・・・日本海軍航空機あれこれ・・・

日本海軍のジェット戦闘機

日本海軍も終戦間近にジェット戦闘機を開発していました。「橘花」という名前のジェット機でした。また「秋水」というロケット戦闘機も開発されていました。

秋水(陸軍名キ-100)

B-29に対する迎撃戦闘機として陸海軍共同で開発されたもので、ドイツ空軍のメッサーシュミットMe-163コメットというロケット戦闘機を基本にして試作されました。ロケットエンジンの製作が遅れ、 初飛行は終戦直前の昭和20年7月でした。しかし初飛行においてエンジン不調により墜落するという事故が発生し、その後終戦を迎え、実戦には参加できなかった。

(秋水)


エンジン 特呂2号(KR10型薬液ロケット)、推力495キロ
全幅 9.5m       
全長 5.9m
最大速度 800km/h
航続距離 数分間しか航続時間がなく、一度の攻撃をすれば滑空により着陸するという一撃必殺の迎撃戦闘機であった。
武装 30mm砲*2


橘花

本土決戦用の敵艦船に対する攻撃機として開発されたもので、ドイツ空軍のメッサーシュミットMe-262シュツルムフォーゲルというジェット戦闘機を基本にして試作されました。ジェットエンジンについてはBMW003という エンジンを参考にして「ネ-20」というエンジンが製作され、終戦直前の昭和20年8月7日に初飛行に成功した。

しかし二回目の試験飛行で離陸に失敗し、その後終戦を迎え、この飛行機も実戦には参加できなかった。

(橘花)
エンジン 発動機ネ20軸流式ターボジェット、推力475キロ*2
全幅 10m       
全長 9.25m
最大速度 677km/h
航続距離 高度6000メートルで685キロ、1万メートルで889キロ
武装 500キロ爆弾or250キロ爆弾*1

人間爆弾「桜花」

海軍空技廠が昭和19年に開発した火薬ロケット推進方式の特攻機で、いわゆる爆弾に操縦席と翼を付けた人間爆弾。

桜花

敵艦船の一撃轟沈を目的として製作された必殺必死の特攻兵器。敵艦船付近まで母機の下部に吊し、目標近くで母機から切り離され、滑空とロケット推進により敵艦船に人間もろとも 突入するという飛行機。桜花という名前が悲しい。頭部の爆弾は800キロで命中すれば一撃で艦船を轟沈させる威力があったが、母機(一式陸攻、銀河)もろとも目標地点以前で撃墜される事が多く、戦果はあまりあがらなかった。

米軍からはBAKA BOMBと呼ばれ、終戦時までに750機が製造された。

(桜花11型)
エンジン 発動機4式1号20型火薬ロケット*3、推力800キロ*9sec
全幅 5m       
全長 6m
最大速度 876km/h
航続距離 数十秒
武装 爆薬量1200キロ

九州18試局地戦闘機「震電」

後ろにプロペラがある逆さま戦闘機。昭和18年に開発した日本唯一の先尾翼式(エンテ型)戦闘機。

震電

対B-29戦闘機として開発された日本海軍の高性能迎撃戦闘機。後部に6枚羽可変ピッチプロペラを 有し、高馬力エンジンとそのエンテ型独特の形状により格段の性能を発揮できる戦闘機であった。

特徴としては、抵抗面積の減少、空気抵抗の減少、前部への大口径砲の集中等のメリットがあり、かなり期待された戦闘機であったが、1号機が3回試験飛行 した時点で終戦となってしまった。このエンテ型のプロペラ戦闘機は「震電」と米国のなんとかいう(笑)戦闘機の2機だけである。

(震電)
エンジン 三菱「ハー43」42型 2130馬力
全幅 11.14m       
全長 9.66m
最大速度 750km/h
航続距離 約2時間
武装 30ミリ機関砲 4丁


零戦の世界へ戻る


index