てる爺の つれづれ日記(2019年8月) No.181  ティファニーで朝食を...  夜11時過ぎに、たまたまNHKのBS101を途中から見ました。 番組はその道で有名らしい二人のパティシエが登場していました。オードリー ヘップパーンの代表作である「ローマの休日」と「ティファニーで朝食を」の イメージを表現したケーキが紹介されました。私はケーキには関心がないので すが、見慣れたケーキ屋さんの店が一瞬登場したのに驚きました。  私が通う守山市のファミレスの向かい側にあるケーキ屋さんだったのです。  そのケーキ屋さんのパティシエは、「ティファニーで朝食を」のケーキを創 作したのですが、チョコレートをうまくあしらったことが特徴のようでした。 「あそこのケーキはチョコレートが美味しいので評判なのよ」とは妻の言。  地味な近江の身近な所に、有名なパティシエ(Watanabeさん)が活躍の場を もっていることに感動しました。 s-20190829 bolero (1).jpg ←ケーキの店  ↓W.Bolero(ドゥブルベ ボレロ) s-20190829 bolero (2).jpg  久しぶりにケーキを、と思って訪問した時は夏季休暇で閉店でした。    もうひとつ食べ物の話。 NHKの「プロフェッシヨナル」で肉屋さんのプロが紹介されました。 肉は保存する時の手の加え方によって味が左右されるそうで、それぞれの肉に 応じて上手に加工をする職人技の物語でした。  その職人さんも近江を活動の拠点としています。 今年、肉の販売店とレストランを草津市に新装開店したので試食してきました。 セジール(Saijir)というレストランは一流シェフが腕を振るう洋風の店です。   s-20190820 saisir.jpg    ↑肉の売店・サカエヤとレストラン・セジール  ★お断り★   当サイトでは、個人や団体などの固有名詞は原則として表示しませんが、   一般メディアに紹介されている場合は例外扱いとします。  ハリウッドの思い出 s-20190830 onceuponatime.jpg   ディカプリオとブラッド・ピッ  トが共演する映画を封切りの初日  に観ました。  タイトルは "Once upon a time  in Hollywood"。  ハリウッドのスター俳優が限界  を感じた頃の役を演じた物語でし  た。  時代設定は50年前の1969年。 これは私が関東から関西に流れてきた年。ハリウッドを訪ねたのは今から30 年前。ディカプリオの出演した「タイタニック」を観たのは今から約20年前。  暑さを忘れて束の間の回想に浸りました。                        (2019−08−31) ------------------------------------------------------------------                日記メニューへ   トップページへ