの説明会に参加しました。 TKPゲートウエイビル ←TKPゲートウエイビル   ↓会場から大阪駅北方面の眺め  会場から大阪駅北方面の眺め  私は50歳の時に少し速読を練習したことがあります。上がった速度は2− 3倍程度(今は元の木阿弥)に過ぎなかったのですが、これを契機として視力 が0.6⇒1.2に上がり、眼鏡代が要らなくなったのは有難いことでした。 今回参加したのは、子どもや孫たちに勧めるために、最近の指導要領の概要を 知りたいと思ったためです。  しかしまあ、自分でやるのは簡単でも、人をその気にさせるのは至難の技で すから、どうなることやら。速読に限らず、最も身近なハズの人からの素っ気 ない反応が身に沁みていますので...(オロオロ)  神宮に参拝しました  年に一度懇親会を開く雑談仲間がいます。 今年の懇親会では伊勢神宮に参拝することにし、関東、関西から駆けつけても らいました。  内宮に近い神宮会館に泊まったのが正解でした。 1泊2食付きで1万円ほど(税別)のお手軽料金でしたが、食事は食材と盛り 付けが申し分なく、スタッフの応対も心地よいものでした。さらに、宿泊者に は内宮の早朝参拝(6:30〜8;10)の案内サービスがありました。  ガイドをしてくださった博識の青年の解説は貴重でした。 人影の見えない内宮 ←人影の見えない内宮  ↓神楽祭の野外舞台 神楽祭の野外舞台  神宮では春と秋に神楽祭が催されます。 今回の懇親会は神楽祭に合わせて日程を決めました。天気がよければ野外の特 設舞台ですが、雨のときは参集殿です。私たちが訪ねた日は台風が近づいてい たため、参集殿でした。  一昨年、多賀大社の龍笛の先生に案内していただいたときも参集殿でした。 s-20140924 jingu (2).jpg ←振鉾(えんぶ)  ↓抜頭(ばとう) s-20140924 jingu (5).jpg s-20140924 jingu (3).jpg ←迦陵頻(かりょうびん)  ↓(極楽に住んでいるという鳥の舞) s-20140924 jingu (4).jpg  内宮を参拝した日の夜は鳥羽の(豪華!?)ホテルに泊まりました。 翌日、夫婦岩に向かって山の神への忠誠を誓ってから、外宮に参拝しました。 s-20140925 jingu (1).jpg ←外宮  ↓夫婦岩 s-20140925 jingu (2).jpg  秋の花が咲きました  作陶や窯焚きに信楽へ通う途中に彼岸花が咲いていました。 今年は例年よりも少し早めでした。我が家の庭の金木犀は、例年ならば10月 10日前後に満開になるのですが、今年は9月末にほぼ満開になりました。  彼岸花 ←彼岸花  ↓彼岸花とコスモス 彼岸花とコスモス  私好みの食材を収穫しました     紫蘇の実を収穫しました。  私が猫の髭の先ほどの借り農園で栽培する野菜の一つは紫蘇です。青紫蘇は  若葉の頃は葉を食べ、赤紫蘇の葉では紫蘇ジュースを作り、青紫蘇・赤紫蘇  とも実がついたらふりかけに使える、という優れものです。 シソの実(赤紫蘇、青紫蘇)   私の作るふりかけは:  ちりめんじゃこ+(ダシをとった)  昆布の細切り+シソの実 をから  っといためる という大まかな男  料理 です。      ←シソの実(赤紫蘇、青紫蘇)  仏像を訪ねました    湖南の仏像巡りをしました。 作家の故・水上勉さんなどが紹介しているように、甲賀市などの湖南には貴重 な仏像が沢山残っています。今回は歴史教室の館外研修として ・正福寺(し ょうふくじ)・善水寺(ぜんすいじ)・伊勢廻寺(いせばじ)・擽野寺(らく やじ)を訪ねました。正福寺と善水寺は湖南市、伊勢廻寺と擽野寺は甲賀市( こうかし)にあります。  正福寺では木造の観音堂に仏像を安置しておられ、撮影も許可されたのが印 象的でした。国からの助成を受けると、仏像は鉄筋コンクリート作りの建物に 収めなければならないので、助成を受けないことにしたそうです。 s-20140930 koka (1).jpg ←正福寺:木造十一面観音(中央二体)   ↓秋風を楽しんでいる石仏  s-20140930 koka (2).jpg s-20140930 koka (4).jpg ←伊勢廻寺(いせばじ)    ↓擽野寺(らくやじ)  s-20140930 koka (6).jpg                       (2014−09―30) ------------------------------------------------------------------                日記メニューへ   トップページへ