てる爺の つれづれ日記(2016年3月) No.140  富士は日本一の山!! s-20160301 fuji (1).jpg   富士山を見たくて、御殿場の  定宿に泊まりました。   土砂降りの中を出かけました  が、翌朝は雲一つない快晴とな  りました。 ←赤富士(6:20頃)     s-20160301 fuji (2).jpg      ↑8:00過ぎ   去年9月に文芸仲間と懇親会をした時は台風に見舞われ、本当に富士山があ るのか、と疑念を抱いた者がいた状態でした。  あるのですね、このように見えるのですね。 心がけ次第で!  陶芸仲間の作品が受賞しました  陶芸仲間が、地元の市展で・特選/某新聞社賞を受賞しました。 真面目で優しい人柄の友人が受賞したことを喜びました。  P1030404 (2).jpg   奇をてらわず、形態もすっき  り素直に仕上がっており、釉薬  の色は清々しく濃淡の効果も効  いている、と評価されたそうで  す。 ←花入れ  吟行を楽しみました    俳句仲間と吟行を楽しみました。 場所は前方に沖島が見える国民休暇村(近江八幡市)でした。  琵琶湖の湖面に沢山の鴨が群れている光景はよく見かけます。 驚いたことに、砂浜に上陸して餌をついばんでいる光景を初めて見ました。 s-20160305 ginko (1).jpg ←食事に余念のない鴨の群れ  ↓人の気配で飛び立った鴨の群れ s-20160305 ginko (2).jpg  満開の桜を愛でました  例年、滋賀県で桜が満開になるのは東京よりも1週間位遅れています。 しかし、守山市(野洲市の隣り)では3月上旬に満開の八重桜を見ることがで きます。  s-20160308 cherry (1).jpg ←満開の八重桜  ↓ s-20160308 cherry (2).jpg  ヨーガ仲間と食事会を楽しみました  ヨーガの仲間と弁当を持ち寄って食事会を楽しみました。 例会はコミュニティセンターですが、今回は仲間の家で練習をした後、食事会 をしました。仲間の一人は築100年以上の古民家に住んでいます。 s-20160328 yoga party (2).jpg ←豪華な食事!  ↓古民家の庭 s-20160328 yoga party (1).jpg  現在のヨーガグループは「歳を忘れる 健幸ヨーガの会」と名づけています。 80代半ばの女性を筆頭に、60代、70代の男女で和気あいあいとヨーガを 楽しんでいます。  あれから12年!  定年退職後3年目に地元の博物館のお手伝いを始めました。 博物館付属の体験工房では、・勾玉・土の銅鐸・土笛・埴輪・手形・陶芸.. などの体験メニューがあります。その体験工房での指導員を務めました。  あれから12年! 今年3月末で退職しました。いろいろなお客様と接することができた楽しい職 場でした。  これからどうするのか、と言えば、まだ年甲斐もなくいろいろやってみたい という願望を抱えています。すぐやらないかんのは...終活か?!   s-1 20140408 dotaku museum (2).jpg ←春:体験工房  ↓夏:工房前の夏祭り s-2 dotaku.jpg s-3 dotaku.jpg  ←秋:工房前の落ち葉  ↓冬:石舞台のある池 s-4 dotaku.jpg                        (2016−3―31) ------------------------------------------------------------------                日記メニューへ   トップページへ