介護ビジネスのことなら介護事業立ち上げStationへ(訪問看護事業)

当サイトのすべてのペ−ジにつき、無断での転載、転用を禁止します。
Copyright (c) 2005-2017 行政書士とみなが行政法務事務所 All Rights Reserved
指定申請の要件と手続

〜 訪問看護・介護予防訪問看護(訪問看護ステーション) 〜

訪問看護ステーションの指定を受けると、居宅療養管理指導・介護予防居宅療養管理指導の指定を受けることができます
(訪問看護ステーションと居宅療養管理指導の同時申請も可能です)

訪問看護事業者になるための指定基準

@申請者が法人格を有していること
 (会社やNPO法人など)

A専従かつ常勤の管理者1名をおくこと
 管理者は、次のいずれにも該当する方でなければいけません。
 (1)保健師または看護師の資格を有していること
 (2)医療機関における看護、訪問看護または老人保健法第19条の訪問指導に従
   事した経験があること
 (3)保健師助産師看護師法第14条第1項および第2項の規程により業務の停止
    を命ぜられ、業務停止の期間終了後2年を経過しない者に該当していない方
 また、管理者は訪問看護員との兼務も可能です。

B常勤換算で2.5人以上の訪問看護員を配置すること
 例えば、常勤者の勤務時間が週40時間としますと、2人が常勤の場合、3人目は2
 0時間以上勤務している必要があります。
 また、内1人は常勤でなければいけません。
 この訪問看護員には、以下の方がなることができます。
 (1)保健師
 (2)看護師
 (3)准看護師
 また、理学療法士、作業療法士または言語聴覚士による訪問看護を実施する場合
 は、それぞれ実情に応じて理学療法士、作業療法士または言語聴覚士をおくことに
 なります。
 
C事業の運営を行うのに必要な面積を有する専用の事務室
 事務室には、実際に仕事をする事務室と利用申込の受付・相談に対応するための
 相談室が必要です。
 
 事務室は、常勤の方の分の机・椅子(非常勤の方については2人に1つの割合)を
 置く必要があり、その他書庫などを置くだけのスペースが必要です。
 
 相談室については、独立した部屋でなくても、パーテーション等(高さ170cm程度)
 で仕切りを行い、プライバシー保護に配慮すれば問題ありません。
 また、相談室は4人が座って相談できるだけのスペースが必要です。
 
 ちなみに事務室自体は、1階でなくても構いません。
 ただし、そのビルにエレベーターが無い場合、相談者に車椅子の方が来られること
 も考えておく必要がありますので、この場合、事務室は1階でなくとも2階までにして
 おくのが無難です。

D必要な設備および備品などを確保する
 感染症予防の観点から、手指を洗浄するための設備(洗面、消毒用アルコール、液
 体石鹸)および個人情報保護の観点から鍵付きロッカーが必要になります。
 あと一般的な設備としては、応接セット(4人分)、電話、コピー、ファックス、パソコン
 などです。

E厚生労働省令で定める運営基準に従って事業の運営ができること
 訪問看護事業を運営するに当たって、厚生労働省令でこと細かく基準が定められて
 います。
 これらには、勤務体制、運営規定の整備、苦情処理体制、契約時における説明、サ
 ービス提供にあたっての遵守事項など、多岐にわたっています。
 あらかじめ、利用申込者または家族に対して、運営規定の概要、訪問介護員などの
 勤務体制などの重要事項を記載した文書を交付して説明を行う必要があります。
 具体的な項目としては、
 (1)運営規定
 (2)緊急時などの対応
 (3)管理者および訪問看護員の責務
 (4)衛生管理など
 (5)秘密保持など
 (6)居宅介護支援者に対する利益供与の禁止
 などです。


指定申請に必要な書類

@指定居宅サービス事業者指定申請書および付表
 兵庫県下の場合、指定申請書は訪問看護と介護予防訪問看護とで別々に必要で
 す。

A証紙および証紙貼付用台紙(兵庫県)
 兵庫県下では証紙代が必要になります。
 訪問看護で20,000円、介護予防訪問看護で14,000円です。
 通常、両方申請しますので、その際は34,000円必要になります。

B法人の定款コピーおよび登記事項証明書(登記簿謄本)
 訪問看護事業および介護予防訪問看護事業が実施できるよう、事業目的に定めら
 れてある必要があります。
 もし、当該目的がない場合は、目的変更登記が必要です。

C従業者の勤務体制および勤務形態一覧表
 以下のような項目などについて記載します。
 (1)毎日勤務する時間数
 (2)誰が管理者になるか、訪問看護員は誰か
 (3)勤務形態の区分
    (常勤で専従、常勤で兼務、常勤以外で専従、常勤以外で兼務)

D組織体制図
 Cの補足資料として組織体制図が必要になります。

E訪問看護員の資格証コピー

F管理者の経歴書と免許証コピー
 経歴書は、最終の学校を卒業してからの職歴書になります。

G事業所の平面図
 事業所の平面図には用途(事務室、相談室、洗面、トイレなど)と面積を記載しま
 す。

H事業所の写真
 事務室がある建物の外観および事務室内部の様子(用途ごと)が分かる写真になり
 ます。
 建物の外観ですが、入口が明確に分かるように撮らなければいけません。
 また、兵庫県下では事務室の入口に事業所名の表札の掲示が必要です。

I運営規定
 以下のような項目などについて具体的に記載します。
 (1)事業の目的及び運営の方針
 (2)従業者の職種、員数および職務内容
    (管理者、訪問看護員、事務職員それぞれの員数などを記載します。)
 (3)営業日および営業時間
    (年間の休日についても定めます。)
 (4)指定訪問看護の提供方法、内容および利用料その他の費用の額
 (5)通常の事業の実施地域
 (6)緊急時における対応方法
    (主治医への連絡や管理者への連絡などを定めます。)
 (7)その他運営に関する重要事項
    (従業者の研修計画や秘密保持義務規定などを盛り込みます。)

J利用者からの苦情を処理するために講ずる措置の概要
 苦情処理を行うための処理体制・手順のほか、以下のような利用者からの相談また
 は苦情などに対応する常設の窓口(連絡先)、担当者などを記載します。
 (1)連絡先(電話、FAXなど)
 (2)担当者名)
 (3)受付時間(時間外の対応が取れればその内容も記載します)
 (4)担当者不在の場合の対応
    (対応者以外でも対応できるようにしておく必要があります)

K資産目録
 都道府県により、決算書を添付する場合(大阪府下)や、当該訪問介護事業に係る
 資産目録を提出する場合(兵庫県下)などがあります。

L事業計画書
 兵庫県下では、事業計画書が必要になります。
 事業計画書は、各事業毎に作成する必要がありますので、例えば、訪問看護と訪問
 介護とを一緒に作成することはできません。
 また、事業開始から1年間で作成します。
 
 以下は、この事業計画書の主な項目例です。
 (1)事業運営の基本方針(基本理念、方針)
    (良質なサービスを提供するため何をするか、従事職員の資質を向上するため
    に何をしていくかなどを定めます。)
 (2)利用者確保の取組策
    (いわゆる営業方法です。基本的な部分として、サービス実施地域内の居宅介
    護支援事業所を訪問するといったことも、重要な営業の1つです。)
 (3)従業者の採用状況
    (申請時においての契約状況やその後の予定について定めます。)
 (4)従業者の研修
    (事業の開始時や定期的にどのような研修を実施するかなどついて定めま
    す。)
 (5)損害賠償責任保険加入の有無
    (損害賠償責任保険には加入する必要がありますが、申請時点では、どこどこ
    の保険会社と契約予定といった内容で問題ありません。)
 (6)サービス提供計画
    (特に強みとなるサービスや今後実施していくサービスを挙げます。例:早朝や
    巡回サービスなど)
 (7)利用者見込み数
    (毎月の利用者見込み数を定めておく必要があります。)
 (8)資金計画(運転資金)
    (不足額がある場合など、融資の予定などを記載します。)
 (9)事業運営に必要となる書面(契約書など)の準備状況
    (重要事項説明書、契約書、サービス提供記録などを事前に準備します。)

M収支予算書
 兵庫県下では収支予算書が必要になります。
 収支予算書は、各事業毎に作成する必要がありますので、例えば、訪問看護と訪問
 介護とを一緒に作成することはできません。
 また、事業開始から1年間で作成します。(場合によっては2年間作成します。)
 
 収入については以下の項目などにより、収入見込をたてます。
 ・利用者見込み数
 ・一人当たりの月平均利用額
 ・介護報酬受入額
 ・諸収入(介護保険対象外サービス分を見込める場合)
 
 費用については、以下に挙げる項目などが発生します。
 ・人件費
 ・旅費、交通費
 ・事務所賃借費
 ・通信費
 ・諸経費(消耗品費、水道光熱費、車両管理費、研修費、広告宣伝費、租税公課、
  社会保険料、借入金返済、レンタル料など)


資産の目録、事業計画書、収支予算書については、「事業運営に必要な運転資
 金、備品などを確保しているか、事業を安定的に継続できる見込みがあるか」といっ
 た点を見るために必要になる書類となります。


N損害賠償発生時に対応が可能であることが分かる書類
 基本的に申請前に保険会社と契約を取り交わしておく必要があります。
 申請時には、申込書と領収書のコピーと保険会社のパンフレットが必要です。
 また、指定までには保険証書のコピーが必要になります。
 参考までに、以下の保険会社を紹介しておきます。

 社団法人全国訪問看護事業協会:訪問看護事業者総合補償制度

 

財団法人介護労働安定センター:介護事業者賠償責任補償



O法第70条第2項各号(又は法第115条の2第2項各号。)に該当しないことを
 誓約する書面


P役員の氏名等

Q重要事項説明書
 自治体によっては、利用者に提示する重要事項説明書の提出が必要です。
 訪問看護と介護予防訪問看護とに分けて作成します。

R契約書
 自治体によっては、利用者との契約書の提出も必要になります。
 重要事項説明書と関連付けるかどうかで記載内容も変わります。
 訪問看護と介護予防訪問看護とに分けて作成します。

S上記の他、事業所の地域や態様などにより、賃貸契約書のコピー、案内図、
 その他の添付書面が必要になります



その他必要な届出

@介護給付算定に係る体制等に関する届出
 
A業務管理体制に係る届出書(指定後)
 指定後に介護保険法第115条の32第2項に基づく業務管理体制に係る届出が必
 要になります。


以上が、訪問看護(介護予防訪問看護)事業の指定申請に関する要件と手続きです。

なお、届出先の詳細については、各都道府県および市町村ごとに確認が必要になります。

また、上記に挙げております提出書類は、基本的に必要とされる書類のみとなります。
指定を受ける都道府県および市町村によりましては、上記以外に提出を求められる書類がありますので、注意してください。



〜 居宅療養管理指導・介護予防居宅療養管理指導 〜

訪問看護ステーションの指定を受けると、居宅療養管理指導・介護予防居宅療養管理指導の指定を受けることができます。

以下は訪問看護ステーションが居宅療養管理指導、介護予防居宅療養管理指導の指定を受ける際の手続についてご紹介いたします。
(訪問看護ステーションと居宅療養管理指導の同時申請も可能です)

居宅療養管理指導事業者になるための指定基準

申請者が訪問看護ステーションの指定を受けていること


指定申請に必要な書類

@指定居宅サービス事業者指定申請書および付表
 兵庫県下の場合、指定申請書は居宅療養管理指導と介護予防居宅療養管理指導と
 で別々に必要です。

A証紙および証紙貼付用台紙(兵庫県)
 兵庫県下では証紙代が必要になります。
 居宅療養管理指導で20,000円、介護予防居宅療養管理指導で14,000円です。
 通常、両方申請しますので、その際は34,000円必要になります。

B指定通知書または指定更新通知書のコピー
 兵庫県下の場合、必要になります。
 ただし、訪問看護ステーションと同時申請の場合は必要ありません。

C損害賠償発生時に対応が可能であることが分かる書類
 大阪府下の場合、必要になります。
 基本的に申請前に保険会社と契約を取り交わしておく必要があります。
 申請時には、申込書と領収書のコピーと保険会社のパンフレットが必要です。
 また、指定までには保険証書のコピーが必要になります。
 参考までに、以下の保険会社を紹介しておきます。
 ちなみに、下記の保険は訪問看護事業向けの保険ですが、居宅療養管理指導にお
 いて発生した事故についても補償対象となります。

 社団法人全国訪問看護事業協会:訪問看護事業者総合補償制度

D法第70条第2項各号(又は法第115条の2第2項各号。)に該当しないことを
 誓約する書面

 大阪府下の場合、必要になります。


以上が、訪問看護ステーションにおける居宅療養管理指導(介護予防居宅療養管理指導)事業の指定申請に関する要件と手続きです。

なお、届出先の詳細については、各都道府県および市町村ごとに確認が必要になります。

また、上記に挙げております提出書類は、基本的に必要とされる書類のみとなります。
指定を受ける都道府県および市町村によりましては、上記以外に提出を求められる書類がありますので、注意してください。


 

介護事業の立ち上げ、ご相談はコチラ

 

                                               このページのトップへ

介護事業は、今後ますます民間の力で発展していきます。


このサイトは、積極的に参入を

検討している方のための、介護事業スーパー情報サイトです。


民間の介護事業参入を徹底サポート!!


介護事業立ち上げ

Station
このサイトを運営しております、とみなが行政法務事務所は、

介護事業の指定


申請
を通じて、

介護事業

(訪問介護、通所介護、訪問看護、居宅介護支援)を
立ち上げられる方々支援を行っております。
ご遠慮なさらずお気軽にお問い合わせください。
なお、お問い合わせは、
お電話でも承っております。
お問い合わせはこちら
TEL:06−6431−0927
受付時間 平 日 9:00〜19:00
       土曜日 9:00〜17:00

サイト運営:行政書士とみなが行政法務事務所

 
INDEX
TOPTOP
ますます広がる介護市場ますます広がる介護市場
・超高齢化社会の到来
・年々拡大する介護保険市場
・介護保険ビジネスのメリットと
 は?
知っておこう介護保険の仕組み知っておこう
  介護保険の仕組み
・介護保険制度はこうなってい
 る
・介護保険を利用するには
介護サービスの種類と内容介護サービスの種類と内容
・居宅サービスの種類と内容
・施設サービスの種類と内容
事業の立ち上げ準備をしよう事業の立ち上げ準備をしよう
・法人を設立しよう
・事業計画を立てよう
訪問介護事業立ち上げの手順と要点解説訪問介護事業立ち上げの
 手順と要点解説
・STEP1〜事業所の拠点を定
 めよう
・STEP2〜法人を設立しよう
・STEP3〜従業員を確保しよう
・STEP4〜指定申請をしよう
・STEP5〜契約書などの整備
 をしよう
・STEP6〜労働保険・社会保険
 への加入
・STEP7〜社内事務&組み合
 わせたい事業
通所介護立ち上げの要点解説通所介護立ち上げの要点
 解説
・POINT1〜どこで事業を行う
 か?
・POINT2〜事業所の改修まで
 に行う手続
・POINT3〜指定申請に向けて
訪問看護ステーション立ち上げに関して訪問看護ステーション立ち
  上げに関して
・訪問看護は医療系の中で営
 利法人の参入が可能な事業
・訪問看護は介護保険だけで
 はない
・訪問看護の立ち上げ準備は
 早めに
・居宅療養管理指導について
指定申請の要件と手続指定申請の要件と手続
・訪問介護
・通所介護
・訪問看護(訪問看護ステーション)
・居宅介護支援
介護報酬の内容介護報酬の内容
・介護報酬の単位について
・訪問介護の介護報酬
・訪問看護の介護報酬
・居宅介護支援の介護報酬
・介護報酬の請求の仕方
絶対欠かせない雇用管理絶対欠かせない雇用管理
・雇用管理がサービスの質を
 左右する
・押さえておきたい労働法の知
 識
介護事業におけるリスクとその対応

介護事業におけるリスクと


  その対応
・介護事故を予防しよう
・お客さんとの契約について
・成年後見制度の活用
介護保険制度の改正による新サービス介護保険制度の改正による
  新サービス
・介護予防サービス
・地域密着型サービス
当事務所の紹介当事務所の紹介
・「とみなが」のプロフィール
当事務所のサービス内容と価格当事務所のサービス内容と
  価格
・主なサービス内容と価格
・無料税理士紹介サービス
 <全国対応>
顧問契約のご案内顧問契約のご案内
・顧問契約 価格表
・お得なパックサービス
申請代行サービスのお申込申請代行サービスのお申込
特選リンク集!!特選リンク集!!
・起業おすすめリンク
・士業関連リンク集
サービスご利用規約サービスご利用規約
当事務所へのお問い合わせ当事務所へのお問い合わせ
株式会社・合同会社設立Station会社設立なら株式会社・LL
  C設立Station
株式会社・合同会社設立Station
facebook

印鑑・実印・はんこなら