『清末小説から』既刊号目次


●清末小説から 第122号 2016.7.1
いくたびかの阿英目録14………樽本照雄
漢訳ラム『シェイクスピア物語』の序 2――「区別がつかない論」再び………樽本照雄
漢訳『奇獄』の謎 4完――結論検証篇(下)………沢本香子
也説林訳伊索寓言的原本何在………蘇建新
孫毓修『伊索寓言演義』の底本………沢本郁馬
論商務印書館対林訳小説的重要作用………江曙
中国のシェイクスピア最新成果………樽本照雄
清末小説から


●清末小説から 第121号 2016.4.1
いくたびかの阿英目録13………樽本照雄
日本語訳『海上大冒険談』の底本………神田一三
《毒美人》等原著鑑定及《東方雑誌》佚名訳者身▲研究………古二コ
漢訳『奇獄』の謎3――結論検証篇(上)………沢本香子
漢訳ラム『シェイクスピア物語』の序1――「区別がつかない論」再び………樽本照雄
清末小説から


●清末小説から 第120号 2016.1.1
いくたびかの阿英目録12………樽本照雄
陳家麟傳記及其翻譯小説《鮑亦登偵探案》等原著鑑定研究………古 二 コ
漢訳『奇獄』の謎2――問題解決篇………沢本香子
林〓文化研究(数据)庫的建立与発展困境新探………蘇建新 劉 垣
清末小説から


●清末小説から 第119号 2015.10.1
いくたびかの阿英目録11………樽本照雄
《領鈕》の原作………渡辺浩司
漢訳『奇獄』の謎1――問題提起篇………沢本香子
注目点4:『官場現形記』の海賊版………樽本照雄
林〓寃居事件――“琴南移寓芝麻街”是否指林琴南?………古 二 コ
清末小説から


清末小説から 第118号 2015.7.1
いくたびかの阿英目録10………樽本照雄
《中国通俗小説総目提要》補遺九則………付 建舟
早期漢訳ドーデ「最後の授業」7完――最初の漢訳虞霊「戦後」のばあい………神田一三
原作の探索――「夢遊二十一世紀」を例にして………沢本香子
「綺羅沙夫人」の原作………沢本郁馬
清末小説から


清末小説から 第117号 2015.4.1
渡辺浩司氏のご指摘にもとづき訂正しています
いくたびかの阿英目録9………樽本照雄
《傷心之夜》の原作………渡辺浩司
《深谷美人》罕見林譯與《空谷佳人》譯者考辨………古 二 コ
《中国通俗小説総目提要》補遺八則………付 建舟
早期漢訳ドーデ「最後の授業」6――最初の漢訳虞霊「戦後」のばあい………神田一三
清末小説から


清末小説から 第116号 2015.1.1(PDF)
いくたびかの阿英目録8………樽本照雄
早期漢訳ドーデ「最後の授業」5――黄静英訳「最後之授課」のばあい………神田一三
清末民初俄国小説訳介路径綜考(下)………付 建舟
商務版「説部叢書」研究の昔と今3(下)――改組の時期………樽本照雄
清末小説から


清末小説から 第115号 2014.10.1(PDF)
渡辺浩司氏のご指摘にもとづき訂正しています
いくたびかの阿英目録7………樽本照雄
《氷洋鬼嘯》の原作………渡辺浩司
晩清小説家“天公”考略………謝 仁敏
劉半農譯於《新青年》中及法國短篇小説翻譯原著補考………古 二 コ(Cesar GUARDE)
早期漢訳ドーデ「最後の授業」4――胡適訳「最後一課」のばあい………神田一三
周作人漢訳ヨーカイ・モール3完――『匈奴奇士録』の英訳底本について………樽本照雄
清末民初俄国小説訳介路径綜考(上)………付 建舟
商務版「説部叢書」研究の昔と今3(上)――改組の時期………樽本照雄
清末小説から


清末小説から 第114号 2014.7.1(PDF)
渡辺浩司氏のご指摘にもとづき訂正しています
いくたびかの阿英目録6………樽本照雄
《偵探外交消息奇譚》の原作………渡辺浩司
早期漢訳ドーデ「最後の授業」3――胡適訳「最後一課」のばあい………神田一三
周作人漢訳ヨーカイ・モール2――『匈奴奇士録』の英訳底本について………樽本照雄
就《申報》刊《繍像小説》廣告――與樽本照雄先生商〓………王 文君
王文君氏へ――『繍像小説』発行遅延問題について/附:『繍像小説』刊行一覧………樽本照雄
徐兆〓日記中的近代小説與出版史料3完――以小説林社為中心………欒偉平選註
清末小説から


清末小説から 第113号 2014.4.1(PDF)
いくたびかの阿英目録5………樽本照雄
《李代桃〓》の原作………渡辺浩司
周作人漢訳ヨーカイ・モール1――『匈奴奇士録』の英訳底本について………樽本照雄
徐兆〓日記中的近代小説與出版史料2――以小説林社為中心………欒偉平選註
早期漢訳ドーデ「最後の授業」2――胡適訳「最後一課」のばあい………神田一三
清末小説から


清末小説から 第112号 2014.1.1(PDF)
渡辺浩司氏のご指摘にもとづき訂正しています
いくたびかの阿英目録4………樽本照雄
《披蘿帶茘》の原作………渡辺浩司
早期漢訳ドーデ「最後の授業」1――胡適訳「最後一課」のばあい………神田一三
傅蘭雅与小説………劉 コ隆
徐兆〓日記中的近代小説與出版史料1――以小説林社為中心………欒偉平選註
清末小説から


清末小説から 第111号 2013.10.1(PDF)
渡辺浩司氏のご指摘にもとづき訂正しています/2013.12.3作り直しました
いくたびかの阿英目録3………樽本照雄
《狗之日記》の原作………渡辺浩司
『吟辺燕語』批判の謎………沢本香子
清末小説から


清末小説から 第110号 2013.7.1(PDF)
渡辺浩司氏のご指摘にもとづき訂正しています
いくたびかの阿英目録2………樽本照雄
L. J. Beeston の中国語訳………渡辺浩司
江貴恩的《時新小説》和《鬼怨》――傅蘭雅“時新小説”征文参賽作者考(六)………姚 達兌
清末小説から


清末小説から 第109号 2013.4.1(PDF)
渡辺浩司氏のご指摘にもとづき訂正しています
いくたびかの阿英目録1………樽本照雄
Richard Marsh の中国語訳………渡辺浩司
張葆常的少年中国和廃漢語論――傅蘭雅“時新小説”征文参賽作者考(五)………姚 達兌
《筆生花》初刊本小識………鄭 振偉
清末小説から


清末小説から 第108号 2013.1.1(PDF)
渡辺浩司氏のご指摘にもとづき訂正しています
商務印書館の名称と日中合弁問題2………樽本照雄
《宵人一夕》の原作………渡辺浩司
思綺斎的身〓………魏愛蓮著 趙穎之翻訳
楊味西及其《時新小説》略釈――傅蘭雅“時新小説”征文参賽作者考(四)………姚 達兌
清末小説から


清末小説から 第107号 2012.10.1(PDF)
渡辺浩司氏のご指摘にもとづき訂正しています
商務印書館の名称と日中合弁問題1………樽本照雄
《劍光蝶影》の原作………渡辺浩司
張声和略考――傅蘭雅“時新小説”征文参賽作者考(三)………姚 達兌
清末小説から

姚達兌論文の訂正

清末小説から 第106号 2012.7.1(PDF)
渡辺浩司氏のご指摘にもとづき訂正しています
アメリカ人宣教師の暦………樽本照雄
《愛國小説 鴿》の原作/《拊髀記》の原作(補)………渡辺浩司
傅蘭雅“時新小説”征文参賽作者考(二)………姚達兌
清末小説から


清末小説から 第105号 2012.4.1(PDF)
訂正をした第2版をあらためて掲げます(2012.11.26)
渡辺浩司氏のご指摘にもとづき訂正しています
マティーアと『釦子記』………樽本照雄
《拊髀記》の原作………渡辺浩司
傅蘭雅“時新小説”征文参賽作者考(一)………姚達兌
清末小説から


清末小説から 第104号 2012.1.1(PDF)
渡辺浩司氏のご指摘にもとづき訂正しています
商務版「説部叢書」研究の昔と今2………樽本照雄
《社會小説 人壽保險》の原作………渡辺浩司
容懿美譯《人靈戰紀土話》考略………姚達兌
傅蘭雅“時新小説”征文獲奨作品序文鈔(下)………劉コ隆
清末小説から


清末小説から 第103号 2011.10.1(PDF)
渡辺浩司氏のご指摘にもとづき訂正しています
商務版「説部叢書」研究の昔と今1………樽本照雄
《醫學小説 鑽祟》の原作………渡辺浩司
『清末民初小説目録』第4版問答(下)………樽本照雄
傅蘭雅“時新小説”徴文獲奨作品序文鈔(上)………劉徳隆
2010年世界林〓文化研究文献目録………蘇建新
清末小説から


清末小説から 第102号 2011.7.1(PDF)
渡辺浩司氏のご指摘にもとづき訂正しています
呉檮の漢訳ゴーリキー(下)………樽本照雄
《虎口餘生》の原作………渡辺浩司
晩清小説作者掃描(27)………武  禧
『清末民初小説目録』第4版問答(上)………樽本照雄
清末小説から


清末小説から 第101号 2011.4.1(PDF)
渡辺浩司氏のご指摘にもとづき訂正しています
呉檮の漢訳ゴーリキー(上)………樽本照雄
《沙塲歸夢》の原作………渡辺浩司
从“文界上乘”人物“王晋庵”説起………劉 コ隆
晩清小説作者掃描(26)………武  禧
夏瑞芳暗殺事件の犯人………樽本照雄
清末小説から


清末小説から 第100号 2011.1.1(PDF) B版
小説目録はたのしい………樽本照雄
《游艇伏尸録》の原作………渡辺浩司
Robinson Crusoe粤語譯本《辜蘇歴程》考略………姚 達兌
"儒林医隠"非陸士諤考………謝 仁敏
晩清小説作者掃描(25)………武  禧
書家としての呉檮・補遺………沢本香子
清末小説から


清末小説から 第99号 2010.10.1(PDF)
『繍像小説』問題2………樽本照雄
《老殘遊記》婦女形象及太谷學派婦女觀淺析………朱 松齡
《法蘭西之魂》の原作………渡辺浩司
張坤コ是《時務報》福爾摩斯故事的唯一中譯者〓?………〓  嵐
《冲積期化石》决非新文学史上第一部長篇小説………王 金城
晩清小説作者掃描(24)………武  禧
清末小説から


清末小説から 第98号 2010.7.1(PDF)
渡辺浩司氏のご指摘にもとづき訂正しています
ユゴーの漢訳名囂俄について(下)………樽本照雄
《與子同仇》の原作………渡辺浩司
晩清 Robinson Crusoe 中譯本考略………崔 文東
晩清小説作者掃描(23)………武  禧
清末小説から


清末小説から 第97号 2010.4.1(PDF)
渡辺浩司氏のご指摘にもとづき訂正しています
ユゴーの漢訳名囂俄について(上)………樽本照雄
《物語小説 犬之自述》の原作………渡辺浩司
哈葛コ小説的首篇中譯 She――從曾廣銓到林〓………〓  嵐
晩清小説作者掃描(22)………武  禧
清末小説から


清末小説から 第96号 2010.1.1(PDF)
渡辺浩司氏のご指摘にもとづき訂正しています
施蟄存による林〓冤罪事件………樽本照雄
《外交小説 世界秘史》の原作………渡辺浩司
對蔡元培〈答林君琴南函〉的一點質疑………李 慶國
近代小説《慨生游志》系《老残游記》的〓作………張 永芳
晩清小説作者掃描(21)………武  禧
『繍像小説』問題……樽本照雄
清末小説から


清末小説から 第95号 2009.10.1(PDF)
渡辺浩司氏のご指摘にもとづき訂正しています
セルバンテス最初の漢訳小説………樽本照雄
《十月寒霜記》の原作………渡辺浩司
晩清小説作者掃描(20)………武  禧
清末小説から


清末小説から 第94号 2009.7.1(PDF)
「老残遊記」執筆経過の謎2完――書簡集『滬榕書札』に見る………樽本照雄
《蔓陀羅克》の原作………渡辺浩司
従 MS.FOUND IN A BOTTLE 到《冰洋双鯉》………呉  燕
晩清小説作者掃描(19)………武  禧
清末小説から


清末小説から 第93号 2009.4.1(PDF)
「老残遊記」執筆経過の謎1――書簡集『滬榕書札』に見る………樽本照雄
《還珠》の原作………渡辺浩司
林譯小説《巴黎茶花女遺事》的訛傳……蘇 建新
晩清小説作者掃描(18)………武  禧
清末小説から


清末小説から 第92号 2009.1.1(PDF)
瀬戸宏報告を評する………樽本照雄
《滑稽小説 紙牌》の原作………渡辺浩司
商務印書館創業者の姻戚関係図(補遺)……樽本照雄
晩清小説作者掃描(拾七)………武  禧
清末小説から


清末小説から 第91号 2008.10.1(PDF)
『劉鶚集』はよろしい………樽本照雄
莎士比亞在1916年前的中國………〓  嵐
晩清小説作者掃描(拾陸)………武  禧
清末小説から


清末小説から 第90号 2008.7.1(PDF)
「官場現形記」裁判の真相………樽本照雄
晩清小説作者掃描(拾伍)………武  禧
November Joeの中国語訳(下)………渡辺浩司
清末小説から


清末小説から 第89号 2008.4.1(PDF)
『繍像小説』研究の現在………樽本照雄
November Joeの中国語訳(上)………渡辺浩司
晩清小説作者掃描(拾肆)………武  禧
「林訳小説叢書」の作品数………沢本香子
清末小説から


清末小説から 第88号 2008.1.1(PDF)
最初の漢訳「ドン・キホーテ」……樽本照雄
《哲理小説 哲學之禍》の原作……渡辺浩司
近代小説家張毅漢生平續考………郭 浩帆
網羅精英 任人唯才………張  英
狄平子小説資料一則………武  禧
晩清小説作者掃描(拾参)………武  禧
蔡元培を中傷した北京大学元教員…樽本照雄
清末小説から


清末小説から 第87号 2007.10.1(PDF)
魯迅による林〓冤罪事件………樽本照雄
《亞森羅蘋之勁敵》と《竊〓案》の原作………渡辺浩司
近代翻譯文學家陳鴻璧女士生平考…李  勇
晩清小説作者掃描(拾弐)……武  禧
清末小説から


清末小説から 第86号 2007.7.1(PDF)
林訳イプセン冤罪事件………樽本照雄
無中生有的最早林譯《葛利佛利葛》…馬 泰來
ビーストンの謎………渡辺浩司
“夢湘先生”點滴………武  禧
晩清小説作者掃描(拾壱)………武  禧
清末小説から


清末小説から 第85号 2007.4.1(PDF)
林訳シェイクスピア冤罪事件(要旨)…樽本照雄
林訳小説評価の最近………樽本照雄
樽本論文補遺3題………沢本香子
『漢訳ホームズ論集』………樽本照雄
晩清小説作者掃描(拾)………武  禧
清末小説から


清末小説から 第84号 2007.1.1(PDF)
魯迅「出乎意表之外」の意表外……樽本照雄
出版社の図書目録………神田一三
晩清小説作者掃描(玖)………武  禧
清末小説から


清末小説から 第83号 2006.10.1(PDF)
『繍像小説』の坂下亀太郎「理科遊戯」………神田一三
美華書館名称考(3完)………樽本照雄
晩清小説作者掃描(捌)………武  禧
『清末小説研究集稿』日本語前言と後記………樽本照雄
清末小説から


清末小説から 第82号 2006.7.1(PDF)
美華書館名称考(2)………樽本照雄
商務印書館の火災(3完)………沢本香子
晩清小説作者掃描(七)………武  禧
アディスンの漢訳小説………神田一三
『新編増補清末民初小説目録』の『小説海』掲載作品正誤・再補………杜 筆恩
漢訳アラビアン・ナイト(16)……樽本照雄
清末小説から


清末小説から 第81号 2006.4.1(PDF)
美華書館名称考(1)………樽本照雄
晩清小説作者掃描(陸)………武  禧
商務印書館の火災(2)………沢本香子
漢訳アラビアン・ナイト(15)……樽本照雄
潘建国「近代小説的研究現状与学術空間」を読む………樽本照雄
清末小説から


清末小説から 第80号 2006.1.1(PDF)
『漢訳東西洋文学作品編目』とその編者………樽本照雄
晩清小説作者掃描(伍)………武  禧
『新編増補清末民初小説目録』の『小説海』掲載作品正誤・補……杜 筆恩
商務印書館の火災(1)………沢本香子
漢訳アラビアン・ナイト(14)……樽本照雄
清末小説から


清末小説から 第79号 2005.10.1(PDF)
『迦因小伝』に関する魯迅の誤解・下………樽本照雄
百年是非,如何評説?4完………歐陽〓雪
晩清小説作者掃描(肆)………武  禧
漢訳アラビアン・ナイト(13)……樽本照雄
『新編増補清末民初小説目録』の『小説海』掲載作品正誤………杜 筆恩
清末小説から


清末小説から 第78号 2005.7.1(PDF)
『迦因小伝』に関する魯迅の誤解・上………樽本照雄
『大共和日報附張』スクラップ……杜 筆恩
百年是非,如何評説?3………歐陽〓雪
韓國所見清末民國通俗小説書目(初稿)………張 元卿
晩清小説作者掃描(参)………武  禧
漢訳アラビアン・ナイト(12)……樽本照雄
清末小説から


清末小説から 第77号 2005.4.1(PDF)
漢訳ハガード小考………樽本照雄
〓富灼及其編纂的商務印書館英語教科書
             ………張  英
『新小説』の発行遅延………杜 筆恩
百年是非,如何評説?2………歐陽〓雪
晩清小説作者掃描(貳)………武  禧
漢訳アラビアン・ナイト(11)……樽本照雄
清末小説から


清末小説から 第76号 2005.1.1(PDF)
「天方夜譚」小考………樽本照雄
1909年發表的一篇“狂人日記”……范 伯羣
【資料】催 醒 術……冷
晩清小説作者掃描(壱)………武  禧
百年是非,如何評説?1………歐陽〓雪
録呉〓人《端陽新樂府》………武  禧
清末小説から


清末小説から 第75号 2004.10.1
「李伯元と劉鉄雲の盗用事件」の謎を解く………樽本照雄
呉〓人與談善吾佚文〓拾………王 學鈞
《禽海石》:晩清言情小説中的奇葩………胡 全章
對晩清小説作家的探討………武  禧
漢訳アラビアン・ナイト(10)……樽本照雄
清末小説から

清末小説から 第74号 2004.7.1
『唐〓蔵書目録』について ………樽本照雄
『図画日報』影印版のこと2………沢本郁馬
劉鶚家藏《周氏遺書》輾轉始末……朱 松齡
商務印書館《英文漢詁・敘》釋文…劉 徳隆
《華英初階》和《華英進階》何時出版?……張  英
寫于晩清的兩篇小説理論文章………高 玉海
晩清小説分類…………………………武  禧
漢訳アラビアン・ナイト(9)……樽本照雄
清末小説から

清末小説から 第73号 2004.4.1
贋作漢訳ホームズ2………樽本照雄
李伯元与病紅山人〓樹松………王 學鈞
孫毓修與《歐美小説叢談》………柳 和城
鐵雲遺印拾遺………朱 松齡
晩清小説的分期………武  禧
漢訳アラビアン・ナイト(8)……樽本照雄
清末小説から

清末小説から 第72号 2004.1.1
「童話」の漢訳アラビアン・ナイト………樽本照雄
關於湯寶榮(頤瑣)的幾件史料……………張 人鳳
清末小説家〓拾………………………………王 學鈞
清末小説的時限………………………………武  禧
『中国古典小説史料叢考 韓国篇』による
 『新編増補清末民初小説目録』補2……渡辺浩司
清末小説から

清末小説から 第71号 2003.10.1
雑誌の黄帝紀年………………………………樽本照雄
《<太谷學派遺書>第三輯》評……………劉  〓
『中国古典小説史料叢考 韓国篇』による
 『新編増補清末民初小説目録』補1……渡辺浩司
漢訳アラビアン・ナイト(7)……………樽本照雄
什麼是晩清小説?……………………………武  禧
清末小説から

清末小説から 第70号 2003.7.1
漢訳アラビアン・ナイト(6)……樽本照雄
頤瑣就是湯寶榮………………………徐 新韻
清末民初小説與報刊業之關係………郭 浩帆
張元濟書寫的習字帖…………………柳 和城
一九一一年小説略説(下)…………武  禧
清末小説から

清末小説から 第69号 2003.4.1
李伯元の肺病宣言………樽本照雄
《新編増補清末民初小説目録》所録傳奇雜劇補述………左 鵬軍
漢訳アラビアン・ナイト(5)……樽本照雄
一九一一年小説略説(上)………武  禧
清末小説から

清末小説から 第68号 2003.1.1
『絵図文学初階』巻1について………樽本照雄
《穡者傳》和《卓舒及馬格利小説》……韓 一宇
説盡興亡借資鑒,秋燈展巻感滄桑………田 若虹
漢訳アラビアン・ナイト(4)………樽本照雄
一九一〇年小説略説(下)………武  禧
【書評再録】
一部富有学術意義和使用価値的工具書…郭 延礼
《(新編増補)清末民初小説目録》………夏 暁虹
清末小説から

清末小説から 第67号 2002.10.1
新編増補清末民初小説目録序………樽本照雄
漢訳アラビアン・ナイト(3)……樽本照雄
「劉鉄雲と中根斎」補遺…………周  力
陸士諤小説的新認識…………田 若虹
よみがえる『出版史料』…………沢本郁馬
一九一〇年小説略説(上)………武  禧
【書評再録】
《新編増補清末民初小説目録》簡介…賀 偉
清末小説から

清末小説から 第66号 2002.7.1
商務印書館最初の英語教科書………樽本照雄
《新小説》創〓刊行情況略述………郭 浩帆
漢訳アラビアン・ナイト(2)……樽本照雄
一九〇九年小説略説(下)………武  禧
民国初期の小説雑誌『好白相』補…渡辺浩司
清末小説から

清末小説から 第65号 2002.4.1
忘れられた増注本系『官場現形記』………樽本照雄
漢訳アラビアン・ナイト(1)……………樽本照雄
論林〓的文言長篇小説《劍腥録》…………韓 洪擧
一九〇九年小説略説(上)…………………武  禧
呉〓人の手紙2通……………………………沢本郁馬
清末小説から

清末小説から 第64号 2002.1.1
李伯元は死後も『繍像小説』を編集したか………樽本照雄
清末民初探偵小説管窺………大塚秀高
《新新小説》主編者新探………郭 浩帆
一九〇八年小説略説(下)………武  禧
民国初期の小説雑誌『好白相』……渡辺浩司
清末小説から

清末小説から 第63号 2001.10.1
贋作ホームズ失敗物語2………樽本照雄
介紹一種新發現的《小説月報》……郭 浩帆
呉〓人生於“分宜故第”考………裴 效維
陸士諤“三大祕密書”…………田 若虹
一九〇八年小説略説(上)………武  禧
中国人は、ホームズを乾し殺した!?…………樽本照雄
清末小説から

清末小説から 第62号 2001.7.1
『繍像小説』編者問題の結末………樽本照雄
呉〓人赴滬謀生時間考………裴 效維
呉〓人『情変』の原作について……松田郁子
包天笑「三千里尋親記」のこと……神田一三
占有並剖析第一手資料――《劉鶚散論》簡評………郭 浩帆
一九〇七年小説略説(下)………武  禧
清末小説から

清末小説から 第61号 2001.4.1
『華生包探案』は誤訳である――漢訳ホームズ物語「采〓」について………樽本照雄
ホームズパスティッシュ史における中国作品………平山雄一
晩清小説研究思路的拓展――郭浩帆先生《中國近代四大小説雜誌研究》讀後………劉 徳隆
訪書偶記3………張  純
《商界現形記》著者探佚………田 若虹
一九〇七年小説略説(中)………武  禧
魯迅誤斷呉〓人生年原因考………裴 效維
【書評再録】
中国現代文学の源流を発掘する――樽本照雄『初期商務印書館研究』………阪口直樹
清末小説から

清末小説から 第60号 2001.1.1
『游戯報』の周樹人…………樽本照雄
《小説林》版本、銷數及刊期問題瑣談………郭 浩帆
『月月小説』ほかの重版……樽本照雄
訪書偶記2……………………張  純
『「朝日新聞」文庫目録』をもとにした実地
  調査による『新編清末民初小説目録』およ
  び『清末民初小説年表』補………渡辺浩司
一九〇七年小説略説(上)…武  禧
【書評再録】
八十春秋 一目了然…………范 伯群
清末小説から

清末小説から 第59号 2000.10.1
「航海少年」原作探索………樽本照雄
太谷學派點滴…………………蔡 廣林
訪書偶記1……………………張  純
一九〇六年小説略説(下)…武  禧
香港明清文學國際學術研討會・晩清小説專題側記………李 慶國
【書評再録】
樽本先生的貢献和中国学者的任務……顔 廷亮
清末小説から

清末小説から 第58号 2000.7.1
『新小説』の重版……………………樽本照雄
《新小説社徴文啓》的價値和意義…郭 浩帆
清末民初京味小説的版本……………于 潤g
一九〇六年小説略説(上)…………武  禧
ピグミーは黒人か……………………大塚秀高
【書評再録】
小説年代紀的意義……………………夏 暁虹
清末小説から

清末小説から 第57号 2000.4.1
第9回「蘆北賞」受賞のことば……樽本照雄
『繍像小説』の重版…………………樽本照雄
關於“羣學社”………………………郭 浩帆
『図画日報』影印版のこと…………沢本郁馬
晩清稀見小説期刊介紹………………張  純
一九〇五年小説略説(下)…………武  禧
清末小説から

清末小説から 第56号 2000.1.1
魯迅「造人術」の原作・補遺………………神田一三
《佳人之奇遇》原作本的抹消及試訳………………李慶国
一九〇五年小説略説(上)………………武 禧
上海で報道された日本・教科書疑獄事件………………樽本照雄
『説倭伝』から『中東大戦演義』へ………………竹村則行
清末小説から

清末小説から 第55号 1999.10.1
あるがままの小説年表………樽本照雄
晩清小説的奇株異葩――談魯迅的《斯巴達之魂》………呉作橋 周曉莉
一九〇四年小説略説(下)………武  禧
汪惟父與樂羣書局………郭 浩帆
《老殘游記》與中國傳統的“鬼”文學……秋吉 收
清末小説から
【書評再録5】
弥補缺憾 糾正誤区――評《清末民初小説目録》……袁 進

清末小説から 第54号 1999.7.1
小説目録の旧暦新暦問題………樽本照雄
関於《黄面》的資料………劉 徳隆
一九〇四年小説略説(上)………武  禧
『中国近代小説目録』の出現………沢本香子
附:『中国近代小説目録』「疑問表」
《拳匪之原神出現》………李 慶国
清末小説から
【書評再録4】
中国小説的転型期――《清末民初小説目録》………袁 進

清末小説から 第53号 1999.4.1
【小特集】
『新加坡国立大学中文図書館蔵中国明清通俗小説書目提要』

清末小説部分について………樽本照雄
訂誤並びに補………渡辺浩司
《和文漢讀法》………夏 曉虹
一九〇三年小説略説(下)………武  禧
鱒澤彰夫氏へ………樽本照雄
『清末小説21』所載の樽本照雄「商務印書館のライバル――中国図書公司の場合」における記述について……鱒澤彰夫
正誤表の訂正……沢本香子
竺慶麟氏の反論……樽本照雄
清末小説から

清末小説から 第52号 1999.1.1
発言のあと………樽本照雄
小説理論研究與文學近代化研究的雙重收穫………〓 喜平
一九〇三年小説略説(上)………武   禧
清末小説から
【書評再録3】
清末民初小説数量的最新統計………寧 稼雨
〓而不捨 金石可鏤――読《新編清末民初小説目録》後………汪 家熔
従《新編清末民初小説目録》看到和想到的………汪 家熔
近代小説知多少………夏 暁虹


清末小説から 第51号 1998.10.1
劉徳隆『劉鶚散論』序………樽本照雄
關於《天路歴程》清末民初若干中譯本及其版本問題………劉 樹森
一九〇二年小説略説(下)………武  禧
關於《新小説》的“本社徴文啓”…劉 徳隆
探求書――『和文漢読法』ほか……樽本照雄
【書評再録2】
樽本照雄和他的《新編清末民初小説目録》………黄 錦珠
清末小説から

清末小説から 第50号 1998.7.1
梁啓超の種本………樽本照雄
一九〇二年小説略説(上)………武   禧
「本館編印繍像小説縁起」の筆者をめぐって………張 仕英
《巴黎四義人録》非飜譯小説………馬 泰來
清末小説から
【書評再録1】――本誌第50号発行記念附録
『新編清末民初小説目録』書評再録にあたって………樽本照雄
樽本照雄《新編清末民初小説目録》読後………王 学鈞
一位〓而不捨的学者――介紹《新編清末民初小説目録》及其編纂者樽本照雄………范 伯群
対中国近代小説的新認識――簡評《新編清末民初小説目録》……郭 延礼


清末小説から 第49号 1998.4.1
阿英説「翻訳は創作より多い」は事実か………樽本照雄
一九〇一年小説略説………武   禧
「清末民初小説書系」の発行
清末小説から

清末小説から 第48号 1998.1.1
民国初期における小説発行件数の推移………樽本照雄
劉鶚的確號老殘………王 學鈞
一九〇〇年小説略説………武   禧
半歩大前進(3)
――『中国近代文学大系』史料索引集を読む………樽本照雄
清末小説から

清末小説から 第47号 1997.10.1
半歩大前進(2)
――『中国近代文学大系』史料索引集を読む………樽本照雄
《蘇報》‘本館記者’の呉熕l批判の背景(下)………松田郁子
一八九九年小説略説………武  禧
呉熕l與上海慶祝會………張  純
清末小説から

清末小説から 第46号 1997.7.1
半歩大前進(1)
――『中国近代文学大系』史料索引集を読む………樽本照雄
李伯元故居………戴 博元
《蘇報》‘本館記者’の呉熕l批判の背景(上)………松田郁子
一八九八年小説略説………武  禧
近代小説資料三則………漁  樵
清末小説から

清末小説から 第45号 1997.4.1
包天笑翻訳原本を探求する………樽本照雄
一八九七年小説略説………武  禧
無専鼎銘和劉鶚………馬 泰来
清末小説から
『清末民初小説目録』に「新編」とつける理由

清末小説から 第44号 1997.1.1
「蘆北賞」受賞のことば………樽本照雄
長尾雨山の教科書(下)………樽本照雄
《清末民初小説目録》正誤……劉 徳隆
補正《老殘遊記》一條注文………高 健行
一八九五−一八九六年小説略説……武  禧
清末小説から
『中国近代文学大系』史料索引集にひとこと

清末小説から 第43号 1996.10.1
長尾雨山の教科書(上)………樽本照雄
試論邱菽園的小説美学観………謝 文君
一八九〇年−一八九四年小説略説………武  禧
清末小説から

清末小説から 第42号 1996.7.1
呉熕l訳「電術奇談」余話(下)………樽本照雄
再説劉鐵雲的書法活動………賀 蔭雄
 /跋………劉 徳隆

「新發見劉鶚《無專鼎銘跋》及與李善蘭關係」補………高 健行
一八八一年−一八八九年小説略説………武  禧
劉尅キ氏のこと………樽本照雄
清末小説から

清末小説から 第41号 1996.4.1
呉熕l訳「電術奇談」余話(上)………樽本照雄
新發見劉鶚《無專鼎銘跋》及與李善蘭關係………高 健行
從毓賢的密呈專折看劉鶚參訂的晉砿合同………劉   瑜
一八七一年−一八八〇年小説略説………武  禧
清末小説から

清末小説から 第40号 1996.1.1
劉鉄雲の写真をめぐって………樽本照雄
王|運詩中的李伯元非《官塲現形記》的作者李伯元考………郭   蓁
一八四〇年−一八七一年小説略説………武  禧
祝辞
清末小説から

清末小説から 第39号 1995.10.1
鄭孝胥日記に見る長尾雨山と商務印書館5完………樽本照雄
陳冷血的《土裏罪人》………武  禧
略論梁紀佩的小説………鍾 賢培
清末小説から

清末小説から 第38号 1995.7.1
鄭孝胥日記に見る長尾雨山と商務印書館4………樽本照雄
横浜・新小説社に言論弾圧………沢本郁馬
陳冷血著《侠客談》………武  禧
清末小説から

清末小説から 第37号 1995.4.1
鄭孝胥日記に見る長尾雨山と商務印書館3………樽本照雄
略説劉鐵雲的書法活動………賀 蔭雄
“艷情小説”《離恨天》……武  禧
清末小説から

清末小説から 第36号 1995.1.1
鄭孝胥日記に見る長尾雨山と商務印書館2………樽本照雄
蘇曼殊1912年由印尼返國的史料考証………毛  策
哀情小説《雙涙碑》………武  禧
清末小説から

清末小説から 第35号 1994.10.1
鄭孝胥日記に見る長尾雨山と商務印書館1………樽本照雄
『趙景深先生贈書目録』を利用した『清末民初小説目録』補…渡辺浩司
義侠小説《金フ葉》………武  禧
清末小説から

清末小説から 第34号 1994.7.1
【特報】李伯元、呉熕lと経済特科
『繍像小説』の刊行時期みたび………樽本照雄
《愚園雅集圖》中的愚園……高 健行
黄葆年給劉鐵雲的一封信……劉 徳隆
“歴史小説”《鑄錯記》……武  禧
清末小説から

清末小説から 第33号 1994.4.1
済南再会………………………樽本照雄
“泉城”済南の旅…森川(麦生)登美江
漱六山房著《新果報録》……武  禧
關於《新しく發見された呉熕lの作品》的信……顔 廷亮
近代小説變革中的矛盾衝突…李 慶國
清末小説から

清末小説から 第32号 1994.1.1

中村忠行先生追悼特集

「清末」研究の国文学者……澤田瑞穂
中村忠行先生の思い出………樽本照雄
中村忠行先生略歴著作目録
陸士諤著《官場怪現状》……武  禧
清末小説から

清末小説から 第31号 1993.10.1
清末小説家の落魄伝説 その2 李伯元の場合………樽本照雄
言情小説《十年夢》………武   禧
清末小説から

清末小説から 第30号 1993.7.1
清末小説家の落魄伝説 その1 呉熕lの場合………樽本照雄
家政小説《母教》………武  禧
【資料】商務印書館特別株主大会理事会報告
清末小説から

清末小説から 第29号 1993.4.1
「老残遊記」三集は存在するか(下)………樽本照雄
也談劉鶚致汪康年、梁啓超的信………劉 徳隆
諷刺小説《鬼国史》…………武  禧
「函髻記」をめぐって………神田一三
清末小説から

清末小説から 第28号 1993.1.1
「老残遊記」三集は存在するか(上)………樽本照雄
《新法螺》中的新発現………葉 永烈
宋伯魯和劉鶚詩試析…………劉 徳隆
醒世小説《風流道台》………武  禧
清末小説から

清末小説から 第27号 1992.10.1
「老残遊記」の「虎」問題………樽本照雄
勾勒近代文学的輪郭――《中国近代文学発展史》読後………劉 徳隆
品花小史著《小紅児》………武  禧
清末小説から
胡寧作「劉鶚画像」

清末小説から 第26号 1992.7.1
統計表から商務印書館を見る(下)………樽本照雄
劉鶚与戊戌変法運動史実考辯(2)………張  純
葛恵儂《宦海風波》………武  禧
清末小説から

清末小説から 第25号 1992.4.1
統計表から商務印書館を見る(上)………樽本照雄
劉鶚与戊戌変法運動史実考辯(1)………張  純
《経国美談》的翻訳者周逵………孫 継林
侠義小説《雍正剣侠奇案》………武  禧
清末小説から

清末小説から 第24号 1992.1.1
初期商務印書館の印刷物(下)………樽本照雄
『〓海花』の異版……………神田一三
偵探小説《鴉片案》…………武  禧
清末小説から

清末小説から 第23号 1991.10.1
初期商務印書館の印刷物(上)………樽本照雄
一種未見著録的《〓海花》版本………欧陽 健
劉鉄雲日記中の日本人(3)………阿部 聡
非民著《恨海花》……………武  禧
清末小説から
【再録】日本的清末小説研究以及《清末小説》年刊………黎 活仁

清末小説から 第22号 1991.7.1
「新繁華夢」の老上海は呉〓人か………樽本照雄
浙東〓侠與《少年涙》………武  禧
也説梁啓超的盗用……………夏 暁虹
《黒籍冤魂》從小説到劇本………黄 菊盛
從《<月月小説>評議》中看呉〓人………魏 紹昌
清末小説から

清末小説から 第21号 1991.4.1
商務印書館の火災……………樽本照雄
《庚子都門紀事詩》有關資料拾零………………………厳 薇青
社會小説《滑稽生》…………武  禧
清末小説から

清末小説から 第20号 1991.1.1
梁啓超の盗用…………………樽本照雄
呉〓人的演説…………………時  萌
聚會濟南………………………劉 徳隆
新中國之廃物著《商界鬼〓録》………武  禧
清末小説から

清末小説から 第19号 1990.10.1
清末翻訳二題…………………樽本照雄
盧藉東と方慶周/哥徳斯密著「姉妹花」
陸士諤的《新上海》…………武  禧
清末小説から

清末小説から 第18号 1990.7.1
研究結石………………………樽本照雄
『近代上海大事記』のこと/新聞の劉鉄雲
《老残遊記》作者的名、字、筆名、室名………………劉  〓
簡介《馬屁世界》……………欧陽 健
連夢青與天津《大公報》……張  純
陸士諤的《新中國》…………武  禧
清末小説から

清末小説から 第17号 1990.4.1
井上紅梅・大成教・劉鉄雲………樽本照雄
劉鉄雲日記中の日本人(2)………阿部 聡
南京圖書館所藏晩清創作小説(3)………張  純
碧荷館主人的《新紀元》……武  禧
清末小説から

清末小説から 第16号 1990.1.1
連夢青の災難…………………樽本照雄
侠情小説《女侠傳》…………武  禧
南京圖書館所藏晩清創作小説(2)………張  純
徐枕亜著作目録(稿)………中島利郎
清末小説から

清末小説から 第15号 1989.10.1
清末民初作家の原稿料………樽本照雄
南京圖書館所藏晩清創作小説(1)………張  純
亜東破佛著《雙靈魂》………武  禧
劉鉄雲日記中の日本人………阿部 聡
清末小説から
劉鉄雲死去の新聞報道

清末小説から 第14号 1989.7.1
研究結石………………………樽本照雄
劉鉄雲と日本人(補遺)/曾孟樸の写真/『清末民初小説目録』の欠点
劉鶚与書法……………………劉 厚康
陳景寒著《新西遊記》………武  禧
清末小説から

清末小説から 第13号 1989.4.1
秋瑾来日再考…………………樽本照雄
孫玉声著《一粒珠》…………武  禧
沈北山“戊戌変法”二三事…張  純
清末小説から

清末小説から 第12号 1989.1.1
改竄される書物………………樽本照雄
朱玉川与劉鉄雲………………張  純
敦煌紀行………………………劉 徳隆
清末小説から

清末小説から 第11号 1988.10.1
引き裂かれる清末……………樽本照雄
附:文学史における清末小説一覧
『清末民初小説目録』好評発売中
清末小説から

清末小説から 第10号 1988.7.1
研究結石………………………樽本照雄
曾孟樸の経歴ひとつ/『女子現形記』について/呉梼の別名
劉鶚言卞双玉事………………張  純
呉梼翻訳目録
清末小説から

清末小説から 第9号 1988.4.1
『清末民初小説目録』について………沢本郁馬
初期商務印書館をもとめて…樽本照雄
清末小説から
『清末民初小説目録』の出版

清末小説から 第8号 1988.1.1
劉鉄雲故居訪問日記…………樽本照雄
劉鶚と戊戌変法の関係について………劉 尅キ
《獄中題壁》という詩の原作者について…張純作・宋松訳
訂正…………………樽本照雄、楊友仁
清末小説から

清末小説から 第7号 1987.10.1
新しく発見された呉〓人の作品………顔 廷亮作・沢本香子訳
[短篇小説]中霤奇鬼記……我仏山人
劉鉄雲の汪康年・梁啓超あて手紙………樽本照雄
也談“太谷遺墨”和劉鶚的題識………劉 徳隆
張純・清末小説関係研究論文目録
清末小説から

清末小説から 第6号 1987.7.1
劉鉄雲は梁啓超の原稿を読んだか2………………樽本照雄
劉鶚与梁啓超及戊戌変法………劉徳隆・劉徳平
《白話西廂記》新序…………魏 紹昌
呉〓人《電術奇談》的原作…樽本照雄
清末小説から

清末小説から 第5号 1987.4.1
★『繍像小説』発行遅延説をめぐって
前言……………………………樽本照雄
《繍像小説》的時間座標………汪 家熔
《繍像小説》終刊時間問題我見………時  萌
研究結石………………………樽本照雄
金井雄の手紙/贋作「官場現形記」の続作/「老残遊記」の続作/李伯元と『天香閣写蘭図題詠』
清末小説から

清末小説から 第4号 1987.1.1
贋作の本棚……………………樽本照雄
呉〓人逸詩十三首……………張  純
王俊年「呉〓人年譜」について………中島利郎
前号の訂正
清末小説から
音信一通

清末小説から 第3号 1986.10.1
劉徳隆・朱禧・劉徳平編『劉鶚及老残遊記資料』はよろしい………樽本照雄
《太谷遺墨》上的劉鶚跋文………張  純
郭延礼著秋瑾研究論著目録
清末小説から

清末小説から 第2号 1986.7.1
漢訳ヴェルヌ「海底旅行」の原作………神田一三
再来日した劉鉄雲……………樽本照雄
中村忠行日中比較文学研究論文目録
清末小説から

清末小説から 第1号 1986.4.1

商務印書館研究はどうなっているか………沢本郁馬
劉鉄雲の初来日…………………樽本照雄
顔廷亮・清末小説理論研究論文目録
清末小説から