てる爺の つれづれ日記(2018年6月) No.167  我が家のシンボルが無くなりました!  我が家の道路に面した庭には棕櫚を3本植えていました。 大阪から滋賀に越してきたときに植えたもので、30年余り経った今は、4メ ートル以上の高さになりました。棕櫚3本と子ども3人の成長を重ね合わせて 眺めてきました。伸び悩んでいるもの、そこそこ素直に伸びているもの、少し ひねているものなど、子どもの姿を反映しているような気がしました。  先日、知人に手伝ってもらい、思い切って3本とも切り倒しました。 もう子どもたちを構ってやる時期は過ぎたろうし、自分たちの終活が必要だろ うと思いましたので...。  近所の人から「道案内の目印が無くなってしまった」と言われました。 s-20180630 nonpalm.jpg ←棕櫚を伐採した後      ↓3年前     s-20151201 palmtree.jpg  久しぶりの快挙でした s-20180603_majan.jpg   おぅ! 自摸(つも)!! 大三元だぁー !(^^)!   久しぶりの役満です。  これで中学生の孫娘がハコ天に  なって終了。   オホン、若い時は失敗を重ね  ることが大切じゃから、容赦は  無用なのだ!       (「お年玉を賭ける」と孫娘が言い出すように誘導している         のだけど、なかなかガードが崩せません)  グランドゴルフを楽しみました  陶芸仲間と久しぶりのグランドゴルフを楽しみました。 当初5月末だった予定日は、前後が快晴なのに、その日だけ土砂降りという不 幸に泣きました。「今度こそ日頃の心構えが試されるわね」という山の神さま の冷ややかなご託宣に反し、今回は前後が雨だったのに、当日は晴でした!   s-20180622_groundgolf (1).jpg  場所は甲賀市で、野洲川支流の杣川(そまがわ)河川敷でした。 すぐ近くに、近江天保一揆の集結地となった矢川神社があります。  今回、私はブービー賞を狙い(?)、見事に当てました! しかし、今回はブービー賞は用意しなかった、という不幸に泣きました(;_:)  グランドゴルフの後、近くにある「やまなみ工房」に今回の幹事が案内して くれました。幹事はこの工房の運営者と親しくしているようでした。  ここでは障害者が通所して絵や造形作品などを創作しています。 s-20180622_groundgolf (3).jpg ←ギャラリー  ↓お化けの絵(部分) s-20180622_groundgolf (2).jpg  ギャラリーには平面画や立体の作品が展示されていました。 私が特に感銘を受けたのは、平面画でした。モノクロもカラーも実に緻密に描 き上げられていました。膨大な時間を費やしたことがうかがえます。色彩の配 置も見事でした。  施設は画材などの必要品を用意するだけで、指導者はおらず、作者が図書な どを参考にしながら自由に描いたり造ったりしているそうです。  ホテルランチを楽しみました  琵琶湖ホテルでランチを楽しみました。 去年の夏、自治会の抽選会で3等賞のペアランチ券が当たっていました。有効 期限が7月末だったので、忘れないうちに使いました。平日なのに、レストラ ンは結構沢山の人で埋まりました。 s-20180628_biwakohotel.jpg ←琵琶湖ホテル ↓びわ湖大津館(旧・琵琶湖ホテル) s-biwakoohtsukan.jpg s-20180628_vender.jpg  喫煙室にたばこの自動販売機が ありました。珍しいことに、その 販売機は運転免許証でたばこが購 入できるようになっていました。 ←自動販売機の表示  旧・琵琶湖ホテルは昭和9年に設立され、滋賀県を代表するホテルとして親 しまれてきました。現在の新・琵琶湖ホテルは20年前に新築移転されました。  旧・琵琶湖ホテルは大津市に移管され、びわ湖大津館として市民の利用に供 されています。私の陶芸グループでは、びわ湖大津館で毎年秋に作品展を開い ています。  私の個人的感想としては、ゆったりと落ち着いた雰囲気の旧・琵琶湖ホテル の方が好みです。びわ湖大津館のレストランは雰囲気が良く、美味しいですか ら、是非作品展を覗くついでに立ち寄ってみてくださいませ。                        (2018−06−30) ------------------------------------------------------------------                日記メニューへ   トップページへ