行政書士 冨永の家系図作成サービス公式サイト

家系図作成によるご先祖様に出逢う旅

お問い合わせはこちら

TEL:06-6431-0927
受付時間 平 日 9:00~19:00
       土曜日 9:00~17:00
サイト運営:行政書士とみなが行政法務事務所

行政書士 冨永英治家系図作成サービスについて・・・
みなさま、当サイトへようこそおいでくださいました。行政書士の冨永英治と申します。

このサイトを訪れてくださった皆さまは、ご自身のご先祖様が、どのような名前で、どこに住んでいて、どのような方だったのか、ご興味をお持ちのことだと思います。

現在では、祖父や祖母が早くに亡くなり、名前も知らないという方もおられます。
ましてや曾祖父母、それ以上先ともなると、なおさらです。
もし、ご先祖様が次々判明していくとなると、これに興味のない方は、ほとんどおられないと思います。

家系の調査は、ご先祖様の供養という面がありますが、ご自身のルーツを探れば探るほど新たな発見があり、ワクワクしてしまうものなのです。
みなさまも私と一緒に、ご先祖様が生きたその時、その時代に想いを馳せてみませんか?

家系図作成は自分の出自を辿る必須の作業

「苗字が福島だから福島正則の子孫?」
「私の家系は源氏、平氏、それともそれ以外?」

上記は、結構よくある話です。
上の場合は、「そのようなはずがない」と言われ、下の場合も「それ以外でしょ」と言い返されて笑い話で終わり、というパターンではないでしょうか?
(もちろん、実際に言い伝えがあるような場合は別ですが。)

しかし、いずれにしましても、ご自身の中に歴史上の人物の血が流れている可能性は決して低くありません。
父方の祖父・祖母、母方の祖父・祖母が4人でも代をさかのぼるごとに、その数は倍々に膨れ上がってきます。
計算してみると分かりますが、ご自身には、あまりにも多いご先祖様の血が流れているということになります。
ですから、むしろ、歴史上の人物の血が流れている可能性の方が高いといえるのです。

さて、上に「源氏」、「平氏」と書きましたが、これらはいわゆる4大姓「源平藤橘(げんぺいとうきつ)」の中の「源平」にあたる氏(うじ)です。
ちなみに、下の挿絵は現在の天皇家の系図です。

戸籍の収集でできるお手軽な家系図作成

家系図
世界で一つの家系図

家系図
出来上がりイメージ

家系図
納品イメージ

歴史好きの方ならお分かりとは存じますが、「源氏」と「平氏」は財政難などの理由で天皇家から臣籍降下した御子に与えられた氏です。
ですから、源氏、平氏は基本的に天皇家の子孫ということになります。
しかし、例えば織田信長は平氏と名乗っていたそうですが、実際は斎部(いんべ)姓か大中臣(おおなかとみ)姓だったとも言われています。
豊臣秀吉も源氏になるために足利義昭(清和源氏)の養子になろうとしたり、徳川家康も新田義貞(清和源氏)の子孫と称し、加茂(かも)姓の松平氏から源姓の徳川氏になったと言われています。
このため、源氏、平氏の全てが天皇家の子孫であるとは限りません。

昔は、どの「家」に属しているかが、とても重要視されており、実父、実母といった血筋は軽視されていました。
もちろん、養子縁組も盛んに行われていました。
しかし、ご自身の直系尊属の戸籍を辿ることによって、幕末あたりまでは、血筋による家系を調べる事が可能です。

いずれにしましても、ご先祖調査は、まずご自身の戸籍をから順に、親の戸籍、さらにその親の戸籍といった具合に、順に戸籍を取得していくことから始まります。

戸籍の収集で確実に幕末までのご先祖様を辿る

現在取得できる戸籍は戸籍法によるものですが、大まかにいって戸籍自体は明治5年から作られています。
ただし、戸籍法の改正などで、その間、何度か記載方法が変わっています。
ちなみに明治5年から明治19年10月15日までの戸籍(その年の干支にちなんで壬申(じんしん)戸籍といいます)は、華族・士族・平民の別や職業、寺、氏神、病歴、犯罪歴などの記載があり、現在では取得することができません。
ですから、厳密には明治19年10月16日からの戸籍が取得できるということになります。

中には、引っ越し、養子縁組、結婚、離婚などによって、同じ方の戸籍でも何通も取得しなければいけないものもありますが、これらを丹念に取得していけば、戦争などによる戸籍の消失などがない限り、確実に幕末までのご先祖様を辿ることができます。

それから、大事なことですが、ご先祖様の調査を行うならば、少しでも早く行う必要があります。
戸籍には戦前ならば戸主と妻、親兄弟、現在ならば夫婦とその子供が載っていますが、結婚、死亡などにより、その戸籍から一人また一人と抜けていきます。
全ての方が抜けた戸籍は「除籍」となり、除籍簿に綴られます。
この除籍簿に綴られてから80年経過すれば、その除籍謄本は、廃棄しても構わないということになっています。

つまり、昭和初期の除籍簿は廃棄されていても文句は言えないという状態にあります。
このため、家系を調べるならば戸籍の収集だけでもすぐに行う必要があります。

もし、幕末以前のご先祖様を調べてみようと思っても、大正・明治期のご先祖様が分からないと、それはほぼ不可能となってしまいます。

お問い合わせ・お申込みお問い合わせ・お申込み
サービスのながれについてサービスのながれについて
事務所の紹介事務所の紹介

江戸時代のご先祖様に出逢うには
過去帳過去帳
分限帳分限帳
宗門人別帳宗門人別帳

TOPへTOPへ
戸籍を収集する戸籍を収集する
戸籍を収集できる範囲戸籍を収集できる範囲
戸籍の取得戸籍の取得
戸籍の読み取り方を知る戸籍の読み取り方を知る
古く読みづらい戸籍について古く読みづらい戸籍について
消えた地名をさがす消えた地名をさがす
家系の系統と調査の範囲家系の系統と調査の範囲
家系図作成の基本ルール家系図作成の基本ルール
家系図のかたち家系図のかたち


名字とは(氏・姓・名字)名字とは(氏・姓・名字)
名前とは名前とは
ご先祖調査と家紋ご先祖調査と家紋

NEWS

2011.11.01
家系図作成サービスをはじめました

行政書士冨永のブログ行政書士冨永のブログ


株式会社・LLC設立Station株式会社・LLC設立Station

介護事業立ち上げStation介護事業立ち上げStation

フェイスブックフェイスブック