てる爺の つれづれ日記(2017年04月) No.153  桜が満開の入学式!  小中学生の入学式は4月7日が多かったようです。 例年なら桜の花が散る頃ですが、今年の滋賀は桜が満開でした。満開の桜が祝 ってくれる入学式は最高ですね。  翌日、中学生になった孫娘のピアノ発表会がありました。  s-cherry.jpg ←満開の桜   ↓ピアノ発表会  s-piano(1).jpg  誕生日に桜を楽しみました  もはや喜びばかりではない私の誕生日は4月です。 今年の誕生日で見事に後期高齢者入りなのです。しかし、今年は誕生日前後に 桜が満開だったので、付録の人生のスタートを祝って花見に出かけました。  昭和の悠紀斉田は野洲市でした。毎年悠紀斉田でお田植祭りが催されていま す。その悠紀斉田の脇に咲き誇っていた桜を楽しみました。 s-mikami(1).jpg ←悠紀斉田の桜  ↓近江富士を背にする悠紀斉田 s-mikami(2).jpg  ご参考:⇒ 悠紀斉田とお田植祭り  京都の大原三千院は桜に囲まれていました  滋賀から京都へ行くには、大津から1号線を利用する以外に、琵琶湖大橋の 西から国道367号(旧・鯖街道)に抜けるのが便利です。旧・鯖街道は大原 三千院の脇を南北に延びています。  この道は年に数回通っています。我が家の女主人のお抱え運転手!として食 いつないでいる私の仕事なのです。この道は樹木に囲まれ、信号の少ない緩や かな一本道なので、仕事とは言え気分転換になります。4月下旬早々にこの道 を走りました。主人の用事が一段落したため、当分はこの道を走ることもなさ そうです。あいにくこの日は雨でしたが、記念写真を撮りました。 s-ohhara (1).jpg ←桜の残った大原三千院  ↓大原三千院付近 s-ohhara (2).jpg  ちなみに、私はまだ大原三千院を拝観したことがありません。この近くにあ る寂光院は二回訪ねたことがありますが。  京都市内に生まれてからずっと暮らしてきたけど、まだ金閣寺を拝観したこ とがないという年配の男性に出会ったことがあります。それに比べれば私はま だ普通人?なのでしょう。                       (2017−04―30) ------------------------------------------------------------------                日記メニューへ   トップページへ