公開アルバム

本文へスキップ

世界の分断と混迷 日本人はどこへ向かおうとしているのか?

 グローバル化と自国第一・イスラム過激派のテロの拡大・極端な選択による排他主義は、国内の分断など世界の混乱の火種である。今後世界はどう動くのか。日本もバブル崩壊以降の閉塞感や経済の低迷で先が見えない。
 日本人はどこから来て、どこへ向かおうとしているのか?人の言動や
うわさに惑わされず、自分の頭でよく考え一緒に行動して行きませんか!
    主権なき平和国家・日本
 『自分の国は自分たちで守る』のが当たり前です

ギャラリー




 今年 麒麟は何処へ!
今年麒麟は日本のどこへ舞い降りるのか?  麒麟とは古代中国の四霊獣の一つで、聖徳の為政者の出現と共に現れると言う。    今年は47都道府県の内、どこに現れるか? 秋までに行われる衆議員選挙の結果と共に、麒麟の行方も注目される。     ***   詳しくは こちら
 「非接触エコノミー」が到来
 新型コロナウィルスの拡大により、必要不可欠になったのが、安全に品物やサービスを提供するコンタクトレス(非接触)エコノミー時代がやって来た。 
********
詳しくは こちら

 Society5.0 で社会はどう変わる

サイバー空間(仮想空間)とフィジカル空間(現実空間)を高度に融合させたシステムにより、経済発展とを社会課題の解決を両立する、人間中心の社会(Society)
 Societyとは社会や共同体といった意味
    詳しくは こちら


 子供を泣かせるのは***    大人の責任です***********************
**
写真クリックで拡大      

informationお知らせ

2020年09月30日  
 デジタル庁の新設                  デジタル化を一元的に担う「デジタル庁」に向けて、政府は30日に内閣官房のIT総合戦略室に「デジタル改革関連法案準備室」を立ち上げた。菅総理は「行政の縦割りを打破し、大胆に規制改革を断行する」と述べた。デジタル庁の新設は、単に庁を一つ新設したのとは訳が違うのだ。 *****詳しくは こちら
2021年03月01日
 滋賀県消費生活センター              ***      くらしのかわら版 第61号      滋賀県消費生活センターは開設50周年を迎えます!                   ・消費生活センター50年のあゆみ           ・消費生活川柳 ~入賞作品のご紹介~         センターではこんな仕事をしています。         *   詳しくは こちら       
2019年09月12日
 米国の企業が株主第1主義を悔い改める訳       これ迄の株主第1主義を改め「全てのアメリカ人の利益」を追求し、顧客・消費者を大事にし、社員の給料を改善し、サプライヤーにも優しく接するーと表明優し     詳しくは こちら 
2019年04月00日
 彦根市内21ヵ所に、Free WiFi設置         彦根市内の21か所にFree WiFiが設置され、無料でインターネットが使える様になった。但し、暗号化されていない為、個人情報やパスワードは入れない事。 ーーーーー    詳しくは こちら
2019年11月15日
キャッシュレス決済が20年、爆発的に普及する訳  ** 政府は、17年に20%程度だったキャッシュレス決済比率を、25年に40%へ引き上げる目標を掲げる。7月以降にマイナンバーカードと連携した「マイナポイント」をキャッスレス決済にに付与し、消費活性化を促す施策を検討している。くは 詳しくは こちら

profile

滋賀県彦根市 在住



TEL.
FAX.