介護報酬の内容です 介護ビジネスのことなら介護事業立ち上げStation(訪問介護事業|通所介護事業|訪問看護事業|居宅介護支援事業)

当サイトのすべてのペ−ジにつき、無断での転載、転用を禁止します。
Copyright (c) 2005-2016 行政書士とみなが行政法務事務所 All Rights Reserved
介護報酬の内容

介護報酬の単位について

介護報酬は、全てサービス内容などに応じて、その最高額が単位で定められています。

基本的には1単位につき10円換算となります。
ただし、地域により10円より若干高く設定されている所があります。
(居宅療養管理指導、福祉用具貸与については、地域差はありません。)

例えば、訪問介護、訪問看護、居宅介護支援の場合ですと

1級地(東京都区内)
訪問介護・介護予防訪問介護・訪問看護・介護予防訪問看護・居宅介護支援
11.4円

2級地(大阪市など)
訪問介護・介護予防訪問介護・訪問看護・介護予防訪問看護・居宅介護支援
11.12円

3級地
(守口市、大東市、門真市、四條畷市など)
訪問介護・介護予防訪問介護・訪問看護・介護予防訪問看護・居宅介護支援
11.05円

4級地
(豊中市、池田市、吹田市、高槻市、寝屋川市、箕面市など)
訪問介護・介護予防訪問介護・訪問看護・介護予防訪問看護・居宅介護支援
10.84円

5級地
(堺市、枚方市、茨木市、八尾市、松原市、摂津市、高石市、東大阪市、交野市など)
訪問介護・介護予防訪問介護・訪問看護・介護予防訪問看護・居宅介護支援
10.7円

6級地
(岸和田市、泉大津市、貝塚市、泉佐野市、富田林市、河内長野市、和泉市、柏原市、羽曳野市、藤井寺市、泉南市、大阪狭山市、阪南市、島本町、豊能町、能勢町、忠岡町、熊取町、田尻町など)
訪問介護・介護予防訪問介護・訪問看護・介護予防訪問看護・居宅介護支援
10.42円

7級地
(岬町、太子町、河南町、千早赤阪村など)
訪問介護・介護予防訪問介護・訪問看護・介護予防訪問看護・居宅介護支援
10.21円

8級地
訪問介護・介護予防訪問介護・訪問看護・介護予防訪問看護・居宅介護支援
10円

となります。


業種別にみる介護報酬

ここでは、訪問介護訪問看護ステーション看護師による居宅療養管理指導居宅介護支援についての介護報酬を載せておきます。

訪問介護の介護報酬

@身体介護が中心である場合
 ・所要時間20分未満=165単位
 ・所要時間20分以上30分未満=245単位
 ・所要時間30分以上1時間未満=388単位
 ・所要時間1時間以上1時間30分未満=564単位
 (以後30分を増すごとに80単位を加算)

A生活援助が中心である場合
 ・所要時間20分以上45分未満=183単位
 ・所要時間45分以上=225単位

B通院等のための乗車又は降車の介助が中心である場合=101単位

身体介護に引き続き生活援助を提供する場合
 ・身体介護(20分以上)+生活援助20分以上=身体介護の所定単位数+67単位
 ・身体介護(20分以上)+生活援助45分以上
  =身体介護の所定単位数+134単位
 ・身体介護(20分以上)+生活援助70分以上
  =身体介護の所定単位数+201単位

2級訪問介護員がサービス提供責任者の場合の減算
 「2級課程研修終了者で3年以上の業務従事」の要件でサービス提供責任者を配置
 している場合は、上記単位の90%と算定されます。

C各種加算(抜粋)
 ・2人の訪問介護員による場合=所定単位数の200/100
 ・夜間加算(午後6時から午後10時まで)=所定単位数の25/100
 ・早朝加算(午前6時から午前8時まで)=所定単位数の25/100
 ・深夜加算(午後10時から午前6時まで)=所定単位数の50/100
 ・緊急時訪問加算=100単位/回
  (利用者・家族の要請から24時間以内に、ケアプランにない緊急訪問をサービス
  提供責任者が行った場合(訪問介護員に同行する場合も含む)に加算)
 ・初回加算=200単位/月
  (新規または過去2カ月に利用がない利用者に対して訪問介護(サービス提供責
  任者が訪問または訪問介護員に同行)を行った場合、初回訪問月に加算)

訪問看護・介護予防訪問看護ステーションの介護報酬

@訪問看護ステーションの場合
 ・所要時間20分未満=310単位
 ・所要時間30分未満=463単位
 ・所要時間30分以上1時間未満=814単位
 ・所要時間1時間以上1時間30分未満=1,117単位
 ・理学療法士等による訪問=302単位/回

 指定定期巡回・臨時対応型訪問介護看護事業所と連携して指定訪問看護を行う場
 合=2,935単位

准看護師の減算
 准看護師によるサービス提供の場合には、上記単位の90%と算定されます。

  A各種加算(抜粋)
 ・夜間加算(午後6時から午後10時まで)=所定単位数の25/100
 ・早朝加算(午前6時から午前8時まで)=所定単位数の25/100
 ・深夜加算(午後10時から午前6時まで)=所定単位数の50/100
 ・複数名訪問加算
  所要時間30分未満=254単位
  所要時間30分以上=402単位
  (2人とも保健師、看護師、准看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士であ
  ることが必要)
 ・緊急時訪問看護加算=540単位/月
  (利用者または家族について常時対応できる体制(24時間連絡体制)であることが
  必要)
 ・特別管理加算(T)=500単位/月
  (利用者が、在宅悪性腫瘍患者指導管理・在宅気管切開患者指導管理を受けて
  いる状態など、厚生労働大臣が定める状態であることが必要)
 ・特別管理加算(U)=250単位/月
  (利用者が、在宅血液透析指導管理・在宅酸素療法指導管理を受けている状態な
  ど、厚生労働大臣が定める状態であることが必要)
 ・長時間訪問看護加算=300単位/回
  (特別管理加算の対象者について、所要時間が通算して1時間30分以上となった
  場合に、所要時間1時間以上1時間30分未満の所定単位数1回につき加算)
 ・ターミナルケア加算=2,000単位/死亡月
  (24時間連絡体制にあり、利用者の死亡日および死亡日前14日以内に2日以上
  ターミナルケアを行っていることが必要)

看護師による居宅療養管理指導・介護予防居宅療養管理指導の介護報酬

402単位(6ケ月間の間に2回を限度に算定)
同一建物居住者に対して行う場合は、362単位

准看護師の減算
 准看護師によるサービス提供の場合には、上記単位の90%と算定されます。

地域差の設定はなく一律1単位=10円になります

居宅介護支援の介護報酬

@取扱件数が40件未満
 ・要介護1または要介護2=1,042単位/月
 ・要介護3、要介護4または要介護5=1,353単位/月

A取扱件数が40件以上60件未満(40件以上の部分)
 ・要介護1または要介護2=521単位/月
 ・要介護3、要介護4または要介護5=677単位/月

B取扱件数が60件以上(40件以上の部分)
 ・要介護1または要介護2=313単位/月
 ・要介護3、要介護4または要介護5=406単位/月

C各種加算(抜粋)
 ・初回加算=300単位/月
  (新規の居宅サービス計画作成や変更認定で2段階以上の変更があった場合に
  加算)
 ・入院時情報連携加算(T)=200単位/月
  (医療機関に訪問して、医療機関職員に対して情報提供を行った場合に加算)
 ・入院時情報連携加算(U)=100単位/月
  (医療機関に訪問以外の方法で、医療機関職員に対して情報提供を行った場合に
  加算)
 ・退院・退所加算=300単位
  (医療機関・介護保険施設などから退院・退所し居宅サービス・地域密着型サービ
  スを利用する利用者の退院・退所にあたって、医療機関・施設の職員と面談して必
  要な情報を得た場合、入院・入所中3回を限度に加算)


介護報酬の請求の仕方

介護報酬は、その1割を利用者から徴収し、残りの9割を市町村に対して請求します。
実際には、各都道府県の国民健康保険団体連合会に対して請求します。

請求は、サービスを提供した月の翌月10日までに行います。
10日を過ぎると、翌月の請求扱いとなるので、注意が必要です。

だいたい、事業者がサービスを提供してから支払いを受けるまでに、約2ヶ月かかります。

請求事務は煩雑ですから、是非パソコンソフトを利用しましょう。

ソフトについては、以下のページを参考にしてください。
WAM NET:特集 介護保険業務管理ソフト


介護事業の立ち上げ、ご相談はコチラ

 

                                               このページのトップへ

介護事業は、今後ますます民間の力で発展していきます。


このサイトは、積極的に参入を

検討している方のための、介護事業スーパー情報サイトです。


民間の介護事業参入を徹底サポート!!


介護事業立ち上げ

Station
このサイトを運営しております、とみなが行政法務事務所は、

介護事業の指定


申請
を通じて、

介護事業

(訪問介護、通所介護、訪問看護、居宅介護支援)を
立ち上げられる方々支援を行っております。
ご遠慮なさらずお気軽にお問い合わせください。
なお、お問い合わせは、
お電話でも承っております。
お問い合わせはこちら
TEL:06−6431−0927
受付時間 平 日 9:00〜19:00
       土曜日 9:00〜17:00

サイト運営:行政書士とみなが行政法務事務所

 
INDEX
TOPTOP
ますます広がる介護市場ますます広がる介護市場
・超高齢化社会の到来
・年々拡大する介護保険市場
・介護保険ビジネスのメリットと
 は?
知っておこう介護保険の仕組み知っておこう
  介護保険の仕組み
・介護保険制度はこうなってい
 る
・介護保険を利用するには
介護サービスの種類と内容介護サービスの種類と内容
・居宅サービスの種類と内容
・施設サービスの種類と内容
事業の立ち上げ準備をしよう事業の立ち上げ準備をしよう
・法人を設立しよう
・事業計画を立てよう
訪問介護事業立ち上げの手順と要点解説訪問介護事業立ち上げの
 手順と要点解説
・STEP1〜事業所の拠点を定
 めよう
・STEP2〜法人を設立しよう
・STEP3〜従業員を確保しよう
・STEP4〜指定申請をしよう
・STEP5〜契約書などの整備
 をしよう
・STEP6〜労働保険・社会保険
 への加入
・STEP7〜社内事務&組み合
 わせたい事業
通所介護立ち上げの要点解説通所介護立ち上げの要点
 解説
・POINT1〜どこで事業を行う
 か?
・POINT2〜事業所の改修まで
 に行う手続
・POINT3〜指定申請に向けて
訪問看護ステーション立ち上げに関して訪問看護ステーション立ち
  上げに関して
・訪問看護は医療系の中で営
 利法人の参入が可能な事業
・訪問看護は介護保険だけで
 はない
・訪問看護の立ち上げ準備は
 早めに
・居宅療養管理指導について
指定申請の要件と手続指定申請の要件と手続
・訪問介護
・通所介護
・訪問看護(訪問看護ステーション)
・居宅介護支援
介護報酬の内容介護報酬の内容
・介護報酬の単位について
・訪問介護の介護報酬
・訪問看護の介護報酬
・居宅介護支援の介護報酬
・介護報酬の請求の仕方
絶対欠かせない雇用管理絶対欠かせない雇用管理
・雇用管理がサービスの質を
 左右する
・押さえておきたい労働法の知
 識
介護事業におけるリスクとその対応

介護事業におけるリスクと


  その対応
・介護事故を予防しよう
・お客さんとの契約について
・成年後見制度の活用
介護保険制度の改正による新サービス介護保険制度の改正による
  新サービス
・介護予防サービス
・地域密着型サービス
当事務所の紹介当事務所の紹介
・「とみなが」のプロフィール
当事務所のサービス内容と価格当事務所のサービス内容と
  価格
・主なサービス内容と価格
・無料税理士紹介サービス
 <全国対応>
顧問契約のご案内顧問契約のご案内
・顧問契約 価格表
・お得なパックサービス
申請代行サービスのお申込申請代行サービスのお申込
特選リンク集!!特選リンク集!!
・起業おすすめリンク
・士業関連リンク集
サービスご利用規約サービスご利用規約
当事務所へのお問い合わせ当事務所へのお問い合わせ
株式会社・合同会社設立Station会社設立なら株式会社・LL
  C設立Station
株式会社・合同会社設立Station
facebook


印鑑・実印・はんこなら