介護事業の新サービスの紹介です 介護ビジネスのことなら介護事業立ち上げStation/大阪・神戸・兵庫

当サイトのすべてのペ−ジにつき、無断での転載、転用を禁止します。
Copyright (c) 2005-2017 行政書士とみなが行政法務事務所 All Rights Reserved
介護保険制度の改正による新サービス

介護予防サービス

介護予防サービスの創設

2006年4月より介護予防サービスが創設されました。

介護予防サービスのサービス内容
筋力向上トレーニング、転倒骨折予防、低栄養予防、口腔ケア、閉じこもり予防、フットケアなど

介護予防サービスの対象者
要支援1、および要支援2の方

創設された介護予防サービスの種類
介護予防訪問介護・介護予防訪問入浴介護・介護予防訪問看護・介護予防訪問リハビリテーション・介護予防居宅療養管理指導・介護予防通所介護・介護予防通所リハビリテーション・介護予防短期入所生活介護・介護予防短期入所療養介護・介護予防特定施設入居者生活介護・介護予防福祉用具貸与・介護予防福祉用具販売


介護予防サービスを実施するには、業種に応じて別に介護予防サービスの指定申請を受ける必要があります。


地域密着型サービス

2006年4月から新に地域密着型サービスが創設されました。
まずは、特徴から見ていきましょう。

地域密着型サービスの特徴
@地域密着型サービスについては、都道府県ではなく市町村が事業者の指定および
 指導監督権限をもちます。

A原則、その市町村の被保険者のみがサービスを受けることができます。
B市町村(または生活圏域)ごとに必要整備量を計画に定め、これを超える場合
 は、市町村は指定を拒否することができます。
※指定の拒否ができるサービス
 ・認知症高齢者グループホーム
 ・小規模介護老人福祉施設
 ・小規模介護専用型特定施設
C地域の実情に応じて、弾力的な基準および報酬設定ができます。

このように、地域密着型サービスはそれぞれの地域の実情に左右される要素が大きく、画一的でないのが特徴です。

つぎに、地域密着型サービスの種類と内容を見て行きましょう。

地域密着型サービスの種類と内容

・小規模多機能型居宅介護

「通い」を中心として、利用者の様態や希望に応じ、随時「訪問」や「泊まり」を組み合わせて行うサービスです。
事業規模としては、次にてあてはまる規模が対象となります。
@1業者の登録者数25名以下
A「通いサービス」の利用者数が1日あたり15名以下
B「宿泊サービス」の利用者が1日あたり9名以下

・夜間対応型訪問介護

夜間を含めた24時間安心して生活できる体制整備を構築するため、定期巡回とケアコールによる利用者からの通報により夜間帯専用訪問介護を行うサービスです。
このサービスでは、定期巡回サービスの他にオペレーションサービス、随時訪問サービスなどを行ったりします。

・認知症対応型通所介護

認知症高齢者に入浴、排泄、食事など介護その他の日常生活上の世話(厚生労働省の定めるもの)および機能訓練を行うサービスです。
単独型、併設型の場合、利用定員は12人以下となります。

・地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護

特別養護老人ホーム(入所定員が29人以下であるものに限ります)であって、地域密着型施設サービス計画に基づいて、入浴、排泄、食事などその他の日常生活上の世話、機能訓練、健康管理および療養上の世話を行うことを目的とする施設系サービスです。

・地域密着型特定施設入所者生活介護

介護専用型特定施設(入所定員が29人以下であるものに限ります)であって、入居している要介護者について、地域密着型サービス計画に基づいて、入浴、排泄、食事などの介護その他の日常生活上の世話であって厚生労働省で定めるもの、機能訓練および療養上の世話を行うことを目的とする施設系サービスです。

・認知症対応型共同生活介護

認知症対応型共同生活介護はグループホームとも言われ、文字通り痴呆性のある要介護者(重度の要介護者を除く)が受けられるサービスです。
このサービスはもともと県が指定、監督権限を持っていたサービスだったのですが、地域密着型サービスに組み込まれ、それぞれの市町村が指定、監督権限を持つようになりました。
利用者は少人数(5〜9人)を1ユニットとして、それぞれ個室で暮らします。
そして、家庭で暮らしてきたような生活を続けることを目標として、共同生活を送ります。
このため、グループホームは、一般の家庭とほとんど同じ状態であるといえます。


これら地域密着型サービスにも介護予防サービスがあります。
・介護予防認知症対応型通所介護
・介護予防小規模多機能型居宅介護
・介護予防認知症対応型共同生活介護


基本的な内容は「介護予防サービス」に同じになります。


以上が2006年4月より新に加わったサービスです。
特に地域密着型サービスの指定については各市町村により事情が異なってきますので、事前確認が特に重要となりますので、注意してください。


介護事業の立ち上げ、ご相談はコチラ

 

                                      このページのトップへ

介護事業は、今後ますます民間の力で発展していきます。


このサイトは、積極的に参入を

検討している方のための、介護事業スーパー情報サイトです。


民間の介護事業参入を徹底サポート!!


介護事業立ち上げ

Station
このサイトを運営しております、とみなが行政法務事務所は、

介護事業の指定


申請
を通じて、

介護事業

(訪問介護、通所介護、訪問看護、居宅介護支援)を
立ち上げられる方々支援を行っております。
ご遠慮なさらずお気軽にお問い合わせください。
なお、お問い合わせは、
お電話でも承っております。
お問い合わせはこちら
TEL:06−6431−0927
受付時間 平 日 9:00〜19:00
       土曜日 9:00〜17:00

サイト運営:行政書士とみなが行政法務事務所

 
INDEX
TOPTOP
ますます広がる介護市場ますます広がる介護市場
・超高齢化社会の到来
・年々拡大する介護保険市場
・介護保険ビジネスのメリットと
 は?
知っておこう介護保険の仕組み知っておこう
  介護保険の仕組み
・介護保険制度はこうなってい
 る
・介護保険を利用するには
介護サービスの種類と内容介護サービスの種類と内容
・居宅サービスの種類と内容
・施設サービスの種類と内容
事業の立ち上げ準備をしよう事業の立ち上げ準備をしよう
・法人を設立しよう
・事業計画を立てよう
訪問介護事業立ち上げの手順と要点解説訪問介護事業立ち上げの
 手順と要点解説
・STEP1〜事業所の拠点を定
 めよう
・STEP2〜法人を設立しよう
・STEP3〜従業員を確保しよう
・STEP4〜指定申請をしよう
・STEP5〜契約書などの整備
 をしよう
・STEP6〜労働保険・社会保険
 への加入
・STEP7〜社内事務&組み合
 わせたい事業
通所介護立ち上げの要点解説通所介護立ち上げの要点
 解説
・POINT1〜どこで事業を行う
 か?
・POINT2〜事業所の改修まで
 に行う手続
・POINT3〜指定申請に向けて
訪問看護ステーション立ち上げに関して訪問看護ステーション立ち
  上げに関して
・訪問看護は医療系の中で営
 利法人の参入が可能な事業
・訪問看護は介護保険だけで
 はない
・訪問看護の立ち上げ準備は
 早めに
・居宅療養管理指導について
指定申請の要件と手続指定申請の要件と手続
・訪問介護
・通所介護
・訪問看護(訪問看護ステーション)
・居宅介護支援
介護報酬の内容介護報酬の内容
・介護報酬の単位について
・訪問介護の介護報酬
・訪問看護の介護報酬
・居宅介護支援の介護報酬
・介護報酬の請求の仕方
絶対欠かせない雇用管理絶対欠かせない雇用管理
・雇用管理がサービスの質を左
 右する
・押さえておきたい労働法の知
 識
介護事業におけるリスクとその対応

介護事業におけるリスクとそ


  の対応
・介護事故を予防しよう
・お客さんとの契約について
・成年後見制度の活用
介護保険制度の改正による新サービス介護保険制度の改正によ
  る新サービス
・介護予防サービス
・地域密着型サービス
当事務所の紹介当事務所の紹介
・「とみなが」のプロフィール
当事務所のサービス内容と価格当事務所のサービス内容と
  価格
・主なサービス内容と価格
・無料税理士紹介サービス
 <全国対応>
顧問契約のご案内顧問契約のご案内
・顧問契約 価格表
・お得なパックサービス
申請代行サービスのお申込申請代行サービスのお申込
特選リンク集!!特選リンク集!!
・起業おすすめリンク
・士業関連リンク集
サービスご利用規約サービスご利用規約
当事務所へのお問い合わせ当事務所へのお問い合わせ
株式会社・合同会社設立Station会社設立なら株式会社・LL
  C設立Station
株式会社・合同会社設立Station
facebook

印鑑・実印・はんこなら