てる爺の つれづれ日記(2016年6月) No.143  湖西の史跡を見学しました  琵琶湖の西岸、湖西には古代からの様々な史跡があります。 歴史教室の館外研修として、湖西北部にある史跡のいくつかを訪ねました。  途中、白髭神社で休憩しました。 湖の中に大きな鳥居が立っています。鳥居の奥の方に沖島(近江八幡市)が見 えます。鳥居の近くで珍しい漁船を見かけました。鮎漁の船です。湖面近くに 群れている鮎の群れを見つけると船の先に取り付けた網を素早く水中に下し、 大量の鮎を掬い上げてしまいます。 s-20160617 kosei (1).jpg ←白髭神社の大鳥居  ↓鮎漁の船 s-20160617 kosei (2).jpg  白髭神社の北1キロほどの位置に、鵜川四十八体仏があります。 この石仏は天文22(1553)年、観音寺城城主だった佐々木義賢が亡き母 の追善のために造立したと言われています。現在この場所には33体だけ残さ れていますが、それぞれが個性的な表情をしています。 s-20160617 kosei (5).jpg ←四十八体仏のある墓地   ↓鵜川四十八体仏 s-20160617 kosei (4).jpg  四十八体仏の横に一本の大木が立ち、句碑がありました。      一本の大夏木とはここらしき     素十  ここから数キロ北上すると、稲荷山古墳があります。 この辺りは安曇川と鴨川によって形成された比較的広い沖積平野の一部です。 稲荷山古墳は6世紀前半に築造され、横穴式石室内には二上山(奈良県)から 産出される凝灰岩製の家型石棺が安置されていたこと、種々の豪華な副葬品が 納められていたことなどから、継体天皇と深い関わりのあった有力者の墓だっ たようです。  継体天皇(在位:507年3月3日)−531年3月10日)の出生地はこ の辺りだと言われています。 s-20160617 kosei (6).jpg ←稲荷山古墳    ↓家型石棺   s-20160617 kosei (7).jpg  次に高島歴史民俗資料館を見学してから、湖西路を南下しました。 往路に休憩した白髭神社を通り過ぎ、琵琶湖大橋から4キロほど北の和邇とい う地区の小野神社を訪ねました。推古天皇15(607)年に遣隋使として大 唐に渡った小野妹子を祀っている神社です。小野妹子はこの地で生まれた豪族 でした。 s-20160617 kosei (8).jpg ←小野神社  ↓野洲市のバス s-20160617 kosei (0).jpg  小野神社のすぐ近くには摂社・小野篁(たかむら)神社、飛び地境内には書 道の大家である小野同風神社があります。小野小町は小野篁の娘であろうとい う説があります。    「何でも世界一!」がモットーの国  野洲市国際協会ではワールドウオッチングという講演会を開催しています。 外国人講師から外国の諸事情を紹介してもらうプログラムです。今回はUAE (アラブ首長国連邦)のドバイでした。  今回の講師は日本人ですが、ドバイの高級ホテルでマネージャーとして8年 間勤務した後、野洲市に移住してきた女性です。 当日は民族衣装を着てドバイから駆けつけてくれた男女がお手伝いをしてくれ ました! (...ウソ、協会のスタッフです) s-20160626 dubai (1).jpg ←講演会の模様  ↓ s-20160626 dubai (2).jpg  いろいろと面白いお話しがありましたが、ひとつだけご紹介してみます。 「アラブ社会のIBM」というものがあるそうです。  I:インシャ アッラー ⇒ アッラーの思し召し通り  B:ブクラ       ⇒ 明日  M:マフィー ムシケラ ⇒ 問題ない  今回はかつてないハプニングがありました。 ドバイを紹介することを聞いたホテル支配人がプレゼントを用意して野洲市ま で講師を訪ねてきたのです。目玉はペアー2組に2日間の無料宿泊券でした。 講演会出席者で抽選会を楽しみました。幸運に恵まれたのは何故か女性だけで した。(私は アッラーの思し召しにあずかれませんでした...)  ご参考:私のドバイ紀行文 ⇒ UAE  十数万円を燃やしてしまいました  例年、初夏に穴窯を焚いています。 後期高齢者が多くなってきた陶芸仲間が、交代で4昼夜に10数万円分の薪を 燃やし続けました。あと何年続けられるか、...20年は無理かな?! s-20160623 kiln.jpg ←夜明けの煙    ↓窯出し   s-20160630 ceramics.jpg                        (2016−6―30) ------------------------------------------------------------------                日記メニューへ   トップページへ