介護ビジネスのことなら介護事業立ち上げStationへ(訪問介護事業)

当サイトのすべてのペ−ジにつき、無断での転載、転用を禁止します。
Copyright (c) 2005-2017 行政書士とみなが行政法務事務所 All Rights Reserved
訪問介護事業立ち上げの手順と要点解説

〜 STEP4 指定申請をしよう 〜

1、備品の調達

訪問介護事業を行うに当たり、事務所が決まったら、先に書きました求人を行うととも
に備品調達を行います。

事務所ですから、電話やFAX、コピー機、パソコン、机、椅子といったものが必要で
す。
机や椅子ですが、常勤の方が座れる分(非常勤の方については2人に1組の割合)で用意する必要があります。
また、相談室用の机・椅子も必要です。
相談室には、4人が座れる机・椅子を用意しましょう。

もちろん、電話・FAX回線工事やプロバイダ加入を含めたインターネット接続なども早
急に行いましょう。

コピー機は、最初から立派なものは要りません。
(ただし、見込み客が多い場合は、それなりの物が必要です。)
一台でファックス、コピー、プリンター、スキャンが可能な複合機がおすすめです。

インターネットでもプロバイダの選択やインターネット回線の選択、パソコン機種の選
択、実際のLAN接続、そして独自ドメインやレンタルサーバの取得など、やるべきことは多々あります。

また、ホームページを持つことなども視野に入れますと、そういったIT分野に強い方の
サポートが得られれば、とても助かります。

さて、この備品関係で注意するポイントがあります。

まずは衛生面から手指を洗浄できるようにしておくことです。
洗面台にアルコールや液体石鹸などを置きましょう。

次に、相談スペースです。
プライバシーの配慮から、相談室という形で別の個室になっていれば、最も良いので
すが、なかなか最初はそういうわけにもいきません。
実際には、パーテーションや衝立(高さ170cm程度)で囲むといった方法を採ります。

事務所が狭い場合は、相談者が来た時だけ使用できるような移動式のパーテーショ
ンなどを利用すると良いです。

あとは、書庫です。
これは個人情報保護の観点から、鍵付きの書庫を設置するようにします。
鍵付き書庫ですが、外から書類の内容が判るガラス戸のものは避けましょう。

また、ある程度軌道に乗っても十分使用できるよう、あまり小さいものではなく、それな
りのサイズの物を購入するようにしましょう。


2、指定申請手続

さて、事務所や電話番号などが決まり、雇い入れる職員も決まり、備品の調達ができ
れば、速やかに都道府県または市に指定申請を行うようにしましょう。

指定申請をしてからも、実際の開業までに相当の期間がありますので、
事業立ち上げの準備は早め早めに行う必要があります。

ただし、この指定申請手続ですが、正直な話、とても複雑かつ煩雑です。
行政書士の中でも専門外の方にとっては、チンプンカンプンです。
また、介護事業の手続をしている場合でも、申請先や担当者によって、詳細部分が異
なるなど、気が抜けない手続になっています。

ましてや素人の方(介護事業のお仕事に精通している方も含みます)が役所に2、3回
行って順調に申請を受理してもらうというようなことは、まず不可能といっても過言で
はありません

(不可能と言い切ってもよいくらいです。)
介護のお仕事と、介護事業の指定申請は別物と捉える必要があります。
(大阪府の担当の方も、一般の方が1回や2回来たところで、問題なく受理できること
はありえないと言っています。)

訪問介護事業の立ち上げに関しては、これまで書きましたような準備が必要ですし、
実際の開業に向けた利用者の取り込みや従業員教育など様々な準備が必要です。

そのような中で、指定申請手続に多大な労力と時間を割くのは、事業開始時期を遅ら
せることにもつながりかねません
し、正直、とてもハードなことです。

訪問介護事業の指定申請手続を誰かに依頼するということは、是非、検討すべきで
あるといえます。
加えて、事業立ち上げ準備についてもコンサルティングしていただける方であれば、と
ても助かるのではないでしょうか。
また、そのような方と関わっておくということは、事業開始後にも有益であるといえます。

訪問介護事業の指定申請手続については、「指定申請の要件と手続〜訪問介護・介
護予防訪問介護〜」
をご覧ください。


ステップ5 「〜 STEP5 契約書などの整備をしよう 〜」に行く

介護事業の立ち上げ、ご相談はコチラ

 

                                               このページのトップへ

介護事業は、今後ますます民間の力で発展していきます。


このサイトは、積極的に参入を

検討している方のための、介護事業スーパー情報サイトです。


民間の介護事業参入を徹底サポート!!


介護事業立ち上げ

Station
このサイトを運営しております、とみなが行政法務事務所は、

介護事業の指定


申請
を通じて、

介護事業

(訪問介護、通所介護、訪問看護、居宅介護支援)を
立ち上げられる方々支援を行っております。
ご遠慮なさらずお気軽にお問い合わせください。
なお、お問い合わせは、
お電話でも承っております。
お問い合わせはこちら
TEL:06−6431−0927
受付時間 平 日 9:00〜19:00
       土曜日 9:00〜17:00

サイト運営:行政書士とみなが行政法務事務所

 
INDEX
TOPTOP
ますます広がる介護市場ますます広がる介護市場
・超高齢化社会の到来
・年々拡大する介護保険市場
・介護保険ビジネスのメリットと
 は?
知っておこう介護保険の仕組み知っておこう
  介護保険の仕組み
・介護保険制度はこうなってい
 る
・介護保険を利用するには
介護サービスの種類と内容介護サービスの種類と内容
・居宅サービスの種類と内容
・施設サービスの種類と内容
事業の立ち上げ準備をしよう事業の立ち上げ準備をしよう
・法人を設立しよう
・事業計画を立てよう
訪問介護事業立ち上げの手順と要点解説訪問介護事業立ち上げの
 手順と要点解説
・STEP1〜事業所の拠点を定
 めよう
・STEP2〜法人を設立しよう
・STEP3〜従業員を確保しよう
・STEP4〜指定申請をしよう
・STEP5〜契約書などの整備
 をしよう
・STEP6〜労働保険・社会保険
 への加入
・STEP7〜社内事務&組み合
 わせたい事業
通所介護立ち上げの要点解説通所介護立ち上げの要点
 解説
・POINT1〜どこで事業を行う
 か?
・POINT2〜事業所の改修まで
 に行う手続
・POINT3〜指定申請に向けて
訪問看護ステーション立ち上げに関して訪問看護ステーション立ち
  上げに関して
・訪問看護は医療系の中で営
 利法人の参入が可能な事業
・訪問看護は介護保険だけで
 はない
・訪問看護の立ち上げ準備は
 早めに
・居宅療養管理指導について
指定申請の要件と手続
・訪問介護
・通所介護
・訪問看護(訪問看護ステーション)
・居宅介護支援
介護報酬の内容介護報酬の内容
・介護報酬の単位について
・訪問介護の介護報酬
・訪問看護の介護報酬
・居宅介護支援の介護報酬
・介護報酬の請求の仕方
絶対欠かせない雇用管理絶対欠かせない雇用管理
・雇用管理がサービスの質を
 左右する
・押さえておきたい労働法の知
 識
介護事業におけるリスクとその対応

介護事業におけるリスクと


  その対応
・介護事故を予防しよう
・お客さんとの契約について
・成年後見制度の活用
介護保険制度の改正による新サービス介護保険制度の改正による
  新サービス
・介護予防サービス
・地域密着型サービス
当事務所の紹介当事務所の紹介
・「とみなが」のプロフィール
当事務所のサービス内容と価格当事務所のサービス内容と
  価格
・主なサービス内容と価格
・無料税理士紹介サービス
 <全国対応>
顧問契約のご案内顧問契約のご案内
・顧問契約 価格表
・お得なパックサービス
申請代行サービスのお申込申請代行サービスのお申込
特選リンク集!!特選リンク集!!
・起業おすすめリンク
・士業関連リンク集
サービスご利用規約サービスご利用規約
当事務所へのお問い合わせ当事務所へのお問い合わせ
会社設立なら株式会社・LL
  C設立Station
株式会社・合同会社設立Station
facebook
korekara

印鑑・実印・はんこなら